漫画ばかり読んでいるんじゃありません!は昔話 
Tuesday, April 17, 2018, 01:18 PM
4/17 晴 9時 浅草での空間線量は58ベクレル/立法メートル

活字離れと昔から言われ続けてきましたが、いまや「印刷離れ」が著しい状況です。

漫画は大手出版社の最終防衛ラインです。

それが広告目的のサイトに違法掲載されており、出版社に多大な損害を与えています。さらには作者の創作意欲を萎えさせるほどです。

通信会社は徹底的な撲滅をしろ



音楽の著作権は音楽教室で弾いただけでガタガタ抜かすくせに、この漫画やキャラクターに関しては野放図です。

海外にサーバーがあろうが、日本の通信ケーブルの元で遮断すれば簡単にできるのに、それを通信会社は何もしていない。

これは犯罪行為に加担していると同じことだともっと総務省は強く抗議すべきです。

また国内ではアップロードした者や管理者も摘発すべきなのでしょう。

なぜできないのか?

出版はロビー活動が弱いから



大手を除けば国内の出版業は弱小零細の集まりです。雑誌媒体の主な収入となる広告もどんどんネットに移行して悪循環です。

つまり政治家へ献金できる体力がないのです。

それでも私は出版業界を応援したい。

紙で読むのと、液晶画面で読むのとでは違うのです。ネットでは一過性として過ぎ去っていってしまう。何も残りません。

良質な漫画はまだまだあるはず。かわぐちかいじの「空母いぶき」なんて今一番読んでみたい漫画です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 11265 )
「ざんねんないきもの」展が大人気 
Monday, April 16, 2018, 10:26 AM
4/16 晴 9時 浅草での空間線量は56ベクレル/立法メートル



都内では人気の高いサンシャイン水族館ではベストセラー「ざんねんないきもの事典」との協業企画をやっているそうです。

サンシャイン水族館は改修されて、ガラズ張りの水槽を下から眺めるのでまるでペンギンが空を飛んでいるようにみえることで話題になりました。

五月の連休まで「ざんねんないきもの展」は延長されたという地方記事です。
おもしろそうですね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 11501 )
51年前の順天堂大学の赤ちゃん取り違えは気の毒すぎます 
Friday, April 13, 2018, 11:27 AM
4/13 晴 9時 浅草での空間線量は67ベクレル/立法メートル

ちょうど私と同じ歳の男性がDNA検査で親子関係がないことがはっきりしました。幼少から似ていない等苦悶した経験をされていたそうです。

新生児取り違えで順天堂大学は以下のような発表をしています。
http://www.juntendo.ac.jp/news/20180406-06.html

つまりは記録により取り違えの可能性がある家族はすでに絞り込まれているが、すでに半世紀がすぎているために親子関係・社会的地位を勘案すると男性には公開できないという判断です。

ああ残酷だよなあ



残念ながら男性の望みである血縁関係のある親は知らされることは現時点ではありません。

もうひとつ、この男性の訴えでは戸籍制度にも一石を投じる結果になります。

この男性は戸籍では非嫡子(養子)扱いになってしまうのです。

母親から生まれてきていないということが記される結果になります。

どーすんだよ、これ・・・

慰謝料でしか丸く収められない



病院側は被害者の拡大を抑え込むために、行政側でも戸籍法改正問題に発展することは避けたい。

となるとこの男性とご両親には金銭的な解決しかないんです。

これが現実的な落しどころ。

時の歯車は戻せないし、取り違えられた見知らぬ家族のためにも騒ぐことができない。

そこで訴えた男性は余命30年、ご両親は10年として合算してだいたい50年分の慰謝料が支払われると思います。

1年200万円で慰謝料として一億円ぐらいが相場なんじゃないかな。これで納得しろという金額です。

唯一の希望はニュースで取り上げられること



51年前に順天堂大学で出産した方はそんなにいるわけがない。このニュースでザワザワ胸騒ぎしている方がいるはずです。

この赤ちゃん取り違えという事件は映画にもなるほどヒューマニズムに満ちています。

人間も動物の一種だから育ての親と実の親が違っていても問題なしと達観して貰う以外方法はないんです。

だから気の毒でしかたありません。切ない事件です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 12317 )
イノベーションの好例、猫皮を使わない三味線 
Wednesday, April 11, 2018, 10:00 AM
4/11 曇 9時 浅草での空間線量は68ベクレル/立法メートル

新聞の地方面には面白いものがたまに載っています。葛飾区の三味線工房では猫皮を使わない三味線をつくって人気だという記事。

ホンモノはとても高価ですが、自作キットなら5000円でお釣りが来ます。これならちょっと触ってみたいと思いませんか。

この記事で紹介されている「小じゃみチントン」とちょっと高級な「SHAMIKO(シャミコ)」以外にも段ボールでできている「しゃみせんBOX(SHABO)」があります。

Youtubeでその演奏を聴いてみるとなかなか本格的です。

ギターに挫折してしまっても弦が3本ならできそうかも。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 12500 )
サザエさん一家の終焉 
Tuesday, April 10, 2018, 01:58 PM
4/10 晴 9時 浅草での空間線量は68ベクレル/立法メートル

