台風が来るとワクワクしません? 
Wednesday, August 8, 2018, 07:34 PM


私は台風シーズンが実は大好きです。
先日の台風では中国地方に深刻な打撃を与えましたから不謹慎なことです。

嫌いな学校や職場を放り出して帰る時間が、なんとも言えず開放感を味わえるからです。

人間にはもともと楽天的な性質が備わっている



だから災害に備えよと言う教訓的な事は言いたくありません。

そもそもそういう非常事態だからこそ人は生き生きとしてくるからです。生きている実感と言ってもよい。

戦時中も抑圧的で鬱々と市民は暮らしていたかというとそうではなく、アニメ映画・ドラマ「この世界の片隅に」で表現されたように、一丸として生きている実感と充実感があったのです。

この眠たい旧式の社会なぞきれいさっぱり流れ去れ



これが本音です。

男女共同参画社会だ、少子化対策、働き方ウンヌンといった問題なんてすぐに雲散霧消します。

少しは全国民が脳みそを絞って考えるようになります。

大地震大噴火大型台風大歓迎!

北朝鮮(と中国)がもっと本気出してくれれば、日本国民の眠気も覚めるでしょう。



昨晩は私の大学の後輩である国際政治学者・天野修司(あまの しゅうじ)氏の話を聞きました。

彼はプロボクサーからジョージア工科大学に留学して、慶応大学の研究者、そして日本医療科学大学の研究者となったという異色の経歴です。

すごみがあるかと思いきや明るい童顔の青年?です。

彼の国際関係は非情にシンプル

その国の軍事力と実効支配の現実がすべてだということ。

こういうロジックで語る学者は少なくはないのですが、国際政治学とは何かというと、国家の力関係はすなわち軍事力(パワー)でしかないというのです。

これで古今東西、そして現在の米中露欧の関係もはっきりしてしまう。独裁と民主主義やイデオロギー、宗教背景などは雑音でしかないと断言します。

欧州が中国になびいているように見えますが、軍事力(テクノロジー)ではまだまだ米国主導が続いているかぎり中国が世界のトップになることはないでしょうという見方。

もし中国が覇権国家となってもそれは長続きできない。なぜなら対外向けの軍事力を維持できないから(国内にも同様に割かねばならない)

中国のライバルはいまやインドで、すでに中国以上の高度成長期になっている。

そんな中でも北朝鮮は自国の立ち位置をよくわきまえており、政治力学(パワーバランス)の世界ではとても絶妙なんです。



私ももっともっと北朝鮮は頑張ってほしいです。アジアの台風の目となってくださいな。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3903 )
東大法学部の人気凋落はこれからもずっと続くだろう 
Sunday, August 5, 2018, 07:18 PM


本日の読売新聞の一面と二面に人気凋落の東大法学部の現状が示されています。
東大法学部に行くと言うことは霞ヶ関の官僚になるということですが、そもそも官僚への足かせが厳しくなり、ここ数年はずっと定員割れなのだとか。

一つは人事権が内閣人事局に握られてしまったと言うこと。また所属省庁の組織論理優先の無責任さへの官僚バッシングが拡がっているからです。

つまり職業としての国家上級公務員としての魅力が大幅に減ったからに過ぎません。
滅私奉公と引き換えに国家を運営するというやりがいも無くなりつつある。

だいたい法学部って何やってるんだい?

この記事によると、ぶ厚い六法全書を覚え、憲法を含めた法律解釈をお経のように唱えているだけのようです。

坊主か牧師の養成学校とかわんねーじゃん!



