恋愛感情と家族的結束は同時に成立しない 
Wednesday, July 24, 2019, 12:05 PM
男と女の性差だなあと思う人生相談がありました。
よくある話で、職場で女性が恋愛感情を抱いてしまったが、冷たくあしらわれたということ。

吉本の社長が、抱える芸人とは家族だという発言がありましたが、逆に詭弁だと反感を招いています。
自分が手がけていたほんの一部とは、気兼ねなく話せる間柄でしょうが、それ以外の大部分とっては白ける話。

これはジャニーズ事務所でも同じで、ホモセクシュアルなペドフェリア(小児性愛者)の創業者のお気に入りとなった者が、依怙贔屓で担がれてゆく。

昨日もラジオで元芸人がしゃべっていましたが、一般的な常識からは外れた人が多くいる。
そんなところで生き残るのも管理する側も大変だとのこと。

さもありなん。

ただ、結束が固いとかファミリーと言っても、一回亀裂が生じると、あっというまに瓦解します。

この人生相談を読んで思いだしたのは、女性が多い職場、女性だけの職場で働く知人と何げない会話をしたこと。

うらやましいですね、というと、全くそんなことはない。

怒るなら全員、誉めるのも全員で、けっして一人だけを特別扱いのように思われないよう細心の注意をするのだとか。
チヤホヤすると、かならず周囲がギスギスしていくのだとか。

ついでだからと車で送ることも絶対したらいけない。二人っきりになることは避ける。

どんなに器量が良くて、甘えてきても突き放さないと女性達をまとめられない。

妬み、嫉妬が強い女性だらけの職場は、男にとっては想像以上のストレスのようです。

この人生相談のスーパーの男性は、そこを十分わかっているから連絡先もけっして教えなかった。

パートの人たちの間で軋轢が起ることを十分知っているからでしょう。

不倫関係なんてのが発覚したら、昔は女性は問答無用で追い出されたし、男も無傷ではいられない。

ところが最近では見て見ぬふりや不問にすることが多いかも知れない。人手不足だから。

でも恋愛や不倫がある職場って、へんなとばっちりを受けそうで嫌です。
そしてたいてい社員どうし仲が悪い。

仕事場では仕事の話しかしない。これが一番正しい。そこに家族的だ愛だというきれい事は不要です。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10602 )
正しい眼鏡をかけろ(スティファニー・ケルトンのMMT論) 
Tuesday, July 23, 2019, 11:02 AM
経済評論家・三橋貴明氏が、MMT提唱者、NY州立大学のスティファニー・ケルトン教授を日本に招いて、講演会を開いたそうです。
スティファニーという名前から女性っぽいなと思っていたら、あらま、金髪の女性です。

【三橋貴明×ステファニー・ケルトン】概論、MMT(現代貨幣理論)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12495229847.html

MMTの眼鏡に掛け替えて下さい(スティファニー・ケルトン)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12494799457.html

三橋氏のWebから貼付けます。ケルトン教授の主張は以下です。
1.政府の財政赤字は、政府以外の経済主体にとっての黒字
2.国債発行残高は、政府が支出し、徴税で回収しなかった貨幣の履歴
3.経済の制約は「財政」ではなく、インフレ率(リソースあるいは供給能力)
4.徴税は、国民の支出能力を奪い取る(国民の消費能力を奪い、インフレ率を抑制したいなら、消費税を増税したら?)
5.金融政策で国民の債務を増やすのではなく、財政政策で国民の所得と自信を増やせ!

 まあ、5は「いわゆるリフレ派」という日本における社会実験に失敗した政策に対する最終的なトドメでございますが、ちなみに第二回「MMTと日本経済の謎」で、例の、
「370兆円もMBを増やしたのに、インフレ率はゼロ」
 の図を見せたら、ケルトン教授は苦笑いしながら、「これは貴重なデータだわ」ですと。

 まあ、そうなるよね。第二回は明日のお昼頃、配信予定です。

 上記の中で特に重要なのは、1と2です。つまりは、
「財政赤字、国の借金が膨れ上がっている!」
 というのは、実は、
「国民の黒字が維持され、政府の貨幣発行量が増えている」
 というだけの話に過ぎないのです。

 この「事実」だけでも共有しない限り、我が国に繁栄の未来はありません。

 ケルトン教授は「定義を変える必要がある」と繰り返していましたが、特に「財政赤字」は「国民黒字」、「国の借金」は「貨幣発行量」と呼び変えるべきでしょう。

(貼付け終り)

三橋貴明氏はずっと財政出動を訴えています。金融政策(日銀による金利での通貨量の調整、資産の買入)は景気浮揚対策にはならないと、実績をあげて説明しても、財務省には届きません。

財政赤字は「国の借金」という根本的な誤りをけっして認めない。クルーグマンが間違っていたという政策をいつまで日本は続けるつもりでしょう。

通貨発行量を増やせば需要は拡大する・・・そんなわきゃない。馬に水を飲ませるには、おおきな水瓶を置いておくような馬鹿な話。
水を飲ませるなら、馬を走らせなければならんでしょうに。

こういう話がでると、かならず財政破綻だ、ハイパーインフレだと騒ぐ人が現れる。

インフレにならなければ、全く問題がない(国への信用だから)



債権国の日本が潰れるときは、世界も潰れてます。

このMMT理論をすでに実践しているのが、中国共産党でしょう。ここ20年の急成長は国主導の投資の成果です。

少しは中国を見習うべきです。そして中国経済はまだまだ強いです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 10560 )
ざわつく月曜日 
Monday, July 22, 2019, 10:19 AM
たいして面白くもない参議院選挙で、投票率は2番目の投票率(48.8%)だったそうです。

もし、元都議の音喜多駿氏、山本太郎氏のれいわ新撰組、立花孝志氏のNHKから国民を守る党がいなかったらもっと落ち込んでいたでしょう。

結果はびっくりです。

音喜多駿氏が深夜に、比例で立花孝志氏が朝方に当確しました。

届いた薄っぺらい朝刊にはもちろん載っていません。ネットでさきほど知りました。

とくにNHKから国民を守る党は泡沫扱いでしたから、議席獲得は奇跡です。

れいわ新撰組は比例2議席、党首山本太郎氏は次回衆議院選挙立候補とすべて計画通り。

音喜多駿氏は東京でも維新の会の存在感を高めてゆくでしょう。

野党がぐずぐずのうちに衆参同時選挙に踏み切れなかった自民のミス



外交で目眩ましをしているうちに押し切れば、きっと改憲議員数は確保できていたはず。

次回は消費税、景気対策が焦点となって支持率は今がピーク。

それが猶予を与えたために、維新、れいわ、N国という新興勢力が躍進してしまった。

れいわ、N国としては、これ以上にない好条件となった。

あと、朝のワイドショーでは捨て身で会見を開いた宮迫と田村亮に対する吉本興業への批判でした。

吉本興業自体が反社会的であったという、あきれた話となっています。

もっと嫌なことに、吉本興業は非公開企業でありながらも、国の予算で教育分野にも進出を画策しているのです。

上層部がヤクザか、舎弟というのは金融不動産では珍しくはない。
○○○銀行とか○○○生命がとある事件では絡んでいたなどという噂が絶えません。

なににせよ、今日月曜日はあちこちでザワザワしている。

天気もぐずぐずで、心も晴れない、良い一日ですw

既得権益、闇勢力はどんどんぶっ壊れていけ。象徴的な選挙結果となって、面白くなってきました。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 8687 )
京都アニメーションの犯人とNHKディレクターとの接点 
Sunday, July 21, 2019, 09:34 AM
ネットから