月亭可朝が死んだそうで、71年には一夫多妻制の公約を掲げて参院選に出馬していたことも知りました。50年後の今では充分傾聴に値する公約です。

いまは結婚制度は一度見直さねばならない時代だ



稼ぎの悪い男と一生連れ添うぐらいなら、二号さんでもいいから富裕者と暮らしていきたいと考える女性もいるでしょう。

結婚を経済活動として見るならば合理的な理屈ですが、戦後の国民洗脳によって一切の議論はタブーとなってしまいました。

そんなことありえないだろと思われるかも知れませんが、懐に余裕がある方はキャバクラにでも行ってみて下さいよ。そういう話題に女子大生やOLは真剣に食い付きますから。

同年代を結婚相手としては見ていないのです。
多少年齢は上でも懐に余裕のある男性がいいとリップサービスでしょうが言っています。
隠語で「パパ活」というそうです。

脱線しましたが、大なり小なり世の結婚適齢期の女性は貧乏暮らしするぐらいなら結婚などしたくないというのが本音なんでしょうね。

だったら人口増・経済政策のためにも一夫多妻は俎上に上げてもいいのではないでしょうか。
子供がいない既婚の経営者や高給取りのサラリーマン、自営業者は案外多いのですから。

家庭という概念はすでに崩壊している



戦後の高度経済成長で大家族から核家族が普通の形態になりました。男女機会均等法で専業主婦が激減してしまうと、核家族さえも過去の形態となりました。

じゃあ今はどういう形態かというと、男と女がそれぞれ縄張りをもった共同生活にすぎません。
共同生活にメリットがなければ、あっというまに家族は分裂していきます。

社会的な体面だけで夫婦や家族を装うためだけに、現制度があると言ってもいいでしょう。

嘘でたらめだと思われるかも知れませんが、実際に児童文学ではある異変が起きているのです。

子供を愛せない親や子供に依存する親が現代のテーマ



いわゆる「ネグレクト(育児放棄)」や「暴力」「重い親子関係」が今の児童書になっているのです。マジかよ!

サザエさん一家の描く日本の家庭は絶滅しているのです、現実は。

性差別を無くすために小学校では男女同じ制服となったという入学式のニュースをやっていました。

父性を無くし、母性も無くした日本の男女はいったいこれからどうなっていくのでしょうか?

野良犬のように産み落としていくだけの社会に堕ちていくのだ



そんな発展途上国のようになるならば、一夫多妻制を導入したほうがよほど健全な社会だと私は考えます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11941 )
宗教は信者獲得のため、あからさまに変質していくということ 
Monday, April 9, 2018, 01:28 PM


4/9 晴 9時 浅草での空間線量は71ベクレル/立法メートル

昨日の書評記事です。「かくれキリシタンの起源」「潜伏キリシタンは何を信じていたのか」という2冊。
禁教下で「日本人は日本風にキリスト教を変えた」という通説がまかり通っています。

前書では宣教師が日本風にアレンジしたのであるということを実証したそうです。
一方次の書はキリスト教は神仏信仰と加わり民俗宗教になったと論証しています。

伝える側が故意に変質させたのか、受け取り側が勝手な解釈を加えたのかという2つの論です。

どのみち宗教は変質して形骸化していく



いわずもがなカルト宗教は原罪だ、カルマだ、贖罪だと人の欲こそ悪だという宗教の一部をことさら強調することで信者を獲得していきます。

キリスト教の成立自体がそもそもカルト的ですから、それに続く宗派もより過激になっていく。

仏教だって佛陀は「死んだら無になる」という教えを、地獄だ輪廻転生だと道教的な要素が加わったり、密教のような奇蹟をことさら押し出した宗派が誕生していきます。

宗教の謳い文句は見世物小屋の売り口上そのものです。

人は罪深く償い続けなければならないというのが旧勢力とすれば、人はすべからく能力を持つが理性が封印していると唱えるのが新勢力といえます。具体的な名は挙げませんが、察しはつくでしょう。

自己啓蒙セミナーなんてあれは悪質な洗脳カルトです。

手当たり次第なデマカセでも信者が増えれば結果オーライ



これが人類史の裏の姿なんです。

宗教の伝播による思想や主義の闘いが歴史の総てであって、その行動指針は単純で、敵対勢力よりも数多くという点だけ。

「数は力」の論理こそが最重要視される。多数決を基本とする民主主義ではそうならざろうえない。

社会主義、民族主義、共産主義、資本主義・・・すべからく幻想を抱かせて支持を固めるのは宗教と同じ手段です。

日本も古くは奈良時代から近代までは政治と宗教は密接であったことは言うまでもありません。

そのように見ると、キリスト教勢力を極東の島国まで広めたい宣教師らは、とにかくとっかかりを神仏合体の奇妙な土着信仰からでも良いと考えたとしてもなんら不思議ではないのです。

10日追記 昨晩NHK教育で『100分で名著』「法華教」を観ました

釈尊が死んだあとには小乗仏教(悟りは修業など限られた人に限られる)と大乗仏教(誰でも悟りは開ける)に分派し両者は対立していくようになりました。その原因は信者獲得と上層の権力強化です。

そのような経緯で、死後500年経って統一の思想として生まれたのが法華教というわけです。
冒頭は釈尊の実話ですが、どんどん弟子との会話がたとえ話として挿入されて改編されていきます。サンスクリットの原典から漢文になるとさらに付け加えられていきます。たとえばギリシャ神話の要素も加えられ信者が求めるファンタジーとなっていたという解説です。