そこでみっちり脳みそに叩き込まれて、法曹関係者になるか頭の固い官僚になっていくのでしょう。

ちゃんと政策提言できる人の養成機関としましょうという提言でした。

だけど東大法学部ってのは、実務経験者もいない、外国人教員もいない(外国語での授業も当然ない)、女性教員は4人だけという黴の生えた法律学者だけの狭い世界だそうです。
気持ちの悪い世界だ。

そういう世界で育った官僚と裁判官を痛烈に批判しているのも、早稲田法学部出身の副島隆彦です。

まあ魅力は今後も減る一方で、裁判官になりたいという特殊な人たちだけが志望する日陰の学部になっていくのでしょうね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 4463 )
それでも大型免許は引く手あまたです 
Friday, August 3, 2018, 09:27 PM


山梨県に移住した友人が話してました。

家の前にバス停の看板があるんだけど、移住してから一度もバスが停まったとこを見たことがない。

だって一日二便です。朝と晩のみ。行って帰ってくる人のためだけのバス。

そんなバスに乗る人が居るんだろうか?と思いますが、一人か二人乗っているそうです。

私も原発事故で福島の都路という集落に副島隆彦先生が拠点を築いたことで、何度も訪れました。

田舎のバス利用者はいつも同じ顔ぶれ



だからよそ者は居心地悪いです。毎日同じ席に座るのに、占有されていたらあからさまな不機嫌を示されます。他人の家の応接間にいるような感じかな。

まあ一日数便、それも学生と病院へ行く年寄だけの専属みたいなものだから仕方がない。

ああ、ど辺鄙な田舎に住むなんて嫌だなあと心底思いましたよ。

5分も待たずに地下鉄やバスが来る世界に住んでいると、地方交通は空気を運んでいるだけにしか見えません。

いっそのこと田舎のバスは畳敷きにすればいいじゃん



中高生かヨイヨイの居間みたいです。

こんな無駄をするぐらいなら、宅急便の荷物も積めばいいじゃないかと考えたのが経済産業省。

これは良いアイデアです。

空荷でも動かさなくてはならない定期運行バスに荷物も載せれば無駄がない。

東京都のバスの運転手ははとバスの運転手でもある



意外と知られていませんが、東京都営バスははとバスに委託している路線もあります。

はとバスって観光バスですが、閑散期には都バスの運転手もやっているのだとか。

だから腰の低い運転手さんもたまにいるんだなあ。

クロネコヤマトや佐川、日本郵政の混在したハイウェーバスが出てくるのも時間の問題です。まあとにかく運転手が足らないんだったら必然でしょう。

二種大型免許や特殊車両の運転手さん、そのほか溶接や鳶職といった土建屋さんたちっていまは引く手あまたで、けっこう高い賃金で驚きます。

呑み屋で特殊な溶接技能のある爺さんがちょろっと洩らしてましたが、月に120万円ほどのだそうです。

70歳前後だと思いますが、1200万から1500万円の年収があるそうです。年取ったから使い道がネエやとぼやいてました。

以前は低賃金の労働者とみなされていた人が実は勝ち組です。





  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 5756 )
『女子受験者は一律減点』は採点側の本音だろう 
Thursday, August 2, 2018, 10:55 PM
東京医科大の一般入試試験では女子受験生は一律に一割センター試験の点数を引いていたそうです。
そうしなければ女子の比率が多くなってしまうからだという理由です。
まあつまり、同年代で男女分け隔て無く学力試験を行えば過半数で女子が上位を占めるからだという言い訳です。
さらには医療最前線では過酷な勤務状況から女性には不向きだという親心もあったと匂わせています。実際に女性医師の専門は皮膚科や眼科に偏っているという指摘もあります。

それなら募集要項に記せばいいジャンとはいかない・・・

男女共同参画社会を荒立ててはいけない


わざわざ悪目立ちしたいという大学関係者はいないでしょう。

だからコンピュータでの集計操作で機械的に一律女子学生の点数は1割カットしていたということ。

男女に差を付ける社会(企業や業種)は頭打ちになるだろう



頭が昭和のままだと、やっぱりココ一番に女性は任せられないという感覚が残っているでしょう。妻、母という役目も帰宅すれば期待されているのですから。

合理的判断では女性合格者は一定割合以下が望ましいとなる



東京医科大の女性志願者の減点問題は、実は新しそうで古い慣習なんです。
たぶんどこの大学でもあったでしょう。公私問わず。

国公立大学だって最後に合否を決めるのは一部の人の手作業



大学の合否ってコンピュータで集計されて、あっというまに合否判定が出されると思っているでしょう?

