千島喜久男博士の説が「オートファジー説」という名で復活!(細胞は血液に戻るのである) 
Sunday, December 29, 2013, 12:13 PM
12/29 晴10時 浅草での空間線量は9ベクレル/立法メートル

やっと昨日から仕事を解放されて、たまった新聞を読む時間ができました。
まず掲載したいのは東京工業大学・大隅良典特任教授による細胞が壊れゆく様と再び細胞へとなる過程を明らかにしたという記事です。

1950年(昭和25年)頃にベルギー人研究者・クリスチャン・ドデューブによって肉体(細胞)が蛋白質に分解されて再び細胞生成の原料となる現象は「オートファジ」と名付けられています。

まったく千島喜久男理論そのものじゃないか!



当時の(いまでも)日本の(東大を頂点とする)医学界は千島博士の学説を無視したのですが、東京工業大で確認されたのです。

細胞は飢餓状態となると不要だったり有害な細胞を蛋白質に分解する機能があるのです。
サーチュイン(Sirtuin)遺伝子が老化を止める遺伝子であることは知られています。
関連過去ログ:NHKスペシャル あなたの寿命は延ばせる-発見長寿命遺伝子

それだけではなかったということ。

体には一日に(400gも!)必要とされる蛋白質やアミノ酸は食事で1/5の80gしかとれなくても維持できる仕組みが備わっていたということ。

そしてオートファジーというこの機能はアルツハイマーやパーキンソン病といった神経変性疾患と深く関与しているという説もでています。

私は近藤誠・慶応大学講師の「がんは放置せよ」という放置治療に軍配をあげています。

ガン細胞はふたたび血液に戻り、体外へ排出されるか、また細胞へ戻るという発見をした千島喜久男学説が甦ったのです。

アポトーシス(自然死)といって細胞は新陳代謝で自然に壊れていく現象は知られています。オートファジーは過酷環境下では共食いして不要な細胞は強制的に壊されることが証明されました。

IPS細胞も大切ですが、こういう医学根本の基礎研究こそもっと注目されるべきでしょう。

数十年後には癌を切るなんて、なんて野蛮な治療だと思われる時がくるでしょう。

細胞には修復機能は古代生物の時代から備わっているのです





  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1122 )
時代を読め!一次データを探れ!政府公開データ (メモ) 
Thursday, December 26, 2013, 08:50 PM
新聞に政府が調査した情報を公開するサイトの記事が掲載されていました。
税金で調べられたものですから、広く公開しようという先進国では当然のように行われていることです。

専用サイト www.data.go.jp

まあ特定秘密保護法が成立したあとに、このような記事を出すことがいやらしい。オープンデータという政府事業はだいぶ前から知られていたのですけどね。

いくつか興味ある調査記録を読んでみると、面白いです。

ほぼ1年後の平成27年には東京都(含、近県)での人口は減少していきます


生産年齢人口は減少し、老人の割合も増加していくとグラフで出ています。

自分の住む都道府県の統計データを興味に任せて読んでみるとなかなか面白いです。

もちろん環境省の放射能測定データもあります。



我々国民が<政府調査の>一次データを閲覧できるようになったことは、私にとってはありがたいです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 1051 )
船上のメリークリスマス 
Tuesday, December 24, 2013, 11:12 PM
12/24 晴18時 浅草での空間線量は9ベクレル/立法メートル

今日は東京湾クルージングです。朝焼けの富士を眺めながらステンレス魔法瓶のコーヒーを飲んでます。
トラックの軽油ではなく、船舶はA重油を燃やすので、吐き出す排ガスは港特有の臭いです。いわゆるディーゼル・スメルという、これを嗅いだだけで乗り物酔いをする人も多いと思います。私も小中学校での遠足や学生の頃のスキーバスの集合地やドライブインを思い出させます。
今のトラックは排ガスがきれいですから、長距離バス乗り場やトラックターミナルでもあまり臭いがしなくなったのはすばらしいですね。逆に港町はディーゼル臭がよけい強く感じます。
この船も白い排ガスを勢いよく吐き出して波をたてて航っています。振動が鉄板を通してお尻と鼓膜に伝わります。

レインボーブリッジとビル群のスカイラインは朝日の方がきれいですよ。
白い富士山がそびえているのが見えるでしょうか。荒川河口あたりから眺めた景色です。

ここは7年後のオリンピックではヨットの競技が行われます。
私も何度かこの周囲でヨットを走らせたことがあります。あの出銭ランドがすぐ近くです。

さあお昼にしましょう。
三打ロープをどかしてテーブルとします。メニューは豆ご飯と豚のしょうが焼きに小松菜のおひたし、ごぼうのきんぴら。
真空ステンレスランチジャーは7時間たっても湯気が立つ味噌汁とご飯が食べられるので、昼食は楽しみな時間です。

お弁当づくりは楽しくはないですか?

私は自分の弁当ですが、とても楽しいです。前の晩と作り置きのおかずを詰めるだけですが、アレコレ考えながら冷蔵庫の中身や買置きをまさぐっているのは面白いです。
食卓ではあまり食べないものでも、お弁当での役回りがあったり、時には缶詰も使ってみたりとバリエーションが広がった気がします。

日が暮れる前に帰途につきます。浦安の白痴の王国・出銭ランドです。
今日は荒稼ぎでんなあ。

ゴミの島(夢の島)のヨットハーバーです。
ゴミ焼却場が隣接している上に値段だけは「高級」なヨットハーバー。
焼却熱による熱帯植物園があり、その近くには埋め立てられそうになった第五福竜丸が展示されています。
海にいることは好きですが、この手のフネはあんまり興味ないです。海上では何もすることがないから。

こんな感じで東京湾クルージングを楽しんできました。
えっクルージングらしくない?しかも手弁当(笑)

今日は船上のメリークリスマスでした。

このような都合で来月末まで夕方18時頃まで電話が受けられません


ごめんなさい
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1032 )
アベノミクスが失敗する理由はこれです 
Sunday, December 22, 2013, 08:46 PM
12/22 晴8時 浅草での空間線量は8ベクレル/立法メートル



六城ラヂウムです。年末年始はすごく忙しいのですが、どうもバブル世代から見る好景気ととはどうも違うのです。一言で言えば
働いている若者の顔が冴えない

もう今日一日の仕事でギリギリ一杯一杯なんです。週一の休みは寝て過ごすような生活をされています。
私から見れば20代なんて生意気盛りで仕事を覚えた2,3年後なんてのはだいたい上司や先輩に喰ってかかって、そして失敗を繰り返して中間管理職となる(笑)