44名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:19:06.92ID:27CP7YFS0>>358>>388>>465>>503>>650>>705
NHKにテロの協力者と内通者がいるんでは
あまりにすごい偶然なんですけど
NHKの取材のために京アニのトップ陣が集められ、そのためにセキュリティが解除され
その日その時間帯に犯人がガソリン持ち込み人にぶっかけ放火
犯行の五分後にNHKが到着
犯人取り押さえをスクープ
この日のディレクターは犯人のいた更生施設を取材したことがあったとか
すっごい偶然

380名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:22:55.35ID:27CP7YFS0
>>356
こいつが実行役なだけでソロじゃない
NHKの内通者がいないと無理
その日のその時間はセキュリティがかかってないこと、内部の見取り図
NHKの取材のためにトップ陣がすべて呼ばれた
こんな偶然はない

384名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:23:12.17ID:8/wH7w9D0
56 名無しさん@1周年[sage] 2019/07/19(金) 01:03:11.51 ID:yeNjPlkT0
ヤフーチャット万歳の竹井聖寿の遊び仲間のセルフって奴な気がする
特徴
・当時の年齢からちょうど今41〜42歳
・身長180cmのややデブと自称してた
・アニオタ、ゲームオタで特に2次元しか恋人にしないと常々言ってたほどのアニメオタク
・茨城県在住と自称してた
・2012年頃にヤフーチャットが終了しその後音信不通→居場所を失くした竹井が柏市の連続通り魔殺人を起こす 竹井聖寿はエンタメ部屋
・軍事オタクでもあり、ゲームはバトルフィールドを毎日ヤフチャ朝まで仲間とやっていた
・当然に、無職で創価学会員、つまりナマポ
・在日コリアンのハーフと自称してた
・左翼思想で反日、特に自民党を目の仇にしていた

問題はこのヤフチャのセルフを見たこともないし本名も分からないことだ
ヤフーチャット政治部屋では有名なボイサーだった
当時から危険思想で極左反日だった
ヤフチャがその手の人のたまり場だったからな

NHKの社員にもしばき隊やら反日朝鮮人がいるから犯罪の依頼でもしたんか、コレ

7名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:34:44.84ID:r5r7yb4G0>>579
>>474
325 名無しさん@1周年 2019/07/19(金) 01:36:23.88 ID:JRN9OSOn0
関係先とかいう更生支援施設って、数ヶ月前くらいにNHKで特集してたとこ?
その番組のディレクターとかじゃないよね?
あの時、施設を出た人たちが集まる忘年会だか新年会だか撮影してたから
NHKスタッフと顔見知りの可能性あるんじゃ

>>325
51 名無しさん@1周年 2019/07/18(木) 23:50:48.41 ID:lZWu6CGk0
5時間前に記事から削除された部分
 ↓
>撮影したのは、NHK首都圏放送センターに勤務する吉田達裕ディレクターの取材チームで、京都駅から火災が起きた京都アニメーションの本社に向かっている途中でした。

NHKの記事削除、これ大事だから忘れてはならない

556名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:37:58.54ID:8/wH7w9D0
>>54
たまたまサイタマ
たまたまサイタマの更生保護施設をNHKの関係者が過去に取材
たまたま現場撮影したNHKの関係者は吉田達裕ディレクター
たまたま吉田達裕ディレクターはサイタマ棲み
たまたま犯人は犯行前サイタマ住民とトラブル

63: 名無しさん@おーぷん
19/07/19(金)05:58:18 ID:ltv [4/6] AAS
被疑者の男に家の呼び鈴鳴らされてホースで水をかけたと言っていた黒いシャツを着た女性は、
男の服装を「白いシャツとジーンズ」と証言してたんだよな。
だが公開された映像は赤いシャツ。赤と白は間違えようがないと思うのだが...やはり色々と腑に落ちん。
https://i.imgur.com/8pdVHRF.jpg

559名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:38:30.04ID:LR4Dhjw10>>569>>572
NHKが、テロ支援団体ってこと?

570名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:39:33.10ID:27CP7YFS0
>>540
その線もあるけどNHKには大量の在日コリアンとしばき隊が入り込んでいる

606名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:43:17.04ID:8/wH7w9D0
94: ■忍【LV4,サラマンダー,7T】
19/07/19(金)06:46:55 ID:6Zi [2/2] AAS
>>91

>たまたま吉田Dが関東から取材に来た京アニに、
>たまたま以前取材した埼玉の更生施設の男が京アニに現れて、
>たまたまセキュリティが切ってあり悠々と乱入してガソリン撒いて放火したが
>たまたまNHK関係者は無事で
>たまたま吉田Dは犯人確保の瞬間を撮った

(´・ω・)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \  コワーイ

680 名無しさんにズームイン! 2019/07/19(金) 08:15:05.93 ID:+oANPF380
不可解な点

・普段は施錠されて入れない建物がNHKの取材用に開けてあった
・NHKの取材で幹部スタッフが集合していた
・NHKは建物の見取図を入手していた
・タッチの差でNHKは難を逃れスクープ映像を手にした
・土地勘の無い土地でガソリンを調達出来るガソリンスタンドを知ってた
・京アニの下見の形跡が有る
・刃物を複数用意していた

693名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:51:47.35ID:8/wH7w9D0
225 名無しさん@1周年[sage] 2019/07/19(金) 08:07:27.95 ID:muNbndL40

520 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/07/19(金) 07:29:52.12 ID:PWv+kgLh
75名無しさん@1周年2019/07/19(金) 06:51:49.26ID:GF1ensPa0>>84
吉田達裕で検索するとNHK関西の第一報のニュースがヒットする
アニメ会社放火 死者16人に|NHK 関西のニュース
www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190718/2000017778.html

説明には「撮影したのは、NHKの首都圏放送センターに勤務する吉田達裕
ディレクターの取材チームで、京都駅から火災が起きた京都アニメーションの
本社に向かっている途中でした。」と書かれている。
しかし記事の中身では現在その部分は男性ディレクターとわざわざ修正されている。
よほど都合の悪いことでもあるのか?

84名無しさん@1周年2019/07/19(金) 07:05:03.50ID:9Dwobr7a0>>86>>90
>>75
放火犯人が住んでた前科者更生施設の取材は吉田ディレクターの企画
つまり面識があった可能性が大

85名無しさん@1周年2019/07/19(金) 07:07:44.08ID:27CP7YFS0

>>61
なぜか事件から5分後にNHKが到着
NHKの取材のために京アニの主要人も集められ、セキュリティも解除されてたとこに放火
すっごい偶然

546 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2019/07/19(金) 07:55:42.01 ID:l5xO6dJv
>>520
あー
ポリタンクを運ぶのに台車を使ってたって話だから取材があることも知ってて
堂々と今日はよろしくお願いしまーすなんて言いながら入り込んだのかもね

240: 名無しさん@おーぷん
19/07/19(金)08:24:52 ID:qCn [5/5] AAS
>>233
NHKの取材陣の振りして台車にガソリン積んで会社内に侵入した
とか?

