日本の重工産業の斜陽が明確になったということ 
Wednesday, March 29, 2017, 01:03 AM
3/28 晴 10時 浅草での空間線量は36ベクレル/立法メートル

東芝がWH(Westinghouse Electric Company LLC)の破産の決定をしたというニュースが流れています。大企業の東芝でさえ支えきれず原子力産業を手放す決定をしたということ。

日本においては発電事業は20年前?30年前?あたりから成長は見込めずプラント関係ではすでに株価は頭打ちでした。
株価を見ればバブル崩壊後はずっと低空飛行のままです。

ああそうなんだと確信したのが、日立グループの火力発電建築会社バブコック日立と三菱重工の火力発電会社(三菱重工長崎)が2012年に合併してMHPS(三菱日立パワーシステムズ)という会社名になったことです。

MHPSって先月の東京マラソンで日本人の最上位に、そこの陸上部の井上 大仁(いのうえ ひろと)選手が8位で入賞しました。ゼッケンにMHPSと書かれていてテレビを観ている人はなんじゃそりゃと思ったでしょう。

日立と三菱重工の子会社?と思うでしょうが、どちらも全国の火力発電所の建設と保守を行う三菱重工と日立製作所の中核会社です。

※ちなみにMHPSの朝礼は「この木なんの木気になる気になる〜♪」がフルコーラスで毎日流れます。ほのぼのとしたCMとは違い、熱くシャウトする熱血調で、毎日聞くと耳に残りますw カラオケでフルコーラス歌えば意外とウケるかもしれません。

東芝も発電用タービンや発電機を京浜工業地帯(川崎)で造っています。門の横に大きなタービン(羽根車)が飾ってありますから、何を造っているのか一目瞭然です。

東京湾にある京葉や京浜工業地帯は、基本的に石油製品(コンビナート)と製鉄産業があり、そして関連産業が密集しているのです。

石油精製産業の横には化学メーカー(プラスチック製品)や火力発電所があります。
製鉄産業の横には造船業や橋梁会社、複成生物のガス産業や石炭灰を一部原料とするコンクリート産業と一件関わりないように見える産業が結びついているのです。

簡単に言えば石油と製鉄から枝葉のように工業が出来上がっているのです。

石油と鉄と電気は世界で足りることはない・・・と信じられてきた



鉄が余るようになってから急速に日本の製鉄産業は経営が厳しくなりました。
中国の経済発展で大量の鉄を使う船や線路で需要は安泰と思いきや、中国の過剰生産で製鉄業は設備廃棄と生産調整に明け暮れています。

同様に生産設備が減少することで発電需要も先細りです。

ところが発電プラント会社は人材採用は旺盛です。なんでかというと大量に定年者が発生するからです。
川崎や千葉の工業地帯では40代は若い、50代はまだ若い、60代まだやれるwとまあ貧相な年寄ばかりw

場末の呑み屋なんか入ったらお化け屋敷かと思うような厚塗りの婆さんばかりです。客も爺さんばかりだからそれでいいんです。

日本の重工業はあいかわらず70年代で時が止まったままです



衰退しているわけではない。すべて停滞したまま、巨大設備が据えられて働き手は老いていくという状況。

嘘だと思うのであれば工場見学をしてみてください。私が中学生の頃、見学した風景と全く同じです。
せいぜい管理室のモニターがブラウン管からパソコンになったぐらいです。

製造プラントや発電所の新規建設(需要)は世界でもない



だからWHを買収して原子力発電と東芝のタービンの販路を海外に広げようとしたのが東芝の悪手でした。
先進国ではプラント需要は飽和しつつあるからです。

せいぜい東南アジア地域で中国の国営企業と競合して赤字受注するしかなかったのです。

WHの精算を決めた東芝ですが、出血を止めただけであり、これからも重電機(発電プラント関係)は前途多難でしょう。すくなくとも需要の拡大は見込めないのですから。

東芝は半導体と重電の二本柱がまだありますけども、日立製作所や三菱重工のようにおそらく重電部門を切り離すのではないでしょうか。どっかと合併するかもしれません。

三菱グループはお荷物だった三菱自動車はルノー日産に渡しました。(筆頭株主である三菱商事と三菱重工がそう画策した)
噂ですが造船部門も切り離して国内最大手の造船会社の今治造船と資本提携させるか合併させるようです。

かつて勝ち組とよばれていた重工業は切売りされて、縮小していくのです。
別に経営が悪かったわけではないと思います。企業には寿命というのがあるのです。

日本の工業地帯は60年代から70年代の設備のままです


コンビナートの銘板を見て歩くと昭和40年代(50年前)のタンクやプラント設備はけっこうあります。そういう設備が石油精製会社を苦しめていたのですが、いまでは他の重工業にまで余剰設備となっているのです。栄枯盛衰です。

過去ログ:ヤマギシ会はまだ存続していた、しかも・・・
「余剰の時代」を生きのびるにはリバータリアニズムを根付かせるしかない
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 286 )
美徳と悪徳に善悪の区別はない 
Monday, March 27, 2017, 02:39 PM
3/27 雨 10時 浅草での空間線量は30ベクレル/立法メートル

今日も息が白くなるほどの寒さです。朝方は雪混じりでした。
読売新聞には「時代の証言者」という連載があります。現在歴史(軍事史)研究家の秦郁彦(はたいくひこ)氏が巣鴨拘置所に収監されていた当時の戦犯者たちのインタビューを回想しています。いわゆる秦氏の取材ノートです。

日中戦争の契機とすべく、上海事変(1932年)という軍事介入の口実を石原完爾(いしはらかんじ)・板垣征四郎(いたがきせいしろう)ら参謀が立案し実行していきます。

読んでいるととても生々しい告白ですが、拘置所内では取材対象とする戦犯者たちは懺悔の念はなく、快活に離している様子なのです。

また部下や実行者たちは拘留といってもそれほど長期ではなく自宅に蟄居させられていたりと、堀の中にずっと隔離されていたわけではないということ。

秦の取材に対して比較的気軽に応じているのです。

悪いという意識よりも我々が歴史を造ったという自負がある



だから秦郁彦の文章にも陰湿さや陰惨さが全くない。淡々とこういう上層部からの指示でこのような行為を行ったという追想形式なのです。

この連載は早く単行本になって欲しいな。

来年、小学校では新教科として道徳が加わるそうですが、俺がガキの頃にも道徳の時間というのがあったような気がします。再来年からは中学生に道徳という教科が加わるのだとか。

道徳というものは祖父母や両親が躾けるモンであって、古くは地域や寺社により共有されていた価値観です。

そういうものは現代においてはない。それを公教育でやるほど無駄なことはないなあという感想です。

国会中継を眺めているかぎり、どの面で「道徳」を語れる人物がいるというのでしょうか。
詭弁と雲隠れ、偽証などなど白々しい答弁ばかりです。

軍人役人の上層部に善悪という基準はない



「時代の証言者」という連載を読んでいると、チェスや将棋といったボードゲームをやっている当事者であるという意識があっても、たとえある一手により味方の窮地となっても、大局ではひっくり返すという展望があるから平気です。

こういう頭脳は幼少からの訓練(や習慣)でしか身につかないのでしょう。
中野陸軍学校というのは、そういう面でみれば道徳面からみれば恐ろしい機関であり、国家(天皇中心の国体)としては本当に必要な人材を育成する機関であったと言えます。

私は公教育で道徳などという教科を中学生にもなってやるのは、まあ無駄だろうなあと思ってます。それよりも有害であると考えます。

青少年らを狼のいない羊の群れへの均質化するだけ



現実社会では悪魔のような人格障害者(サイコパス)、攻撃だけが生きがいのサディスティックな奴、嘘と事実の境がないパーソナリティー障害といったキチガイにあふれています。現実は反道徳の世界なのだということ。

学校を卒業したら、すぐに餌食になるのは目に見えています。

フェイク・ニュースに煽動される愚衆になるだけだ


「よいこ」は捨て駒、将棋の歩でしかない。私だって戦時中に学生であれば勇んで特攻隊や義勇軍に志願したでしょう、たぶん。

日本人の道徳心なんてのは、過去の歴史で一貫して朱子学(儒教)を基に「搾取される水飲み百姓」のまま満足させるための支配手段だったのですから。

読売が紹介している『ジョーカー・ゲーム』(柳広司著)は話題になった本です。マンガでちょとだけ読んだことはありますが、ぜひ読んでみたくなりました。

過去ログ:知能は遺伝するということは人類最大のタブー
大塚家具騒動にみる「自己中」親父と家族の「共依存」状態と日本の現状
なぜこんなに引き籠もり精神病者が多いのか?ソフトドラッグ化する食品
メディアに映るのは演技性パーソナリティ障害者という気違いばかり
善良という仮面をかぶる悪魔たち (偽善を臆面なく述べる奴らはサタンである)
罪悪の感情を抱かない人がいるという恐怖を知っていただく為に


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 281 )
吉村昭記念文学館が荒川区に本日オープンしました 
Sunday, March 26, 2017, 06:17 PM
3/26 雨 10時 浅草での空間線量は30ベクレル/立法メートル

とんでもなく寒い日です。ずっと雨。

今朝の新聞の地方面に吉村昭の文学館が開館するという記事がありました。
数年前に偶然立ち寄った古い荒川区図書館の廊下の一角に荒川区出身の作家・吉村昭の記念コーナーを発見しました。映画「桜田門外の変」が公開されて数年後「光る壁」という内視鏡のテレビドラマが放映されていた頃です。すでに亡くなっていました。

ちゃんとした記念館の計画はほのめかされていましたが、荒川区以外では知る由もありません。

新聞記事を読んで、雨ですが本日の予定を変更して、傘をさして行ってみようと思い立ちました。

私は『明日できることは今日はヤラナイ』という人間なのでw

ところがどこにあるのだかさっぱりわかりません。

ネットで吉村昭文学館と検索しても一向に場所がわからないのです。

こたえは建物名は「ゆいの森あらかわ」という新設図書館なのです。その二階と三階の一角が吉村昭の記念コーナーなのです。

場所は地元の人にはわかりやすいです。下町の三河島水再生センター(下水処理場)の敷地の向かいです。

都電荒川線・荒川自然公園前がもよりの駅です。


とても広々とした図書館です。蔵書数よりもスペースに空間を割いているイマ風です。
嫌いではないですが、蔵書が少なく比較的最近の書籍しか置いていないのはちょっと残念。
子供のいる家族を対象にした施設であることは、子供連れの家族が多いことからも伺えます。