そんなの嘘です。

国公立大学では最終の合否判定はクジ引きや順番で巡ってきた教授や准教授が嫌々○×をつけているのです。

なんでそんなことが言えるのか?大学に勤める友人に直接聴いたから

規模が大きい大学だと合否の1点に何人も並ぶそうで、その際には「合格を連絡すれば入学してくれるかな」ということが優先されます。

定員割れは絶対避けたいという大学側の思惑が最優先



たとえば10人ぐらいの合否ボーダーがいたとします。そこでコイツは併願先に行くか、それともこちらに来るかという篩い分けがなされます。

それも試験結果に関係なく、電車通学が可能かとか、出身高校はどこかとかといった試験結果にはまったく関係ないパラメーターが加わって合否がだされます

もちろんそういうボーダーラインに並ばない圧倒的な脳力があればいいのでしょうが、証もない話

入学志望者なんてどんぐりの背比べで誰を獲っても一緒



というのが大学関係者の本音です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 5436 )
聖蹟記念館とはなんぞや? 
Wednesday, August 1, 2018, 10:39 PM
先日の日曜日に大河ドラマ「西郷どん」好きの友人から誘われて、多摩丘陵の聖蹟記念館を訪れました。
この近くに当方の先祖代々の墓があるので、全くしらない場所ではないのですが、聖蹟記念館には入ったことがなかったのです。

聖蹟とは明治天皇が狩猟をした場所なんです。元土佐藩士で宮内庁大臣を長年勤めた田中光顕(たなかみつあき)が明治天皇の忍ぶ場として造ったのが、聖蹟記念館です。

今はきれいですが、田中の死後は荒れていたそうで、地元の人の話によると鍵はかかっておらず、子供の遊び場だったそうです。

仮面ライダーシリーズでは、なんと悪の秘密結社ショッカーの隠れ家として登場していたそうです。

いまは多摩市管轄の公共施設となっており、整備管理がなされています。
明治維新に功があった者の遺品が納められています。





嶋津斉彬(しまずなりあきら)の短冊と西郷隆盛の揮毫が展示されていました。
西郷の書はすごい迫力です。

嶋津斉彬の直筆は、きれいな字を書く人だったのですね。とても繊細であったと思われます。



  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 6404 )
日本語を滅ぼす元凶は誰だ!?それは文科省です 
Monday, July 30, 2018, 09:19 PM
同世代と話をしていても、情報源や話題の中心に書籍や雑誌がなることはまずないです。

この本ではこう書いてあったとか、この著者はこういう意見だといった会話はまず皆無です。

テレビ偏重がだいたい昭和世代の特徴かも知れません。

平成世代はあきらかにインターネットエイジです。話題はネットで繋がる人たちからやってきます。

古い言い方をすれば口コミなんですが、ネット時代の口コミは果てしない拡がりをもっています。

この点ではインターネットは正しい発展をしたのではないかな。

ただその副作用は何かというと、活字で表わした著者軽視の傾向です。

活字を書く職業はとても日本語に敏感です。

私もそう。

決められた字数(頁数)で簡潔明瞭、そして理解して貰える言葉は何だと常に自問自答しているようなもの。

だから漢字一文字や二文字で表わせれば、これほど良いことはない。

できれば漢文で書ければもっと圧縮できるのでは?