755名無しさん@1周年2019/07/19(金) 08:59:55.19ID:LtWgszZv0
716 名無しさん@1周年 sage 2019/07/19(金) 06:05:24.71 ID:TTSfncVk0
https://web.archive.org/web/20190718101344/https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190718/2000017778.html
【NHKのディレクターが確保の様子を撮影】
火災現場の近く居合わせたNHKのディレクターが、容疑者とみられる男を複数の警察官が取り囲んでいる様子を映像におさめていました。
撮影したのは、NHKの首都圏放送センターに勤務する吉田達裕ディレクターの取材チームで、京都駅から火災が起きた京都アニメーションの本社に向かっている途中でした。
現場付近に到着した際の様子について吉田ディレクターは、「進行方向に黒い煙が上がっていて近づいていくにつれ周りに消防車やパトカー、救急車が増えていきました。
煙もどんどん大きくなり、窓から火が出ているのが見えました。サイレンが鳴り響き、警察官など多くの人がいて現場は混乱していました」と話していました。
そして、現場にほど近い場所で吉田ディレクターたちは、路上に倒れている男を目撃し、映像におさめていました。
撮影された映像には、路上に男があおむけに倒れていて複数の警察官が取り囲んでいる様子が映し出されています。
吉田ディレクターは、「倒れている男がいて、周りに警察官が3人ほど集まり、男に話しかけている様子でした。
男の服は右足膝の下からやぶれ落ちていて、靴をはいていない状態でした」と話していました。
吉田ディレクターは、本社での打ち合わせのあと、午前11時ごろから火災が起きた第1スタジオで番組の撮影を行う予定だったということです。

インターネットアーカイブにはNHKのディレクターの取材云々とあるのに今はこう改変されてれる
【確保の様子を撮影】
火災現場の近くでNHKの取材チームが、容疑者とみられる男が警察官に確保される様子を撮影していました。
映像では路上に男があおむけに倒れていて複数の警察官が取り囲んでいる様子がわかります。
取材チームの男性ディレクターは「倒れている男がいて、周りに警察官が3人ほど集まり男に話しかけている様子でした。
男の服は右足膝の下からやぶれ落ちていて、靴をはいていない状態でした」と話しています。


不思議なほど、NHKの取材予定と襲撃犯人の行動が一致しています。
・吉田達裕ディレクターと前科がある犯人の青葉真司は埼玉で以前から接点があった。
・5年前の通り魔殺人犯、竹井聖寿と青葉真司はネット上で交流があった。
・事件当日は取材のために、社員、関係者がすべて集められていた。
・当日のみセキュリティーを解除していた。
・犯人の青葉真司はNHK関係者を装い、台車でガソリン40リッターを運び込んだ

NHKはスパイ、工作員、カルトがたくさん紛れ込まれているという話は過去でもよくあります。実際そうでしょう。

アニメーションは全く知らないのですが、洗脳された人たちなのか、元々からそういう気質がある人なのか。
ここ浅草の近くに秋葉原がありますが、この夏場は臭いのです。汗と皮脂の入り交じった臭い。
ちょっと軽い知能障害があるように見える人も多い。

特に京都アニメーションの作品は、絶大な人気があり、痛車(イタシャ)にするまで溺愛されている。
それだけ精神への影響が強い<名作>ぞろいなんだそうです。

日本がもつソフトパワーの源に危機をもつ勢力がいる



アニメーションは、何割かは必ずいる発達障害者には毒にも薬にもなる。

そういったすべてがひっくるめられた怖さを感じています。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 9599 )
俺も生まれ変わったら天文学者になる 
Friday, July 19, 2019, 04:44 PM
自分は天文学者って、最高にかっこいいなと思っています。
中学生のとき、正座して観たテレビ番組、カールセーガンの「COSMOS(コスモス)」に強烈な影響があるからでしょう。

ブラックホールを世界で初めて画像でとらえた本間希樹(ほんままれき)氏も観たのかなあ。

記事によると、本間氏は東大理気里箸に、「見えないものをみるのが面白そう」と天文学を専攻したと言っています。

似たようなことを、私も東大で物理学を学び、ビッグバンを研究する学生から聞いたことがあります。「神の領域を研究できるってすごいことでしょ?」っとね。

現実社会になんの役に立つの?と当時は思ってました。

天文学者は現代の神学者なのだ



これは何度も、このブログで言っていることです。

天文学には奥深い魅力がある。

中学のときから「オラもかっこいい天文学者になりた〜い(そしてもてたい)」という願望を抱いております。

俺も宇宙の果てなんてことを語って、口説きたい・・・

そんな邪(よこしま)な考えで、天文学入門書を買ってもらって、読んでみましたが・・・

数学の方程式ばかりで、なんだこりゃと落胆しました。

最初の章に出てくるケプラーの法則でさえ、角速度一定の法則・・・・・・うううん、なんとなく。

てな感じで本を閉じました。

天文学は物理学、数学の王道なんです。いや、王のための学問と言ってもいい。

だから地頭がいい人しかなれません。

まったく数学、物理学が苦手だったので、天文学者になりたいなあという願望は、そのまま来世に繰り越します。

どうか、神さま、次生まれてくる時には、良い頭をお願いします。そしたら天文学者になります。

そしてモテたいです・・・


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10533 )
忍者だって、つらい勤め人なのよ 
Saturday, July 13, 2019, 09:25 PM
読売新聞に定期的に掲載されている磯田道史氏の記事です。

忍者というと、黒ずくめの装束を想像しがちですが、滋賀県の甲賀の忍者子孫の家から古文書を調べると、違った姿が見えてくるというお話。

忍者たちは、江戸時代には、身分の保障がある武士に取立て欲しいと請願していたことも、初めて知りました。

尾張藩が雇用した忍者の記録が見つかった。
しかも甲賀忍者の頭目・木村奥之助という人物の古文書だ。

射撃の腕が認められて、尾張藩に雇用されたらしい。

さらに甲賀の者として、忍者部隊も編成も求められたのだとか。

だけども禄が少なく、金がなくて困ったというお話。

特別手当もすぐに打ち切られちゃった。

忍者の記録が少ないのは、貧乏だったから・・・と言っちゃあおしまいです。

やっぱり雇われ人(労働者)だったから、使い捨てにされたんです。

忍者というと冷静沈着、修羅場をくぐり抜けるスーパーマンみたいなイメージですが、

弟子や子分達を喰わせるのに必死な、中堅サラリーマンみたいなもんなのでした。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 11566 )
コンシューマ化した工業製品は必ず新興国へ拠点が移る 
Wednesday, July 10, 2019, 12:40 PM
東南アジア圏では自国製自動車の生産が国家をあげて熱を帯びています。

自動車は先進国の代表製品では無くなりつつあります。家電製品はすでにその座を譲っているし、
日用品の類は国産のものが珍しいほどです。

私の故郷である堺市は自転車産業の街でしたが、いまはそんな様子はどこにもありません。
工場地帯は大規模マンションとなり、ベットタウンでしかない。

アジア地区で自国製自動車の存在が大きくなりつつあるという記事で、日系メーカーも協力しているという好意的な記事。

はたしてそうでしょうか?

たとえばタイではすでにメルセデス・ベンツの工場が作って輸出しています。日産もマーチなどの小型車はタイ製です。

どの自動車メーカーもアジア生産に軸足を移しつつある。

開発部門や高級車はまだ日本にあるそうですが、あと数十年もすれば日本には輸入業務部門だけということになるかもしれません。

グローバル経済の宿命だから。

安価な自動車はもう作れない先進国



経済発展をするASEAN地区では、とにかく輸送手段として安価な乗り物が必要とされているのですが、
ブランド力のあるメーカーでは作れないでしょう。

軽自動車でさえ、1トンもある車重となり、やたらめったら豪華になってます。

車輪四つと屋根があれば良いという車は、日本では軽トラぐらいしかない。
それでも昔の軽トラはもっと小さかったし非力だった。

リアカーに椅子とモーターを付けたようなものが、街中では使いやすいと思うのですが、運輸省は自動車区分を全く変更する気はないようです。

ヨーロッパでは電動自転車が爆発的に売れています。

なぜかというと全国津々浦々には自動車道と分離された自転車道がどこでもあるから。

また電車はローカル線ならほとんどそのまま載せることが出来ます。
スイスではバスの後ろに自転車を載せられます。

電池とモーターが進化して、脱自動車の手段となっている。

日本も軽自動車よりもずっと小さい自動車を制度化すべきだと思います。

かつては軽自動車よりも、原付自転車が庶民の足であり、運搬手段でしたが警察が目の仇のように取り締まり、その結果日本の二輪メーカーは風前の灯火です。

国家をあげて自動車産業を盛り立てようとするASEAN諸国と、国家をあげて古い法律を楯に産業を潰そうとする日本では勝ち目はありません。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13352 )
断食は細胞を復活させる(オートファジー理論) 
Wednesday, July 10, 2019, 11:30 AM
読売新聞にオートファジーの発見で2016年ノーベル生理学医学賞受賞者の大隅良典氏の自著伝が掲載されています。
ひさしぶりに活字でオートファジーという文字を見ました。
なんだっけ?
検索キーワード:オートファジー:

