STAP細胞と同じく鳥取大「癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できること」も注目すべき発見である 
Thursday, January 30, 2014, 09:24 PM
1/30 晴 10時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル

小保方晴子(理化学研究所研究員)の「万能細胞の新たな作成方法」(STAP細胞)のニュースで隠れてしまっていますが、

1月25日に発表された鳥取大学医学部の論文
「癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できることを発見」

がん治療を根底から覆す大発見です



ガン細胞は血液が正常になれば、再び赤血球に戻って、やがて分解されて輩出されていくという千島喜久男理論と同じじゃないか!

日経プレスリリースを転載します
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=353873&lindID=5

鳥取大、癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できることを発見
癌は、容易に正常細胞や良性細胞へ変換できる
単一のマイクロRNAの導入により
〜抗癌治療や再生医療としての応用に期待〜



【概要】
 鳥取大学の研究グループ(代表:鳥取大学医学部病態解析医学講座薬物治療学分野 三浦典正 准教授)は、自身がクローニングしたRNA遺伝子の機能解析に従事している際、この遺伝子に関連して発現変動する単一のマイクロRNAを悪性度の高い未分化癌に導入すると、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できることを、世界で初めて発見しました。同研究グループは、2012年に、肝癌において未分化型や高分化型細胞株を用いて、in vivo(免疫不全マウスを用いた動物実験)において、いずれも悪性形質を失わせ、成熟型奇形腫、正常肝組織、腫瘍非形成の3種のパターンに誘導できることに成功しています。また他の未分化型癌においても可能であり、本分子が有用であることが明らかになりました。このたった1つのRNA分子からなる製剤開発により、癌に対する有効な医薬品に応用できるものと期待されます。
 本成果は、国際的科学誌である「Scientific Reports 誌」のオンライン版で平成26年1月24日に公開されました。なお、本研究は、文部科学省科学研究費(挑戦的萌芽研究)、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)A−STEP【FSステージ】シーズ顕在化、武田科学振興財団研究、高松宮妃癌研究基金の助成研究として行われました。

■背景
 研究グループ代表は、自身のクローニングした遺伝子がRNA遺伝子であり、癌の第一抗原と目されてきたヒトテロメレース逆転写酵素遺伝子(hTERT)と関連して、特に未分化なヒト癌細胞において、その発現を制御させる性質をもつ特異な遺伝子として、発がんや癌の悪性度に関わる遺伝子として機能解析をしてきました(2009年BMC Mol.Biol.に発表)。また、未分化型悪性黒色腫でも当該RNA遺伝子が増殖抑制できることを、製剤候補としてハイドロゲルやアテロコラーゲンを用いて確認してきました(2013年Nucleic Acid Therapeuticsに発表)。この度、このRNA遺伝子をshRNA法という遺伝子発現を抑制する手法により10種程度のヒトマイクロRNAが発現変動することを突き止め、その1つ1つを癌細胞の中へ導入することで、最も癌を制御できる有効なものを検討しました。その結果miR−520dが驚くべき現象を誘導しました。
 2012年2月に、山中教授らが当初iPS作製に使用した293FT細胞、または未分化な肝癌細胞、膵癌細胞、脳腫瘍、悪性黒色腫細胞で、球状の幹細胞または癌幹細胞様の細胞へ容易に変化させ、その細胞はP53という癌抑制遺伝子を高発現していることを見出しています。それまでは、マイクロRNAのがんや再生医療の報告として、miR−302 family,miR−369,200cに関して多数種の併用でリプログラミングの試みがなされていますが、たった一つでこのような効果をもたらす報告はありませんでした。


■内容
 本研究では、まず未分化な肝癌細胞がmiR−520dにより、12時間程度でP53,Nanog,Oct4陽性の細胞へ変化し、miR−520d導入細胞がマウスでその癌とは全く異なる組織(奇形腫や正常肝臓組織)を形成したり、腫瘍を全く形成しなかったりすることがわかりました。高分化型癌でも1ヵ月程度で同様の細胞へ変化します。このことは、悪性度の高い低分化なものほど容易に良性形質になりやすいことを意味します。この結果から、メカニズム解析と同時に、治療的効果の検討を行っており、脱メチル化による脱分化誘導がその原因の1つであることも証明しました。
 他の癌でも派生元の細胞の性質をより強く持つ全く異なる細胞へ形質転換できることから、多くの未分化な癌細胞で有用な分子であることがわかりました。たった一つの生体分子が、このように劇的に癌細胞の状態を変えてしまうことは、癌根絶の夢が目前に来ており、この領域の研究及び製剤開発が推し進められることで早期に実現する可能性も高まりました。

■効果
 医療の現場では、癌細胞は集学的に研究や治療が試みられており、癌幹細胞の根絶が困難なため再発が、担癌患者の心身を蝕みます。この小さなRNA分子(20mer)のメリットは、癌幹細胞への感受性が高いことで、他に治療法のない末期的な担癌状態に奏効すること、また抗がん薬で有効でなかった癌細胞に癌治療のアジュバント療法として奏効する可能性が極めて高いことです。このRNAからなる癌細胞へ送達できる製剤との併用により、従来にない作用機序の医薬品としての応用が期待できます。また癌に対する核酸医薬の中心的な役割を果たすことが期待できます。またP53の発現を誘導することから、再生医療でもiPS細胞の品質管理などに応用できる可能性があります。


【掲載論文】

 題名:“Hsa−miR−520d induces hepatoma cells to form normal liver tissues via a stemness−mediated process”(ヒトマイクロRNA(miR−520d)は幹性誘導により肝癌細胞を正常な肝組織に誘導する。)

 著者:Satoshi Tsuno,Xinhui Wang,Kohei Shomori,Junichi Hasegawa,Norimasa Miura

 雑誌名:Scientific Reports(出版社:Nature Publishing Group)

 オンライン版URL:http://www.nature.com/srep/2014/140124/srep03852/full/srep03852.html

【参考図】


● 関連リンク
鳥取大学 ホームページ

● 関連資料
参考図

過去ログ:千島喜久男博士の説が「オートファジー説」という名で復活!(細胞は血液に戻るのである)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2171 )
もうずっとホワイトカラーはいらない世の中です 
Wednesday, January 29, 2014, 02:16 PM
1/29 晴 10時 浅草での空間線量は9ベクレル/立法メートル

本日は陽射しが強く、3月上旬の暖かさなんだそうです。春がそろそろ来たなあと実感します。

アクリフーズの農薬混入事件で従業員が逮捕されましたが、中国の毒物混入事件と動機も犯人像もたいして変わらなかったということです。熟練もなにも手際だけが求められる仕事で給与の多寡に不満を言っても仕方がないのになあ。まあこれからも模倣犯は続くでしょう。