熱心な吉村昭ファンもちらほか居ます。初日なので出版関係者もだいぶ居たようです。

私も数冊読んだ程度で吉村ファンを自認していますが、映画とかも観たくなりました。
魚影の蒸れとか漂流とかね。
もちろん戦記物、幕末歴史物は鉄板です。



過去ログ:鬼・怒鳴門さんのコレクション
吉川英治の記念館ができたそうです
アニメ「風立ちぬ」と「終戦のエンペラー」を観てきました
うつ病は伝染病だから隔離が正しい
零式戦闘機 吉村昭 新潮社
海岸の松林は役立たずな上に二次災害を催す
8/15 10時 浅草での空間線量は96Bq/m^3
6/26 10時 浅草での空間線量は68Bq/m^3


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 306 )
レント・シーカー(Rent seekers)が巣くう「美しい国」 
Friday, March 24, 2017, 11:41 AM
3/24 晴 10時 浅草での空間線量は46ベクレル/立法メートル

レント(rent)は賃借料、シーク(seek)は探し求めるという英単語です。それが組み合わさると

レントとは”お目こぼし・特別扱い・濡れ手に粟”という意味



レントシーキング(英: Rent seeking)とは、民間企業などが政府や官僚組織へ働きかけを行い、法制度や政治政策の変更を行なうことで、自らに都合よく規制を設定したり、または都合よく規制の緩和をさせるなどして、超過利潤(レント)を得るための活動を指す。(オンライン英和辞典webilioより)


似たような言葉でロビー活動(Lobbying:陳情嘆願の圧力行為)があります。

ロビー活動はイメージ的には団体が議会・政党への工作手段です。

それに対してレントシーキングは外部委託や民営化という手段で、本来は公共サービスであるべきものを民営化(私物化)する手段を模索する行為です。

たとえば竹中平蔵のパソナやCCCツタヤです



企業は利益を増やすことが最大の目的ですから当然人件費はできるだけ抑えて政府への請求は最大にします。

料金は値上がりし、サービスの質はいうまでもなく低下します。

日本維新の会の代表である松井一郎大阪府知事、橋下徹、顧問弁護士であった竹中平蔵とリソナというグループはレント・シーカーである。すなわちグローバリズムを理由に国家資本をタダで横取りすることを目的にしていることがわかります。

これに乗っかっているのが、自由民主党の安倍晋三・昭恵ですし、副首相の麻生太郎です。

籠池よりも松井一郎とその郎党という巨悪の放置を許してはならない



三橋貴明氏のブログ「新世紀のビッグブラザー」を転載しておきます。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12258900724.html

イギリスのロンドンの議会付近で、テロ事件が発生。
 議会から避難したメイ首相が、
「イギリス議会は民主主義の中心であり、テロは失敗に終わる運命だった」
「民主主義などの価値を暴力と恐怖によって壊そうとする試みは必ず失敗する。あすの朝、英議会は普段どおり集まるだろう」
 と、演説しました。

 メイ首相によると、議会周辺で車を暴走させ、通行人をはねた容疑者と、刃物を持って議会に侵入しようとた容疑者は同一人物とのことです。いわゆる「シングルアタッカー」によるテロ事件の可能性が高いわけですが、容疑者はすでに警官隊に射殺されました。
 イギリスのテロの件は、続報を待ちたいと思います。
 
 ところで、なぜグローバリズムは「緊縮財政」を推進し、財政破綻論を煽るのでしょうか。

 それは、公共インフラを含む公的サービスの「民営化」により、新たなビジネスが生まれるためです。
新たなビジネスとはいっても、すでに公共が提供しているサービスを、新規参入の民間事業者が提供することで「儲かる」というだけの話に過ぎません。

 別に、新たな付加価値を生み出すわけではないにも関わらず、公共が提供していたサービスをビジネスとすることで儲ける。いわゆる、レント・シーキングですね。

 レント・シーキングのキーワードは、コンセッション、PFI、民営化、効率化、民間活力の導入などになります。


 上記のレント・シーキングの実現のために、各国で「恐怖プロパガンダ(財政破綻論で煽る)」「ルサンチマン・プロパガンダ」「ショック・ドクトリン」など、様々な「工夫が凝らされてきた」というのが、現実の世界です。

 もちろん、日本も例外ではありません。

『浜松市が日本初の下水道コンセッション、優先交渉権者にヴェオリアら
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/032200217/
 浜松市は3月21日、コンセッション方式を導入する浜松市公共下水道終末処理場(西遠処理区)運営事業を担う民間事業者として、ヴェオリア・ジャパン(東京都港区)を代表企業する企業連合を優先交渉権者に決定したと発表した(構成企業:ヴェオリア・ジェネッツ、JFEエンジニアリング、オリックス、東急建設、および、浜松市の地元企業である須山建設)。コンセッション方式による下水道事業の運営は日本初となる。ヴェオリア・ジャパンは仏ヴェオリア・グループの日本法人。同グループは世界各国でコンセッション事業を含む3300カ所以上の下水処理場の運営実績を持つグローバル企業だ。』


 コンセッション方式。資産は政府や自治体が持ったまま、「運営」のみを民間が受注し、ビジネスと化す。しかも、日本のコンセッション方式の場合、例により「外資規制」がありません。(外為法の届け出のみ)

 浜松に続き、各地の上下水道がコンセッションにより外資系を含む民間に「受注」されていくのでしょう。

 当たり前ですが、民間事業者は「利益」を出さなければなりません。すでに、南米やアジア諸国で上下水道の民営化が行われましたが、必ず「質の低下」「価格の上昇」をもたらし、最終的には「事業者 対 住民」の対立を引き起こしてしまいます。

 諸外国で失敗に終わった上下水道の民営化を、我が国は今更ながらに推進しようとしているわけです。


 まさに、周回遅れ!

『5月電気料金、大幅値上げ=再エネ負担増で月200円前後
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032200906&g=eco
 大手電力10社の5月の電気料金が、標準家庭で月150〜210円程度の値上げとなる見通しであることが22日、分かった。再生可能エネルギーを普及させるために料金に上乗せする「賦課金」が、5月から増額されることが主因。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)価格も上昇しており、消費者の負担が増しそうだ。』

 
 最エネ賦課金とは、FITのために我々が毎月払っている上納金です。FITは、福島第一原発事故という「ショック」を利用し、孫正義ら一部の企業家、投資家たちが菅直人を動かし、再生可能エネルギー特別措置法を通すことで始まりました。

 結果、我々日本国民は、電力の安定供給には何の役にも立たない(それどころか、安定供給を揺るがす)再生可能エネルギーのコストを毎月負担し続けています。


 現代の日本が、まさにグローバリズムという「儲け中心主義」のレント・シーキングにより、壊されていっているのが分かります。

 レント・シーキングに対抗するためには、まずは日本国民が、
「ルサンチマン・プロパガンダ」
「恐怖・プロパガンダ」
「木を見せ、森を見せないプロパガンダ」
「ショック・ドクトリン」
 などに騙されないようにすることが肝要です。

 例えば、公務員問題でいえば、
「公務員の給与は高すぎる! 給与引き下げろ!」
 と、国民のルサンチマンに火をつけ、同意を取り付けたのち、
「いや、いっそ公務員を民間委託にしよう。そちらの方が効率的だ!」
 と、本来の目的が顔を出し、行政という分野に「新規参入」を果たした企業(及び経営者や投資家)が儲けるという構図でございます。

 竹中平蔵氏は、パソナの取締役会長であり、かつては大阪の日本維新の会の顧問のような仕事をしていました。

【区役所住民情報等の委託予定事業者を決定しました【北区、福島区、此花区、中央区、生野区、城東区、鶴見区、住吉区、平野区、西成区】】
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000239366.html
『大阪市では、区役所における市民サービスの向上と効率的な業務運営をめざしており、区役所における窓口やバックヤードにおける住民情報業務等を委託するための企画提案を募集し、外部の有識者による選定会議を経て、次のとおり委託予定事業者を選定しました。
1 委託予定事業者
(1)北区 株式会社パソナ  (提案額:126,932,876円、契約予定期間:平成28年11月30日まで) 
(2)福島区 株式会社パソナ  (提案額:56,697,883円、契約予定期間:平成28年1月31日まで)
(3)此花区 株式会社メディカルアソシア  (提案額:76,364,387円、契約予定期間:平成28年11月30日まで) 
(4)中央区 株式会社パソナ  (提案額:115,037,263円、契約予定期間:平成28年11月30日まで) 
(5)生野区 株式会社パソナ  (提案額:113,634,136円、契約予定期間:平成28年11月30日まで)
(6)城東区 株式会社メディカルアソシア  (提案額:52,708,239円、契約予定期間:平成28年1月31日まで)
(7)鶴見区株式会社メディカルアソシア  (提案額:83,663,158円、契約予定期間:平成28年11月30日まで)
(8)住吉区 株式会社パソナ  (提案額:114,575,848円、契約予定期間:平成28年11月30日まで)
(9)平野区 株式会社ジェイエスキューブ  (提案額:78,552,000円、契約予定期間:平成28年1月31日まで) 
(10)西成区 ヒューマンタッチ株式会社  (提案額:72,737,314円、契約予定期間:平成28年1月31日まで)』


 メディカルアソシアはパソナの子会社です。
 大阪市の区役所業務の外注で、大半をパソナが獲得したわけです。なかなか美味しいビジネスになって良かったですね。

 ・・・・・要は、こういう話なのですよ。

 というわけで、三橋は「同じ国民」を「既得権益が!」などと叩く連中は、一切、信用しません。彼らの主張に乗ることは、単にレント・シーカーのビジネスを増やすだけで、同時に国民統合を破壊するに等しいと理解しているためです。

 我々日本国民が、レント・シーカーたちのプロパガンダに騙される愚民である限り、日本の復活はありません。



  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 300 )
近代の哲学者ニーチェと古代の哲学者アリストテレス 
Thursday, March 23, 2017, 10:56 AM
3/23 晴 10時 浅草での空間線量は49ベクレル/立法メートル