脾臓は40代から急速に縮小するということを知りました
モーガン・フリーマン「時空を越えて」とのシンクロニシティを体験した
細胞の液胞はゴミ捨て場ではなく再生資材置き場なのです
筆誅(ひっちゅう)という言葉こそふさわしい山崎豊子の情熱
パーキンソン病はiPSで治せるのかお手並み拝見
STAP細胞と同じく鳥取大「癌は容易に正常細胞や良性細胞へ変換できること」も注目すべき発見である
千島喜久男博士の説が「オートファジー説」という名で復活!(細胞は血液に戻るのである)

一言で言えば、細胞は自ら壊して再生するという発見です。タンパク質は身体を造る物質ですが、ちゃんと再利用されているという理論
飢餓状態となると、細胞は必要元素を得るために再利用するということ。
そのメカニズムを確認したのが大隅良典教授ということ。

過去にもオートファジーでブログを書いていますので、目新しくは感じないのですが、3年経っても「へーそうなのか」という程度で、理解が深まっている感じがしません。

見渡せば暖衣飽食、食い物はあふれ、食品廃棄ロスがメディアを賑わせています。

一方では、断食道場がしずかな人気を呼んでいます。

食餌に関して言えば、日本の家庭の食生活はどんどん貧しくなるなあと思います。
それは加工食品の多さ、それに拍車をかけるコンビニの氾濫。

先日一緒に旅をした若い二人は、食事はコンビニ、せっかくおいしい水が蛇口からのめるのにペットボトルの水を買っていました。

洗脳されていることに気付かないのかなあ。

オートファジーの発見で、食に対する意識が変わるかと3年前には期待していたのですが、あんまり日本の意識が変わっているようには思えません。

高糖分、濃い味付け、輸入食材だらけ・・・大盛りの安い居酒屋や外食チェーンは大嫌いです。

空腹なのがちょうどいい状態。

認知症や成人病の根源は過食にある



こういう認識がぜんぜん足らない。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11644 )
温泉三昧で気付いたことは、やっぱり身体に効いたこと 
Saturday, July 6, 2019, 02:33 PM
関西の友人が一週間もの休暇を取り、念願の東北温泉巡りをするとのこと。誘われましたが
さすがに全行程を付き合うことはできませんが、数日だけ付き合いました。

秋田の大曲で合流して、目指したのは岩手の夏油温泉(げとうおんせん)

このブログで確認したら6年前に初めて訪れています。


過去ログ
岩手温泉旅行(その2) 夏油(げとう)温泉
岩手温泉旅行(その1) 宮沢賢治が愛した大沢温泉


6年前は宿泊できるところは元湯のみでした。他の宿は廃業してました。
ところが今回は”元廃業”の老舗宿だったのです。
聞いてみると、せっかく温泉を持っているのにもったいないと数年前に別資本が買い取って再開したとのこと。

ボロボロをなんとか再営業できるように、山小屋の手作り感がそこはかとなく感じますが、部屋はきれいにリフォームされています。

お風呂も当時のままでなかなか良い雰囲気。でも宿泊客は私たち3名だけ。

いろいろな源泉のお湯を愉しめます。しかもどこも貸し切り状態(笑)


夏油温泉はラジウム温泉でした



白猿の湯(写真の内湯の左側の浴槽)の成分表にもラドンが検出されたとの記載があります。よいお風呂は浸かった瞬間にきゅーっと身体が縮まるような感覚がします。(私だけかな)
そして風呂から上がると猛烈にだるくなってしまいます。

内湯以外にも露天風呂がいくつもあるので、雨が降っていなければハシゴをするのも良いです。
でも急斜面で岩場なためいきつくまでが一苦労。足腰がたつうちに行きましょう。

翌日は朝から雨。せっかくだからと平泉経由で次の宿を目指します。友人達は中尊寺を拝観できて大喜びでした。でも長居しすぎてお宿の到着が大幅に遅れました。

平成10年に大きな地震があった地域で、いまでも崩落した橋が遺されています。

栗駒山へ登る途中にある祭畤(まつるべ)温泉で泊りました。ここは昨日と違って、手入れがされた綺麗なお宿。

おどろくことにここも客は私たちだけ。シーズンオフでは有名温泉地でも客は少なく、こんな宿一軒の温泉地はもっと苦しいです。

どうかみなさん、東北の温泉に行ってあげてください


どこも一生懸命です。良い食事には良いお酒もかならず頼みましょう。

栗駒山は肌寒い霧の中でした。登山用の長袖のシャツも持参していましたが、役だって良かった。7月でも標高の高いところは毛の服を持っていった方が良いでしょう。

ところが山頂に近づけば奇跡的に霧が晴れました。
ここには須川温泉という名湯があります。すごい硫黄臭が漂っています。

露天風呂に入っていきたかったけど、先を急ぐので、手先で触れただけにしました。熱くて熱くて。


旅の終りは宮城県の鳴子温泉。幼いときに訪れた記憶が少しだけあります。

宮城の名湯も寂れてますなあ。閑散期ですから仕方がないのですが、こけしの実演販売もされていません。高齢で職人がどんどん引退しているのだとか。

ここの宿もお客は私たち3名だけ。結局私が泊った宿はすべて客は私たちだけ(泣)

休廃業の看板も目立ちます。つまりこの時期はほとんど客がいない方が多い。
どうかお時間のある方は東北の温泉を守るためにも、足をお運び下さい。

お湯は、濃い硫黄泉なのですが、透明なミョウバンの泉質もあります。お客がいないので、裸で行き来していました。

私は3泊4日だけですが、友人達はもう少し旅を続けるので、湯上がりのビールで乾杯してわかれました。
4日間も温泉に浸かった結果、身体の筋肉が柔らかくなり、ぎっくり腰の気が治まりました。

お肌つるつる、つやつやで足の水虫もツルツルに肌になってしまいました。友人もアトピーの肌が凄く良くなったと言っています。

温泉は素晴しい効能がある


それはとても実感した、充実した4日間でした。湯治は有効な治療法だと断言します。

(追記)いま気付いたのですが、唇に吹き出物ができました。両腕や内股にも吹き出物ができました。
吹き出物というと悪いイメージなのですが、湯治での吹き出物は”良いシグナル”です。
身体の毒が外に出てきたという感じかな。

秋田の玉川温泉では”吹き出物”が出ると、体質が改善されたというメッセージです。湯治客どうしがおめでとうと声を掛け合います。癌を患っていても、それで体調が戻ったという方もいます。すごい方は背中やお腹、首周りなどに真っ黒になるほどの膿が出ていてました。

検索キーワード:玉川温泉:

イエローケーキの自家精錬!弟子入りしたい
タモリは温泉も詳しいのだなあ
氣傳効(きでんかい)を枕カバーにしてみたら気持ちよく熟睡できました
お袋からの電話は「駆け込みドクター」観た?とのこと
ラジウムで錆びた体を若返らせる!? |達人に訊け 中日新聞
玉川温泉レポート (その3)
玉川温泉レポート (その2)
玉川温泉レポート (その1)
玉川温泉に岩盤浴場ができたので行ってみました
ウラン採掘地であった岐阜県御嵩(みたけ)町鬼岩温泉は注目