自分が商業誌に投稿するときに思うことは、読みやすいことが第一ですが、文字数の制限であえてぼやかすこともあります。いちいち説明すればまた文字を喰うから。

商業誌での記事に対して、この著者はわかってねぇーとか書き散らすのは勝手なんですが、それじゃあ貴方も400字で同じ事が書けるかと聞きたいものです。

たとえば放射線は危険ではなく身体によいというテーマがあったとします。

『放射線とは比較的エネルギーの高い電磁波(電波)にすぎません。そのエネルギーは人間の細胞に当たると原子が励起して化学反応や生体反応を促進します。』

たとえば数行でホルミシス効果とは?に対して答えろと言われれば、このようになります。

これに対して六城ラヂウムはわかっちゃいねーと言われれば、それこそ夜を徹してでも書けますよ。

でも一晩二晩かけて書いた膨大な文章でも、実はそのほとんどは誰にも伝わらないのです。

書いた文量の5%も理解してもらえれば良い方です



だいたい著者が唱えることの20%も理解できれば100点満点なんです。その場合、読み手が限られた頭の良い人たちという好条件なのでしょう。

一般書籍ではだいたい理解できたのは全文量の2%〜5%ぐらいじゃないでしょうか。

嘘だ!そんなことはない!と私に強く異議を唱える方がいれば、高校あたりの教科書でも読んでみてください。

それでセンター試験は9割は取らねばならない。実際はとれませんよ、ほとんどの方は。

日本人全体をクルクルパーにした元凶は『行政』だ



漢字を減らし、日本語を表音文字化したがゆえに旧来の本が読めなくなったからです。

戦前のたった70年、100年前の本が読めないのです。難しすぎて。

夏目漱石の原本でさえ読めない。

日本人が戦後文科省にどれだけ文盲にされたかは、それでわかります。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 7073 )
儲かっている会社は実はすぐそばにある 
Thursday, July 26, 2018, 12:30 PM
7/26 晴 10時 浅草での空間線量は58ベクレル/立法メートル

昨日は驚いたことがあります。

千葉の袖ヶ浦という場所を訪れました。東京駅から電車で1時間20分はかかる工業地帯です。

数年前なら千葉の一風景のような駅舎と駅前に拡がる畑と建て売り住宅の群れ、そして労働者相手の民宿がポツポツとある場所でした。
少なくとも観光で降り立つ場所ではありません。

ところが数年ぶりに降り立つと、その激変ぶりに驚きました。(画像はGoogleより)


駅舎が大きく、きれいになっています。

さらには真新しい住宅街が道路沿いにずっと続いているのです。

目を丸くしていると、地元の人が説明をしてくれました。

農作業をやる人がいなくてどんどん手放しているんだ



そこが住宅地になり、また工業用地として開放されてどんどん人や工場が入ってきている。

あたらしい住宅に真新しいきれいな工場群がそこらじゅうにできているのです。

駅に近いできたての工場に目を向けると、忙しそうな人影がみえます。

業績が好調らしく、若い人もいますが年配者もいて活気があります。

駐車場にはこれまたディーラーの展示場か!と目を疑いました。

白いトヨタ・アルファード、ベルファイアがずらりと勢揃い(笑)