さて

人工知能(AI:Artificial Intelligence)の研究で、すでに大学入試問題が解ける程度まで進んでいるという記事です。

今から20余年前、コンピュータの普及期に人工知能の研究が大手民間企業で進められていました。主にクリティカルパスという最適な結論を導く数学的ロジックをコンピュータで解くことが主題で、入力に対して人間よりも早く結論を出すというものです。

このプログラムはやがて最短経路探索に応用されて、いまでは当たり前に使われているカーナビゲーション(Car Navigation:カーナビ)器機となりました。

コンピュータ内部では行列という計算をさせます。簡単に言えばたくさんの式がならぶ一次連立方程式です。いまでは行列演算専用のチップ(処理装置)があるので瞬く間に解がでてしまいます。

当時は担当のプログラマーが苦労して(高校あたりの数学を思い出しながら)プログラムを打ち込んでいました。プログラマーの技量がそのまま計算速度や精度に影響するので寝食忘れて没頭しました。遠い私の昔話です。

しかし最短経路探索といった成果以上は、当時の人工知能研究は進まなかったと記憶しています。次の自動翻訳あたりで多くの研究者は挫折していき、目新しい進歩も見られず、景気縮小によって尻つぼみに人工知能研究は幕を閉じたものと私は思っていました。

それから20余年、ハードウェアとネットの進化でずいぶん進んでいたのですねぇと感嘆をもって記事を読みました。当時の貧弱なコンピュータでは思いも寄らなかったので、あらためてコンピュータ化社会はすごいのだなあと感じずにはいられません。

松下電器のように本社人員を1/3にしてしまう例がこれからも増えていくでしょう。

例をあげると通販のガリバーであるamazonの配送はクロネコヤマトで、両社の情報処理システムは共有されています。つまりクリックした瞬間にヤマト運輸のコンピュータで発送処理がなされてしまいます。在庫管理にも反映されてせいぜい人が関与するのは倉庫での箱詰めとトラック運転手、末端の配達員ぐらいかな。
石油精製業ではライバル企業のガソリンでも空いたタンクローリーで運んでいます。このようにコンピュータ化により同業他社や異業種と業務基盤の共用が進んでいるので、コンピュータ自体が知能を持ち、判断できるようになったら、管理職という立場はますます不要となっていきます。

そんな社会がすぐ来るか? 私は大企業の本社(Head Quater)といえども人員なんて数十人から100人程度となる時代はすぐだと思いますよ。

みんな等しく平社員、永遠に平社員、それもずっと現場廻り



そういう世の中へ突き進んでいるのに、どうして就職活動で大企業へ勤めたがるのだろう。
日本の大学では「レミングスの行動」でも教えているのでしょうか。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2144 )
こりゃ面白そう!完全セルフサービスのお葬式「0葬(ゼロさい)」 
Tuesday, January 28, 2014, 10:28 AM
1/28 晴 10時 浅草での空間線量は6ベクレル/立法メートル

 熱心なキリスト教徒でありながら、イエスの死後、そして中世から近代にかけて支配の道具へと変質したキリスト教に懐疑をむけて発信していらっしゃる方のブログ「Walk in the Spirit」の記事が面白かったので、同じ題材で私も取り上げます。

なぜ私のブラウザーのお気に入りに入れたのかが思い出せないのですが、ずいぶん昔からお気に入り登録していたようです。

クリスチャンと一口にいっても、教会を中心に捉えるカトリックと戒律を緩めたプロテスタント、さらにプロテスタントといってもゼウス(デウス)と我々人類との関わり方や聖書の扱いなどで流派が別れていきます。

キリスト教信者と認められるのは、森羅万象の神はいるとしても、我々の生活には関与しない(神罰を与える存在ではない)と考えるユニテリアンまでです。

日本のように八百万(やおよろず)に神があるという考え方はパンシズム(凡神論:punthism)といいます。

森羅万象の神などいるかどうかは知らんという立場はアグノスチズム(無神論:agnostism)。

無神論者は無信仰(nonbeliever)という括りでここまでは欧米ではだいたい人間性を許容される。

しかし「人間を超越する存在などない」という考えはアティズム(atheism)といい、狂人扱い、もしくは破壊活動家(テロリスト)と同等のように海外では人間性を疑われます。(副島隆彦先生談)

ブログ「Walk in the Spirit」の著者は理神論者(deism)のように見受けられます。ユニテリアンに近い考え方です。デウス(ゼウス)はの存在は信じるがキリストや聖書の絶対視はしないという実学的な思想。対極は原理主義なんだろうなあ。

そんな方の記事「〇葬」

http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201401270002/

「僧侶を呼ばず、墓もつくらず、火葬場直行で骨は引き取らない、これが『0葬』」
もちろん戒名なんていらねえよ。

なんとamazonでは棺桶まで通販で売っているのか・・・これ組み立て式だから邪魔にならないね。

病院でなくなると、すぐに葬儀屋がかけつけてあれよあれよと勧められるがままに進んでしまうそうです。
これはこれでいいのかもしれませんが、ほとんどがこれでいいのかと自問しているというのが現状だそうです。

それならば死ぬ本人が棺桶も自分で用意しておいて、その時がきたらそれにいれてもらって、霊柩車など使わず幌付の軽トラか箱バンのレンタカーでも借りてもらって公営の火葬場へ直行してもらえばハイ終りとしたほうが周りの人も、死ぬ本人も満足なんじゃないでしょうか。私だったらこうして欲しいなあ。

お墓にいれてもらうかはそれはそれで、もし火葬場で骨を引き取ってもらえなくても、どっかで景色の良いところで撒いてもらえばよい。骨壺代(1〜4万円)も不要。
ちなみに家庭から出される不燃物のうち骨壺は結構な割合なのだとか。
だったら最初から骨壺なんていらないじゃん。適当なガラス瓶にでも入れてもらったらよい。

棺桶代3万円と火葬代(6〜10万円)、死亡時から24時間以上経たないと火葬できないための安置代(一日8千円)が「0葬」の最低予算です。火葬場での坊主の読経など一切やらず、あとは見送りされる方へ休憩室と茶菓子代などの雑費(2〜6万円)を用意しておけばいいわけです。

0葬プランを見積もってみると11万8千円〜19万8千円となります。

ということは12万円ほどの現金を常に置いておけば自分の始末はとりあえず大丈夫なわけです。

ただし独り暮らしの場合、後片付けがあり、これが残された親族の一番の重荷なのだそうです。

都内では遺品処理専門の会社がけっこうあります。私の友人も親が亡くなったとき、離れて暮らしている上に共稼ぎではどうしようもできず、丸々業者に任せたのだそうです。だいたい30万円で家一軒(不要品トラック1台分)をきれいにしてくれるのだとか。

後片付け代まで含めると30万円から50万円あれば十分に「立つ鳥跡を濁さず」となります。残った金品などは遺族や見送り人が分け合うなり、後日に偲ぶ会でも開いて飲み食いに使い切ってしまう方がよほど楽しい(?)ものになるでしょう。

こう考えれば「0葬」はメリットがたくさんあるなあ。

ラジウムシートを敷いた棺桶ベッドなんてのを販売したら結構いけそうです。私はお迎えが来る齢となったときには老人ホームよりも棺桶ベッドを選びます。

どうですか、マイ棺桶おひとつ?