  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 13313 )
そろそろ夏の自由研究を考えにゃならん 
Tuesday, July 2, 2019, 11:44 AM
そろそろ大人の自由研究を考える頃です。ここ数年はずっと数学とはという問いを基にしていました。

そちらもまだまだやってゆくつもりですが、文学の流れにも興味があります。
なぜなら思想の研究において、文学しか手がかりがないからです。

読売新聞が「夏の文学教室」というものを開催しているそうです。
テーマが「翻訳」ということで非情に興味があります。

8/1は一時限目が島崎友香さんだ。
大学の同窓生なんですが、もちろん当時は知らない。さらにはもう少し上の代には東野圭吾氏がいて、さらに上には故藤本義一氏がいるのですけども。
過去ログ:
自己主張できない奴など無意味無価値だぜ
柴崎友香(しばさきともか)氏の独特な小説技法

島崎さんの講演は以前聞おり、他にも有名な作家はちらほらいるので俄然行きたくなりました。

翻訳という作業はほんとうに辛い作業だと思います。

私の周りには、アインランド研究家の藤本かよこ氏、アメリカ政治の研究者古村治彦氏が精力的に翻訳をされています。

簡単な英文でもまったく理解できないことがありまして、作者とその思想背景までわかっていないと読みやすい日本語にならない。

たった一行でも何日もかかることもあります。

英語教育では英単語を置き換えれば自動的に日本語になるかのように教わりましたが、まったくそんなことはありません。

たとえばスヌーピーなどでは、おもしろさや皮肉を含めた翻訳は普通の人じゃ到底出来ない。
意味がわかっても何がおかしいのかさっぱりです。

この文学教室の案内の下には私が注目している田中慎弥氏の新刊の紹介記事です。
同じ年代なので、発狂寸前の苦しみがよくわかります。

書くという作業だけが、この人が狂う寸前を押しとどめているかのようです。

商業誌ではなく、書かねば死んでしまう、空に向かって言い続けることだけが人の最後の砦だ。

私は何も発信しない、何も書かないという人はあんまり興味ないです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13160 )
G20のキーマンは米国でも中国でもロシアでもなく、あの国なのだ 
Monday, July 1, 2019, 12:23 PM
昨日は副島隆彦の学問道場の定例講演会が東京・三田で行われました。

前半は古村治彦氏の2020アメリカ中間選挙の解説であり、ベストセラー「ジャパンハンドラーズ」の著者・中田安彦氏との日本国内政策の解説でした。

アメリカ民主党の立候補者は思想も世代もバラバラの24名から中間選挙に向けて候補者として絞られてゆきます。

また民主党支持者側も民主党でありながら、社会主義政策を支持する傾向もあり、若手政治家も台頭しています。

MMT(現代貨幣理論:Modern Money Theory)も大きく注目されています。
ケインズ理論の拡張なんですけどもね。

副島隆彦氏は、このMMTには反対的立場ですが、私は公共事業拡大はやむを得ないでしょうと考えています。

その先にあるのはBI(ベーシックインカム)です。

貨幣を刷り散らかすと、貨幣価値が暴落するというが、現実はまったくその兆候がない。

永田町ではすでに選挙モードに突入しており、公示に向けて動いているそうです。

私は風向きが全く野党側に向いていない、今なら衆参同時選挙をすれば自民党が勝つとみていましたが、何か裏があって同時選挙はしなくなりました。

山本太郎氏の令和維新の会が席を最低ひとつは確保するでしょう。
ひょっとしたら2議席、3議席となったら、国会はものすごく面白くなるでしょう。

野党も与党も、泡沫の令和維新の会は無視できなくなる。現政権・自民党にとっては嫌な存在になってゆく(そうあって欲しいという願望もあります)

さて、G20が閉会されました。
議長国としてはそつなく終わったし、これほどテレビを意識した茶番はないなあと眺めてました。

トランプと習近平の挟まって原稿を読み上げる絵面は滑稽です。
肩が触れ合うほど狭い席での会食など、意図があるそうです。

副島隆彦先生も講演では少し触れていましたが、G20の本当のキーマンはトルコであり、出席していない金正恩です。

米でも中でも日本でさえない。G20で真の鍵を握っていた人物(島田久仁彦)
https://www.mag2.com/p/news/404008?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0701


トルコはNATO加盟国でありながらもロシアからSS400という短距離ミサイルを購入するなど急速に接近しています。またシリアにも隣接しアラブ諸国の調整役でもあります。難民問題ではEU(メルケルのドイツ第4帝国)への影響も大きい。

東洋と西洋とアラブの交差点の国家、世界情勢のキーマンはトルコのエルドリアン大統領なんですな。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14631 )
医者がやさぐれる理由は、医学部の奴隷だから 
Saturday, June 29, 2019, 04:02 PM
大学病院で働く若い医師はほとんどが無休で無給であるということが問題とされています。
生活費は関連の病院や地域の私立病院で腰掛けに勤務して稼ぎます。

病院の区分には、大学病院・中病院・小病院と医療業界分野では歴然と区分されており、大学病院を頂点としたピラミッドで構成されています。

それじゃあ大学病院にも系列があるのかというと、明白にあります。

東大・京大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大という旧帝大系に加えて慶応大学という私大系がいくつか。
系列というか人材交流で他の国公立系医学部も辿ればどっかの系列になっています。

たとえば千葉大学医学部っていっても、東京大学・千葉支局ってな感じかな。医療業界からみれば。群馬大も新潟大も似たようなもの。

旧帝大系からトリクルダウンで人が移動してくる。その逆があるのかはわかりません。

山崎豊子の白い巨塔ではありませんが、旧帝大系の教授となればその傘下の大学医学部からは殿様のように扱ってもらえるわけです。

親分が右向けば子分達も右を向く。そんな世界。

ある治療法や薬をトップが採用すれば、ドミノ倒しのように採用されてゆく。

帝大系医学部、特に東大京大は製薬会社や医療機器会社のトップ社員が担当しています。
さらに言えばその上は厚生労働省が控えています。

社運を賭けて食い込んでいるので、裏ではすごいお金が動いているのです。べつに知ってどうということはないけども。

権威こそすべてで、幅を効かす世界


ヤクザな世界だなあと思いますが、そういう組織で働く若い研修医たちはもっと可哀想です。

滅私奉公、御礼奉公あたりまえ。
研究や論文に充てる時間がほとんどないのです。

だから製薬会社や医療機器メーカーは論文作成や学会発表には、労力も提供してます。
臨床のデータ整理は製薬会社が医者からの生データをもらって行っているのです。

それって、薬を販売している会社が、学会や厚生労働省へ提出する報告書をつくっているのが実状です。
おいおい、それってどんだけお手盛りなんだよ〜と思うでしょ?でもそうなんです。

ずぶずぶの癒着関係。

でも研修医や若い医者は金も時間もないから、やっていけない。

硬直した医学部制度と疲弊がすさまじい現場


別に見てきたようなお話を自慢げに言う気はありません。

ただ何人かの知合いの医者の話を聞くと思うのは、あんまり医者という職業には魅力があるようには感じません。代々医者を稼業としているから医者になったり、大地主の息子で言われるがままに医者になったりと、ほんとうはもっと違う仕事をしてみたかったなあと言う人が多い。

異口同音にいうのは

医者には全く自由がない


軍隊のように、すべてが枠に嵌められていて、独自色を出しにくい。
決められた治療をしなければ、健康保険で治療できる保険医の看板を降ろされます。これは医者にとって廃業に近い。
マンガのブラック・ジャックのようなモグリの医者になるしかない。

もっとも医師免許をもちながらも厚生労働省の官僚になったり、山中伸弥さんのように研究者になる人もいますが少数です。医療業界の会社員や研究者となる人もいますねえ。いってみればサラリーマンですよ。

田舎で産業医といって、学校や企業・工場の健康診断だけする人もいます。治療はしなくて病院への紹介状だけかくお仕事。これ以上こき使われるのはまっぴらだという感覚なんでしょう。