そのまえに仕事を覚えて有頂天になって、勘違いした男女が勢いで結婚する(爆)

そういう世代ですから、若者が先頭にたっている姿を頼もしく見ています。
ところが声をかけても、うつろな目を向けるだけです。

う〜ん、俺だったら「一杯おごれよテメー」と言い返したのでしょうが、20年以上年下だとせいぜい「はぁ〜」といった溜息しか帰ってきません。

私の世代は「早く仕事じまいして呑みにいこ」が合言葉だったのですが、何となく調子が狂います。

朝日の経済面の記事を載せておきます。

中小企業の社長らと話をしましたが、異口同音で「人が足りない」です。そして「トラックとかクレーンといった重機も全く足らない」さらに運転・操作する人も足りない・・・です。

受注する仕事はあるのですが、人と機械の手配がどうにもならないので断るしかないとのこと。業界内で取合いになっているのだそうです。

アベノミクスとは公共事業ばらまきですから、役所からの発注が急に増えているのです。ところが下請、孫請けは急に設備投資や人員拡張ができませんから、現場で悲鳴が上がっているのが現状です。

驚いたことに、工場で働く工員でも大学卒、それも大学院卒が珍しくなくなっています。
かつては高校、工業高校を出て働く職場が今や22歳や24歳あたりの若者が入社しているのです。それも理工系で知られた国立大学や有名私立大学なんです。

私は折角の有能な人材を日々のルーチンワークで消耗させるなよと思っちゃうのですが、とにかく官製の仕事が主体の企業は予算消化のための仕事で若者を休み無く現場作業をさせています。

26歳の大学院卒の若者と話しました。仕事を任せられているのですが、なんとなく頼りない。話を聞くと将来が不安で仕方がない。作業着に袖を通してできあいの食事を摂って寝るという毎日。

えっ女の子とデートぐらいするだろ?(だいたい性欲だけで行動する年代ですから)

と聞くとそんなこと考えたこともないとのつれない返事

逆に私が驚きます。じゃあ何のために仕事してるんだよとオッさん臭い説教をしたくなります。

好景気を知らない世代が今の主力戦力です。だから会社命令は絶対守るという姿勢は感心するのですが、

それってお前は全然幸せじゃないじゃん



あのねー、人生って言うのは「出会って、喰って、セックスして・・・」と説教したくなりましたが、「自分の会社の将来が不安ですから」と返されるとなんとも言えません。

それを言われちゃあ・・・六城ラヂウムの存続の方が不安ですから(笑)



あなたの車のローンなんて屁みたいなもんなのよ、事業を興すってのはと彼らの不安が片腹痛くてなかなか若者と話しこむと、なんだよこの年寄じみた会話はと驚きます。

んで経営者は経営者で人が足らない、トラックや機材が足らないと一斉に嘆いているのですからヘンな風景です。

アベノミクスは失敗します。いくら金融緩和でじゃぶじゃぶマネーを市場に投入しても消化できないのです。

今の20代から30代前半の男に言いたい!

感動を求めない生き方って何が愉しいのだ!



若者が若者らしくないということがここ数日間の私のフラストレーションなのです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1023 )
時代に流されないデザインとは・・・軍隊で生まれるものなんだな 
Friday, December 20, 2013, 10:46 PM
お世話になっている千葉の工場へ久しぶりに行きました。
作業服の現場ですから、ユニクロのフリースとダウンを着ていきました。寒いですからね。

ん、ををお洒落じゃないか、何だよかっこつけて、そんな格好で寒くないといろいろお言葉をかけていただきました。

都心ではユニクロずくめなんて正直恥ずかしいですが、ガテン系業種ではめちゃくちゃ浮きます。

そりゃそうだ、工場や工事現場での防寒着というと、ジャンパー(土方じゃんバー:ドカジャン)です。綿入れに首周りにボアが付いた奴。

工場や工事現場ではこればっかりですから、そりゃユニクロのダウンやフリースは目立ちます。だいたい作業服はグレーか紺かオリーブグリーンです。

防寒着の定番ドカジャンですが、よくよく見ると四半世紀前に着ていたMA-1ジャケットとそっくりです。第二次大戦での米空軍用防寒具です。

左腕にペン刺しがあり、ポケットなど実用性第一でデザインされています。

一回着慣れると機能的であることはすぐにわかるでしょう。ドカジャンも同じく。

作業着ってのは流行ではなく、スタンダードですから、裾が時代によって広がったり萎んだりすることはありません。

同じデザインがずっと続いています。

靴もブーツ(半靴、編み上げ靴)か短靴で、工場によってはズボンの裾をしぼめるために脚絆(きゃはん)を着けないと出入りできない場所があります。

たぶん太平洋戦争時代では、米軍はブーツが基本だったのでしょう。一方日本はゲートルを巻いた。その伝統がまだまだ工場や工事現場で息づいているのではないでしょうか。

定番デザインとなって機能性だけを求める作業現場ではずっと息づいている。

私は作業着が大好きです。そしてユニクロは価格的にも作業着と同じ。

でもユニクロでは受け入れられなかったのは新発見です。

テレビで「おおかみこどもの雨と雪」が放映されています。これは昨年ブログでも書きましたが、とても良いアニメです。

昨年の癸吋▲縫瓠△修靴萄Gは宮崎駿の「風立ちぬ」です。

過去ログ:宮沢賢治イーハトーブのモデルは浅草であった!
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1037 )
忙しいからと忘年会を断わる人にはラジウムが効きます 
Thursday, December 19, 2013, 11:18 PM
12/19 晴20時 浅草での空間線量は6ベクレル/立法メートル

年末年始どこもかしこも忙しいです。久しぶりの師走の様相。
弊社でもあっちこっちと連日は動き回っています。

そして忘年会という名の呑み会

六城ラヂウムのポリシーは

勧められた本・映画は必ず読む・観る


そして酒席への誘いは断らない



明日は早朝から移動しなくてはならなくても、なるようになるさの心構えです。
それはなぜか

寝具にラジウムシート「氣傳効(きでんかい)」を敷いているから



眠りが深くなった
疲れがまったく残らなくなった
朝久しぶりに男性自身が元気になった
などの声が多く寄せられています

実は意外と多いのが
お酒に強くなった、二日酔いをしなくなった
なんです。

私も深酒しても朝にはけろっとしています。それも睡眠時間が4時間程度であっても。

師走の夜にはラジウムシートをお勧めします


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1030 )
コンクリートの寿命は人間の寿命とほぼ同じ 
Tuesday, December 17, 2013, 09:04 PM
12/17 晴18時 浅草での空間線量は8ベクレル/立法メートル