キリスト教の聖書も例え話とファンタジーで構成されているのは仏教でも同じなのです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 12442 )
写真の醍醐味はモノクロでこそ発揮する 
Saturday, April 7, 2018, 01:03 PM
4/7 晴 9時 浅草での空間線量は68ベクレル/立法メートル

写真を戴くことがよくあります。いまではもっと簡単にスマートフォンで撮った記念撮影をそのままメールで送る方がほとんどではないでしょうか。

ただ残念なことにああとても良い写真だなと思うことは100枚に一枚あるかどうか・・・。

雑誌の仕事をされている方でも、水平が傾いていておもわず首を傾げるような写真を平気で送ってくるのはいかがなものかなあ。

あとスマートフォンなので縦構図か妙に横幅が広い間延びした構図です。

スマホのカメラは極端な広角レンズなので広く撮せるのはよいのですが、私は隅っこの豆粒のように映っているだけ。

スマホカメラで下手くそカメラマンが増えただけ



シャッターを押せば写るとしか考えていないから、太陽方向に向った逆光状態でもまったく気になりません。

顔が影で真っ黒なシルエットのような写真でも平気なようです。

少なくとも銀塩カメラの時代は太陽を背にして写すことはカメラを手にするものには常識だったんですが、いまやそんなことを言えばプイと相手にされません。

あとマニュアルフォーカスのカメラを触ったことがないから、ピンぼけも多いですね。

戴いたデジタル画像をプリントしてみると、なんだ全然ピントが合っていないじゃないかとがっかりしたことも一度や二度あります。



デジカメも白黒モードで写せば腕の差が如実です



けっこう私が最近凝っているのはデジタルカメラの白黒モードです。カラーだと内部のデジタル処理でいかようにもごまかせる絵になるのですが、白黒だとそのカメラのレンズやセンサーの良し悪しがはっきり分かるから。

白黒写真でシャープに写すにはものすごく気を配ります。

背光から反射光、影の出方、ピント位置・・・私は絞りは開放側で撮るのが流儀なので絞りの確認をした上で、露出補正といった手順が必要です。

押せば写りますが、それだけではのっぺらな画像で深みがない。

こういうカメラ遊びができるのも中学生、高校生とカメラで遊んだ経験があるからです。

小遣いですからカラーフィルムは買えずに白黒オンリー、そして現像は自家現像です。プリントもしたいのですが、暗室が必要なのでそれは写真屋さんにまかせました。

最近では当社源珠(げんきだま:高線量ラジウムボール)が感光するかという実験で使った富士のネオパン400がいまでも冷蔵庫にひとつ転がっています。

感光実験は成功して、未使用フィルムが感光しました。このブログの上の画像はカラーフィルムでの実験結果です


ちなみに富士のフィルムは階調がよくてとても滑らかな画質になるのですが、反面レンズの色周差にも敏感なため、白黒フィルムであっても輪郭があまりはっきりしないという特徴があります。

コダックのコダクロームというものが昔はあって、そちらで撮ると新聞写真のようにコントラストが高くカッチリと映るので好きでした。

しかしコダックも倒産してフィルムが消えたのはもう10年以上は経っているでしょうか。

富士が白黒フィルムから撤退となったら、ドイツAGFA(アグファ)だけとなります。
生存利益でとても高いです。今までは富士なら一本300円だったのが今は800円ぐらい。

白黒フィルムは消えてないだけマシでしょうが、写し比べできないのは写真好きにとってはつまらない世の中になったものです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14291 )
そもそも都会での生活に省エネなど無理な話 
Friday, April 6, 2018, 02:07 PM
4/6 晴 9時 浅草での空間線量は61ベクレル/立法メートル

小池百合子東京都知事が就任と同時に始めたLED電球の交換キャンペーンが全く浸透していないという記事です。



100万個用意して8ヶ月過ぎても21万個しか行き渡っていません。

なぜかというと、いまどき電球を使う場所はトイレか浴槽ぐらいなもので、これを交換したところで節約はしれたもの。ほとんどは円形や直管の蛍光灯ではないでしょうか。

有名メーカー品でも1000円しないほど値下がりしたのでありがたみもない。

電球一個受取にわざわざ電気店に行く暇人がいるとも思えません。こんなもんでしょう。

24時間煌々としているコンビニやショッピングモール、常に動いているエスカレーター、日中でも照明が付きっぱなしの商業ビル・・・電力を前提とした機械化都市において省エネもへったくれもあったものじゃない。

住民が電球替えたぐらいでは雀の涙にもなりません。

サラリーマンがオフィスの電気を消して廻ったり、エアコンを止めたら「そんなことよりも仕事しろ」と怒鳴られるのがオチでしょう。

あとマンションなどのエントランスや廊下が常に照明が点いていて昼行灯という状況もよくあります。
私のような賃貸住居の居住者にとっては、他人事です。

マンションのオーナーに関心が強ければよいのでしょうが、所詮は共用部の電気代も管理費名目で請求するだけですから関心などない。

つまり省エネ生活をしましょうなどと言ったところで、都会暮らしでは何もできないのです。

電球一個配るぐらいが精々の省エネ政策



一方では周辺都市ではエコロジー意識は行政にも根付いているようです。

ホームセンターには巨大なポリタンクが並んでいるのを目にしますが、雨水の利用が進んでいるという記事です。

さらには太陽電池、風力発電、水力発電と自家発電、メタンガスや薪といった自前エネルギーに取り組む人々も多いです。

これこそ地方暮らしの醍醐味だと思います。ちまちまとLED電球で年間数10円の節約などしてられるか。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1346 )
やっと西武・森友哉選手が復活したぜ! 
Thursday, April 5, 2018, 02:00 PM
4/5 曇 9時 浅草での空間線量は62ベクレル/立法メートル