(新聞記事追記 3月17日)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1853 )
「医学的根拠とは何か」(津田敏秀 著)・・・専門家たちの独断のことです 
Monday, January 27, 2014, 11:00 AM
1/27 晴 10時 浅草での空間線量は6ベクレル/立法メートル


医学的根拠とは何か (岩波新書)
「医学的根拠とは何か」(津田敏秀 著 岩波新書)を近所の書店で探したのですがないので、新聞の書評だけでブログを書きます。

津田敏秀・岡山大学教授(疫学)によると
「年間100ミリシーベルトではガンの増加はみられない」という報告がいくようにも捉えられていることに着目しています。

国際連合の下部組織であるWHO(世界保険機構:World Helth Organization)では、この報告に対して「それ以下でも影響なしとは言い切れない」という判断をする一方

国際的<民間>学術組織のICRP(国際放射線防御委員会: International Commission on Radiological Protection)は学会らしく「100ミリシーベルトで統計的有意差は認められない」とほぼ追従してしていることが混乱の原因だと指摘しています。

医学的根拠には3つに分類され
・直感派
・メカニズム派
・数量化派

とあり、医学研究においてこの3つが連携せずにバラバラに主張されていることが原因の根本であると指摘しています。

まさにその通りです。放射線の影響は岡山大学でも長年動物実験で研究されており、それでも統計的な影響がでる(有意差を認められる)線量は発見されていないのです。

鼠、犬、猿などで何年も何代にわたって疫学的な調査をしても、まったく断定できていないことです。

直感派はWHOのような基本的人権の尊重を建て前に論理を展開します。公害と同じ括りです。

このように専門家が主張する医学的な<根拠>はそれぞれ異なり、議論にならないということがわかります。

群盲評象(群盲が象を評す)



これが医学的根拠の本性であるということ。読後に気付くことがあれば追記します。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2132 )
口げんか/交渉に強くなる方法とは 
Sunday, January 26, 2014, 11:31 AM
1/26 晴 10時 浅草での空間線量は6ベクレル/立法メートル

プロレスラー鈴木みのるが口喧嘩(交渉事)の極意を述べている記事が的を射ているので掲載しておきます。


(中略)
僕のニックネームは「世界一性格の悪い男」です。対決する相手から「嫌なヤツ」「やりにくいヤツ」と思われるのは大事です。苦手意識を持たれた時点で僕の方が上ですから。

嫌がられるにはそうすればいいかって?相手の心を見透かし、本当のことを言えばいいんです。僕は戦うときには自分を全部さらけ出すんで、逆に相手の色々な面も見えてくる。相手がでかい声で威嚇したら「そんなに俺が怖いんだ」と指摘してあげる。他にも「いい人ぶっているよね。みんなにいい顔をしたいんでしょ」とか。相手は本気で怒りますね。本気の人間同士が戦うと、その熱が見ている人にも飛び火するんです。
(以下省略)


ねっ、性格悪いでしょ(笑)、そしてとてもクレバー(clever)な人だと思います。
誰もが本心や本音を隠して生活しているわけで、それをズバッっと斬り込まれたら形勢不利です。

鈴木みのる氏に言わせれば

本音をさらけ出せば、守る必要がないので攻めるのみ


となります。

関西人が口げんかや交渉に強いのは、建て前が嫌われる土地柄なので相手の本音を引き出すことが自然と培われるからでしょう。

「ええかっこしい」というのは最大の侮蔑(ぶべつ)です。

東京都知事選がまったく面白くないのは、各候補者が「ええかっこしい」ばっかりだからです。だからちょっとマスメディアが突っつくと、すぐにシュンとなる。

本音を隠して生きているヤツは口げんかに弱いと言うこと。防戦一方で攻めることが出来ないから。公務員や大企業の会社員が簡単にヤクザの恫喝に負けるのも、「いいひと」って本音で闘うことができないからです。

性格が悪いという評価は最上の誉め言葉だ



ネゴシエーション(negotiation:交渉)の極意は自分を飾らずにさらけ出してから相手を見据えることだということです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 2006 )
寒い日はあんまん・豚まんをつくってみる 
Saturday, January 25, 2014, 02:42 PM
1/25 曇 10時 浅草での空間線量は9ベクレル/立法メートル

本日の天気予報では4月並の15度近くまで暖かくなると報じてましたが、嘘つけってかんじです。曇天でどうしようもなく寒いです。
暖かくなればパンを焼こうと思っていたのですが、計画変更、あんまんにします。

作り方はよく知らないのですが、とりあえず適当にやってみます。
強力粉よりも薄力粉が手元にあったので、これを使います。強力粉では弾力がありすぎるので蒸しパン系は薄力粉の方がいいかもしれません。

〈自己流の中華まんのつくりかた:4つ〉
1.薄力粉200g
2.砂糖 大さじ2杯ほど
3.牛乳 50cc
4.お湯 50cc
5.ドライイースト 小さじ一杯
6.ベーキングパウダー(重曹でも可) 二つまみほど(入れすぎ注意)
7.中の具・・・あんこや晩のおかずの残り物

パンの生地と同じようにボールで混ぜ合わせて、膨らまします。そのあと生地を4等分して好きな具を包みます。

生地はクッキングシートに置いて、電子レンジの発酵機能で1時間ほど二次発酵させます。

あとはクッキングシートごと蒸し器に放り込みます。鋏でクッキングシートを切れば皿も洗わずに済みます。

イーストの膨らみが足らないなあと感じてもベーキングパウダーで1.5倍ほど膨らみますので気にしません。

10分ほど蒸したらできあがり!

すべて手製、ふかふかです。写真はなぜ三つなのかって?
そりゃほかほかで食べながら写したからです。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2061 )
活性酸素を中和するには微量放射線しかない(とかねてから主張しております) 
Thursday, January 23, 2014, 10:02 PM
六城ラヂウムです。
新聞記事に「活性酸素は老化の他、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など様々な病気に関わっていることがわかってきた。」とあります。

わかってるよそんなこと!