一番人気がある医学部の専門は”形成外科”の美容整形なんだそうです。
アメリカでは心臓外科医か移植外科が高額収入で、誰もが目指す。

フジのテレビドラマ「ラジエーション・ハウス」を観ました。小さな私立病院でのヒエラルキー(身分階層)を皮肉ったドラマです。
医者の身分を隠して、放射線技師として潜り込んだ主人公。系列の大学部学部におもねる医者とトップダウンの組織となかなか見所はありました。

高度化した医療に対して育成制度が前近代のまま


私の叔父も医者でしたが、たしか医学部学生で軍医として戦場に駆り出さました。手があれば誰もが荒療治をやったというのは、水木しげるのマンガでも知られています。消毒して使うのは針と糸だけというだけの人も帰国したらお医者様となっていった。

同じフジのテレビドラマ「コードブルー」はドクターヘリの緊急医療のドラマでしたが、いちばん現場慣れしているのは看護婦なんです。

救急車の乗員やある程度経験がある看護婦らには無条件で医療免許を与えてしまった方が良いと私は考えています。税務署に長年勤めれば税理士免許は自動的にもらえますし、法務省の定年退職者にはほぼ無条件で公証人資格を与えています。(読売新聞がすっぱ抜いていた)

既得権益ガチガチの、医療体系をぶっ壊さないと、いつまでも日本の医学部は特殊なままでしょう。

社会保険料を値上げする前に、医者育成をもっと柔軟にせよ


医療費が高いのは、採血程度でも資格がいる。薬を棚から持ってくるだけでも資格がいる。ヨロヨロの患者を手で支えるだけでも資格がいる、しびんをあてがうだけでも資格となんでも資格資格と専門学校と癒着しているんじゃないかと疑うほどです。というか安倍晋三と加計学園の癒着でわかるように、文科省と厚労省は深く癒着してます。

働き方改革を叫ぶなら、やりたい者、手が空いている者にはどんどんやってもらえばいいのです。
過去ログ:目の付け所が良いドラマ「ラジエーションハウス」
ドクターヘリ緊急救命「コード・ブルー」はお勧めです

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14010 )
国際決済銀行(BIS)の主要議題となった暗号資産 
Tuesday, June 25, 2019, 02:07 PM
フェイスブックが独自の暗号資産「リブラ(libra)」を発表したことで、これまでの胡散臭さが巨大IT企業の裏付けとなり話題となりました。

Google、Amazon、Appleも追従するのは必須でしょう。
通信企業も狙っていますが、既存金融システムも顧客だからおおっぴらにはできません。
キャッシュレス化の行く末は旧来の銀行システムの消滅です。

銀行システムとはSWIFT(スイフト)と呼ばれる銀行間国際送金のネットワークで、銀行は地銀も都銀も含め大小関わらずここに接続されています。

金融機関の金の貸し借りはロンドン市場で行われていますが、SWIFTはドルならばかならず米国の指定された銀行を経由して取引されます。

たとえば石油代金の決済で日本の商社が東京の銀行からサウジアラビアの銀行に振り込むのも、一旦アメリカの指定銀行を経由します。(コレスポンド銀行と言います)

逆に東京の銀行が円で海外から送金を受取る場合も、三菱銀行かたしか横浜銀行を経由しなければ日本の銀行は受け取れません。

海外取引が多い会社や商社では、あたりまえの仕組みです。

ドルの流通量と取引はアメリカには丸見えです。日本円も同様にSWIFTを通して金融庁は逐次監視しています。

テロ組織への送金はすぐにわかるし、北朝鮮などの経済制裁は真っ先に米国の預金凍結と送金が停止されます。

今は日本から撤退してしまいましたが、シティバンクの窓口にはぶ厚い電話帳のようなものが置かれていました。これがswiftコード表です。

送金先の銀行をそこから探して、スイフトコードを送金伝票に記入しなければならないからでした。今はコンピュータの画面ですぐに検索できるので、swiftを記入するのは銀行員がやってくれます。

しかし、海外送金に不慣れな窓口のオバチャンばかりで、手際が悪すぎてイライラします。

日本の銀行もswift当然ありますし、国内送金では日本は独自に全銀協コードというのもあって、企業間取引ではそのコード表も昔は使われていたと思います。

銀行が合併したり支店が統廃合されるたびに、スイフトや全銀協コードの表(データベース)が書き換わるのです。
今はコンピュータの記憶量が大きいので問題はありませんが、磁気テープがぐるぐる回っていた時代では、専属の人が毎日テープを掛け替えていました。

テープは全銀協から毎日車で銀行の支店に運ばれ、逆に昨日の取引記録が磁気テープで東京なら日本橋にある全銀協に運ばれて処理されていました。

30年前までは原始的な方法で、銀行間の送金がなされていました。
だから銀行を跨ぐ送金、海外との銀行との送金は数日から一週間はかかったんです。

日本の銀行は手数料も馬鹿高く、為替レートも異常な値段



日本の金融システムが使い物にならず、あほくさいほど手数料も高く、レートも悪いことは有名です。

たとえば日本から米国に100ドル(約1万円)送金するとしましょう。その手数料に一回あたり2000〜4000円ほどかかります。

さらにTTS(為替レート)という現在のドルの値段106円に2円ほど加えた108円となります。

つまり100ドル送るのに、(1$=106)10600円+2200円=12,800円ものコストが発生するのです。手数料を除いても送金額の最低2%が銀行の儲けになってしまうのでした。

こんな暴利をとっているのは日本の銀行だけで、海外の送金手数料はもっと安く、為替レートと実レートとの差は数銭という単位。

なぜならコンピュータ処理だから瞬時に処理は終わるから、送金時の為替レートで良いのです。

瞬時に送金決済ができるのに、日本の銀行はやらない



なぜならば、支店と本店、さらに全銀協というレガシーコンピュータのネットワークがあるから。
そして何千何万人も通信会社(NTTデータ)やコンピュータ関連企業(IBMや富士通など)が携わっている。

どんどん統廃合が進んでいるのは、地銀や信用銀行はそのコストに耐えられないからです。

VISAやMasterといったクレジットカードも取り込んだFACEBOOKの暗号通貨はそのまま現行の銀行システムの代替になりえます。

通貨との交換がしっかり担保されれば、もう誰も銀行を通した決済などやりたくない。

しかし実現すると大きな副作用があります。

これまでのドル基軸システムの崩壊の先は誰も予想できない



FACEBOOKの暗号通貨経済圏ができると、それが蟻の一穴となり基軸通貨としてのドルの立場は弱くなって行く。

記事を読むと、面白いことに先進国の中央銀行の態度はまちまちです。
強烈に反対しているのはアメリカ下院だけで、あとは様子見です。

中央銀行総裁の腹の探り合い。下手な発言をすると首が飛ぶどころか、殺されかねないからでしょう。

FRBが玉虫色の発言「利点もあるがリスクもある」としているのは、FRBがFACEBOOKの親玉だからです。

弱りつつあるドルに対して、代替策としての暗号通貨なのでしょう。

もちろんこの暗号通貨でも覇権を握るつもりです。日銀黒田東彦のコメントなんて他人事のようです。

来るべき金融危機にむけた逃避先として注目されている



ドイツ銀行が引き金を引くのか、中国のバブルが崩壊するのが先かはわかりませんが、世界金融は不良債権とCDSといったオプション取引額が天文学的に膨れあがっています。

そろそろ現行の銀行システムもご破算になる時期に向かっていると感じています。
BISでの世界の中央銀行の首脳の集まりは、その破綻をくい止めるためにはどうすれば良いかというよりも、破綻後をどうするかに焦点が集まっているように見えるのは穿った見方でしょうか。