昨年の肘骨折で戦列を離れていた西武の森友哉(もりともや)選手が豪快なホームランを打ちました。


WBCではDeNA筒香選手の打撃力が注目されましたが、森友哉選手も注目をされていた選手です。
悲運にもデッドボールで左肘を骨折し、昨年は活躍できずに終わりました。

昨日優勝した大阪桐蔭高校出身で、捕手としての能力も高い。しばらく捕手の座から離れていましたが、辻発彦という名伯楽の元で捕手に復帰しました。

今年の西武は隙がないぜ〜!



とてもワクワクしてます。
あと注目は万年最下位の中日です。選手のマネジメント次第でおもしろいところで絡んでくるんじゃないかと期待してます。つうか願ってます。


競泳日本選手権では池江璃花子選手が昨日の記録をさらに縮めました。
スーパーガールですな。

バタフライであんなように泳げたら、きっと気持ちいいだろうなあ。

泳ぎが得意でも100mは普通の成人なら1分20秒ぐらい。
もし一緒に泳いだら、こっちは50mでターンしたあたりで100mを泳ぎ切ってます。

ちょっと気持ち早めに歩くスピードですが、競泳経験があれば、100m56秒はとんでもない速さと実感できます。

新聞の写真をみると水のはねがないんですよね。まさに水を切るような泳ぎ。

  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 12163 )
大谷翔平選手と菊池雄星選手そして池江璃花子選手の日本新記録 
Wednesday, April 4, 2018, 12:17 PM
4/4 晴 9時 浅草での空間線量は62ベクレル/立法メートル

野球ではアナハイム・エンゼルスの大谷翔平選手が投手で初白星、そして今日はDH(designated hitter:指名打者・・・投手の代わりに打席に立つ選手)で打席に立ちます。

打者としての活躍も今晩のニュースになっているでしょう。
(追記:なんと1回裏の打席で初ホームラン!漫画かよ・・・)

さて国内ではプロ野球が始まりました。

注目の西武ライオンズ・菊池雄星投手は開幕で難なく白星を挙げました。
昨年から言ってますが、西武ライオンズは昔の常勝チームを彷彿させます。

大谷選手、菊池選手を心から応援しております。

さて競泳日本選手権では17歳の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が宣言通りバタフライ100mで日本記録を更新しました。

亀戸(かめいど)は浅草からも近く、ルネサンス亀戸はJR亀戸駅の側で車窓から見えます。すごく近いところにスーパー美少女がいるのです。

年初詣で亀戸天神に行ったしね。

プロ野球もセリーグでは上原が復帰した巨人をはじめ、松坂効果は中日にどう影響を与えるか、パリーグではソフトバンクに西武ライオンズの菊池投手はどう攻略するかと面白くなってます。

高校野球は大阪桐蔭と智弁和歌山という野球養成所みたいな学校での決勝戦です。どっちの投手も連日160球も投げさせられてます。高野連とNHKと新聞社のエゴで消費される有望な若者たちがかわいそうだ。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 12045 )
離職率の高い会社はそれだけで社会悪だ! 
Tuesday, April 3, 2018, 11:49 AM
4/3 晴 9時 浅草での空間線量は64ベクレル/立法メートル

新学期、新入社員と昨日のニュースはそればっかりで、そんな年中行事よりももっと大事なニュースがあるだろうと思いながら眺めていました。

誰も興味もないことです。

そして政府の働き方改革に従った内容に編集されています。離職しないように会社を挙げて対策をしてますという採用側の取材で構成されていました。

離職率が高い外食産業では30%が一年で辞めるのだそうです。

そのためには賃金体系や休暇制度、時短への取組などなど余力がある企業は頭を悩ませています。

悩ませているだけで実際は組織に属する以上は様々な制約で縛られることになるのですけども。

離職率の高い会社はそもそも人を育てるという概念がない



旧知の中小企業と先週はひさしぶりに仕事をしました。そこで知ったのはそこの若い社員がほとんど辞めていたことを知りました。

どれも優秀で素直な若者達だったので、再会できることを期待していたのです。

しかし責任感のある若者たちでも2年、3年と過ぎると燃え尽きて櫛の歯が欠けるように辞めていったそうです。

結果残ったのは「気合だ、体力だ」という昭和生まれの筋肉馬鹿ばっかりになってました。

その会社の就職説明会では人材育成を掲げていますが、実体は経営者は社員教育には関心が無く、下っ端社員に任せっきりです。

するとどうなるか?