結論から先に書きます。

コンクリートって予想以上にもたないということを専門家から聞きました


公共施設、橋や橋梁をよく眺めていると、築30年を過ぎてから表面が割れているところが所々見えます。
築40年過ぎると風雨で晒されているところは、ひび割れが目立ち、ひどいと錆びた鉄筋が剥き出しになっているところがあります。

築40年では補修跡がちらほら見えてきます。だいたいこの頃に塗装をし直したり、補強などの工事が入るようです。

東京には1964年(昭和39年)の東京オリンピックをきっかけに造られた道路や橋が多くあります。50年前後で無傷なものは何一つありません。

近づいてよく見ると風化しているのです。
小石ででも叩いてみると、表面がサラサラとまるで石膏のように削れていくのです。
これに大きなひび割れや膨らんで中空になっている場所は、大きく崩れますからご注意下さい。

だいたい昭和30年代、築50年以上は大なり小なり、中和反応といってスカスカの軽石のようになっていく現象が現れます。水が染みこんだところは石灰が析出して白い筋がたくさん盛り上がっているところもあります。

コンクリートに水が染みこむと、急速に崩れていきます。防水対策されていないコンクリートは、鉄筋が錆び膨張して崩壊していくのです。

ああ、コンクリート建造物って人間の寿命とたいして変わらないのだなあ

東京には板橋区高島平や多摩ニュータウンといった昭和30年代に大規模開発で建てられた団地群があります。他にも旧住宅都市公団といった官製の建物が30年から40年初頭にかけての団地があちこちでみられます。
もちろん中部にも関西でも古臭い団地はいくらでもみることはできます。

コンクリート建造物って50年も過ぎたら、よほどの事情がないと誰も住みたくありませんわ。

私の住むマンションも給水管の老化が激しく、また漏水している箇所もみられます。
まだ築40年が経過していませんが建替えになるそうです。
商業ビルはもっと建直しのサイクルは短く、電気設備(とくに空調設備)、給排水、そして通信・保安設備などが時代遅れとなってしまうからです。

機能的寿命は40年、構造的寿命は60年、価値の消滅は80年



同潤会アパートという大正末期から昭和初期に立てられた鉄筋コンクリートのアパートで最後に現存した上野のアパートが昨年取り壊されました。日本の最古の鉄筋コンクリートアパートでさえ84年で取り壊されたのです近所ですからよく知っております。
蔦で絡まった古臭い建物で、当然風呂無し。40m^2ぐらいしかなかったのかな。まだ住民がいるというだけでもびっくりしました。オバケ屋敷です。

中古マンションのチラシが連日ポストに入っていますが、バブル期のマンションが大半です。25年前のマンションであれば、あと15年しか機能的寿命はないということです。それがウン千万円の価格がついているのに呆れています。実感ですが築30年を越えるとだんだん問題が色々出てくるでしょう。電気設備や外壁の老朽化などよりも、根本的なコンクリートの寿命が近づきつつあるからです。

マンションが資産だなんて思い違いです。負債なんです




夕刊フジのWebからの転載です
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20131215/ecn1312150731000-n1.htm

老朽マンションの「建て替え」はほぼ不可能という現実


2013.12.15
.連載:本当は教えたくないマンション業界の秘密 榊淳司
.

建て替えづらい特性を持つ分譲マンション。中古の購入時には注意が必要(写真と本文は関係ありません)
 私は日常業務として、マンション購入に関するさまざまな相談にのっている。都心の古い中古マンションの購入を検討されている方から「建て替えも視野に入れています」という言葉をよく聞く。

 昨今、老朽マンションを建て替えるという話題が多くなったため、それを期待するのだろう。しかし、古くなったからといって「建て替えられる」と考えるのは大きな間違いだ。今の法制度ではほぼ不可能と言っていい。

 国土交通省の統計では、今年4月1日現在、全国で建て替えられたマンションは、準備中の事例を含めても218件しかない。これに対して、建て替えを視野に入れなければならない1981年以前の旧耐震基準の物件は、全国に3万8000棟以上ある。つまり、今まで0・5%程度しか建て替えが実現していない。そして、今後もこの数字がハネ上がるとは思えない。

 建て替えが実現するマンションには共通点がある。それは、誰もが住みたくなるような場所にあって、なおかつ容積率が大幅に余っているということ。

 建て替えて住戸数を増やし、それを分譲することで建築費とデベロッパーの利益が出る場合に可能となる。各区分所有者の負担額がゼロでないと、建て替えは不可能と考えていい。そういう条件を備えた老朽マンションは、おそらく全体の2%未満だろう。

 法制面で言えば、全区分所有者の5分の4が賛成すれば、建て替えができることになっている。しかし、容積率が余っていないマンションだと、建築費は100%自己負担になる。

 建築費は、デベロッパーの発注ベースで1戸当たり2000万円前後。全区分所有者の8割がそれを負担できる物件は、どれだけあるだろうか。

 結局、全体の98%以上のマンションは、事実上建て替えが不可能なのだ。多くの人は、この条件を知らずに都心の老朽物件の購入を考えている。何とも危うい。

 しかし、建て替え計画のある老朽マンションを購入すると、何年か後に自己負担ゼロで同じくらいの広さの新築住戸を手に入れることができるかもしれない。もしそうなれば、とてつもなくラッキーだ。

 実は、そういう“お宝”を見分ける方法もある。やり方は簡単。中古マンションを検討する際、仲介業者に「管理組合の総会議事録を過去3年分送ってください」と依頼すればいい。

 建て替えというのは、通常なら10年くらいの準備期間がある。その間、管理組合の主要な議題となるので、必ず総会議事録にそれが出ている。総会議事録をくまなく読めば、建て替えが実現するか否かも、おおよそ予測できる。

 もっとも、そういう物件はあまり売りには出ない。また、実現できないマンションよりも価格が高いケースが多い。根気よく探すしかない。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。1962年、京都府出身。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる。不動産会社の注意情報や物件の価格評価の分析に定評がある(www.sakakiatsushi.com)。著書に「年収200万円からのマイホーム戦略」(WAVE出版)など。



  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 1081 )
銀座の居酒屋で日本酒を頼んだら、お銚子の中身は水でした 
Monday, December 16, 2013, 11:58 PM
12/16 晴18時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル

今日はびっくりすることがありました。

銀座、数寄屋橋の魚○本店というお店でちょっと一杯となったのですが、お誘いいただいた方も日本酒党で、それでは早速熱燗をとなりました。

届いてびっくり!