  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 14324 )
あ〜あ連載が終わっちゃったよ「変速機を愛した男たち」 
Thursday, June 20, 2019, 07:28 PM
本日発売の自転車雑誌「サイクルスポーツ」(通称サイスポ)

趣味系の月刊誌では50年もの歴史があり、全国的な知名度があります。

棚に置かれたばかりの、この雑誌を買ってきました。
定期購読をすれば郵送してくれるのですが、私は本屋で買うのが好きなのです。

雑誌ですから、内容は雑多で興味あるとこはじっくり読みます。

中学生時代からずっと読んでいるのですが、昔と今ではぜんぜん中身が変わってます。
表紙ぐらいしかカラーじゃなかったからね。

 いいねえ、新しい自転車、かっこいい自転車。

パラパラとめくっていくと、目的のページがありました。をっ、あったあった。
なんでピンクの二色刷なんだろうな。

パッとみて何が載っているか分かる人はマニアです。

こうやってカメラを通して見ると、文字ばかりの誌面ですね。

でもこの文章もすごく大切で、しっかり読んで欲しいです。たった2000文字ですから。

文字は新聞と同じ大きさです。

雑誌も単行本もフォントは大きくなる傾向があります。昔の凸版よりはずっと読みやすくなっています。でもこれ以上文字が大きくなってほしくないなあ。
 連載25回と表示されるかとおもいきや、最終回の文字・・・

そうなんです、準備期間2年、そして連載2年が今月号で最終回となりました。

いままで誰も手を付けていない内容の記事で、業界関係者(?)の方々にも読んでいただいたようです。

自転車が大好きという人、機械工学が大好きという人、人間臭さが好きだという方にも満足していただけた内容でではないかと思っています。

でも来月号にはもう、この連載はありません。最終回の文字にはセンチメンタルになります。

 この連載はいうまでもなく、私が書いていたものです。

今となっては2年という連載期間はあっというまでした。

というか

毎月締め切りが襲ってくるストレス



そして入稿まぎわに、大きな内容変更や修正があったりと月刊や週刊誌というのはいろいろな制約があることを知りました。

急遽写真の差し替えとか、記事の裏取りといった、取材と楽しい2年間でした。

この連載にご協力いただいた方々に、あつくあつく感謝しております。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3.2 / 15171 )
いまでも自転車で世界一周をしている人が幾人もいる 
Wednesday, June 19, 2019, 02:48 PM


今日の読売新聞の地方面です。
世界一周を終えたサイクリストの紹介です。
汗臭そうで、日焼けしてう〜む。
昔から自転車で世界一周を目指す若者達はいました。古くは100年前明治時代にすでに日本人で世界一周をしていたのです。

これだけ円高のご時世でも自転車で世界一周を目指している人がいるのですね。

記事中にある日本アドベンチャーサイクリストクラブ(JACC)はそのような冒険野郎にはおなじみの団体です。

代表の池本元光氏を知らない人はモグリですというほど自転車野郎にとっては有名人。

そこのHPをみると、現在世界一周中のサイクリストがわかります。少なくとも5人はいる。
一番多いときは20名ほどいたような気がします。

平田オリザさんという男なのかオバサンなのかよくわからない劇作家(男だそうです)がいらっしゃいますが、この方も世界一周達成者です。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 16852 )
なんかあちこちに鎌倉街道があるなあ、と思ったら 
Wednesday, June 19, 2019, 11:20 AM
東京に住んでいると近郊で「鎌倉街道」とある標識をちょくちょく見かけます。
鎌倉とは縁がないと思えるような辺鄙なところ、遠方の地であっても鎌倉という文字を見るにつけ不思議に感じます。

ほんまに鎌倉に辿り着くんかいな?



神奈川の鎌倉街道はさすがに鎌倉方面に進みそうですが、東京都、さらにはそのむこうがわ、山梨や埼玉、栃木の鎌倉街道は本当なんだろうかと思ってました。

実際に辿ってみたらどうなるか?というと、途中で途切れていたり、幹線道に合流してしまうのでわからないのです。

ここの人が勝手に命名したんちゃうか?



たいていの「鎌倉街道」は幹線から外れた枝道で、まさに生活道路です。
ほんとうに中世にはいざ鎌倉と武士が向かったのでしょうかという疑問をもっていました。

その答えの記事です。

江戸時代に村内の道を「鎌倉へ通じる道」として歴史的事実化していったということ。
真偽は誰もしらない。
能楽の人気演目「鉢木」にあやかったのだろうということ。

徳川政権は武家政権の創始者・頼朝の継承者と喧伝されたからなんだとか。

徳川は天皇家の血筋ではないのに、こりゃまた。
源氏も平家ももとを辿れば天皇家に繋がるのです。

それよりも、栃木県小山の奥大道と呼ばれる遺跡の写真をみると、古代から中世の道路はけっこう立派であったことがわかります。
現代のように側溝もあり、粘土で固められていた。

これこそ鎌倉街道です。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14535 )
「福祉の罠」に陥らなかったフィンランドのBI 
Tuesday, June 18, 2019, 01:47 PM
体調を崩しておりました。ひさしぶりの更新です。
身体を押して本日住民税や健康保険料を支払ってきましたが、それにしてもこの高い負担には溜息が出ます。
めったなことでは病院、歯医者さえもいきませんからね。

新聞もたいした記事がなく、ネットで目に付いたのが日刊現代

フィンランド政府が2年間ベーシックインカム給付をして分かったこと


誰も働かなくなるのか、それとも…
山森 亮 同志社大学教授 2019.06.17

という記事です。

ベーシックインカムを国民2000名に2年間行ったことの実験報告です。

支給額は当国の失業給付額と同額ですが、支給対象は学生と失業給付受給者を除いてランダムに無条件で支払います。

1)労働時間はどうなった?
ほとんど支給前と変わりません
2)健康状態とストレスは?
健康は向上(46→56%)、ストレスは軽減(46→55%)
3)国民、司法制度、政治家への信頼は
設問は官僚的か(68→59%)親しみやすい

ベーシックインカム実施で悪影響はみられない



継続した政策ではなく、期間限定ですから変化の数値も限定されていると思います。
もし恒久な施策となれば、数値が違うでしょう。

ベーシックインカムの概念は、国民一律に課税所得に下駄を履かせようというものです。

課税額算定のために、所得を合算し、それを申告するといった作業では、支払う側も受取る側も手間とコストが発生します。
課税所得に満たない国民と、課税すべき所得がある国民に分けるという選別作業です。

そりゃどこの国でも喜んで課税されたいという人はいませんから、できるだけ所得を見かけ上減らしたいし、国家としてはできるだけ課税したいというせめぎ合いが生まれます。

そんな無駄な手続きはやめましょうということ。
ベーシックインカムで労働人口すべてに課税対象となります。

「福祉の罠」にも陥らない



高福祉国家では
働けるのに働かない、動けるのに動かないほうが、社会保障と受けられるという合理的な考えが生まれてしまいます。
永久に職探し、永久に生活保護者、障害クラスの水増し等々
自立を妨げているのも、福祉政策という皮肉です。

これに関しては、今回の実験は小規模で短期間なために結論はでていませんが、国家で実施されたら大きく労働市場、労働条件が変化することは想像に難くない。

この記事は連載で、次回はその財源をどうするかという内容らしいです。
複雑な制度をやめて、小さな政府にすれば実現は十分可能だと私は思います。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14594 )
江藤淳にまで辿り着くことになったか・・・ 
Friday, June 14, 2019, 09:37 PM
私は自意識がうまれた頃から自分は保守的(コンサバティブ)だとずっと思っています。
天皇制は維持すべきだと思っていますし、元号に対してもそう。