指導という名の「パワハラ」が横行する



これは私も経験があります。5年10年上の先輩・上司が自分の手足代わりにこき使うわけです。

翌日の仕事の準備を「教育(OJT:On the JOB Training)」と称して家に持ち帰らせたり、クルマの運転から雑用まですべて押しつける。

できなかったり、失敗すると怒鳴る、しつこく叱責する、のけ者邪魔者扱いをする。

これが数年経てば、新入社員から脱皮したヤサグれた会社員ができあがるわけです。そして新入社員には同じように怒鳴り散らして威張り腐るガキがまた増える。

日本の企業組織って大なり小なり似たような構造です。

ブラック企業の実務経験とはサディズムに他ならない



心理的圧迫を与え続けるのが良い先輩・上司かと勘違いしているような人物が多いんです。

経験不足に過ぎないことをアホ・バカ・マヌケとこき下ろす。呑み会でも自分がこいつの何倍も仕事をすると周囲にアピールする。

優秀な俺たちにとって足手まといかのように、周囲に言いふらす。

こういうことを実際目にしていました。似たような経験は私の新入社員時代にもありました。

中心に指導者・教育者がいない組織は犬や猿の集団のようにひたすら優位な立場を得るだけの場に陥っていく。

私はその会社で若者が定着しないというボヤキを聞いて、辞めた若者たちが幸せな生活を取り戻していることを願ってやみません。

20代の精神的被害はなかなか回復できない



自虐的な精神をふたたび健全な精神に戻すのはとても困難です。

私には副島隆彦というすばらしいメンターに会えたお陰で30歳から徐々に生活する気力を取り戻せたのですが、もしそのような幸運がなければ、引き籠もるか取るに足りない日雇い仕事でもしていたかもしれません。

本来なら関わりがない人々を一つの枠に押し込めれば、そこには軋轢や虐めが自然発生するのが当然なのです。

可哀想なことに、そこから脱出した者を落伍者のように捉える風潮にも辟易してます。

若者が大量に辞める会社は社会悪な存在だ



もし必要とされる会社であれば、そもそも社員1人1人が自尊心・向上心を持っていくので自ら去ることはないのです。

若手が辞めるということは、掃き捨てるほど似たような仕事があるということ。

そんなところに運悪く入社してしまったら、1年2年修業と思って勤めてさっさと辞めましょう。

人を育てない会社というのはだいたい共通してますから、そういう目だけは養えます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11447 )
さあダウンを洗おう 
Monday, April 2, 2018, 12:13 PM
4/2 晴 9時 浅草での空間線量は48ベクレル/立法メートル

東京を離れていたら、すでに花吹雪です。更新も久しぶりで生活ペースがなかなか元に戻りません。

まず朝からやることは一気に冬物を洗います。ウールやフリース素材、ダウンウェアもタンスにしまいましょう。

フリースは洗濯機に放り込むと意外と汚れているのでビックリします。

ダウンはウール用洗剤でやさしく手押しで洗えばOK



ダウンは洗うと見違えるようにフワフワになります。

注意することは羽毛が偏らないように軽く押して、脱水は洗濯機の脱水機能で最弱にすること。

もしくはゆすいだら、乾いたタオルにのせて、タオルでくるむようにして水分を除きます。

あとは吊さずにできるだけ平らな状態で干しておく。

もし中の羽毛が偏っていれば半乾きの状態でできるだけ羽毛を散らしておく。

この春の陽射しであっというまにフカフカに戻ります。

ダウン製品や羊毛製品は自宅では洗濯できないと思われがちですが、絶対水洗いをお勧めします。

ドライクリーニングは油分は落とせますが、水溶性の汚れ(ほこりや汗・臭い)は落ちないのです。

冬用スーツも風呂の残り湯につっこんで自分でもう一度洗います。

びっくりするぐらいの汚れが浮き出てきます。お湯で洗うと風合いが良くなります。

過去ログ:特集「スーパー主婦の洗濯術」の覚書
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10247 )
東京は花見ですごい人だかりでした 
Sunday, March 25, 2018, 08:42 PM


靖国神社など皇居周辺を散策しました。
ちなみに東京の標本木は写真の右側にあります。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 12952 )
森を育てるための妙案はオフロード愛好家達を集めることだ 
Saturday, March 24, 2018, 11:58 AM
森林の保護が海にも好影響を与えることはわかりました。

でも田舎でのだいたいの共通した愚痴はたいていは林業を担う若手がいないとか、そんなことばかり。

みんな山で遊び回りたい



この記事にあるように私もタイヤが太い自転車(マウンテンバイク)が大好きです。できれば気軽に気分壮快な遊びをしたいのです。

ところが現実問題としては、悲しいかな「自転車やオートバイは通行禁止!」という看板が立てられている林道も少なくない。

そのため夏場のスキー場や限定的に開放されている林道や未舗装路しか大手を振って乗り入れできないのです。

わざわざ自転車で苦しい思いをして登る意味が分からない



地元の人はたいていはこのような言葉を言われます。

自転車でフラフラ登りやがって、邪魔だ!とクルマの追い抜きざまに怒鳴られたこともよくあります。

そうして私のような自転車愛好家はその地域が大嫌いになる

こういう話はネットですぐに広まるので、若者達はすぐに別の地域に移ります。

こうしてせっかく自然豊かな山間部なのに、自転車が通ることにも眉をひそめる狭量な人がいるだけで、単なる過疎地区として話題にならなくなります。

読売新聞にはオフロード愛好家達に林道整備もお願いして一石二鳥というの南アルプス市の記事がありました。

なぜこの記事を切り抜いたのかというと、自転車が好きで東京からこの地域に移住した知人がいるからです。

地域でも役場でも自転車野郎を大歓迎してますし、自転車野郎達も一緒にPRしてます。
昨年のサイクルショーで山梨ブースで人だかりがあったので覗いたら、その知人でした。

自転車やオートバイを白眼視するのをそろそろやめてもらえませんか?