中身が単なるお湯!

どう味わっても白湯!

自分が酔っぱらっているのかと、周囲に確かめましたが、全員一致で単なるお湯!

店員を呼んで、確認したところ


「ああ、たしかにお湯ですね・・・」

こともなく答えて、それではと新しいお銚子を持ってきました。

びっくりしたのは、その若い店員はだからなんだという態度

お詫びするのかと思ったら、何もなし

周囲一同、その平然とした態度に二度びっくり

こんな大失態をしたら、普通は責任者か店長が来て平謝りするのですが、その若いアルバイト店員らしき人物が、私が店長で責任者だと言い張ります。

それで新しいお銚子にしたから問題ないだろうと言い張ることです。

ああ非正規社員ばかりの飲食業界ってのはこんなもの



酒を呑みに来た客にお湯を出して平然としていられる店員がこともなげに働いているのが現代の風景なんですねえ。

ビールも酒も薄めて出すのは当たり前なのだろう



私の立腹が収まらないとみると、刺身を数切れ持ってきましたけども、さっき食べたものをまた持ってこられても一同困惑するだけ。

あり得ない話についで、客あしらいもひどい店なのでここで晒しておきます。

魚河岸 魚○本店


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 977 )
赤穂浪士の足取りを辿る 
Sunday, December 15, 2013, 07:04 PM
12/15 晴17時 浅草での空間線量は12ベクレル/立法メートル

本日は赤穂浪士の討入りの12月14日にちなんで赤穂浪士の足跡を辿ってきました。ただし旧暦での12月14日ですから、本当の討入りは来年1月23日となります。
普段から吉良邸跡とか皇居は散歩しているので、正直、誘われてもくだらないなあと思いつつ、まずは江戸城北の丸公園松の廊下跡へ。
バスツアーの客で賑わっていました。
和服を着た解説者が解説してくれるので、面白かったです。浅野内匠頭が斬りつけた懐刀は本来は切腹用で、人に向けてはならぬ物。刃傷沙汰が午後の1時頃にあってその数時間後には平川門から出されたわけです。平川門は別名不浄門といい、罪人や不祥事を起こした人が通される門で、夕方の5時には新橋で切腹を命じられているのです。
こんな馬鹿な殿様を担ぐ家臣は大変でしょう。このあと両国の吉良邸跡に向いましたが、なんと両国は討入りにちなんだお祭りをやっていてすごい人混みです。
私はよく知っている場所ですから、その人混みは敬遠して大きく迂回しました。
平日はがらんとしてますが、毎年この時期は皇居から両国吉良邸、そして赤穂47士が留め置かれた藩邸跡を巡って、泉岳寺の墓前を巡るお客さんが多いです。中にはランニングで走るグループもちらほら見えます。
最後の泉岳寺でもけっこうな参拝者です。
線香の煙がすごいですね。

泉岳寺の裏手、高輪台は細川藩邸があり大石内蔵助はじめ16?17?名が切腹した場所です。
いまでも切腹の場所は囲われて保存されています。

松の廊下の団体がちょうど来ていたので、また解説を聞くことが出来ました。

切腹の作法っていうのは厳格で、血で穢してはならなかったそうです。
だから切腹場所は白布で囲まれ、もし地面に血を一滴でも垂らしたら、土をはぎ取らなければならなかったのだとか。そのため切腹する側も介錯する側も阿吽の呼吸が求められたのだとか。

切腹は三方に載せた抜き身の刃は実際には腹には刺さないのだそうです。
なぜなら、実際にお腹に刺しちゃうと、上半身が反射反応で動いちゃうのだそうです(そりゃそうだ)

だから指した真似をするのが武士の暗黙の了解なんだとか。腹の皮を薄くなぞる真似だけで実際は刃を突き立てることはしないのだそうです。

三島由紀夫は真面目だから深々と刺しちゃったんだとか。だから介錯人は何度も日本刀を振り落とすはめになったんだとか。そりゃ身体がグラグラ動くもの。

三島と同じく切腹した方は、その作法を知っていたので一発でみごとに首を斬られたのだとか。

地元ですからどうでもいいのですが、都外から来られた方々は結構喜ばれていました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1013 )
無煙薪ストーブで住宅の暖房事情は激変する 
Saturday, December 14, 2013, 07:11 PM
12/13 晴10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

FM東京で無煙薪ストーブの紹介がされておりました。

株式会社 モキ製作所の無煙薪ストーブ


薪ストーブなんて古臭くて、火事のもと、煙も臭くて住宅地では使えないものだと思っていませんか。

ラジオで紹介されていた無煙薪ストーブは高温焼却熱で煙が出ない、800度の焼却温度で脂の多い針葉樹でも臭いが分解されてしまう(普通の薪ストーブは400度程度で臭いや煤がでる)、さらに面倒な灰が発生しないので手間いらず(350kg分の薪で1kgしか灰が出ない)と良いことずくめです。

燃焼効率が高いので、わずかの薪で良いそうです。

煙突から煙がでるということは、それだけ不完全燃焼で熱源を捨てているということ。そこでモキ製作所は「茂木プレート」と呼ばれる特殊な鉄板で熱源を完全に燃え尽くす方法を確立したそうです。10年前に販売を初めて、いまでは通販のヒット商品となっているそうです。

煙も出ず(煙突工事は必要だそうです)、灰の処理がいらないのであれば、住宅地でも使えるのではないでしょうか。

おがくずや間伐材、竹など燃やす物は選ばないそうですから、寒い地方に住む方には朗報です。

電気で部屋を暖めるのは非常にエネルギー効率が悪いのです。

原子力発電で得られるエネルギーはせいぜい30%程度で、大部分の熱は海水へ捨てられてしまいます。さらに送電ロスで全体で5%程度減るので、発電所に投入されるエネルギーの25%がご家庭には届きません。