とつっこみながら記事を読みます。

「一方で体内に有害な最近やウィルスを殺す働きもあるそうだ。そんな活性酸素の特徴を生かし、ガン細胞を殺す抗ガン剤にも応用されている。」

へえ、そうなんだ知りませんでした。

「東京工業大学の河野雅弘特任教授らは、血中の活性酸素の発生に関係している物質の量を調べることで腎臓病や糖尿病の病気の予兆をつかめないか研究中だ」

つまり、血中の活性酸素の量で腎臓病や糖尿病の発生リスクが高まるということです。

「『活性酸素は身体の健康と深く関わっている』」

解説すると活性酸素とは、通常でも生体活動で体内に発生するものです。

ところがこの、電子が一つ足りない酸素は、とても強力な酸化作用があるのです。

これで引き起こされるのがいろいろ病気でもあり、細胞膜を傷つけることで起る「老化現象」なのです。

電子が足りないなら外部から供給してやればいいじゃねえか



微量放射線とはすなわち大量の電子です。天然の放射線を浴びていると健康な理由はこれが根拠です。実際に台湾の放射能汚染マンションを追跡調査したところ、あきらかに台北市内との胃ガンの疾病率は低かったのです。また世界の有名な高線量地区は長寿でもあります。

これが微量放射線が老化防止・美容と疾病予防に役立つ理論です。

老化・疾病防止には六城ラヂウム



当初から、微量放射線は身体によい上に美容・若返り効果があると六城ラヂウムでは主張しています。

過去ログ:
なぜラジウムは美容(若返り)に効くのか?(フリーラジカル電子)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2089 )
(哀悼)健康教の教祖、船井幸雄氏逝く 
Wednesday, January 22, 2014, 08:56 PM
1/21 晴 18時 浅草での空間線量は8ベクレル/立法メートル


今朝の新聞に船井幸雄氏が死去されたというお悔やみ記事が掲載されていました。
二年ほど前からだいぶ衰弱されているというお話は聞いていたので驚きはしません。
私としては、あぁ亡くなったかという感慨です。

7,8年前に船井先生と副島隆彦先生のご自宅でお会いしたことがあります。背が低くて丸くてサングラス姿に両脇に美女(秘書の方です)を抱えてご登場されたときには、どこぞの親分さんかと思いました。色眼鏡は単に陽射しが強いので掛けてらっしゃったそうです。

応接間で人間の魂には階層があり、副島隆彦先生はたしか7階層あたりの人だとおっしゃっていました。

階層が高い人ほど先見性がある



船井氏によると、副島先生の持論、長期的な俯瞰を著作からみて上級の階層からしか見えないのだと私に諭してくれました。

それじゃあ船井先生ご自身はどの階層なんですか?


不躾な私の質問に、穏やかな語り口で
さらに(魂の)階層が高いと、階層の高い人は一瞥で見分けることができるし、言わなくても言いたいことがわかると仰ってました。

それじゃあ船井先生はどのくらいの階層でんねんなと関西人的なつっこみを挟むと
私はだいたい22?階層中の11階層あたりかな
とおっしゃっていました。(めちゃめちゃ上位じゃねぇか・・・)

当時は六城ラヂウムではまだラジウム鉱石しか扱っておらず、セラミックボール「源珠(げんきだま)」もメッシュシートも試行錯誤の段階でした。

放射線は身体にいいことが世界の支配階層の秘密なのだ



そんな持論をお話しした記憶があります。そうかもしれませんなあといった程度の同意だったので、内心ちょっと期待はずれで、すぐに話題を変えた覚えがあります。

その後はご自宅にホルミシスルームを設営されたりという噂を聞いたりしました。その後もセミナー等でお会いしているのですがその時はたいした話ではなく覚えていないです。

船井先生ご自身では微量放射線の効能について公式に書籍などで記述されたり述べられたことはないと認識しておりますが、会員用雑誌「ザ・フナイ」ではたびたび文章中に「六城ラヂウム」と明記していただき、船井先生と編集の方にはお礼申し上げたいです。

健康食品ビジネスを開拓したことが船井幸雄氏の最大の功績だと思います。
事実ご本人が、健康食品・サプリメントビジネスの骨格はほとんど私が造り上げたのだと仰っていましたから。事実その通りだと思います。

そしてやることはすべてやった・・・とも。

船井幸雄氏81歳、いい生き方だったんじゃねえか。合掌
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.8 / 2155 )
原発ゼロよりも低エネルギー社会を目指す方が現実的である 
Sunday, January 19, 2014, 09:24 PM
1/19 晴 10時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル
東京都知事選挙は全く盛り上がっておりません。私もどの候補者にも共鳴することはできず、困ったものです。

電気が安く供給されることと景気対策が関心事


原発存続の可否よりも世界一高い電気料金をどうにかしろと、多くの国民が抱えている独占企業への怒りの矛先をすり替えた論戦に意味があるとは思えません。自然エネルギーの買取制度を一層補強したら電気料金の高騰にますます拍車をかけるだけ。そんな愚かな選択をする人達が主流となるとも思えません。

東京都内でもちょっと外れの江戸川区や葛飾区、足立区などでは都市ガスではなく、プロパンの住宅がけっこうあります。同じ東京都民であっても不便で高いガスを使っている地区がいまだ多くあることに驚きます。もっとも東京都といっても多摩地方の奥の方では水道がないところだってありますけどもね。

都市部では上下水道は100%普及していてもエネルギーではまだまだ格差があるのです。

左の記事は香川県ではうどんの廃棄物で生ゴミ発電をしているという記事です。他にも山間部では自治体で水力発電機を設置する動きもあります。

千葉県や埼玉県でも地下からメタンガスが噴出する地区があることは知られています。国内では地盤沈下の懸念があるために、地下水のくみ上げとガス採取は認められておりません。

たとえばゴミ焼却施設のある地区ではセントラルヒーティングとして安価に利用できるとか優遇策はあるはずです。それでもやりませんね。(東京では西新宿が地域で冷暖房のセントラル化がされており、ビルは設備を持つ必要がありません)

地方は自前のエネルギー開発でヒトモノカネを呼び込め


6年前に著した「エコロジーという洗脳」ではパイプライン網を国内で整備して天然ガスで地域興しをしろという内容の提言をさせていただきました。

何度も書きますが、原発ゼロなんていう題目をいくら唱えても、エアコン無しの生活など誰もいまさら出来やしません。

また国策への関与に都がどのように関わるのかがよくわかりません。せいぜい東京電力への大株主の立場からでしかないはずです。

それならば天然ガスの普及を郊外や地方で加速させてやるほうが現実的です。安いエネルギーがないと立ちゆかない産業はたくさんあるのですから。

原子炉自体は現行の古いタイプよりももっと安全で廃棄物の少ない新型炉を国の総力でいまこそ開発すべきです。アメリカの原子力空母などで積まれている原子炉は国内発電所の原子炉とは全く違うものです。米国の軍縮にあわせてこういう技術導入をオバマ政権へ働きかけるという外交努力も必要です。