興味ない方はどうでもいいですが、地方の最大のステータスは現在はクソ重そうな箱バンなんです。

私には理解できないのですが、老若男女なぜかトヨタのハコを転がすのがエライという風潮です。

広くてゴージャスなのでそりゃイイクルマであることは認めますが、何も工場で汗まみれになる方の通勤車にしては不釣り合い。300万円はするでしょう。

職人不足で近隣から掻き集めて高い給金というバブル模様



受注好調で腕の良い職人さんは相当の高給取りなんだそうです。

農業よりもこっちの方がずっと稼ぎがよいと若者も戻り、そして結婚して近隣に家を建てる。

そういう狭い地域で好循環が続いているそうです。

こういう現状を目の当たりにすると、東京都心に満員電車で通勤し、深夜まで会社にいてすり減って寝るためだけに帰る会社員ってなんだろうねえと思います。

かたや高卒や専門学校卒であり、夕方5時には帰る工場労働者。新車が停められた広い敷地の家で家族とすごし、休日は海や山で遊ぶ人たち。

かたや大学をでて汗だくで辿り着いたコンクリートの中でずっと座っているストレスだらけの一日。狭いマンションに電車で帰って翌朝には同じ日々の繰り返しの人たち。

真の優良企業はその地元の金融機関だけがしっている



その会社はお金が余っちゃって余っちゃって設備投資や企業買収するしかないという状況なんだとか。

もともとは千葉でももっと辺鄙なところにあった工場なんだそうです。それも古めかしいスレート葺きの暑そうな建物。

それがいまや従業員用のラウンジもある白い工場です。

家賃の高い都心ではないので生活は快適、クルマさえあればアクアラインですぐに東京に直行できるので千葉のアクアライン出口周辺はすごい建築ラッシュです。

通勤電車が悪いわけではないですが、経営者次第でそこの従業員の一生は大きく違うんだなあと考えましたよ。

スーツ姿と作業着では稼ぎが全然違うだろと普通は考えますが、ブルーカラーであっても地元企業でしかも高給なら言うこと無いでしょう。

せいぜい会社の知名度がないぐらいですが、ほんとうにお金を持っている会社は地元の金融機関はよく知っているはずです。それと自動車ディーラーじゃないかな。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 8310 )
なぜ高収入のモーツァルトは極貧で死んだのか? 
Sunday, July 22, 2018, 01:51 AM
暑さで体調を崩しています。クーラーで風邪をひきました。さてそんな状況でもネットは欠かせません。

篠崎靖男という同年齢の有名な指揮者が解説されていました。
http://biz-journal.jp/2018/07/post_24080.html

モーツァルトはギャンブル依存症であった



一言で言えばそうです。クラッシック音楽を通した欧米文化の違いをオーケストラの運営者という視点で発信されています。

ヨーロッパもアメリカもクラッシック楽団は赤字なんです。
その赤字をどうやって補填するかは各国のお国事情(文化背景)の違いです。

クラッシック音楽に対してバックグランドのない日本ではNHKのような独占企業か自治体丸抱えでしかないわけです。まあ大変だろうなあ。

そんなことよりもモーツァルトは天才なゆえの妥当な死に方だったのかもしれない。

ウィーンでのハプスブルグ家の宮廷音楽家であったモーツァルトの年収はそれ相当の高額であったと考えられます。

妻のコンスタンツェがとんでもない悪妻で放蕩三昧だったからと後世ではまことしやかに語られていますが、篠崎靖男氏は否定してますね。

モーツァルトは知的障害者であったがため金銭感覚がなかった



このように現代では捉えると、自由奔放なモーツアルトの言動はひじょうにわかりやすい。

モーツァルトはセクシャルな言葉ばかりで誰彼構わず口説いたし、親しければビロウな会話を好んだとされます。

関心が向くことには常に正直であるが、それを理性では止められない。

カジノでも勝ったことだけが強く記憶されて、歯止めがきかない狂った状態であったというのが篠崎靖男氏の説明。

ギャンブル依存とは精神障害と同意語である



カジノ法案が成立しました。トランプ大統領へのごますり行為としか見えません。
かつてのリゾート法がいまやペンペン草になった今、ふたたび遊休地で一儲けしようという黒い組織の人たちも噛んでいるのでしょう。

巨大パチンコ産業が駅前通りや幹線沿いを占領しているように、やがて日本全土にカジノマネーが不動産を買い漁るのでしょう。

私は実感していますが、工場労働者や土木作業員、それに農家などはお金が入ると使い道には結構な割合でパチンコが上位にあります。パチンコや競馬などのギャンブルをやらない私にとっては驚きます。会話がギャンブルしかないといってもいいかも。

サラ金とギャンブルの看板・ネオンばかりの下品国家に成り下がるのです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 10019 )
南方熊楠邸を訪れる 
Thursday, July 19, 2018, 03:34 PM
先週から関西方面におりました。仕事半分です。

奈良は暑かった・・・京都・奈良はこの時期に行くのはちょっと考えものです。同行者で数人が気分を悪くして離脱してしまいました。

昨日は和歌山県の田辺まで足を延ばしました。紀伊半島の南西に位置して、山に登れば熊野街道にも通じます。ちょっと時間があったので南方熊楠の館がまだ残っているとのことで寄ってみました。