メモです。
読売新聞で納富信留というギリシャ哲学の研究者がニーチェの翻訳本を紹介しています。

ギリシャ哲学とは紀元前600年から紀元前250年あたりの自然観をもとにしたものです。つまり一神教がまだ無かった頃に物質とは?魂とは?と純朴な思考実験から生み出された哲学です。

中世(キリスト誕生以降、ローマ帝国時代)、そして物理学(数学・天文学)が発展した時代(フランス革命(1789)までが近世と定義されています。

現代を1900年代頃からとするとニーチェは近代のアンカーランナーであり、現代哲学の先鋒とどちらにもみることが出来ます。

アリストテレスとニーチェは進歩的な二大哲学者である



愉しい学問 フリードリヒ・ニーチェ著 森一郎訳 講談社学術文庫

愉しい学問。−−『悦ばしき知識』といった名で知られてきた主著が、ドイツ語直訳のこのタイトルで新たに登場した。その学問とは哲学である。訳者の言を聞こう。
「知ること、見てとること、考えることは、愉しく嬉しく悦ばしいことであり、その愉悦は至福をもたらすと、哲学者は古来、おのれの愛欲の営みをゆるきなく肯定してきた。・・・もしこの世にすくいがあるとすればコレだ、という確信を本書が洩らしていることを、敏感な読者は聴きとるであろう」


ニーチェは宗教的束縛(戒律)を正面から反対したことがわかります。もうひとつ付け加えれば人間は進歩も進化もしませんw
 
過去ログ:文化の日だから哲学者を格付けしてみた


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 298 )
日仏抱きつき心中が絶賛進行中 
Wednesday, March 22, 2017, 06:46 PM


官僚の先送りという最悪の国費垂れ流しの元凶をこれからも続けるのかと思うと嫌になってきます。核廃棄物の少ない新型原子炉の開発のほうがまだ技術展望が明るいです。

フランスの増殖炉ASTRIDは2030年を稼動目標としていますが、それよりも

フランスの増殖炉の開発費の大半は日本が負担している!



なんで他国、それも先進国のフランの増殖炉を日本が資金を出しているのか。
売国政策極まれりです。

もし稼動しても、とんでもない厳重体制で海上輸送し、さらに法外な処理費を請求されます。

日本という国はお人好しすぎます。

さらに言ってしまえば

ラテン民族に緻密なことは向いてません



シトロエンやフランス製自転車に乗った経験がありますけども、フランスの工業製品はイタリアとどっこいどっこいでした。ハズレを引いたら目も当てられない。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 274 )
夢見心地のムーニーちゃん 
Wednesday, March 22, 2017, 12:27 PM
3/22 晴 10時 浅草での空間線量は54ベクレル/立法メートル

ドジャースタジアムでやっているWBC準決勝アメリカVS日本を観ながらです。

Moonie(ムーニー)とは世界基督教統一神霊協会(統一教会)を指す英語です。これから新入学で新興宗教がサークル活動に擬装してあの手この手で勧誘をしてきます。

バブル時代はテニスサークルやスキーサークルと軽いサークルが乱立してました。
語学サークルってのもあったなあ。それもハングルw

大学の公認・非公認かかわらず何やっているのかわからないサークルには近づかないことが肝要です。

悪魔は笑顔で近づいてきます




  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 283 )
鎖国下でシドッティら宣教師の密入国の目的はなんだったのか 
Tuesday, March 21, 2017, 09:16 PM
3/21 飴 10時 浅草での空間線量は54ベクレル/立法メートル

Wikipediaより

ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ(シドッチ、イタリア語: Giovanni Battista Sidotti、寛文8年(1668年) - 正徳4年10月21日(1714年11月27日))1708年に密入国し、江戸切支丹屋敷で死去47歳


国立科学博物館が再現したシドティの生前の顔



Wikipediaより

カルロ・スピノラ(Carlo Spinola、1564年 - 1622年9月10日)は、イエズス会のイタリア人宣教師。元和の大殉教で火刑に処された者の一人である。 グレゴリオ暦作成の中心人物であった科学者クリストファー・クラヴィウスに師事し、天文学、数学、暦学なども修得していた。

ジュゼッペ・キアラ(Giuseppe Chiara、1602年 - 1685年8月24日)は、イタリア出身のイエズス会宣教師。禁教令下の日本に潜入したが捕らえられ、拷問の責め苦に耐えかねての強制改宗により信仰を捨て、岡本三右衛門(おかもと さんえもん)という日本名を名乗って生きた。遠藤周作の小説『沈黙』のモデルとなったことでも知られる。


遠藤周作「沈黙」ではセバスチャン・ロドリゴという若い司祭(ジェゼッペ・キアラがモデル)が主人公です。
先に来日して棄教したクリストヴァン・フェレイラ(架空の人物)を翻意させるためにロドリゴは長崎へ密航します。

大目付である井上政重(筑後守)はフェレイラと同じようにキアラにも転ぶ(棄教)ことを強要していきます。

小説ではロドリゴ(棄教したキアラがモデル)は音沙汰が途絶えたフェレイラの生死を確かめ、噂となった棄教の事実を確認することが密航の目的となっています。しかし

棄教者を抹殺するために潜入した暗殺者である



これが副島隆彦先生の見立てなんです。

ローマ教皇から日本に行って帰ってこない司教がもし裏切ったことがわかれば、抹殺するような命をうけて密入国してきたのです。
もっとも日本の状勢変化の確認という使命もあったのでしょうが、そのような情報は商人や中国で貿易商から訊けばよい。

シドティは教皇庁から直々に翻意した宣教師を説得するために周到に用意を重ねた人物であることが、読売新聞の記事から伺えます。

翻意を覆せなければ場合によっては危険人物として始末することも厭わなかったかもしれません。

司教や宣教師は物理科学者でもあった



まだ禁教されていない信長の時代にカルロ・スピノラは京都で吉田光由(よしだみつよし:日本初のベストセラー数学書「塵劫記」1627年を著した数学者)に直接教えたのではないかという説があります。

その後1600年代に急激にヨーロッパでは代数や幾何学が発展しました。

シドティも神学として数学(天文学)を修めた物理学者であったのです。

江戸屋敷で若い関孝和(せきたかかず:日本で高次連立方程式の解法を生み出した和算の大家)を幕府は秘密裏に引き合わせて指導させたという説もあります。

なぜならば幕府も京都朝廷から権威を奪いたかったからです。暦の制定は中国でもヨーロッパでも王の特権です。

そのような知識が流出していくのはローマ教皇としても阻止したい、暦の制定はカトリック教皇こそあると世界に宣言したいのです。

だからどうしても日本の宣教師が棄教して幕府のエージェント(スパイ)に転じることは戦略上あたまの痛い問題です。

なぜシドッティがキアラの説得のために密入国したのか?



はい、それはずばり、フェレイラ(小説では架空だがおそらくモデルはいる)を説得のために遣わされたキアラ(小説ではロドリコ)はともにずば抜けた頭脳の持ち主だったからです。

説得には同じ頭の水準どうしでなければなりません。だから切れ者を説得者としてローマ教皇は日本に遣わしたのです。

なぜ高等な知識ある人が身を賭して日本に渡ってきたのか?という疑問は、それだけずばぬけた知能をもつカルロ・スピノラやジョゼッペキアラがすごい脳力をもった人物であったことの証左です。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 269 )
カロリー制限だけでは寿命は伸びない。加工食品も元凶 
Monday, March 20, 2017, 10:39 AM
3/20 晴 10時 浅草での空間線量は56ベクレル/立法メートル

読売新聞からの転載です。

猿の寿命対比の研究ではカロリー制限では加齢による発症が抑えられて寿命が伸びるというアメリカ・ウィスコンシン大学(UW)の結論に対して

米国立老化研究所(NIA)の結論は明確な差異は認められないというものです。

へえ、そういうもんかと早とちりしてはいけません。

餌の質や食事時間が違う



同一条件ではないのです。

カロリー制限で寿命が伸びたという実験では、いつでも自由の食べられる上に糖質油脂が多い餌です。いわゆるジャンクフードで猿はボロボロになったということ。

一方NIAは時間を決めて自然食品を与えた。

どっちが人間の生活に近いかというとらえ方は人それぞれでしょう。

ところが記事中には冒頭と矛盾した記述があります。

NIAのデータでは、中高年期から観察研究を始めた押すで寿命が最も長かった。20頭のうち6頭は、飼育下でそれまで最高齢とされていた40歳を越えて長生きしました。
(中略)
UWでもNIAでも、カロリー制限によって発症が抑えられることも確認された。

特にがんで効果が目立った。



なんで読売新聞の記者はここまで書いておきながら、NIAはカロリー制限は影響がないと結論づけたのでしょうか?

記事のグラフをよく見てみるとNIAのグラフでは餌が制限された被検体(水色の線)は傾きがゆるやかなのです。つまり寿命が伸びていると言うこと。

結局はこの記事は何を言いたいのかというと低栄養状態になることへの警告です。
急に取って付けたような順天堂大学や慶応大学の意見が結論かのようになっています。

バラバラの情報をむりやり一つにまとめた記事である



この記事を書いた記者が手元の取材ノートでむりやりまとめたのだと思います。

つまりこの記者の脳内では
.ロリー制限だけでは明確な差はでないはずだ
日本の研究者は中高年の運動不足と虚弱状況を憂いている
NIAの実験条件と日本人研究者の意見を合体させてしまえ

このようにして、この理解しにくい記事が出来上がったということ。

嘘ではないが、それぞれのデータや意見のつまみ食いをしただけで構成されているだけです。

読売新聞は科学面でも質が悪い。
最後まで読んで頭に来ます。つうか頭がおかしくなりそうです。

過去ログ:食習慣への無知が引き起こす健康格差(工業食品が寿命を縮める)
糖質制限の落とし穴とジュースやアイスの甘味料、果糖の怖さ
食事制限で用いられるカロリー(Cal)ってなんだ!?とんでもない単位だった


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 325 )
森が消えれば海も死ぬ 国土を壊して国滅ぶ 
Sunday, March 19, 2017, 12:30 PM
3/19 晴 10時 浅草での空間線量は44ベクレル/立法メートル

講談社ブルーバックス「森が消えれば海も死ぬ」初版は1993年で当時は話題になった本です。

漁業を守るために植林活動をする漁師の物語は学校の教科書で読んだ記憶があります。

その改訂版を気仙沼の牡蠣漁師さんが紹介している記事を読みました。

日本は全然うつくしい国ではない!