都知事選の原発反対の候補者すべてに代替エネルギーの知識がないようです。東京でソーラー発電なんてできるわけない。エネルギーは消費地で作り出せるものではないのですから。

だからこそ

東京は一層の省エネルギー化社会を目指して


一方では

地方は石炭やガス、森林資源などでエネルギー自給を目指せ


という二つ路線が現実的です。

自然エネルギーの買取制度は電気料金への転嫁となり、ドイツでは破綻しております。(ドイツは隣国フランスから原子力での電気を購入しているという矛盾だらけの政策です)


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2158 )
イノベーション(innovation:変革)とは何かを教えてくれる 
Saturday, January 18, 2014, 10:10 PM
1/18 晴 10時 浅草での空間線量は12ベクレル/立法メートル

ブログの更新が遅れがちです。書きたいことは山ほど有り、スクラップやメモもたくさんあるのですが、一日が短い。
読まなきゃいけない本も積まれたまんま、本腰をいれていかねばと思う今日この頃です。反省・・・

朝日新聞では教育改革の連載が今年から始まりましたが、教育改革カイカクと叫んだことで左翼臭が文面から臭うだけで正直なところ読む記事などありません。
他人の主義主張など誰も興味ない。(もちろん私の主張なども誰も興味ないことです)

それでも時々興味を惹く記事があります。

学校のチャイムを廃止したら学内がまとまった



これ、面白い記事です。そしてこのような学校があればいいよなあと誰もが思うでしょう。

チャイムって教える側にも教わる側にも非常に強いストレスがあります。

だいたい夏休みの宿題で日程表や時間割をつくった経験は多くの方があるでしょう。
子供心に、こんな風に切替えることはできるかいなと思っていました。

だいたい人間の脳みそはハイ、ここから数学の時間!なんて機械のように切り替わるわけありません。ハイ国語、それから理科の実験と言った具合に1時間単位でパッパと対応できるわけないのです。

今打ち込んでいるブログという電子日記だって、今書くという決意がないとできませんし、途中で電話などが鳴ると、もうグダグダです

一度集中力が切れるとなかなか元に戻らないのが普通



下の記事は、学内のチャイムを止めたら学生達の参加意欲が高まり、授業に集中するようになったということです。

P.F.ドラッガーの著作は私は好きですが、キーワードは「変革(イノベーショ:innovation)」です。

イノベーションって何だというと、従来の慣習を疑うことであり、実践してみることです。
それは大げさなことではなく、ほんの些細(ささい)なことなのだと気付かせてくれます。

イノベーションが頻繁に行われている社会はどのようなものでしょうか。私は人間らしい、住みよい世界だと思います。

私は義務教育や成人式など

惰性や慣習でしかたなくやっていることは一度止めるべき


だと思います。学びたい者、働きたい者、集いたい者、それぞれがその欲求で動く世界でいいのではないでしょうか。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2002 )
アメリカ国防総省の意見はこれ (食い違う国務省) 
Thursday, January 16, 2014, 11:02 PM
1/16 晴 18時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル

朝日新聞にアジア太平洋安全保障研究センター(APCSS)の准教授を名乗るジェフェリー・ホーナン(Jeffrey Hornang)氏の投稿記事が掲載されていました。
APCSSとは米国防総省傘下の機関です。
ざっと読めば米国国防総省の意見は中国を意識しています。

真に受けてその通りに実行すれば、世論という情報操作で

叩かれるのは火を見るより明らか



それでもジェフェリー・ホーナン(Jeffrey Hornang)氏の論説は止みません。
中国のADIZ設定宣言に対してB52爆撃機2機飛ばして、安保条約の努めを果たしてやったよ(だから今度は日本が牽制行為を行え)と訴えています。

米国国務省サイドは中国防空識別圏(ADIZ)の宣言に従えと言ってみたり、国防総省は近隣諸国と連携することを勧め、さらには集団的自衛権(つまり軍事同盟のこと)が行えるように憲法改正を行い、米国内での日本の地位を高めよと述べています

これだけ国防総省と国務省との意見が食い違うのも面白いです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 677 )
ヨーロッパはデフレ脅威に備えよ (つまり対応策はないのよというお話) 
Tuesday, January 14, 2014, 11:12 PM
1/14 晴 18時 浅草での空間線量は13ベクレル/立法メートル

急激に円高になったら500円も日経平均が下がりました。
世界のジャブジャブマネーが暴れています。

朝日新聞の記事ですが、パリ大学のジャン・ピサフェリー経済学教授のコラムを読むと、デフレには対応策は全くないことがわかります。

ギリシャ、アイルランド、スペイン、ポルトガルは物価上昇率がゼロとなっても、進む道は二つに一つ。輸出価格を維持してEU圏内外との国際競争力が落ちるか、労働生産コストを下げてデフレに甘んじる生活を強いるしかない。
しかしどちらにしてもより一層デフレ(不況)を深刻化する可能性が大いにあります。

結論はヨーロッパ中央銀行はなすすべがないということ。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1910 )
放射能は先端アートだ!放射線視覚化プロジェクト (野口隆史氏の個展) 
Sunday, January 12, 2014, 05:55 PM
1/12 晴 10時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル


1月9日から14日までとある写真展が開催されていることを朝日新聞の地方面で知ったので、早速見に行きました。・・・ギャラリーの場所は昔住んでいた場所なので、行けばわかるだろと軽い気持ちです・・・が小さな間口の狭い建物な上に目立つ看板があるわけでもないのでしばらく探しました。

さらに狭いギャラリーには閲覧者がけっこういるのに驚きました。
写真フィルムが感光するほどひどいのか・・・と真剣に眺めている方々が多いように感じます。

放射能が烙印であるならば、福島の土壌の比ではない高線量のラジウムシートや源珠(げんきだま)に年中ずーっと囲まれている私は烙印でコゲコゲなわけで・・・とつぶやきつつ扉を開けると・・・

ををっ!これは斬新な芸術作品だ!すばらしい! (俺もやりたい!)