でも現行の政治制度(官僚による中央集権)や政党政治に対しては常に批判的。
しかし原子力の活用は国家として進めるべきであるとも考えています。
なぜなら原子力は政治マターで捉えていては、国家百年の計においておおきな国益の損になると捉えているからです。

好きな作家は吉村昭で、理想です。
三島由紀夫だって学生時代には読みふけりました。

だから右派だと指弾されれば、そうじゃないのだけどなあ。

ただこれだけは言える
時代が時代ならお国のため(と騙されていても)

喜んで死んでいくタイプです



鹿屋の特攻基地、呉の兵学校に鎮座する特殊潜行艇を巡り・・・私は英霊に対して感謝の念しか抱いておりません。遺書を読むと知能の高い人たちであったということがわかります。

こんな馬鹿が生きててすみません。ありがとうございます。
こんな想いで資料館を巡っています。

自分の国は自分たちで護るという考えはアメリカも同じ



リバータリアンはアメリカの保守思想だと紹介されますが、こんなの当たり前じゃないですか。

自分の国、自分の村は自分たちで守り通すという<土着の考え>が人のそもそもの本能なんじゃないですかね。

どこそこが責めてきたらアメリカが守ってくれるなんて甘い考えよりも

どうやったら自分たちで護れるか


を考えることが先決でしょ。

まあこんなことを高校生あたりから考えていたわけで、それが右翼だと言われれば右翼なんでしょうかね。

ただ江藤淳の著書は何も読んでいないと思うのです。
読んでおくべきなんだろうなあ。

読書は自分とは何者であるのかという確認作業なのですから



今日、東急電車の駅のホームに置いてあったチラシです。
たぶん行きます。

なんたって教育の名のもと、背骨がグニャグニャのコンニャクのような自我にさせられた年代ですから。(いまは更に男はメス化し、女はゴリラ化したひどい世界だぜ)

それでちゃんと自分は右翼なのかを考えますw


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13996 )
立憲君主制派(伊藤博文・大久保利通)と議院内閣制派(福沢諭吉・大隈重信) 
Sunday, June 9, 2019, 11:30 AM
日本の近代史が一番重要でありながらも、学校教育では軽視されているのでほとんど知りません。

昭和7年の犬養首相暗殺の5・15事件
昭和11年の高橋是清蔵相と斎藤実内大臣暗殺の2・26事件

軍部によるクーデターとだけされ、その背景にある思想対立はあまり詳しい説明はない。

当時の経済問題、特に農村の貧困に対して工業化した産業社会での資本家への怨嗟。
湧き起こる不平不満が軍部の権力拡大になった。

よく間違って理解しやすいですが、軍事政権=右翼が戦争体制を引き起こしたと上記の事件を例にして思いがちですが、けっしてそうではない。

2・26事件は天皇の統帥権を錦とした社会主義者による暴走ですからね。
軍でありながらも極左思想なのです。

「極右と極左は毛髪の差」



犬養毅が発した言葉だそうですが、その通りだと思います。

犬養毅のブレーンとして井上毅(いのうえこわし)という明治政府を支えた熊本藩出身の官僚の存在。そして新聞「日本」を発行する小島一雄がいた。

この3人に共通するのはドイツを手本にした立憲君主制体制すなわち、
憲法によって権力を規制(規定)し、それに従った統治下で産業立国を目指すという考え。

立憲君主制度は社会主義的な色が強い。
その方が国力がない日本においては効率が良かったからでしょう。
井上毅は徹底して天皇を頂点とした議員制と国民の権利のバランスを図った社会を模索します。
伊藤博文や山縣有朋も井上の立憲君主制を支持しています。

立憲君主制の問題はクーデターに結びつきやすいこと



批難の矛先が単純だから、すぐに内閣、資本家たちに向けられる。
反乱分子による騒動が起きやすいので、結局は国家による監視体制が肥大してしまう。
今の中国の政治体制を見ているとそう思います。
タイなんかも常に軍部がガタガタして小さな反乱は恒例行事のようです。

議院内閣制の問題は寡頭寡占に陥り自浄能力がないこと



要するに声がでかい奴が勝つ、金がある奴が勝つというパワーだけの世界。
票による多数決ではけっして最適解が得られないうえに、政党はその後の結果には責任はないのです。
責任は代議士を選んだ国民であるから。
少数意見、マイノリティの意向が全く反映できないのが議院内閣制の欠陥でしょう。
例を挙げるまでもなく、誰がこんな欠陥税制である消費税に諸手を挙げているのでしょうね。

議院内閣制は右派であり、立憲君主制は左派である



えっ、逆じゃないの?と思われるかも知れませんが、私はそう考えています。
立憲君主制は社会主義色が強く、議院内閣制は利己主義が根本なのです。

議院内閣制とは利得組織、利潤団体の調整の場にすぎない。
こうして考えるとどっちが良い悪いではなく、どっちもどっちで時代時代で振れるのも当然です。

この記事でわかったのは明治から大正・昭和にかけて大きく政党政治体制へ変貌してゆく、その背景に大きな二つの思想があったということ。
いうまでもなく工業化による社会状況の変化によるものです。

政党政治とは利益の代表者による誘導なのですから、軍部が暴発するのは必然。
アメリカ議会だって、中国共産党だって軍(まさにパワー:Powerという本来の意味)はけっして無視できない存在なのですから。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14579 )
ミルだって代議制民主主義が絶対的だとは思っていないのよ 
Thursday, June 6, 2019, 06:55 PM
王政よりも共和制、共和制よりも民主主義が社会構造の至宝かのように教え込まれますが、その提唱者であるジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)だって、それは条件があってこそという前提であるのです。

・代議制の参加者には知性が備わっていること
・専門的な知識を有していること
・大衆を管理統制する仕組みがあること

そうした上で、国家を国民の財産として育まねばならない。

だから代表者を選出する国民にも相応の知的レベルがあってこそ、代議制統治が成り立つ。

ミルの代議制統治論は明治維新後の日本でプロテスタントが設立した洋学校で教えられています。

熊本バンド、横浜バンド、札幌バンドという三つの流派から政治家や教育者が数多く誕生しました。

新島襄と八重をとりあげた6年前のNHK大河ドラマ「八重の桜」でも、創立間もない同志社大学で話題になっているシーンがあります。

近代社会の未来像を描いたミルの考えは150年前の日本には大きな反響だったでしょう。
夏目漱石ら文人にも大きな影響を与えたのでしょう。

とここまで書いてみても、ミルに対する知識はこの程度です。

新刊「代議制統治論」(関口正司訳)の紹介記事をじっくり読んでみると、もっと過激だったんだなあとわかります。

教養ある層には票を倍にしろとか、投票は公開制にしろといったこと。

私も年代層で一票には重みをつけるべきだと思っています。高齢になるほど一票の重みは少なくし、厚い層の年代も補正すべきだと思います。

そうしなければいつまでも若い世代の意見が通らないし、薄い層は不利益のまま放置されてゆく。

ミルは規制する側の役人(官僚)も有識者から選出すべしと考えていたのではないのかな。

少なくとも言えることは、日本の代議制民主主義なんてまがい物に過ぎない。
社会をより良くするための社会制度でありながら、まったくその機能がしていないから。

マルクスの資本論だって、資本家が悪いと糾弾しているのではなく、産業革命によって生まれた資本家という新たなクラス(階級)の解説書です。

お金(資本)が巡るとこういう社会になるというだけで、労働者という資本家から見て生産設備にすぎないクラスが現れるというだけの話。

良いか悪いかという話じゃない。

そんじゃあなんでマルクスは共産主義に結びつき、60年代に貧乏な若者達が運動に燃えたのか?

副島隆彦先生曰わく

左翼に同調して何でも反対していれば(頭がよさそうと)女にモテたから


いまでも学生運動の気運が抜けない人は、先天的な馬鹿なんだとさ。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13335 )

戻る 進む