これが私の切なる願いです。

マウンテンバイクほど楽しい乗り物はないのですが、なぜか日本では嫌われ者です。

林業体験や道路整備など興味ある者は多いのに、この地域はわしらのもんやという意識が無意識に排除をしているわけです。これが私の魅力のない田舎の定義。

自然を愉しませてくれない人たちの意識が田舎嫌いを加速させます。

自然を愛するよそ者をどんどん参加させた南アルプス市の成功例はまだまだ希有な成功例でしょう。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10242 )
森の腐葉土が海を豊かにするというお話 
Saturday, March 24, 2018, 11:12 AM
宿泊先でテレビを付けっぱなしで寝てしまいました。目が覚めると気仙沼の漁の景色が映っていました。牡蠣の養殖で森に木を植え続けている方のお話でした。

なんか既視感があるなあと思いながら観ていると、そうそうこれだ。
畠山重篤(はたけやましげあつ)氏のドキュメンタリー 『カキと森と長靴と』でした。

1989年(平成元年)ちょうど30年前から植林をして気仙沼の牡蠣養殖業を復活させた有名な方。いや漁業の恩人というべきでしょう。

たしか教科書でも取り上げられているはずです。

理屈はわかりませんが、森と湾は密接に繋がっており、森が荒れると湾の漁獲もへってしまうことはこの方の功績で知られるようになりました。

落葉樹の作る腐葉土が鉄分を海に運ぶ



研究が進み、落葉が分解されて発生したフルボ酸が鉄と結合して水に溶け出すという仕組みが分かってきました。

「森は海の恋人」運動はもっともっと注目されて欲しいですね。

とにかく日本はもっと国土を大切にすべきです。それは年々減少する漁獲高にも直結するのですから。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 11457 )
大箱なホテルの食事は身体に悪い・・・ 
Saturday, March 24, 2018, 09:45 AM
3/24 晴 9時 浅草での空間線量は61ベクレル/立法メートル

一週間栃木県のホテルに連泊してました。評価が別れる伊藤園グループです。

建物が古いですが値段が安い割に快適です。老人団体から大学生グループ、ビジネス客が連日訪れてました。

部屋もきれいで寝具も快適と文句を付けるところはありません。

この手の宿にありがちなビユッフェスタイルの食事はアルコール類も飲み放題で、気分良く食事ができます。

とまあ誉めておきます。

一泊か二泊ならとてもお得感があって、家族や友人らで泊るには良いでしょう。

ビジネスホテル代わりに仕事で連泊するとちょっと違った感想です。

食事時間が夕方6時から2時間と固定されているために、ちょっと残業があると食事に間に合わない。

また朝食も朝7時からなのでせいぜい珈琲とパンをあわただしく咥えて出るしかない。

仕事がらみでなければとてもお得感があるのですが、仕事で泊るには全く使えないホテルです。

8時に食事時間が終わると夜が長い長い。パソコンは使えない・・・

一例としては宿泊客宛の宅急便を数日間も放置したまんまで、受け取ることができずにトラブルになってました。
また連泊なのにホテル側の都合で部屋を変わらねばならない日もあること。

私もFAXを連絡で使おうとしたらフロントでも番号を知らない。それじゃあインターネットはというとロビーの片隅に放置された電源の入っていないパソコンがぽつんとあるだけ。
WiFiの調子が悪く、自前のPCの接続が途切れます。

致命的なのは従業員のオペレーションが悪いというところでしょう。領収書一枚貰うのも手際が悪すぎ。
ロビーのパソコンは結局自分で設定をなおしてネットが使えるようになりました。

仕事先であのホテルは一泊するには良いけど、三日目からは嫌になるよと言われてましたがその通りでした。

客本意ではなく、運営側スケジュールに合わせなければならないから。

夕食もビュッフェスタイルなので気安くて悪くないと思ってましたが、毎日同じ料理が並ぶだけです。

悲しかったのは、初日はキャベツの千切りがサラダバーにあったのに、水菜だけになりました。野菜が高いからねえ。

同じ食事を同じ時間に6日間続けたら、腸の調子がイマイチです。

私だけではなく軟便で雪隠詰めになっている人も何人かいました。ビュッフェスタイルでは生ものは避けた方が無難です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11193 )
『専守防衛』の国是は海外から見れば”必負”の定石だということ 
Monday, March 19, 2018, 09:19 PM
よくよく考えると、実は大変損であるということがあります。
月々一定額で返済するクレジットのリボ払いなんてのも金利計算をすればサラ金ですし、スマホの料金体制なんて端末代ゼロというのは通話料に分割で上乗せされた高額な契約だとか、いろいろ身の回りには"騙し"はありますね。

アメリカでソフトウェア会社を経営されている知人が言ってました。

専守防衛という概念は米国では必ず負けるセオリー



彼が言うには、北朝鮮がミサイルを一発1億円で発射すると、それを迎撃するためには一発10億円のミサイルを撃たねばならない。
一発必中のミサイルがあったとしても、その時点で9億円が財政的にはマイナスです。