おんもしれー!!と大声を出すのは憚(はばか)れる雰囲気です。

でも主催者の野口隆史氏は別に福島の土壌が放射能で怖いとか、惨状を写真で表現しようとした意図はないそうです。

「放射能が観られたらいいのに・・・」



ただそれだけのジャーナリスト・元報道カメラマンとしての動機です。

そして空き缶の中に集めた土や松ぼっくりなどをビニール袋に入れて、撮影済みのネガフィルムと一緒に封印して一ヶ月ほど放置しておいたそうです。パトローネ(フィルムの金属容器)から引っ張り出して丸めて空き缶に封入したそうです。だからフィルムの送り穴が映り込んでいる写真もありますね。

なぜ一ヶ月なのかというと、封印した空き缶は福島県の拠点に置きっぱなしで、だいたい一ヶ月サイクルで福島県に行っていたからなのだそうです。

写真家の知識から、なんらかの痕跡はフィルムに残るであろうことは予測していたそうです。一ヶ月もの長期間露光は放射線の痕跡を得るには十分だろうという程度だったそうです。

たしかに数μSv/h程度でしたら一週間露光してもかろうじて写るかというレベルでしょう。それほど写真フィルムを感光させるのはエネルギー(専門的にはeVという単位を使います)が必要です。しかし一ヶ月という我々の予想以上の長期間露光だったので偶然にこのようなはっきりとした痕跡が写ったものと私は考えます。

私は当初はこの記事を読んで市販のネガカラーフィルムで感光できるのかいなと半信半疑でした。私はレントゲン撮影をするのですが、専用白黒フィルムで増感紙というものを挟んで写します。長時間放置すると外部からの影響で全体が白っぽくかぶってしまいます。

学問道場のツアーで飯舘の長瀞地区(放射能が避難区域外で一番高い)の土壌を集めてきたのに、こういう手があったか!と思いながら、この美しい写真に見とれていました。

カラーフィルムを放射線で感光させるという実験は実はいままで誰もやったことがないと思います。

白黒フィルムに感光させることは昔から知られており、つい最近まで原発の作業員や放射線の作業者は胸にアルミ箔で包んだフィルムを着けられました。そして一週間毎に回収されて、色の濃淡でだいたいの積算被曝量を算定されたわけです。(今は機械で読み取る、もうちょっと簡便なものです)

カラーフィルムであっても白く(いわゆるかぶった)霧のようになるだけだと私は思っていました。実際に地表面2.1μSv/hの土壌に密着させたものは暗闇に煙が立っているような写真になっています。

フィルムの放り込み方次第で黄や黄緑、橙色で華やかに映るようです



野口氏の解説によると、なぜこのような色が出るのかは専門家でもわからないそうです。
セシウムという元素の語源が暗青色というラテン語からきており、炎色反応ではきれいな緑色なので、ひょっとすると元素固有の色なのではないかとおっしゃっていました。

ただそれはないだろうな・・・フィルムを感光させるのは放射線のエネルギーによるものに過ぎず、フィルムの3原色の感光層へ到達した放射線の強さの度合いによって色が出ているに過ぎないと思います。

逆に元素で発色が変わるようであれば、それは大発見です。

でもさすがに元朝日新聞の報道カメラマンであり現在も北海道を拠点に写真家として活躍する方です。仕事道具で放射線を写すという試みはみごとに成功させ、しかもどれもが素晴しい作品です。

放射能はアートツールとなった!福島万歳!



私はこのような喝采を心の中で唱えていました。






  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2147 )
鹿児島のみなさん逃げてー (桜島の健康被害?んなもんあるか) 
Sunday, January 12, 2014, 12:00 AM


桜島が最大の噴煙を上げてから100年が経ったという記事です。
そこで国際研究チームが鹿児島市内の健康被害への学術調査をするということです。

はたして健康に火山灰は影響したのか



塵肺や気管支炎、呼吸器系疾患が鹿児島県内は特別に多いとは聞いたことがありません。

そりゃ火山灰成分それぞれ(酸化鉄やクリストパライトなど)は人体に影響があるのかもしれません。
でもその微量な浮遊物を吸引して何が起るかなんてわかりませんし、何もないのです。

もし健康被害があれば、100年にもわたって鹿児島の住民には特徴が現れているはずです。

鹿児島の人達が特に疾病率が高いなんて話は聞いたことがありませんし、これからもないでしょう。

もしあったとしても誤差内であって有意差はないと誰もが思います。この研究チームも遠からずそう結論するはず。もし鹿児島住民の健康に影響があるすれば、

鹿児島市内は避難区域にしなくてはなりません



福島県の浜通り方面だってそういうこと。
少々の放射能でコワイコワイと逃げまどうことと桜島の火山灰と何が違うのでしょう。

火山灰が健康被害を及ぼすと思うのであれば、鹿児島の風下方面には行かないことです。

放射能コワイコワイ派は鹿児島の火山灰も同じロジックで見つめて、せいぜい鹿児島県民に嫌われてください。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1955 )
異常起床は天災のまえぶれか(んなわけない) 
Friday, January 10, 2014, 11:48 PM
1/10 晴 15時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

本日は東京もとても寒く、風が強い日でした。雨樋の縁が凍ってつららになってます。
しばらくこの寒さは続くようです。
ということで今日の仕事は昼過ぎにギブアップ。(寒くてやってられない)
ここ最近は毎日異常<起床>なので朝5時に起きて7時にはすでに仕事を始めているのでさぼっているわけではありません。

千葉県沖ではゆっくりプレートがずれるスロー地震が確認されたというニュースが流れていました。また新潟の佐渡島と富山県氷見市でNHK特集で広く注目されたダイオウイカが相次いで発見されたというニュースが流れています。



2006年も6体のダイオウイカが発見されたそうです。その年は寒波の強い年であったとのこと。つまり今年も寒さが強まると言うことです。

また西之島での海底火山噴火で新島が出現しています。

千葉県沖のスロースリップと西之島の噴火は日本列島を形作るプレートであり、西之島はその境目の富士火山帯に連なっています。

火山帯の延長上は富山・新潟へ繋がっています。

また中国のシャドーバンキングによる不動産バブルが弾けるか、アメリカの金融緩和での株式バブルが弾けるか、どちらが先かという状況です。その規模はリーマンショックの比ではありません。

もう起ることは確定的であって、それがいつなのかという段階です。

2月か6月、乗り切っても10月、12月・・・と四柱推命では要注意な月と言ってます。

来月はFRB議長がバーナンキからイエレン女史になります。

また東京都知事選が行われます。これまた自民党は桝添という実力も人望もない人を選出したものです。細川護煕元首相を民主党が担ぎ出しました。小田原で隠居されていたそうで、窯を持ってなかなか趣味人なかたです。