安倍晋三の「美しい国」というキャッチフレーズは日本統一教会初代会長の著作そのものです。これはよく知られた話です。

切り崩された山肌、田園地区に虫食いで建つプレハブアパート群、コンクリートで塗り固められた山渓や河川と日本の国土は傷だらけ。

美しさは日本のどこにあるというのでしょう。

東京湾から相模湾にかけて海は相変わらず汚いです。なぜかというと雑木林や田畑が消えていく一方ですから。

景観問題だけではなく、水産業にも影響を及ぼしていることが本書では説明されています。

珊瑚の石灰化や漁獲量の激減は国土の乱開発が原因である



処方箋はあるにもかかわらず研究機関、そして行政の縦割りによりいまだ具体的な対策がなされていないという警告の書でもあります。

  |  このエントリーのURL  |   ( 2.8 / 58 )
ディオバン臨床データ改竄が無罪とは驚きの判決である 
Saturday, March 18, 2017, 01:45 PM

ノバルティスファーマの社員が高血圧治療薬「ディオバン」の臨床データを<会社ぐるみで>改竄(かいざん)して効果効能を強調した論文を発表した事件があります。

ところが東京地裁はこの事件に関わった人物の主張を認めて無罪判決を言い渡しました。

私は驚きました。

販売が優位に進むよう臨床データを意図的に改竄したことは認めたのに薬事法の罪にはならないという矛盾した判決なのです。

無罪の理由は薬事法は顧客である患者が誤認により不利益を被らないように設定された法律であるから、論文の捏造(でっちあげ)は患者が直接購買の動機にならないからと東京地裁の裁判官は判断したからです。

裁判官は浮世離れしたアホばかり!



そりゃ処方にいちいち口を挟む患者などいるわけがないのはわかっています。しかしそれは医者の誤認はそのまま患者側の被害です。

薬事法は消費者保護のために事実誤認を排除して公正を求める法律であるにもかかわらず、今回の判決は法律の趣旨を無視したかのようなものです。

私は猛烈に頭に来ています!



製薬会社は信用に値しないことは薄々誰もがわかっているかもしれません。

厳格な実験と確固たる実証をもって生まれたクスリなんて実体はほんのわずかしかないのです。

世の中の新薬とは、ほんのちょっと成分やら化学組成をいじっただけのもので、例えるなら4年や6年でモデルチェンジされる自動車のようなものです。

流通されている薬の8割方はこの世から消えてもたいした影響はないものでしょう。

高血圧改善薬は製薬会社にとってドル箱商品です。ずっと飲み続けてもらえるからです。
実験データを改竄(かいざん)してまでも市場占有率を高めておきたいもの。

日本たばこ(JT)も鳥居薬品というアサヒビールの子会社であった製薬会社を買収しています。
つまり煙草よりも長期的にはずっと安定した収益が見込める事業と判断しているからです。

んで優秀な科学者たちが大勢日夜、実験室で切磋琢磨(せっさたくま)しているかのようなイメージをお持ちではないでしょうか?

んなことはない。ほとんどが営業です。病院に張り付いて日参しては世間話と接待のことばかり。国立病院はおおっぴらにはできませんが、事件の舞台となった京都府立医大のように、医局の資料作成やら論文作成といった下心を持ってお手伝いにあがるのです。

医者から見ればタダで使える奴隷です。

おまけに顎足つき(MR1人あたりが使える接待費は数千万円!はざら)

年間数千万円数億円で医大を抱き込めれば安い物です。

このように不正競争がどうどうと行われているのに、お咎め無しとはいやはや恐れ入った。

法律なんてあって無きが如くという高笑いが聞こえてくるようです



過去ログ:統計屋が数学界では蔑視される理由
ノバルティス「ディオバン」の論文捏造事件は医学部の根幹的問題
特定保健用食品(トクホ)という浅ましい商売を大企業がするな!!
隠語のクスリ(=覚醒剤・麻薬)が「薬」本来の正しい使い方である
うっかり詐欺商法 楽天77%引きと食品偽装事件
「自然な療法のほうがガンを治す」今村光一著
薬事法・景品表示法という法律があります。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 331 )
スマホはその場しのぎの道具でしかない 
Saturday, March 18, 2017, 12:13 PM
3/18 晴 10時 浅草での空間線量は44ベクレル/立法メートル

一週間ぶりの更新です。忙しい5日間でした。効率よく時間を使えばよいのですが、段取(だんどり)が悪い人と一緒だと、同じ仕事が早朝から夜までかかります。

朝になって仕事の準備を始めて、足らない資材があればお店が開く時間まで待たねばなりません。足らないと思っていたらクルマのトランクの奥に仕舞われていたのを忘れてたりとてんやわんやとなります。

若者らしいなあと思ったことは、道具を揃えておく必要があれば、まずはスマホでamazonの画面を出したことです。

たとえば掃除道具を用意しておくようにと言われたら、スマホでいちいち箒(ほうき)はこれで良いか、ちりとりはこれで良いかを聞きに行くのですね。こりゃ上司か先輩はたまりませんわ。

傍目から私も上司に同情します。(掃除をいままでしたことがないんかい!と)

この頼りない若者の親の顔が観てみたいと思いましたね。

でも20代前半の彼は平然と言われた買い物リストをAmazonに入力すると、以下以下のものが表示されましたと言うのです。

たとえば掃除道具でチリを吹き飛ばすブロアという物があります。ブロアで検索すると、それこそカメラのレンズを吹くものから、エンジンを背負う物、ガス缶のものなどたくさん出ていきます。そうなると何を選べばよいのか自分で判断できなくなってしまう。

結局はスマホはあきらめて、ホームセンターを物色するのですが店員に聞く要領も悪いので売り場をうろうろ。要領が悪いのは彼には決定的にある習慣がないからです。

予習(事前準備)/復習(後片付け)の習慣がない



仕事道具を積んだ4枚ドアの社用車にはトランクだけでは収まらず、後部座席にまで不要な荷物が山積みでバックするのも一苦労。クルマはその人なりを表わすと申しますが、私が同乗させて貰ったクルマで過去最強のゴミ車でした。

助手席には飲みかけのペットボトルが転がり、ガソリンスタンドで貰ったと思われるティッシュケースが踏みつぶされています。

最悪なのは、コンビニやスーパーの袋に突っ込んだまま放り込んであるので、他人には一切手が出せないということ。たぶん上司や先輩から整理整頓と言われて、とりあえず手当たり次第にビニール袋やamazonの空き箱に突っ込むだけです。

整理整頓の鉄則は透明な箱か袋を使うことです。

よくわかったのは仕事が能率良くできる人と何をやらせてもダメな人とは根本的に生活スタイルが違うのです。

そういう人間に限ってスマホだけは常にいじっている



とにかく目の前の問題解決を常にスマホだけに求めてそれが正解だと信じ込んでしまう。これじゃあいつまでも成長はしないだろうなあ。

トランプ大統領の支持の多くは低所得層だと言われていますが、メディアリテラシーといった高尚な話ではなく、とりあえず目の前の関心はネットにあることだけで納得して、あたかも自分の知識のように錯覚している人たちだと言えます。

その場しのぎの対応で日々感情のみで生活している人たち



恐ろしいことに変に物わかりがよいのです。

たとえばカーナビの指定通りに走るのですが、助手席から眺めていると明らかに遠回り。
直進すれば早く着くのに、カーナビがへんな情報が入っているのか迂回させようとするのです。

昨日は東京都内はひどい渋滞で首都高はノロノロ運転です。一般道を走るとか空いている幹線を走るといった選択が元々から発想がない。

出発前に地図で事前に予備ルートを考えるという習慣がなく、エンジンを掛けて走り始めてからカーナビでちょっと行き先を確認するのです。マニュアル車のキャブレター時代から運転をしている私のような男には信じられないことばかり。

遅刻が許されない状況では別ルートぐらい頭に入れておくものですが、その時はその時でカーナビがルートを再設定してくれると信じているのです。首都高が事故渋滞や閉鎖になったらどうするつもりなんでしょう。

とことんダメな男といると朝から晩まで右往左往してばかりで、徒労が積った一週間でした。

読売新聞にフェイクニュース(デマ)を信じ込む、<知るという行為を放棄した>無教養層に対して早野龍五という東大の物理学者が嘆いています。その通りだと思います。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 313 )
学校法人はヤクザ・政治家のシノギであり、払い下げではメディアも同類 
Saturday, March 11, 2017, 10:42 AM
3/11 晴 10時 浅草での空間線量は68ベクレル/立法メートル

ブログ「株式日記と経済展望」にブログ「江草乗の言いたい放題」が紹介されていました。

この江草乗(えぐさじょう)という人物は大阪の私立学校の教員で、昔の愛車が日産エクサという小型クーペであったことからペンネームとされています。

久しぶりにこのブログを読みました。

ヤクザにとって私立学校は土地と補助金をせしめる道具



これを職員側が断言していることがすごいことです。

北野武映画ではありませんが、

登場人物全員が悪党ってな世界




ブログ「株式日記と経済展望」
小山昭夫はその後、樟蔭東学園の経営権を掌握し、学校の運動場を
22億円で売却してしまった。学校の乗っ取りがヤクザのシノギになった


ブログ「江草乗の言いたい放題」
2017年03月08日(水) いま、ヤクザが学校を狙っている


 少子高齢化によって18歳人口が減少し、多くの大学や専門学校が受験生を確保できずに倒産している。そして今、そうした学校法人がヤクザの新たなターゲットになってきているのだ。学校関係者はそうした狡猾なヤクザの知恵の前にはどうしようもないのである。先生方の中に覚醒剤や大麻で逮捕される人が少しずつ増えているのもそのことと無関係ではない。ヤクザは我々の実生活の中にしっかりと入り込んでいるからだ。あなたがパチンコ屋でふと隣り合った人が実はクスリの売人であるということが現実問題となってくるのである。

 なぜヤクザは学校を狙うのか。そこには必ず不動産がくっついてるからである。学校法人は土地建物を自前で所有しないといけない。借地ではだめなのである。森友学園の小学校建設予定地もゼニはまだ払えてないのだがなぜか購入したということになっている。その不動産を売り飛ばすことがヤクザの目的だ。すでに学校の土地を売り飛ばされてしまったところもある。たとえば大阪府東大阪市の樟蔭東中学・高校が生徒減少のために経営難に陥った時、2億円の融資とともに理事として乗り込んできた小山昭夫はその後樟蔭東学園の経営権を掌握し、学校の運動場を22億円で売却してしまった。この出来事はその後さまざまな学校で「学校の乗っ取り方」として真似られることになるのである。