しかもそれで再び熱源として使うのであれば、せっかく100のエネルギーの1/4しか使っていないことになります。

電気ストーブ・電気温水器などは無駄の極み



家の解体、雑木林や街路樹の伐採で必ず出る木材ゴミはかつては銭湯などで燃やされていました。でも今では高い費用をかけて「産廃ゴミ」としてトラックで運ばれ、大型焼却炉で燃やされ埋め立てられています。

ほんとうに無駄なことばかり。昨日の役人仕事の発想です。

東北方面は必ず家庭に常設しておけば、数年は暖房費がかからないじゃないの。
持っていないけど、薪ストーブが無性に欲しくなりました。

山林は日本のエネルギー問題の切り札となった



石油だけがエネルギーではありません。日本の家庭には薪ストーブが一番です。

ドイツの友人宅にお邪魔したとき、小さな暖炉があって広いお家でもそれだけで暖かいのです。いいなあと思っていましたが、日本でも魅力的で革新的な薪ストーブがあったのですね。本場ドイツやアメリカでも人気なのだそうです。

がんばれモキ製作所の無煙薪ストーブ!

おとぎ話のように山へ柴刈りに行きたいもんです。

若い子は山へ”芝刈り”に行ってゴルフコースでも造るんですか?と真面目に聞かれたときには驚きました。柴ってなんだか知らないのです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1021 )
アベノミクスとは公共事業ばらまきであり、公共事業とは役人仕事なんですな 
Friday, December 13, 2013, 08:33 PM
12/12 晴10時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル

年末になると道路工事、下水道工事、はたまた街路樹の剪定(せんてい)、遊休地の草刈りと、何でこんな時期にやるんだよと車を運転する方は絶対に思っているでしょう。

私もあきれてます。

幹線が渋滞でのろのろしている先には一車線を占有して、そのような場面が繰り広げられています。

同じく警察も年末取り締まり強化月間で、携帯電話を使っているドライバーを交差点で盗み見してますし、トラックは過積載検査となんやかんや理由をつけて点数稼ぎに精を出しています。

年末は動かない者勝ちです。

ここ浅草や上野でも交差点で交通量を調査するアルバイト学生らしき人物がおります。

このような調査名目の仕事は東京都がやっております。きっと道路や橋の建設のためにやっていると思うでしょ?

でも実態は違います。

ただ定期的にやっているから今年もやる



そんな理由でしかない。なんでそう断言できるかというと、一度調査している会社に尋ねてみてください。
わかりません、ただ東京都からの委託ですからという答えしか返ってこないです。

国や自治体から発注されている業務ってのは、基本的には調べたり記録したりすることであって、それがなんのためになるのかは、実は神のみぞ知るというもんです。

道路公団や首都高、自治体管理の道路なども、下請会社へ丸投げして路面や橋、街路灯などを検査しています。でも何が目的かというと、痛み具合を記録するということだけ。

自治体や霞ヶ関にとっては記録こそが大切であって、たとえば壊れそうな橋があっても、過去の記録が残っているということが大切です。

はっきり言っちゃえば道路がどれだけ渋滞しようと、老朽化した橋だろうとも、記録して書類にしておくことが大事。

ようするに、予算がついて道路拡張や橋の架け替えが浮上したときに、過去の記録を提出するためです。だから毎年同じ所で交通量の調査や道路の点検があるのです。

そのためにも毎年記録して(誰も読まない)報告書をひたすら積み上げているのです。

私も社会人成り立ての頃、電力会社の仕事をしたことがありますが、分厚い報告書を持参すると、はいありがとさんと担当者が受け取って、目の前で机の下で足置きにされたことがあります。

役所仕事ってのはアリバイ工作(仕事してます)でしかないのです



あほ、てめえこれでも受注額一件ウン百万円の仕事だぞと心の中で悪態とついたことがありますが、
単に小役人の紙ばさみに収まっただけで、上司や監督官庁から指摘があった際に提出するためだけのものだからそれでいいというのは、しばらくしてから知ったことです。

民主党政権から自民党政権に戻ってから、ふたたびどうでもいいような公共事業が増えているような気がします。

特に下町では。

アベノミクスとははっきり言えば社会主義経済です



言っちゃあ悪いですけど、結果的には低年収の単純労働者を喰わせるために金をばらまく政策のようです。中間所得層には全く関係ないどころか、中間管理職から高所得層への増税で日雇い労働者を喰わせるためだということがわかりました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1019 )
放射能コワイコワイ派のおかげで”中間”貯蔵施設の用地買収が進みました 
Wednesday, December 11, 2013, 09:40 PM
12/11 晴10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

今朝の朝日新聞の一面です。

福島第一原発から富岡町へかけて第二原発周辺を燃え残りの核燃料の貯蔵施設にする案を政府が発表しました。
双葉・大熊町そして富岡、そして楢葉町までの広大な地域が

核廃棄物埋立地になることは事故によって既定となった



炉心の冷却作業と並行して、霞ヶ関では核廃棄物の貯蔵施設の建設計画が本格的に始まったのだと、2011年の6月、震災から3カ月後には、工事車両や自衛隊車両が並ぶJ-ビレッジ(サッカーワールドカップで建設された施設、現在は第一原発工事の事務所練)を眺めながら副島隆彦先生がはっきりと指摘してされていました。

双葉・大熊・富岡・楢葉は国有地になるということ



第一原発が爆発してから半年も経たずに、地下貯蔵施設建設は緊急の案件となり、すでに2011年の年末には地下トンネル(貯蔵庫)の基礎工事が進んでいたのです

私は”中間”所蔵施設という言葉遊びをやめろと言う考えです。
燃え残りの核燃料をいつまでも”資産”とする会計制度と電力会社の欺瞞が正常な経済活動から逸脱させて、ツケは政府へまわり国民の負担となるのですから。

また放射能コワイコワイ派(自称インテリの馬鹿)の陽動により、政府は反対もなく

福島県東部を占有することができた



全国・全世界に散らばる放射能コワイコワイ派のアオリ文句のせいで、福島県の太平洋に面する地域に暮らす住民達は”ありもしない汚染”を理由に二束三文で国に明け渡すことになります。

こういう商売ですから、原発作業経験者と話すことがあります。
私も稼働中の原子力発電内で仕事をしたこともありますし、燃料棒を近くで見たこともありますし、医療品のラジオアイソトープ(放射性同位体)の製造現場へ立ち会ったこともあります。