防御ではすくなくとも2発ないし3発撃つのが普通なので、仮に撃墜できたとしても29億円近い支出なのです。

会社の経営と国家運営を同列に考えるのは癖なのだと前置きしながらも、相手がミサイルを撃ってから対応するという専守防衛に徹すれば

自ずと自滅を早めるだけなのだと言います。

ミサイル基地を叩くのが一番安上がりなのにその手段を放棄する愚者



Taxpayer(納税者)という意識の強い米国においては、無駄金を垂れ流す愚案は唾棄されます。

普通のアメリカ人の感覚では日本が題目として唱える『専守防衛』がまったく理解できないのだとか。

近くに核ミサイルを持った敵対国がいる。なのにミサイルが飛んできたら相手の何倍も高価なミサイルで撃墜するという考えが荒唐無稽だ

と思っている。

1億円のミサイルを低コストで撃墜できるのならば実行すべき。しかしその何倍もコストがかかるのであれば、それは最悪の手段です。

ミサイル攻撃の結果を問わず確実に財政は悪化する『専守防衛』



もし100発/100億円で日本に向けてミサイルを発射すると、日本は1000億から一兆円もの撃墜コストが発生します。

運悪く着弾したらさらに被害額は膨らむでしょう。

「専守防衛(相手が撃ってくるまで何もしない)」というのは貧乏になるだけ。

大丈夫!米軍が攻撃してくれるから!という人はよほどめでたい脳みそです。金を持っているから守るだけであって(その請求書はもちろん切ります)、金がない国のになんで米国の税金で猿の国を守らにゃならんのだ!?

というのがリベラルが色濃い西海岸のアメリカ人でさえもそういう感覚なんだそうです。

長年アメリカに住んでいると、日本の政治の常套句が空おかしくて仕方がないと話してました。

軍隊に対する期待が日米では大きな隔たりがあります。

自国へ攻撃を目論む国には、攻撃意志が確認された時点で叩くのが一番合理的で低コストな解決手段というのがアメリカ納税者の感覚です。

ところが日本では憲法解釈で軍隊の存在をぐちゃぐちゃ言っているのには、逆に日本人への信用を失いかねないと危惧していました。

必ず負けるセオリーを国是とする国は同盟国として相応しいのか?とね



  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11054 )
私はホーキングを空想家としての評価しかしない 
Friday, March 16, 2018, 11:06 AM
3/16 曇 9時 浅草での空間線量は53ベクレル/立法メートル

スティーブン・ホーキングが14日に亡くなったという報がありました。筋萎縮症でコンピュータを介した会話の様子の印象が強くて、サイボーグ的なアイコンだったのではないでしょうか。

正直いえば、ホーキングが亡くなったというニュースでは特に感慨はありません。
よくまあ76まで生きながらえたものだといのうが正直なところ。

素粒子宇宙理論に多大な実績を残したと紹介されていますが、私はこの評価には疑問です。

ホーキングはアインシュタイン理論を拡張して、ブラックホールにこじつけただけなんです。

だから彼は、アインシュタインがまず語られて、それに続く科学者として紹介されるものだからアインシュタインと同列のように感じられるだけ。

あのベストセラーも「おれはこう想像する」という内容で私はSF(science fiction)としての価値だろ思ってます。

そういうなら実証してみろよ



未知の素粒子を引き合いに出したり、宇宙は膨張してブラックホールはたえずあちこちに発生している等々はすべてアインシュタインの宇宙論を拡張した妄想です。

アインシュタインは時間と質量は速度に影響されるという考えを思いつき、さらに光の速さだけは宇宙でも一定だとしたことで論の破綻を補ったのです。

ホーキングの考えもアインシュタインを踏襲した『平屋の建て増し』です。

宇宙は膨張しているのなら、いつまで膨張しているのかとか、その膨張に際限はないのかといった疑問にはなんら答えを示すことが出来ない。

結局は都合の良い仮説をパズルピースのように組合わせたのがホーキング理論だな、というのが私の感想です。

私のように、ふ〜んという程度の人間もけっこういます。現代物理はホーキングはそれほど高い評価を得ていないのではないでしょうか。なぜなら

最新の現代物理学論はもっともっとぶっ飛んでるから



素粒子や宇宙の始りは想像したもん勝ちで、パラレルワールドや意識のある空間、多次元世界となんでもありです。

4次元の世界は3次元の世界(我々の住む世界)が積み重なっているので空間概念も異なります。

素粒子を突き詰めれば波動にすぎず、それがなぜ物質になるのかも超弦理論で説明が試みられています。

今の物理はそれら仮定(推測)の積み重ねて、なんか大きな体系をつくろうと世界中で研究されている状況です。

そういう状況ですから、光の速度や時間も一定ではなく、超光速や逆転する時間概念も取り入れられる。SF世界の先を争っているのが現代物理です。

はっきりいっちゃえばどれだけ突拍子もないアイデアを出せるかが現代物理学者の必要な素養なのではないでしょうか。

実証してこそ科学的な論拠だと主張したのがエルンスト・マッハです。

だから実証できないものは、仮説か空想にすぎない。エルンスト・マッハの実証主義からみればホーキングは大衆に宇宙論に関心を向かせた1人に過ぎないという読売の朝刊コラム『編集手帳』はその通りです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10057 )
震災復興を契機にAIは大活躍(鱈の性別判断) 
Monday, March 12, 2018, 11:31 PM
なかなか新聞をじっくり読む時間がありませんが、気に留めた記事を掲載しておきます。