 経営不振に陥った企業に「運転資金を融資する」と声を掛けてくる連中が善意の人たちであることは100%ない。わずかなゼニでその会社を乗っ取って巨利を得ることが最終目的である。ところがだまされる人があまりにも多いのである。そして最後は自殺したり生命保険に無理矢理に加入させられて殺されるという結末を迎える。そうしたことはバブル崩壊後の日本で数多く発生した。不景気の中では企業乗っ取りがヤクザの一つのシノギだったわけである。ところが最悪期を脱して景気が落ち着いてくるとそうした会社が減った。そこでヤクザが次のターゲットにしてきたのが学校である。今回の森友学園の事件の背後には政治家だけではなくヤクザが関わっているとオレは推測している。籠池泰典を裏で操ったヤクザがいるかも知れないのだ。

 私立大学や高校が生徒減少で経営難に陥った時、その危機を打開する方法を現場の教員たちが思いつかないのが普通である。彼らの多くは「学校経営」という点に関してはプロではない。アイデアを持っているわけでもない。授業をしたり担任としてクラス運営をする能力はあっても、経営者としてゼニを動かす能力があるわけではない。そこに怪しげなコンサルタントが入り込み、そのアドバイスに従わせて意味不明な巨額のゼニを無駄遣いさせ、最終的には倒産やむなしという状況に追い込むのである。

 もしもその学校が駅前とか、都心部という一等地にあった場合、乗っ取りに成功したヤクザには数十億というゼニが入ってくるのだ。それが大きなビジネスチャンスとして認識されてることはあきらかである。ところが文部科学省も都道府県の教育委員会もこうした実態に関する危機感は全くない。現場の教員が乗っ取りの危機を訴えても何も動いてくれない。ヤクザ相手に一般市民は抵抗する術がないのである。兵庫県警とか大阪府警はヤクザのお友達だし、そもそも法律に抵触しないように連中は巧妙に罠を仕掛けてくるのでどうしようもないのである。その流れに抵抗する心ある教員にはさまざまなパワハラが行われ、心を病んで退職したり自殺したり、他の学校に転勤していく。やる気のない教員だけが残り、最後は廃校ということになる。かくして歴史や伝統のある学校がヤクザの手に落ちてしまうのである。

 学校にはさまざまな補助金が流れ込む。しかし、そのゼニが本当に生徒や教員のために使われてるとは限らない。たとえば校舎の建設費の中で実際にかかったゼニと手抜き工事で浮いたゼニの差額はどこに行くのか。

この危機の中でも自前の経営努力で危機を乗り切っている私立大学や高校もある。生き残る学校とそうでない学校の差はいったいどこにあるのか。これはうまくいった学校から学ぶしかないのだが、すぐに見分けられるポイントが一つある。卒業生に愛されてるかどうかである。卒業生がそこで過ごした日々をなつかしみ、卒業してOBになってからも来校したくなるような学校は危機を乗り切れるが、その学校での日々が本人にとってのただの黒歴史であり、二度と思い出したくないと思われるような学校は遠からずつぶれるということである。これだけははっきりしているとオレは言いたい。

(私のコメント)

政治家とヤクザの違いは、胸に議員バッチをつけているかどうかの違いであり、胸にバッチをつけていないのがヤクザということになる。それくらい今のヤクザは見分けがつきにくい。ピストルや刃物を振り回すのはチンピラであり、今のヤクザは合法的に活動して巨額な金を騙し取る。

籠池理事長も昨日テレビのニュースで見ていましたが、籠池理事長も明らかにヤクザのお仲間でしょう。やり口がヤクザそのものだからだ。ヤクザにとってはお役人さんたちを脅して許認可を取ることがシノギであり、お役人たちは小心者だから簡単にヤクザの脅しに屈してしまう。

お役人たちには妻もいれば子供もいるだろう。本人を脅さなくても子供に対して危害が及ぶような事を仄めかして脅せば役人たちも言う事を聞かざるを得ないでしょう。兵庫県警とか大阪府警はヤクザのお友達だし、東京や神奈川県警もヤクザのお友達であり警察も役に立たない。何しろ石原都知事も松井大阪府知事もバッチをつけていなければヤクザでしょう。

それくらい政治の世界はやばい人が沢山いるところであり、カタギの人が政治家になっても役に立たない。築地市場の移転問題もヤクザのシノギの構図であり、東京都の金を動かして築地から豊洲に移転させて、地上げするのが仕事だ。森友学園も国有財産をタダ同然で払い下げさせて、いずれ転売するのが目的でしょう。

豊洲には既に6000億円以上もの金が使われていますが、東京都の金であり建設実費を差し引いたカネが闇に消えていった。このような問題に対しても都議会議員は全く役に立たず、ドン内田の言うなりになっていた。それから見れば小池都知事は度胸があると小泉氏も言っていましたが、女ヤクザなのでしょう。

森友学園の問題も、財務省の役人がヤクザと政治家に脅されれば言うなりにならざるを得ず、国会で野党がいくら騒いでも、鴻池元防災大臣が出てくるくらいで、まさにこんにゃく問答だ。今は金が動かなくても、将来籠池氏が小学校用地を売却した際には、その代金の一部は政治家に渡るのだろう。しかし口利きをしただけでは政治家は捕まらない。陳情と口利きは政治家の仕事だからだ。

豊洲も森友学園の小学校用地も、産廃やゴミが資金洗浄の手段になっていますが、豊洲もほとんど価値のない土地が600億円で東京都に買われた。東京ガスが出したのは70億円程度であり、800億円が有害物除去に使われた。差額の1400億円はどこに消えたのでしょうか。有害物除去も本当に行われたのだろうか。

森友学園の用地売却も氷山の一角であり、同じようなケースは財務省の理財局をつつけばいくらでも出てくるでしょう。学校と名が付けば公共的な名目が立つし、新聞社などの用地も格安で払い下げられた。朝日新聞社なども今は新聞を売るよりも不動産業で稼いでいますが払い下げ用地で儲けているのだ。新聞記者さんもバッチをつけていなければヤクザとお同じです。


◆朝日新聞社も‘国有地を破格の安価で払い下げを受けていた’ 2月24日 週刊文春

攻める朝日新聞にもツツきどころ満載

 そういうスキャンダルじみたネタを攻める朝日新聞も、なかなか良いカロリーで火柱を上げてるなと思っていたら、少し話がトーンダウンしてきました。追加の燃料はないのでしょうか。
 実のところ、朝日新聞の現場の記者はかなり頑張っていると思うのですが、国有地の払い下げの問題に関して言うならば、朝日新聞を含むオールドメディア各社にも“原罪”はあります。
いま築地にある朝日新聞本社ですが、1975年に浜田山の自社所有物件を官舎にするため交換するという条件で坪200万円はくだらない国有地を坪56万円で払い下げてもらっています。
しかも、この朝日新聞が保有していた浜田山の土地は遺跡が出て調査のためしばらく上物を建てられなかった、というネタまでついてます。
新聞社や通信社、広告代理店、大手通信社などなど古い大手企業は多かれ少なかれ戦後の体制や経済成長のあれこれで、政治に近づき、おこぼれにあずかりながら偉くなっているという側面があるわけです。
ある種の政治とメディアの呉越同舟ですね。そういう事情がある前提で今回の森友学園問題を見ると、一番槍をつけたはずの朝日新聞に対し「お前が言うな」とか「政権妨害活動お疲れ様です」みたいな野次が飛ぶのも仕方がないことなのだろうと感じます。 (後略)


◆朝日新聞、不動産とM&Aで「売上3000億円めざす」 渡辺社長「ベンチャーの気概で新しい時代に対応したい」 2016年10月6日 

朝日新聞は、東京・大阪・名古屋・北九州・札幌という主要都市の中心部に本社や支社の自社ビルを所有し、その一部を他の企業に賃貸している。それに加え、東京の有楽町マリオンや赤坂溜池タワーなどの優良賃貸ビルもある。

不動産業務室の宍道学室長によれば、朝日新聞が所有する不動産の数は全国で623にのぼる(本社・支社 5、印刷工場 12、編集局舎 168、ASA販売店舗 390、賃貸物件 48)。「小さいものもあるが、数でいえば日本のメディアで一番多いのではないか」。

また、同社発祥の地である大阪では、中之島フェスティバルタワーという200メートルのツインタワービルを建設している。総工費約1000億円の巨大プロジェクトだ。1棟目はすでに完成して朝日新聞大阪本社などが入居しているが、2棟目は建設中で、来年3月に竣工予定。その上層階には、コンラッドホテルが入居することが決まっている。

  東京・銀座の並木通りにある朝日ビルも現在、建て直し中である。こちらは2017年中に完成し、翌18年にハイアットセントリックという新しいホテルが開業する予定だ。

渡辺社長は「先輩たちが残してくれた資産をフルに使いながら、2020年度には不動産事業のみで200億円の売上をあげ、営業利益も30%ほど出していきたい」と期待する。

同社が不動産事業に注力するのは、利益率が高いためだ。朝日新聞グループ全体の連結営業利益は2015年度で121億円だが、そのうち不動産事業の利益が42億円と35%を占めている。売上に占める割合は4.5%にすぎないが、利益の面での貢献度は大きい。

不動産業務室の宍道室長は「不動産事業の利益が、メディアとしての朝日新聞を支える収益の柱となっている」と経営の実態を語った。(後略)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 331 )
ランドセルは軍国主義の名残。背負った集団が動乱を首謀する前に逮捕せよ!(笑) 
Thursday, March 9, 2017, 10:40 AM
3/9 晴 10時 浅草での空間線量は89ベクレル/立法メートル

日刊CIAである読売新聞の記事です。かならず目を通すのは「人生相談」ぐらいか。政治面が薄っぺらいです。お試し期間が過ぎたら止めます。

ランドセルの語源が載っていました。

軍隊用背嚢(はいのう)を意味するオランダ語ranselが語源です。

1865年幕府砲兵学者・高島秋帆(たかしましゅうはん)が翻訳した『歩操新式』ではラントセルと紹介されたのが始りです。

オランダ語の原著にもrandselとあります。
randselの語源は15世紀のドイツ語ranzelに由来しており、18〜19世紀のオランダではrandselだったそうです。