私が副島隆彦先生と2011年3月末に原発の正門前で計測して、正直あっけにとられました。なんだこの低い数値!は・・・ぜんぜん平気なレベルじゃん!
地震津波被害もない山間の飯舘村や田村市なんて生活にはまったく支障がありません。20キロ圏内の強制退去はいまでも間違いだと私は思います。

こんな話を原発で作業した方と今日伝えたところ、みんな似たような思いです。

年間の積算数量で20ミリシーベルトなんて空論以外のなにものでもない



私もそう思います。自然界でもゼロにならないのに、あなた基準越えたので、明日から働けませんと言われたら誰だって困っちゃいます。

もうひとつ加えると、原発の仕事は勤務時間がめちゃめちゃ短いので楽なんです。「実働3時間以下あとはご自由」で一日分の日給という世界です。

かくいう私も昼すぎには、釣りをするか海水浴でもするかと時間の潰し方が最大の関心でしたから(笑) (注:当時はインターネットもスマホもありません)

ヒステリックな報道とそれに乗じた自称インテリの馬鹿どものおかげで、福島県東部は国有地になったのです。二束三文で手放さざろうえないのは、すべて放射能コワイコワイ派のせいです。

放射線は自然界に存在する珍しくもないもの



それどころか恩恵のある(単なるエネルギー)だということがなんでわかんないのだろうね。いや大衆煽動の確信犯たちなんですよ、「実態」」はね。



  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 800 )
SMAPは全員、歌唱力があってはならないのです(フジテレビ・FNS歌謡祭) 
Tuesday, December 10, 2013, 10:47 PM
12/10 雨10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

もう先週の話になってしまいます。懐かしの歌謡曲がテレビから流れてきたので観ることなく、片耳で聴いていたのです。でもへんな違和感があります。

集団でわーわーと歌っているなあと聞き流していたのですが、ソロの曲でもスマップの誰かが必ず加わってデュオやトリオで歌うのです。

ぜんぜんハーモニーになってない、一本調子

スター物まね選手権かなと思ったぐらいです。

フジテレビでは生で歌っているように振る舞う「口ぱく」を原則廃止したということです。

結果、素人のど自慢とたいして変わらなくなりました

スマップってのはゲストの下手を覆うためのテレビ局専属の人材



なるほど〜、スマップって歌唱力があってはならないグループだったんですね。

華があってもゲストより上手く歌ってはならないという特殊なポジションであることがよくわかります。

ケミストリーのようにハーモニーにはならないし、もし視聴者に聴かせる歌唱力があったら誰もスマップとは関わりたくなくなるのは普通の人情。

スマップってのはヘタウマで喰っている希有な存在



それぞれメンバーはおしなべて歌も演技もけっして一級とは思えません。

それでも「セロリ(山崎まさよし)」「ヨゾラノムコウ(スガシカオ)」「世界に一つだけの花(槇原敬之)」などなどをスマップも歌ってヒットしています。

スマップでも歌えるならみんなで歌えるという保証書みたいなものか



ようするにスマップが絡むと一気に敷居が低くなる(笑)

まさにテレビのために存在するグループってのはすごいなあと思います。

番組を聴いていると、あきらかに、これ生で歌ってないだろという違和感があるグループもあり、サビだけ急に艶がある声になったりと、あいかわらず裏方がやっているようです。

歌唱力があるから喰えるのではない



歌謡番組でのスマップ(の下手な唄)を聴くと、「 大切なのはぴたりとはまる不動の場所があるかどうかなのだなあ」と思います。

今月から私も急に多忙です。

スマップのように中途半端な器用貧乏は暇無しです



今月は更新が滞りがちになります。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 997 )
朝日新聞は発狂中のため明日の新聞はお休みです 
Sunday, December 8, 2013, 12:55 PM
12/8 晴10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

本日の新聞はご丁寧にも日米開戦の1941年(昭和16年)12月8日と同じく特定秘密保護法案が成立した12月6日も忘れてはならないと天声人語で語っています。

怒り狂う市民と憂う知識人を登場させて特定秘密保護法案の反対記事ばかりです。
おなじみの(誘導された)世論調査の結果が一面にあります。

せいぜい安倍内閣の不支持率が30%から34%となり支持率との差が縮まったことを大成果としています。各面ぜんぶこんな調子

朝日新聞の発狂ぶりが楽しめます。

しかし中身のない新聞だな〜>朝日新聞



副島隆彦先生の説明によると

特定秘密保護法案というものは元来は公益通報者保護法と合わせて運用されるための法律

公益通報者保護法は官僚が発注先のー民間企業に対し不正告発を推し進めるために作られた法律です。

ところが民間企業への不正防止という目論見が外れて、我が身の錆も告発されるおそれが出てきたということ。

そのためにスノーデン事件をきっかけに法案の整備が急務となったという背景があるのです。

反対を表明している政党・政治家も、朝日新聞も戦争をからめた感情論ばかりな上に、的外れです。

特定秘密保護法案のキモはスノーデンのような内部通報者がヒーローとして取り扱われることを防止するためです。

第二のスノーデンを出さないための対策が急務であることが、どの先進国でも共通事項なのです。

こんなどうでも良い法案で騒ぐことよりも、消費税増税には口をつぐむ新聞メディアやデモに動員されるプロ市民にはがっかりさせられます。

つうかもともと新聞やNHKを含めテレビには何も期待もしてないです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 968 )
皮下脂肪は肉体再生能力がある(痩せすぎ危険) 
Saturday, December 7, 2013, 01:46 PM
12/7 晴10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

NHK教育のサイエンスZEROで「天然の治療薬 脂肪脂肪に潜むスーパー細胞」という番組が放映されていました。
皮下脂肪には再生能力のあるASC(脂肪に含まれる幹細胞)が筋肉や肝臓といった内臓の復原に役立っているという内容です。

山中伸弥教授のIPS細胞の発見で、再生医療という新たな治療が大きく進展して、まもなく臨床が始まるでしょう。

現在の所、大きな問題は幹細胞の培養にかかるコストと量産化です。

ところが皮下脂肪にも体組織を再生させるASCという細胞が潜んでいることがわかり、乳房再生や膀胱の筋肉で試したところ大きな成果がありました。

脂肪吸引と治療を一緒にできて、再び患部へ注射するだけだから負担がないのもいい。

幹細胞を注射し続ければいつまでも若い肉体が維持できる



考えようによっては恐ろしい技術です。

老化した組織(心臓や肝臓、筋肉などなど)を簡単に復活させることができるようになれば、平均寿命なんてこれからも伸びていくでしょう。

100歳120歳あたりまえ、70、80歳なんてヒヨッコなんて時代が来るのは正直ごめんです。

不妊治療に応用されると、子供のない世帯には福音となるでしょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 772 )
結局、新島襄は日本のキリスト教徒らに影響を及ぼしたのか? 
Friday, December 6, 2013, 10:00 PM
結局、新島襄は日本のキリスト教に影響を及ぼしたのか?