どうなるかわわかりませんが、今朝は朝のラジオで今回の知事選では50億円が費やされるのだそうです。

ざっくり世帯数で割ると1人あたり830円が知事選で使われる



選挙で喰っている業者はけっこういるでしょう。その人達にとっては特需でも、都民にとっては迷惑な話。また選挙のためだけの公務員を抱えているのも馬鹿らしい限りです。

そういう風に考えると、年間1000円以上も都政の選挙のためだけに都民は負担していることになります。

あほくさい限りです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1978 )
国際社会は常に悪役(ヒール)を求めている 靖国参拝報道について考える  
Thursday, January 9, 2014, 10:02 PM
1/9 曇 18時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

人気のメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」で筆者の北野幸伯氏が安倍総理の靖国神社参拝が世界のメディアでどのように報じられているかがまとめてあります。

http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

一言で言えば安倍総理は中国の罠にかかった



批難の大義名分を中国に与えてしまったこと、そして今一番日本が友好を深めたい国、ロシアも中国と同調して日本との距離を置く動きが出たことです。

この状況はとてもマズイと佐藤優氏も指摘しています。

なぜなら覇権国家のキャスティングボードは中国でもアメリカでもなく、いまはロシアが握っているからです。

北朝鮮で金正恩の叔父でナンバー3の張成沢(チャンソンテク)とその郎党を一斉に粛清したことが報道されておりますが、NHKのクローズアップ現代では張成沢らは中国との経済交流を率いる立場で、核実験の中止と引き替えに経済援助を求めたことが軍部と金正恩の逆鱗に触れたためと解説していました。

私の推測ですが、おそらく北朝鮮側の親中国派を一掃させたのはロシアではないでしょうか。

韓国が中国への隷属がはっきりしたことで、北朝鮮は中国ではなくロシアへ切替えたのでしょう。これで地政学でいうパワーバランスがとれます。

中国にとっても言うことを聞かない暴走国家を抱えていることは国際政治上とても具合が悪い。
北朝鮮の背後の中国自体も国際政治ではこのままでは悪役となってしまいます。

それを見据えてプーチンが北朝鮮と中国との断絶工作に動いた・・・こんな推測です。

ロシアとしては北朝鮮をコントロールできれば、中国への牽制となるので具合が良い。また国際社会でのロシアの評価もあがります。

日本はこのようなパワーバランスの蚊帳の外



ヨーロッパからみれば日本は今でも極東(Far East)です。ヨーロッパで日本はどこにある国かと知っている人は10人に1人いるか100人に数人いるかというレベルですから。

ほんとです。日本の公用語は何かということも知りません。英語だろ?フランス語?スペイン語だろ?まさか中国語?・・・つまりアジアやアフリカの多くの国は宗主国の言葉が公用語か準公用語なので、独自言語という発想がないのです。

英語じゃなければイギリスの植民地(インドや香港ではないな)、フランス語でなければアフリカ方面ではないな、スペイン語でなければインドネシアやフィリピンではないな・・・こういうロジックなのです。

だから大部分のヨーロッパ人は日本がどこにあり、どのような文化であるかは知らないと言えます。

デジカメやコンピュータ、自動車が日本製であっても、驚くほどに日本という国は知りません。工業技術がすごいことは知っていても感覚的には架空の国のように思っている。

地図で指をさしてもらうと、マレー半島やフィリピン、韓国あたりを指すおっさんおばさんがほとんど。

我々が南スーダンがどこにあるか知らないのと一緒です


こんなような状況下ですから、

「悪」が新聞・テレビ報道で一気に刷り込まれてしまうのです



だからこそ安倍総理の靖国神社参拝報道は国際政治上は痛い失点です。(私は心情的には毎年参拝して欲しいと願っています)

いまにきて騒がれる原因は、対外への宣伝工作を戦後70年何もしてこなかったツケです。

逆に宣伝の上手い国はフランスが筆頭で、国自体かブランド化しているように思えます。フランス人がみんなオシャレで洗練されているかといえば、そんなのは幻想です。主力輸出品は農産物ですから大部分は農家ですし、日本の農家と似たり寄ったりの素朴な人達です。これは隣国ドイツでも同じこと。

ところが政治レベルではフランスは常にドイツに上から目線で「ヒットラーの亡霊」だとか「ナチズムの再来だ」と(日本から見れば何癖)を言い続けているわけです。
そしてフランスによる批難でEU域内の弱小国家も同調するわけです。

多くのドイツ人は内心面白くないですが、そこは口にはださずにのらりくらりとかわしているわけです。それでも最近では極右政党があちこちで躍進しています。

どの国家の国民にもフラストレーションが高まっている



この状況下で自ら悪役に志願することは、それこそ自殺志願者です。

仮にヨーロッパ諸国のほとんどが第二次大戦もヒトラー政権などもどうでもいいことと思っていても、それは口に出せばつまはじきにされるから、内心にかかわらず強いモノには巻かれろで同調するのでしょう。

なんせメディアはユダヤ人が握っているのですから。

日本の外交政策はただ一つ、お友達をたくさん作ることでしょう。

その基礎固めをした上での安倍総理の靖国参拝でしたらよかったのになあと思うのです。繰り返しますが、ロシアが遺憾を示したことがいけない。

過去ログ:なぜUnited Nationsは「国際連合」と意訳されたのか?
小室直樹「新戦争論」を今こそ読む(1) 平和主義者が戦争を引き起こす
小室直樹「新戦争論」を今こそ読む(2) 言葉を翻弄したことで文明史を曇らせた
小室直樹「新戦争論」を今こそ読む(3) 国連の幻想と国境の思想
小室直樹「新戦争論」を今こそ読む(4)  国連を国際社会と混同する文化的原因
小室直樹「新戦争論」を今こそ読む(5)  国際社会と国家を理解することが真の平和主義
3分で読む小室直樹「新戦争論」(学問道場版)
石原慎太郎のナショナリズムは最悪な手だ
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1929 )
人口減の日本、膨張する世界人口、そして衰退する業種 
Wednesday, January 8, 2014, 10:48 PM
1/8 雨 17時 浅草での空間線量は18ベクレル/立法メートル

新聞にはこれから10年後、20年後と人口が激減する日本への提言と一面には人口膨張する予測をする国連機関の記事があります。人口膨張で化石エネルギーが増えてますます温暖化するという内容です。

日本はコンパクトシティー(公共サービスの集約化)で地方都市を守れというしごく真っ当な提案です。かたや人口がこのまま増え続ければ世界の気候に影響があるという国連のIPCCによる予測です。

私もコンパクトシティー化には賛成です。公共機関(電車・バス)が絶対条件です。鉄道でもバリアフリー化が進められており、車社会から離れて慣れてしまうと、もう元には戻れません。自家用車を所有する興味が無くなってしまうのです。