「兵士程糧の革袋」としてrandselを高島よりも先に紹介していたのが高野長英(たかのちょうえい)でした。
蛮社の獄(1839年)という幕府の粛正から逃れている最中にもオランダ語の翻訳をしています。そして幕府からほ捕吏が隠れ家に迫っていることを知り自害してしまいました。

組織犯罪処罰法改正(テロ準備罪法案)とは



現在国会で審議中の組織犯罪処罰法改正案は過去3度廃案となった共謀罪が含まれています。組織犯罪を想定した277の罪には関わる人物はすべてお縄にすることができる法律となります。

問題はテロ予防を謳いながらもテロに関連する重大犯罪は110に過ぎないとのこと。

法律の適用は後付でいくらでもいうことができるという法律です。

北斗の拳の悪者集団のようにモヒカン頭やスキンヘッドににパット付革ジャンを着て三輪バギーに乗って集まるのはやめましょう。

いや原作者が先に捕まるか(笑)

蛮社の獄もほぼそれに近い弾圧で、蘭学は蛮学として徳川体制を支持する国学者たちから目の仇にされていたのです。

だから蘭学者は表だって集まることはできず、オランダ商館へも人目を避けて行かねばならなかったのです。

そしていよいよ幕末期には国政の混乱は市井の蘭学者たちが原因であると因縁をつけて捕縛していったのです。

欧米を貪欲に学んだ知識人に対して取り返しのない愚策としか言いようがない。

蛮社の獄は言論弾圧という生易しいものではなく、北朝鮮のような一派粛正であるのです。

歴史が示すように、狂気による統治はすぐに倒れます。

話を戻して、ランドセルは大人用も人気なんだそうです。テレビで紹介されていましたが大人用もすぐに完売してしまうのだそうです。

欲しいなあと思ってもスーツを着る機会などめったにありません。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 379 )
80年前の日本人医師・肥沼信次という人物 
Tuesday, March 7, 2017, 11:41 AM
3/7 晴 10時 浅草での空間線量は79ベクレル/立法メートル

80年前の戦前1937年(昭和12年:支那事変の年)にベルリンに留学した・肥沼信次(ひぬましんじ)という29歳の日本人医師がいました。

放射線の研究家であったそうです。

大正から昭和初期はなんたってラジウム治療が先端医療だったのです。1913年(大正2年)には痛みの緩和に稀少な金属ラジウムを三井財閥が陸軍の軍医学校に寄進したという記録があります。たった数百グラムが現在価値で何億円という金額だったとか。

このように放射線による治癒効果は欧米でも認められていたのです。

戦後もソ連占領下のドイツで研究を続け、発疹チフスの治療に当たっていたのだそうです。
しかし自分も感染し37歳で亡くなりました。

もう一ヶ月前のテレビドラマで紹介されたのですが、読売新聞で紹介されています。
母親がとても感動したと言っていたので掲載しておきます。


過去ログ:かつて世界で販売されていたラジウム入商品(メモ)

現代の驚異−ヒストリーチャンネル-20世紀のラジウム医療器具
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 410 )
ライザップ(RIZAP)は他のジムとどこが違うのか? 
Monday, March 6, 2017, 10:22 AM
3/6 曇 10時 浅草での空間線量は81ベクレル/立法メートル
空間線量は先日まで90台でしたが、下がる傾向です。

よく有名人の痩身前と後を映して目を引くテレビCMで有名になったライザップとはなんなんだと思っていました。

知り合いがやってみたというので話を聞いてみました。

ライザップという会社は高額なサプリメントの販売会社である



テレビCMにあるフリーコール先に電話をしてみると、カリキュラムを説明してくれたそうです。
専用のスポーツジムの使用料が2ヶ月で28万円とのこと。

富裕層にとってはトレーナーが付いていろいろなアドバイスが受けられるから、運動が苦手で体型が良くなるならば出せない金額ではないかとちょっと気持ちが揺れたそうです。

ところが契約期間2ヶ月にはライザップ社のサプリメントを摂取しなければならないのだそうで、これが50万円分なんだとか。

つまり食事もすべてライザップ社のものを食べて運動もするというプログラムです。
さすがに二ヶ月80万円は払えないので、ライザップのジムに通うのは止めたそうです。

でもちゃんとそういう人には格安の通信教育があるそうで、そちらに申し込んでみたとのこと。

DVDでライザップのトレーニングを観ながら、自分で食事と体重を管理していく。
二ヶ月の間はコールセンターから、進捗や食事指導が含まれています。

電話相談は若い女性が担当で、すべて肯定的な言葉ばかりですごいモチベーションの維持につながったといいます。

トレーニング期間中は筋肉肥大を阻害させるアルコールはだめですが、電話では責められたことはないとのこと。

誉めてもらって、すこしづつ改善しましょうとやさしい言葉なので電話がかかってくるのが楽しみだったと言います。

ライザップのトレーニングはいたって普通のもの



彼はゴムチューブを用いたDVDのトレーニングを披露してくれました。実は本屋で買えるトレーニング方法と何も目新しい物はない。きついものもあるけども、毎日の出勤前に15分程度で一通り終わるのだとか。

負荷は自分で調整できるので、最初はできなくてもかまわない(電話で励ましてくれる)
ゴムバンド一本なんで仕事の合間にもできる。

2ヶ月間を毎日習慣にしたら、それをやらないと気持ち悪くなっていくのと、やはり日々体型が変わっていくので壮快なんんだとか。

ライザップの目的はプロテインを継続購入させること



5万円のDVDを観て運動するだけではなく、その間はライザップ社のプロテインやサプリメントを飲まねばならない。(これが毎回数万円分の出費となる)

食事は徹底した断糖(炭水化物断ち)です。朝食の食パンと晩飯のご飯は禁止です。変わりにプロテインを飲みます。だから体脂肪は運動をしなくてもすぐに減っていく。

体脂肪は二ヶ月で31%から22%と一般平均にすぐになっちゃったんだとか。体重では一ヶ月で6kgすぐに減った。

断糖食は身体が軽くなって、階段も余裕で登れるようになると気持ちも明るくなります。

二ヶ月の成果は体脂肪7%減で筋肉量4Kg増



二重顎、なで肩、太鼓腹のメタボリックから30代の標準体型に戻ったと本人はご満悦。体脂肪の分が筋肉になったので体重は数kgしか減っていないのです。

しかしこれは痩せやすい身体となったので、体重だけに注目するのは間違いだとのこと。
大切なのは体脂肪を減らすことが目的なのだから。

2ヶ月間で得たことは、食事の栄養管理と日々の短時間運動の習慣です。

市販のプロテインは実は栄養が豊富で他社のもっと安価なプロテインを昼飯として愛飲しているのだとか。

栄養管理はスマホアプリ「あすけん」で一目瞭然



スマホアプリを紹介してくれました。「あすけん」というそうで食事後に食べたものを入力すればたちどころに分析してくれるのだとか。

お菓子などの加工食品名を入れてもちゃんと栄養価を出してくれるので、いちいち一般名で検索しなくてもよいのがいいとのこと。

結局の所ライザップと他のジムはどう違うのか?



短期間で痩身と筋肉増強を謳うジムはいくらでもあります。加圧トレーニングという血流をとめて筋肉疲労を人為的に増加させる方法もあります。

また断糖食の認知もあがっています。

ライザップは継続(習慣化)をさせるサービスをウリにしているのだという感想でした。
同じ内容は、本屋でゴムチューブトレーニングのDVDと「あすけん」でできてしまう。

2ヶ月間を再契約でさらに二ヶ月と伸ばして継続することもできるのですが、もうライザップは不要となったので更新はしなかったとのこと。

若い女性が励ましてくれたことがライザップのサービスの本質だったそうです。(そしてプロテインを購入するのだそうですが)

水着姿を撮って送らねばならない


身体の変化を写真で撮ってライザップへ送るように強要されるのも、けっこうなモチベーション維持になっています。

あのコマーシャルと同じく正面と側面の裸の写真を撮って送るように指示されるのだとか。
それを若い女性が誉めてくれる(おだててくれる)のでスケベ心から運動と食事に気を遣うようになる。とても上手い商売だとのこと。

サービス業を突き詰めたことが躍進の理由だろう



私もスポーツジムに通った経験があります。そしてたいていはすぐに行かなくなるという経験です。単純な運動ばかりでは飽きちゃうのです。

ライザップもスポーツジムでしかないのですが、本質はサプリメントの販売業です。
消費者が求めるサービスを結構徹底して居るなあというのが、私の感想です。

サプリメントの販売ではなく、(運動と食事を)習慣化させることを目的として個別に対応していることがライザップという会社の特徴です。

運動系のサービスはいままでは「箱物商売」で、器具やプールを勝手に使えというスタイルでしたがそれじゃあ所詮は設備競争と価格競争になるだけ。

器具が不要なゴムチューブトレーニングでサプリメントを購入させることで、安定した収入源を確保しているライザップのスキームには感心しました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 454 )
森友学園と安倍晋三夫妻は右翼ではなくカルト・統一協会信者である 
Thursday, March 2, 2017, 10:34 AM
3/2 雨 10時 浅草での空間線量は77ベクレル/立法メートル

安倍晋三と昭恵は統一協会の操り人形である。これが結論。

日本会議という神道系宗教団体が安倍晋三の母体と言われていますが、これは菅野完(すがのたもつ)氏によって解説されています。

学問道場では菅野氏と副島隆彦との会談が掲載されており、菅野氏は外国人記者クラブで簡潔に日本会議の本質を説明しています。

女性差別主義で世界普遍価値(World Values)に反旗を掲げる団体



ああ、これだけで外国人記者は納得するのです。皇室典範の改正(男系しか天皇に認めない)に現内閣が執着する理由だということ。

それのカモフラージュとして愛国主義や民族主義を掲げているのだと言うことで、本物の右翼主義者からはたいへん嫌われているのです。

日本会議は勝共連合(=統一協会)による政治団体



10年前の第一次安倍晋三内閣時に副島隆彦先生が、安倍内閣は「カルト・オヴ・ヤスクニ」と海外メディアで紹介されていることを公表されていました。

靖国神社を象徴とした神道系カルトによる内閣が成立したと海外では報道されていたのです。

当時は、海外の反応はずいぶん大げさだと感じました。

安倍晋三は小泉純一郎内閣時代では北朝鮮拉致被害者団体での演説では威勢良く話していました。第一次内閣時代には拉致問題では強硬姿勢をとるものだと思ったら、全く何もしませんでした。