12/6 晴10時 浅草での空間線量は12ベクレル/立法メートル

NHK大河ドラマ「八重の桜」が駆け足で進んでおり、少し背景がわかりにくくなっております。
もともと新島襄はアメリカのキリスト教団体「アメリカン・ボード」から援助を受けて日本での布教のために帰国したのです。ドラマでもお金を出したのはアメリカン・ボードであり新島襄は単に代理人に過ぎないとアメリカ人宣教師に糾弾される場面が放映されていました。

実際にその通りなのですが、日本に出遅れたアメリカのユニテリアン系クリスチャン団体が新島襄を足掛りに国内での基盤固めを目論んでいたのは間違いありません。

キリスト教と言っても大きくはカトリックとプロテスタントという流派があるのはどなたもご存じでしょう。しかしプロテスタントがさらに枝分かれしていることはクリスチャンか宗教に関心がある人しか分からないでしょう。

おおざっぱに言えばアメリカはプロテスタント国家。ルターの宗教革命でおきた反カトリック(教皇が利益を独占するなという考え)がプロテスタントの主張です。

さらに三位一体のとらえ方でユニテリアンやクエーカー教という”非主流”な流派があります。

アメリカン・ボードはユニテリアン主義の団体です。キリスト教でありながら”万能の神(ゼウス)”よりも”自ら行動”を主眼にしている考えです。これがアメリカ国民の根底で、全米ライフル協会のように”自衛のための武装”を容認する考えの基底です。

話は新島襄に戻しますが、46歳で早世してしまいます。帰国してからわずか10数年しか国内で活動していないのです。

ユニテリアンはたいした足跡を日本には残せなかった



明治時代のクリスチャンとして有名なのは内村鑑三や新渡戸稲造が挙げられます。なぜなら彼らが逆に野蛮国家と見られていた日本を海外へ紹介する役割を担ったからです。

内村鑑三は新島襄の直系と思います。(妻が新島襄から洗礼を受けている)

だからとても実務的な考え方、つまりリアリストな考えです。クリスチャンでありながら農業施策が本業。
北海道大学に来たクラーク博士もユニテリアンのクリスチャンです。

当時同志社大学というのは徳富蘇峰らの熊本バンド、そしてメソジスト系の横浜バンド、内村鑑三や新渡戸稲造の札幌バンドらプロテスタント・ユニテリアンの議論場所であったのです。

布教と殖産が同一視していたのはアメリカ流儀なのでしょう。開拓・開墾と布教活動は同一です。

でも日本にはキリスト教は根付かなかった・・・

新島襄がアメリカからキリスト教のユニテリアン思想を持ち込み、農業や工業政策に波及したのは間違いない。福沢諭吉がキリスト教を嫌っていながらもアメリカのユニテリアン思想は高く評価し、慶應義塾にも神学部を設立したいと考えたことからもうかがい知れます。

同志社大学には神学部という看板がありますが、ここが同志社大学の本尊です。実質は”日本に数少ない本当の”哲学科です。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1038 )
寝過ぎるとしばらくぼーっとしますね 
Thursday, December 5, 2013, 10:47 AM
12/5 晴10時 浅草での空間線量は10ベクレル/立法メートル

寒い夜はさっさと布団に入るにかぎります。不規則な生活が続いたので、睡眠時間が増えました。
体調が優れない、なんとなく気分が落ち込んでいるときは寝るに限ります。

当方もラジウムシート「氣傳効(きでんかい)」を年中布団に敷いています。
このメッシュシートを敷くと、睡眠が深くなり短時間でぐっすりすっきりと目覚めるようになりました。だから夜更かししてしまっても朝から快調!

それでも寒い朝方5時頃に起きてしまうと、寒いのでもう一度と布団に戻ってしまうことがあります。気がつけば3時間ほど二度寝していることをしばしば。

寝過ぎると頭がぼーっとしてしまいますね。
結局目覚めて頭のスイッチが入ったのに、また寝てしまうとスイッチが切られてしまうからかもしれません。体内時間が狂っちゃうのかな。

うつ病や不眠症、不定愁訴(ふていしゅうそ)は体内時間の乱れが原因ともいいます。
だらだら眠りってのは効率の面でも、精神面でもあんまりいいことないなあと思います。

ラジウムシートのおかげで肉体は元気になっているのですから



ぱっと起きたら、シャワーを浴びたり、冷水を足にかけてスイッチをいれようと思います。本当は滝行のように冷水を頭からかけるのが一番良いのですが。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1041 )
身内の常識は部外者には初耳(暗黙知という落とし穴) 
Wednesday, December 4, 2013, 03:35 PM
12/4 晴10時 浅草での空間線量は12ベクレル/立法メートル

特定秘密保護法案の論議でわかったことは、秘密に設定することは各省庁の担当官僚が決めることです。

馬鹿な政治家がベラベラ喋ることを制するための法律


というまさに官僚側のお手盛り法案であるということ。

内部では公然であっても部外者からみれば秘密であるようなことは私たち身近でもあることです。

安居酒屋の生ビールは実際は発泡酒であることとか、パセリは使い回しが基本だとか、その程度なら腹ただしい事で済ませられます。

ふり返ってみれば、いろいろな人間や会社間のトラブルや事故といったものは、双方の思い違いや思い込みが原因であることなのではないかと思います。

男女間でも浮気を男の甲斐性とするか道徳観念の欠如では決裂は必然です。
親子間でも属するコミュニティーが異なれば、同じ事象でもとらえ方は違います。

私が20年前にコンピュータ屋であったころ、事務の女の子に

「コピーしといて」と伝えたらフロッピーディスクを複写機で「コピー」したとか、
「コンピュータを落としておいて」と伝えたら机の下に「落としてあった」とか、
「プログラムを切って」と伝えたら「鋏を持ってきた」といった小咄(こばなし)のような話がたくさんありました。