コンパクトシティ化が進むと、それにつれて縮小するマーケット・業種も当然あります。
逆にまだまだ伸びる業種もあるでしょう。

おおざっぱに言えば、ホワイトカラー(民間・公務員問わず)はそれほど必要とされない。
逆にかつては不人気職種や高学歴が敬遠していた職種、たとえば大工や看護婦(介護士)、バス運転手などは成熟社会では需要は底堅いです。

冠婚葬祭業は現在は不況業種なんだそうです。
若者は結婚しなくなり、結婚してもジミ婚で式には金をかけない。それならば葬儀業へと転進してもこれまた葬儀に息子達は金を落とさないそうです。

GoogleのアンドロイドのようにOS(オペレーションシステム)が公開されていくと、ソフトウェアは作るものではなく、便乗する・利用することが当然となるので、いわゆるIT屋という業種は縮小していくでしょう。

かつては都市銀行は独自でATM・オンラインシステムを構築していましたが、今やパッケージソフトですし、規模の小さい銀行はコンピュータ部門は持たずに相乗りです。

結局世の中を見ていると、昔からある仕事というのは無くならないのだなと考えます。
逆に一時的に話題になった職種というのは絶滅するでしょうね。
バブルの頃はハウスマヌカンってのがありましたが、いまどき他人の忠告で服を買うカモなんていやしません。




  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 1995 )
時代はバブルへ (土壌汚染除去の新技術をでっちあげろ) 
Monday, January 6, 2014, 08:31 PM
1/6 晴18時 浅草での空間線量は21ベクレル/立法メートル

放射性セシウムを除去する新技術としてナノバブルという極小の気泡で土壌中のセシウムを除去する方法を京都大学が開発したという記事があります。

この記事の大きな間違いは、

セシウムに毒性があるわけではない(放射線だってこの程度は毒ではない)


ということ。

過去何度もブログで書いてきましたが、原子炉事故や原子兵器などで漏れる放射性物質は何百、何千種類もあるのです。

中性子を浴びた元素が同位体(原子番号は同じでも質量数が異なる元素)となり、その多くは放射能を帯びます。

言うなれば、狭い家に居候(いそうろう)がいきなり飛び込んできたようなモノです。だからすぐに追い出されるか別居となります。これが放射性崩壊というもの。

プルトニウムやセシウム137というのは自然界には存在しないから、原子炉由来の元素として指標になっているに過ぎません。

つまりセシウムだけを除去するなんてナンセンス



タンタル(Ta),ハフニウム(Hf),ツリウム(Tm),ジスプロシウム(Dy),ガドリニウム(Gd),
ネオジム(Nd),プラセオジム(Pr),セリウム(Ce),ランタン(La),バリウム(Ba),セシウム(Cs)・・・セシウム近辺の元素でさえこんなに聞いたことのないものばかりです。

ちなみに上記の元素は六城ラヂウムの高線量セラミックボール(源珠げんきだま)の元素の一部です。
注:セシウムも含まれていますが、質量数が違う自然界のありふれた元素です

京大が放射性セシウムだけを除去できると言ってますが、とってつけた説明です。なぜならば

ナノバブルによる沈澱濾過は重金属汚染の土壌改良技術として80年代、90年代あたりからあったからです。

ようするに京大が再びナノバブルで助成金目当てに言ってみただけ



さすが京大だねえ、偏差値高いだけに悪賢いねえ、文科省の傘下の科学技術財団あたりにでも研究助成金を出してもらうためのアドバルーンです。

こんな記事はあたかも新技術の大発明のように書いていますが、別になんてことはない古い枯れた技術です。単に今まで用途がなかっただけで、それを原発事故処理としてもう一度引っ張り出したということ。つまらねえ使い方だ。
過去ログ:マイクロバブル/ナノバブル 驚異の気泡の効果




  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1993 )
今年は弁当男子です 
Sunday, January 5, 2014, 08:07 PM
1/5 晴15時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

ふたたび喧噪の浅草に戻ってきました。
明日から日常に戻る方が大半でしょう。
私もあ〜あ正月が終わってしまった(宿題が何もできていない)と子供のような気分です。
毎年思うのですが、溜まった読みかけの本を持って帰ってもせいぜい新幹線の中で数十分も読むだけで栞(しおり)を挟んだまま寝てしまいます。

書評をしなくてはと思いつつ、宿題をやらない子供の気分です。
言い訳を探しながら熱燗を傾けてしまうのは酒飲みの悪い癖。

景気が4月に腰折れするかはわかりませんが、地方都市での正月を見ていると
このままの状態が続くのだろうなという感じがします。

不景気でもアウトレットストアの活況をみるにつけ

アウトレットストアという不景気を逆手にとった商売がこれほど盛況であれば
モノのパイはさほど変わってないのではないかと思います。

という私も正月のアウトレットストアでの買い物は年中行事で、後から考えれば妥当な値段なのかもしれませんが、この時ばかりは財布の紐が緩みます。買い物は娯楽ですから。

朝日新聞では正月から消費税8%に向けての連載があり、各識者が述べてます。
加工品よりも手作りへの回帰という記事がありました。

先月から仕事先にはお弁当を持ち込んでいます。
私は中学、高校(ついでに大学生になってもたまに)弁当を持って行ってました。

今の弁当箱はハイテクです。

ステンレスの保温できるものはとてもいい。フランスでは「BENTO」は日本製ランチボックスの代名詞として通用する、クールジャパンの代表格だそうです(と記事にあった)

このお弁当箱は楽しいです。ご飯が温かいという点がコンビニ弁当との差ですね。

私はお弁当屋さん(仕出し屋さん)でアルバイトした経験があるので、下代(卸値)を知っています。いつも売りながらももうちょっとお金出せばもっとイイ物が喰えるのにと思っていました。

500円のお弁当の仕入れ値(下代)は半額250円です。250円で卸すお弁当屋さんの原価はだいたい80円(100円未満)ぐらいでしょうか。

これ500円のコストで自分で作ったらいいもの喰えまっせぇ。250円でもよりどりなおかずが詰められますけどね。

ということで両親から保温お弁当箱をプレゼントされ、おせち料理をたくさん持ち帰ったので明日からはお弁当男子です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1999 )
あけましておめでとうございます 
Wednesday, January 1, 2014, 07:43 AM


大転換の時代が今年からはじまります



放射線=生物必須のエネルギー

であり

完全無害なエネルギー源であるというパラダイム変化がおきないかと期待しております。

本年は新製品をいくつか予定しています。ご期待下さい。

追記:アメリカ・コロラド州で大麻(マリファナ)が解禁されました。私自身も大麻自体が悪者ではないと思っています。
これって放射線=悪玉説と同じ事ではないでしょうか。このようなパラダイム変化が続いていくことを願っています。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1941 )

戻る 進む