オバサン人気を当て込んだパフォーマンスであったわけです。靖国参拝、歴史認識とスローガンばかりが目立たせていくことに、安倍晋三はなんの政治的な実力がないのだなと思いました。

しかし今でははっきりとわかります。
安倍晋三のバックは岸信介-安倍晋太郎と続く統一協会であるということ。

トランプはヒラリーの残滓(ムーニスト)の排除に乗り出した



学問道場の掲示板では副島隆彦先生が安倍晋三の行く末を断言しています。

 トランプは、「安倍は、ムーニーだろ。ヒラリー・クリントンの忠実な子分だった」と 知っている。 そのことを、欧米のジャーナリストたちも、はっきりと知っている。 日本国内を、安倍たちの勢力が、押え付けることが出来ても、世界を押え付けて、騙(だま)くらかすことは出来ない。 

 安倍辞職で、内閣(政権)の崩壊の時期が、本通常国会の 期限である、6月18日にまで、ずるずると伸びても構わない。

 安倍政権は、もう5年目だ。みんな、嫌気がさすを、通り越して、怒っている。ウソばっかり付いて、景気はまったく上向かないで、失政ばかりだった。 安倍を支えてきた連中までが、一斉に離れつつある。

 あとは、強固に安倍支持勢力として残ってる、奇っ怪な宗教団体の勢力である。欧米メディアは、はっきりと、 「安倍晋三は、日本の極右(日本のネオナチ)勢力である、日本会議や、勝共連合=統一教会 Moonie ムーニー の を背景にしている政治家だ。

 妻の昭恵も、この統一教会の強固な、幹部活動家である」 と、はっきりと、どんどん記事にしつつある。

 文鮮明(教祖、ぶんせんめい、ムン・サンミョンの ムン Moon から、世界中では、Moonie  「ムーニー」 と呼ばれる)は、北朝鮮籍で、今の北朝鮮の政府の最高幹部たちの中にも、彼の教えに従っている者たちがいる。 

 彼らは、日本や韓国、そして、アメリカの首都ワシントンでも、政府高官たちの中にまで、入り込んで、国際反共産主義(こくさいはんきょうさんしゅぎ)の運動をしている。気持ちの悪い宗教団体である。一応、キリスト教の一派を名乗る。 

 安倍晋三たちは、「日本会議(にほんかいぎ)国会議員部会(350人ぐらいもいる。民進党にもいる)」を表面の政治団体にして動いているが、裏側は、ムーニーである。 「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」と 幸福実現党も、その片割れ、表面団体である。

 彼らは、恐ろしいほどの、「潜り込み人間たち」だから、出身母体(キンキュベイター、保育器)となった 生長の家(せいちょうのいえ)青年局だけでなく、今や、立正佼成会(りっしょうこうせいかい)をも乗っ取りつつある(だから、あの小池百合子の片腕の、元東京地検の検事だった若狭勝(わかさまさる)が、立正佼成会の全面支持で当選している)。

 恐るべきことに、創価学会(公明党)の中にまで、どんどん潜り込んで、幹部たちの中にもかなり入っている。ということは、政治家(国会議員)たちだけで無く、日本政府の外務省や、財務省、警察官僚たちの中にまで、たくさん、潜り込んで ( mole モウル、もぐら、潜入者、間諜)育っている。

 世界中の優れた、一流の ジャーナリストは、このことを、よーく知っている。 日本国内では、あまりにも、恐ろしい話で、あまりにも穢(きたな)らしい話なので、あまり口にしないことになっている。
 
 安倍晋三自身が、おじいさん(祖父)の岸信介(きしのぶすけ)以来、その最高幹部のひとりであり、彼を強固に支えている者たちも、そうである。だから、今回は、もう、安倍たちは、世界からの監視の下に置かれたので、もう、簡単には、逃げられない。

 日本の 極右、ネオナチ、で、憲法改正して中国と戦争を始めるべきだと、動いている、カルト・オブ・靖国(ヤスクニ)集団は、まさしく、安倍晋三を頭目とする集団である。彼らは、血に飢えた、戦争勢力である。チャンコロ(中国人)、チューセンジン(北朝鮮、韓国の国民)のことを、「イヌ臭い」から、あっちに行ってくれと、公言するような、日本の、最下層の、きたならしい 最低の人間たちである。 生来の暴力団体質の人間たちだ。


この流れは統一協会の洗脳信者である韓国の朴槿恵(ぱくくね)の失脚ではっきりしました。安倍晋三の命運もこれまでです。国会中継では副首相の麻生太郎が終始にやにやと笑っています。

古いですが2013年8月16日の朝日新聞に日本会議の記事があります。


過去ログ:なぜ安倍晋三はカルト・オブ・ヤスクニと言われるのか

まぐまぐニュースでも右翼が森友学園の唱える「明治時代の教育の復活」はナンセンスであり神道ではないと斬り捨てています。

まぐまぐニュース:なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

一刻も早い安倍と日銀黒田の退陣を願うばかりです。しかし野党もまともな追求ができないので歯がゆいばかりです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 418 )
油があると美味く感じ満足感を得る代償とは(「隠れ油」という大問題) 
Wednesday, March 1, 2017, 02:10 PM
3/1 晴 10時 浅草での空間線量は74ベクレル/立法メートル


「隠れ油」という大問題(林 裕之著 三五館 2017/2)という本の新聞広告が目に止まりました。検索してみると、家族で娘さんのアトピーを改善する方法を模索して行き着いたところが、食品に含まれる「隠れ油」だということです。ご婦人は料理研究家のようです。
帯には

あなたは年間13リットル飲んでいる植物油の怖い話


とあります。

年間13リットルということは月間1リッター強、すなわち
1日で36ccの植物油を摂っていることになる。

大さじ(15ml)2杯と小さじ(5ml)1杯程度か・・・

それぐらいは摂取しているような気がします。

食卓にはキューピーのマヨネーズ、山崎の食パンにマーガリン、菓子パン、チョコレート菓子、せんべえ、コーヒークリームetc
そしてガスレンジにはサラダ油が置いてあります。

amazonの内容紹介より転載
私たちが変えたのはたった一つ「油」だけです。ほかに特別なことは何一つしていません。
にもかかわらず、アトピーはもちろん花粉症、冷え、便秘、鼻炎、慢性的なダルさなどの改善が一気に起こってしまったのです。
「油って、そんなに悪さをしていたのか! 」
断油生活から少油生活を実践した私たちは、身をもってそのことを実感したのです。


アトピーや花粉症の原因が植物油であるという説



なるほど・・・

油脂はビタミンを植物から摂取する際には必須なのですが、過剰に摂ると害があるというのは納得です。


以前人気ラーメン店を紹介していたテレビ番組を観たことがあります。日曜の鉄腕ダッシュだったかな。

いくら出汁(だし)や調味料、麺にこだわっても、油を入れないと人は満足感がないという話がありました。人間は油を摂りたがるのだということ。

油で美味しく感じる味覚の代償は大きい



安価な植物油が加工食品に濫用されていることは以前にも書いていますが、年間13リットルかそれ以上を摂取していたとは我ながら驚きです。

アトピー、花粉症の方は口にするものを一度確認しましょう



過去ログ:トランス脂肪酸が老化原因!?
”創造的”とは決して奇をてらうことではない。”再発見”することなのだ。
工業化された食品なんぞ無くなってもべつに構いません
食べるな危険!乳製品に似せたトランス脂肪酸たっぷりの植物油脂食品
ゼラチン(コラーゲン)は美肌や関節痛に効く便利な調味料だった
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 422 )
NHK「ためしてガッテン」睡眠薬で血糖値が下がる? 
Tuesday, February 28, 2017, 06:50 PM
2/28 晴 10時 浅草での空間線量は72ベクレル/立法メートル

睡眠障害が血糖値の上昇の原因の一つという仮説でつくられた内容のようです。
私は観ていないので、NHKのWebを読んだだけで、ちょっとこのNHKの放送内容にコメントしたいと思います。

どうやら実験として20代健常者を音や光が遮断された環境下である洞窟で9日間過ごさすと、インシュリンの分泌量が増えたという結果を基にしているようです。

さらに被験者の睡眠時間が8時間半であったことから、健常であるための必要睡眠時間も同程度であるという結論です。

すなわち睡眠時間が足りないとインシュリンの分泌量が少なくなってしまうということで、それで最新の睡眠薬(オレキシン受容体拮抗薬:商品名「ベルソムラ」)が血糖値の改善に効くかのように番組で説明していたとのこと。

このベルソムラという睡眠薬は一昨年に保険適用された最新の睡眠薬です。米国メルクの大型商品です。

睡眠薬の種類を解説したサイトを眺めましたが、結局は脳内ホルモンの分泌を抑制したり遮断するものです。

睡眠が原因なら睡眠環境を整えることが先決だろ?