まだオフィスにパソコンはおろか、ワープロがせいぜい一台あるだけの世界ですから。
パソコンが導入された際には、一番感心されたのは、最新パソコンには「コーヒートレー」がちゃんと備え付いているということでした(本当はCD読み取り装置)

自分たちと赤の他人とは同じ言語でも違う世界である



話は戻って、省庁の内部情報である情報が秘密なのかどうかは外部からは誰もわかりません。だったら全部大きくひとくくりにして秘密にしておいた方が良いと誰でも考えつくことです。

結局の所、専門化・細分化した現代社会においては幼稚園児でもわかるようにかみ砕いて何度でも言い直して伝えるしか方法はないのです。

自らの言葉の定義をまず伝えて、そして具体的に話す癖をつけるしかないでしょう。

本日のお客様との電話での会話です・・・

「そちらの都合の良いお時間は何時でしょうか?」
「あぁ、午後でお願いします」
「午後のどの時間帯がご都合良いですか」
「ゴゴイチでいいですよ」
「交通事情次第ですが、何時から何時までの間と指定していただくと良いのですが」
「あぁ、それじゃあ午後1時から1時半を目安にお越し下さい」

相手側は昼休みが12時から13時の1時間だから、午後という指定は昼一時という固定概念で話されます。ただ私はそこの社員でもないので、同じように行動しているわけではありません。午後と指定されるとだいたい昼3時あたりに着けばいいだろうと私は思ってしまいます。

同様にアサイチという言葉もありますが、これも業界によって8時なのか9時なのか10時なのか様々です。勤め先や業界が違うと話が食い違うというのはこんなところから始まるのです。

また団体行動で「集合時間」と「出発時間」の区別がないとスケジュールは乱れます。時間の区別があいまいだと遅刻する者が経験上必ずいるのです。
ちなみに集合時間は「参加者を点呼する時刻」、出発時間を「待っている制限時刻」とすれば、遅刻者はいなくなります。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1014 )
口が固い奴が信頼されるのは国家間でも一緒 
Tuesday, December 3, 2013, 01:39 PM
12/3 晴10時 浅草での空間線量は13ベクレル/立法メートル

特定秘密保護法案で国会答弁のためだけに起用された森雅子特命担当相が見当違いの発言を繰り返し、さらに石破茂自民党幹事長によるデモでの絶叫戦術はテロ行為という発言が油を注いでいます。森雅子って議員は少子化対策で当選した議員なので全くの門外漢。弁護士だから法律解釈に詳しいと起用してみたら大ハズレだったというわけです。

口と脳みそが連携しない女性という生物に国会答弁させる自民党も大馬鹿集団です。


米中ら諜報機関が跋扈している日本国内において

情報戦争(Intelligence War)のまっただ中で寝言ばかり言うな



報道と市民の代弁者を語る知識人らの反対の論調を見ていると嫌になります。

情報収集活動と分析には防諜も必要不可欠な要素

プライバシーの保護と国家安全の相反する要求に苦慮しているのはアメリカをはじめ欧州でも同じ事です。

本日の朝日新聞には政治亡命先のロシアでスノーデン元CIA職員がひっそりと暮らしているそうです。ロシア政府もスノーデンに対しては早く出ていってほしいと当初から表明しています。
理由はKGB出身のプーチン大統領は裏切った諜報部員を嫌っているからです。

口の軽い奴は未来永劫信用されない



頭が軽くても口が固い奴というのは大切にされるのに、その逆も真。
繰り返しますが、官民問わず情報戦争が一層激化していくでしょう。

まず粛清すべきは口の軽い官僚・防衛関係者で、それが国防の一歩です。

新聞メディアは「我々が逮捕される〜」と漫才みたいな話を垂れ流してます。

ぼんくらな我々が国家機密に触れることなどありえない



偶然パソコンを覗いたら、そこには国家の重大機密が掲載されていた。そしたら逮捕される・・・あほか(笑)記者も野党政治家も童話の王様の耳はロバの耳かはだかの王様といったファンタジーの世界で生きているのでしょう。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1086 )
新聞に世論を動かす力が無くなったことは良いことだ 
Monday, December 2, 2013, 02:29 PM
12/2 晴10時 浅草での空間線量は13ベクレル/立法メートル

中国の一方的な防空識別圏設定に対してニューヨークタイムスとワシントンポストは国務省が米国航空会社に対し飛行計画を中国当局に提供するように呼びかけたという観測記事を国内新聞各紙やNHKまでもが取り上げました。(国防総省は否定)

さぁ梯子を外された日本政府はどうすると「他人事」のように報道されます。

新聞お得意の「関係者筋からの情報」ってやつですかい?
警察や政府からのプロパガンダをさも秘匿すべき情報源のようにしてぼかす手法です。

ワシントンポストでは船橋洋一(朝日新聞主筆、母親は中国人)という出自の悪い人間がアメリカ(CIA)とそれに結託する中国勢力のプロパガンダにそって投稿しています。ニューヨークタイムスにも投稿しているのか。

日本封じ込み戦略での世論工作方面はこの船橋洋一です。
そして船橋洋一の意向そのままで垂れ流されるテレビ番組は「死んだ魚の目の古舘伊知郎がとうとうと喋るだけのニューズステーション」です。腹話術の人形でも置いた方が愛嬌あると思うんだけどなあ。結局の所、

中国筋からの安倍政権へのゆさぶりはみごとに失敗



秘密保護法案でばかばかしい「もし〜ならば逮捕される」戦術が繰り広げられています。

ツイッターでつぶやいたら逮捕されるとか

戦時中の情報統制を彷彿させるだとか・・・

少なくとも馬鹿な政治家が諜報組織にしゃべることを官僚が制した法律



だということはわかります。下半身握られているからそうなる。

やっぱり政府中枢にいる者は去勢して、みんな宦官になればいいのです。

ああ偉大な頃の中国の考えは正しかった(笑)

公務員採用はオカマを一定数採用すれば、これほどスパイにとってやりずらい相手はいないでしょうね。

そこまでいかなくても今じゃ官僚を目指すのは半澤直樹の税務査察課長のようなナルシストかオカマですから、その点では官僚組織は万全です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1061 )

戻る 進む