気仙沼ではタラの雌雄判断をAI(人工知能)を活用して誰でもできるようになるシステムを実証試験中という記事です。

白子が穫れるオスは雌の3倍の値段なために、雌雄判断は重要な仕事なのですが、その人材が高齢でで不足してしまった。

そこで人工知能をもちいてセンサーをあてるだけで判別可能なシステムを震災を契機に導入したということ。

結果は誰でも出来る作業となって精度も効率も上がったのだとか。

他にも牡蠣の養殖では海水温度が最重要で、それをセンサー付のブイを利用することで養殖業者の効率が飛躍的に上がったということです。

人工知能(AI)はこのような小さな効率化こそ使うべきだ



ベテランや経験者のノウハウを継承することにAIがとても有効なのだということを知らしめてくれます。

タラをオスメスか判断なんて誰も出来ることではありませんが、それをAIでは可能にするのです。
これこそAIが未来に希望をあたえることだと思います。

農水産業こそAIを導入すべきだ



センサーや人工知能を駆使して、誰でもできる働く場となることがテクノロジーで可能になった。

このようなどこでもある悩み(熟練者不足)を震災を契機に、解決例となれば、東日本震災の経験は日本にとってメリットもあったと後世ではいわれるのではないでしょうか。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11085 )
世界戦争は中央銀行により創られるという歴史の事実 
Sunday, March 11, 2018, 10:26 PM
今日は「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第15回」に行ってきました。

<セミナーの主な内容>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.NY発で株式が暴落を始めた。金(きん)は上昇し始めた。この動きの背後にあるものは何か。
2.戦争の陣太鼓が聞こえる。米国による北朝鮮爆撃は、いつか? この戦争の日本への影響は?
3.トランプ政権の「戦争で経済を刺激する」(ウォー・エコノミー)を、逆手にとって、大暴落した時にドン底値で拾い、終戦の直後の、大暴騰、急騰(きゅうとう)、大値上がりで、さっと売り逃げるの日頃(ひごろ)を教えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


経営者や小資産家対象の限定的なセミナーなので私にはほとんど縁がありませんが、ただ国際政治と金融経済との強固な結びつきを覇権属国理論で明快に斬込んでいくお話はとても理解がしやすいのです。

日朝で直接会談が実現かというビッグニュースがありましたが、北朝鮮の非核化はホントに実現されるでしょうかね。私は金正恩の時間稼ぎだと思っています。

さすが北朝鮮はしたたかです。文在寅の「抱きつき外交」を上手く利用した格好です。

北朝鮮と南沙諸島の領有問題は密接にリンクしている



トランプはアメリカン・ファースト(米国第一主義)ですから朝鮮半島には介入したくはないのです。だから南沙諸島の領有は黙認するから、朝鮮半島は米国に預けろというで中国と米国がバーター交渉が裏では進められているのではないでしょうか。

歴史を経済から眺めると、100年周期/10年周期で特徴的な出来事があるのです。
ちょうど10年前はリーマンショックです。CDSという金融商品が破綻したことで起きた世界経済の混乱です。

世界大戦の前にはかならずどこかでバブルが起きる



バブル経済が崩壊すると必ず国家間で戦争がおきて、覇権国が移動することが100周年でおきるのです。

1)1720年頃 南海泡沫事件(サウスシーバブル)
2)1820年頃 アメリカ鉄鋼ブーム
3)1920年 ウォール街バブル

フランス革命後フランスと英国の覇権争いでプロイセンの躍進
英米間での覇権争いで植民地競争
3)は第一次大戦後ですが、1914年(大正3年)にはFRBが設立されてアメリカ(ロックフェラー)がヨーロッパ(ロスチャイルド)に勝利しアメリカが覇権を握った年です。

バブル経済の後は必ず戦乱が訪れるのが人類史



ジャンプの前に一旦屈伸するように、バブルは戦争体制へ必要不可欠なのです。
ひとつは軍事コストを確保するため。そしてふたつめはバブル崩壊による不況で国民の不満を高めるため。

ケインズは戦争ではなく公共事業で景気を回復しろと提唱しました。しかしこの案は結果的には失敗でした。アメリカが再び好景気になったのは第二次大戦後です。

こうしてみると株高で好景気が演出されているアメリカと中国は危険な兆候なのです。

ここで重要なのはマネーサプライは中央銀行の采配ですから、その経済的な影響は甚大です。

ところが、それを逆手にして中央銀行が株価を人為的に吊り上げて、企業には過剰生産を促しているとすれば・・・景気の調整ではなく逆の立場だとしたら・・・

あえて景気を抑えている日銀の戦略を解明したリチャード・ベルナー



リチャード・ベルナー「円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか」(2001年 草思社)とその解説本の吉田祐二「日銀 円の王権」(2009 学研)は必読の書です。

景気の浮遊は日銀次第だというリチャード・ベルナーの暴露で世界に衝撃を与えました。日本経済は日銀の政策次第だったのです。

ところが、中央銀行の目的は景気の浮揚の調整ではないのです。それは経済戦争から武力戦争になるかどうかは各国の中央銀行の政策次第なのです。今の日銀としては国債の利上げはできませんが、米国FRBが利上げを予定している以上はそれに従うしかない。(日米の金利差は2%というスプレッドで推移させられているから)

金利ゼロが続いていますが、異常な状態が続いているわけです。

これが今回の副島隆彦先生のお話で私が感心した点です。





過去ログ:金融政策で景気浮揚はできないのに(日銀の真の目的)
郵便ポストが赤いのもみんなアベノミクスが悪いのよ
安倍晋三自民党総裁の金融緩和策に賛成する
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 11709 )

戻る 進む