ずいぶん乱暴な結論だというのが、感想です。

んで睡眠薬って常習性があるんです。降圧剤や高脂血症改善剤といった長期にわたり服用しなくてはならない薬は製薬会社にとってはドル箱です。

脳に作用する薬はホルモンバランスが長期にわたって崩れる



六城ラヂウムのお客様で、何年にもわたって睡眠薬を飲んでおられる方がいらっしゃいました。
睡眠薬の常用で強度の貧血や低血圧でもあり、ホルモンが崩れているために卒倒することもしばしばあったとのこと。

温泉に行くこともままならない体力なので、当方にご家族が注目されたのです。

ご本人の様子を伺うと、源珠(げんきだま)は強すぎて、そばにあるだけで動悸がしてしまうというのです。
それでラジウムシート氣傳効(きでんかい)だけを敷いて寝ていただきました。

それでも目眩や体温の上昇といった<好転反応>が強すぎて、とりあえず足元だけに敷いてから徐々に膝・腰・肩と広げていきました。

2週間ほどかけて徐々に微量放射線を身体に馴染ませていきました。

睡眠薬から解放されたら、活力が戻った



やっとラジウムシート氣傳効(きでんかい)で横になることができると、なんと睡眠薬を服用しなくても眠れるようになったというご連絡がありました。

しんどくて昼寝をしないと日常生活もできなかったそうですが、お電話口ではご亭主の変わりに店に立っていると弾んだ声でした。

近くに医療機関に勤める息子さんが住んでいらっしゃるそうで、たまに様子を見に来られるそうですが、母親の変貌に驚いたとおっしゃっていました。

私の経験から申し上げると、長期に薬を服用している方は六城ラヂウムを用いると、好転反応(目眩や頭痛、動悸)が出ます。
まず源珠Lite(げんきだまライト)といった低い線量から始められた方が良いとお奨めするのはそのような理由からです。

それにしてもNHKは罪深い番組をつくるものだ。

薬なんて百に一つもいいことなんかねえよ。


https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20170227-00068136/
「睡眠薬を糖尿病治療に使えると誤解与えた」 NHKガッテン! 番組HPで謝罪
楊井人文 | 日本報道検証機構代表・弁護士
2/27(月) 3:37

NHKは2月22日放送の生活情報番組「ガッテン!」で、「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現で誤解を与えたとして、26日夜、番組のホームページに「深くお詫び申し上げます」との謝罪記事を掲載した。NHKには放送直後から「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」と批判が寄せられていたといい、インターネット上でも医療現場から問題を指摘する声が出ていると報じられていた。【追記あり】

問題の放送は「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題して、熟睡で血糖値が改善することや必要な睡眠時間などについて医療研究の成果を交えて解説する内容。だが、番組内では「睡眠薬で糖尿病が治療できる」というテロップなどがあり、糖尿病治療のために睡眠薬を推奨するような場面があった。この点について、NHKは「行き過ぎた表現や短絡的な表記があり、あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました」と問題を認めた。
また、番組では睡眠薬の名前が特定できる映像や「副作用の心配がなくなっている」といった説明もあった。こうした点についても「あたかも番組や病院が、この薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていました」「運動障害の副作用は少ないとはいえ、悪夢や頭痛などの別の副作用は報告されており、大変不適切でした」と記した。
そのうえで、「睡眠障害の治療には、生活習慣の改善など様々な選択があり、睡眠薬を使用するかどうか、どの種類の睡眠薬を選ぶかなどは、かかりつけの医師や睡眠専門の医師の判断に従ってください」と呼びかけ、「この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。お詫び申し上げます」と書かれていた。批判の高まりを受け、3月1日の次回放送前を待たずに謝罪した。
「ガッテン!」は前身の「ためしてガッテン!」を含めると約22年続く長寿番組。現在は毎週水曜の夜(NHK総合)に放送されている。

【追記】「学術団体として看過できない」関係2学会が見解
日本神経精神薬理学会と日本睡眠学会は2月27日、今回の番組について「学術団体として看過できない問題点が確認された」として、同じ内容の見解を各学会のホームページで発表した。日本神経精神薬理学会事務局によると、同日、NHK宛てにメールと郵送で見解を送付したという。
見解では、「番組で取り上げられた睡眠薬については、既存の臨床試験データにおいても血糖降下作用は確認されていません」とし、「根拠に乏しい効能効果を視聴者に向けて強くアピールしており、糖尿病患者に過大な期待を持たせたばかりか、医療現場での混乱を招いています」などと厳しく批判。経緯の説明や訂正などの対応を求めた。
日本神経精神薬理学会の池田和隆理事長兼執行委員長(東京都医学総合研究所)は、日本報道検証機構の取材に応じ、学会の見解は26日にNHKが番組ホームページで表明した見解や謝罪も踏まえて、発表したものだと説明。「今回、NHKはかなり迅速に対応し、主な問題点にも言及しており、一定の評価はできる。放送に至った経緯も含め、我々が提起した疑問点についてもきちんと検証して回答してほしい」と話している。(NHKにも見解を求め、回答があり次第、追記します。)
(*)日本睡眠学会ホームページに掲載された見解。


NHK側の回答
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170222/index.html#lead

「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」をご覧になった皆様へ
今回、放送後に多くのご指摘をいただきました。
番組は、“睡眠を改善することで血糖値が下がる”という医療現場の最新研究を紹介したものでした。糖尿病の背景のひとつに睡眠の問題があることをお伝えするのが、番組の主旨でした。

しかしながら、説明が不十分だったり行き過ぎた表現があったりしたため、「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」「副作用を軽視している」などと、ご批判を受けました。
視聴者の皆様、医療現場の皆様、関係者の皆様に誤解を与え混乱を招いてしまったことを、深くお詫び申し上げます。以下に、ご説明いたします。

★睡眠障害と血糖値の関係について
睡眠障害が血糖値の異常をもたらすことは、シカゴ大学など様々な研究機関から報告されており、広く知られています。大阪市立大学医学部附属病院では2015年から、糖尿病患者のうち睡眠障害を合併している方を対象に、睡眠薬を使って睡眠障害を改善する臨床研究を行っています。睡眠障害が改善したことで、17人中、14人の血糖値が改善したというデータを番組ではお伝えしました。
しかし、番組内に「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現や短絡的な表記があり、あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました。あくまでも睡眠障害と診断された方に対して、医師が睡眠薬の処方が必要であると判断した時にしか行えないことを、もっと明確に述べるべきでした。

★番組に登場した睡眠薬と、その副作用について
今回、番組では、「オレキシン受容体拮抗薬」という睡眠薬を中心に紹介しましたが、これ以外の睡眠薬にもそれぞれ利点があり、血糖値が下がったという研究も報告されています。
番組で「オレキシン受容体拮抗薬」をとりあげたのは、大阪市立大学医学部附属病院が、「運動障害の副作用の報告が少ないことに加えて、睡眠により選択的に効果があり、睡眠の改善と血糖管理の関係を見やすい」という理由で、この薬を使用していたためです。

番組では、「副作用は少なくなっていますが医師の指示に従って服用してください」とお伝えした一方で、「副作用の心配がなくなっている」などという表現がありました。運動障害の副作用は少ないとはいえ、悪夢や頭痛などの別の副作用は報告されており、大変不適切でした。
スタジオにご出演頂いた専門家は、「GABA受容体作動薬」、「メラトニン受容体作動薬」など他の薬剤についても説明されていましたが、その内容を十分にお伝えできない編集となってしまいました。また、薬剤名がわかる状態で薬を手に持つ映像を紹介したことも、あたかも番組や病院が、この薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていました。
睡眠障害の治療には、生活習慣の改善など様々な選択があり、睡眠薬を使用するかどうか、どの種類の睡眠薬を選ぶかなどは、かかりつけの医師や睡眠専門の医師の判断に従ってください。

この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。お詫び申し上げます。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 440 )
習慣がその人自身であり、継続することが才能なのだと思う 
Monday, February 27, 2017, 02:15 PM
2/27 曇 10時 浅草での空間線量は72ベクレル/立法メートル

昨日は東京マラソンでした。ヘリコプターの音がするので蔵前橋に行ってみたら、すごい速さで黒人集団が走り抜けていきました。あんな速さで走れるなんて驚愕です。

三浦知良(みうらかずよし)選手がJ2といえども50歳で現役サッカー選手として出場したというニュースもすごい話。

一つだけ年が上ですし、16歳でブラジルに単身で渡航したということだけでも当時から度胸があるものだと感じていました。

遊びで草サッカーにむりやり引き込まれたので、嫌々走りましたけど20mも走れませんでした。ボールが飛んできても足がもつれてつんのめって転ぶばかり。

走るという行為は大人になったらめったにあることはない。
ヨロヨロとしか走れない自分自身に驚きました。

交差点を渡る際、歩行者信号機が点滅していたら、かつてはダッシュして走りきったのですけども、いまでは躊躇無く立ち止まります。

全力で横断歩道を渡るという行為でさえ、重荷に感じる歳なんだよなあ。
それをずっと45分、90分続けられるなんてどんな身体をしてるんだと思います。

このように感じるのは、日頃から走ることをしていない素人考えです。

習慣化すれば、徐々にレベルが上がっていく



イチローもキングカズも毎日基礎トレーニングを欠かさないと聞きます。基礎って大事です。

基礎練習はどれだけ上達しようが「基礎」ですからどんなレベルでも必要なのです。

勉強もそうだし、スポーツも、音楽もすべて共通でしょう。

基礎をすっ飛ばして、実技に移っても伸びしろがないのです。

中学や高校あたりでギターを買ってもらって人気ロックバンドの真似事をやって、あとは埃まみれという経験がある方は多いでしょう。

演奏ではなく、本来はずっと退屈なコード進行や音階をパラパラと何時間も毎日やらねばならない。プロと素人の違いですね。

小さいときに基礎を叩き込まれて、それが習慣化されているということが重要なのです。
習慣化された経験はそのまま大人でも引き継がれるのです。

この習慣化というキーワードを私は最近意識しています。

低糖食や日々の軽体操、読書やメディアへの批判の目といったことなどなど

さて、そんなことを考えながら、市民ランナーがあふれている道に沿って、買い物に行きました。

宅配便依存する商品のない店舗ばかりだ



ところが商品の陳列が少なく、目的の商品を店員に尋ねたところ売り切れているが、仕入れる予定はないとのこと。

注文はできるのですが、前金で返品不可なのです。おまけに卸からの送料も負担して貰うという条件では通販と変わりません。

店員さんも自己責任なんだから通販で買った方がいいよと言うので、結局手ぶらで帰ってきました。

いまや日本一の買い物の街、秋葉原でさえこんな調子です。

結局、実店舗は通販業と同じ土俵に登ってしまったのだと言うこと。

対面でのサービスを充実すればいいのですが、日本では時間労働の価格が低いために経験の浅いアルバイト店員ばかりです。

客の方がずっと詳しい。ネットで最安値はすぐにわかる時代。
実店舗側は結局売れ筋に絞って、さらに在庫も最低に抑え、回転率ばかり考える経営ばかりです。

しかも人件費を抑えるために、長時間、不定期な仕事を少人数で行わせていることも問題有り。そして影響は上流側へも伝わり、

宅配業界は阿鼻叫喚となっている


と今朝の読売新聞にあります。ネット社会が世の中を豊かにしたのか?と考えてしまいます。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 434 )

戻る 進む