この庭で粘菌の研究と新発見をしたそうです。熊楠は明治維新の前年慶応3年生まれなので150年前の人なんです。この熊楠邸を管理されているのはおそらく孫に当たるおばさんだと思います。クーラーもない部屋で執筆されていました。
 こちらが熊楠の書斎だそうです。借家をそのまま購入した家に移築して使ったそうです。とにかく博学の熊楠は大量のメモを遺しています。ただし判読は難しく、いまでも研究者が隣の資料館で解明しているのだとか。土蔵も資料保管庫として使われ、ほとんどそのまま展示されています。





  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 10824 )
消毒液がもったいない 
Wednesday, July 11, 2018, 10:59 PM


横浜の大口病院での看護婦による大量殺人の供述を読んで、大変あたまにきました。

これじゃあ寝たきり痴呆高齢者への単なる快楽殺人じゃないか…



自供によると48名もの老人たちを消毒薬であの世に送ったわけです。それも自己中心的な理由で。

消毒薬などを点滴された老人たちは苦しかったでしょう。とにかく悶え苦しんだことに犯人に対してとても強い憤りを覚えます。

点滴に入れるならもっと安価で苦しまない薬液があるだろうに



看護婦なら知っているはずです。そんじょそこらの薬局で買える物質です。

動物病院では塩化カリウムが安楽死に使われています。

そういう医療知識に基づいて安らかにあの世に送ってやりました…というのなら医療従事者としての苦悩があるのかもと思い図ることがあるかもしれません。

しかしこのバカブス看護婦は。快楽殺人と断言してよいでしょう。

それも手元にある消毒薬を点滴することで臓器不全にして殺す。
これほどおぞましいことがあるでしょうか。

もっと安価な化合物でぽっくり安らかに逝けるものがあるのに、消毒薬で苦しませて殺したことに、この看護婦は救いようがない悪意を感じます。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13631 )
六城ラヂウムも浸水中・・・ (2) 
Tuesday, July 10, 2018, 11:50 PM
ダイニングの天井の壁紙が、湿気で大きく垂れ下がってます。
そしてあいかわらずそれに伝ってポタポタ。

配管のつなぎ目が腐食で割れていたそうです。

だいたい鉄筋マンションなどは50年でボロボロです



まだ50年は経っていないと思いますが、40年も経つとインフラ部分が腐るわけですよ。

ここの前のマンション(力道山が建てた抵当権が束になったすばらしい住居でした)も躯体(くたい)は頑丈なのですが、なんせ50年前の東京五輪景気で建った建物ですから、化粧をいくら施してもダメなんです。

耐震基準に合致していようが、40年を過ぎると、とにかく水道管、下水管、ガス管、電線が腐食してどうしようもないんです。

人間と同じで中年以降は壊れて行くのみ



分譲マンションで問題になるのはだいたい30年ほど経ってからでしょう。だって目に見えてボロが出てくる時期です。

ここの大家さんはTOKIOの脱退したメンバーを同姓同名で、同世代です。(たぶん同い年かな)

親が遺してくれた不動産なんですが、50年近くなれば人間同様で、電話線が腐食しただの(私の部屋です)、水道が壊れただの、とにかく泥縄のように壊れていきます。



ここ浅草から10数劼靴離れていない千葉県某所です。
梨園でちょっと遊ばせて貰いました。梨園なんていうと東銀座で歌舞伎役者のパトロンかのように誤解されるかも知れませんが、ここは本当に梨畑(笑)

東京都心から20劼睥イ譴譴仗百坪のお家(畑)がいっぱいあるわけです。
やっぱり土地があって、遊び場が身近にあるのは羨ましいです。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14471 )
六城ラヂウムも浸水中・・・ 
Monday, July 9, 2018, 10:29 PM


なんか頭の上からポタポタ水がと思って上を見てみると、なんと天井がめくれています。
今日は下水配管の工事をやったのですが、どうも階上から漏水のようです。

とりあえず階上のご家庭に水の使用をとめてもらって、明日業者が原因調査をするそうです。
マンションとは縦に重なった貧乏長屋にすぎません。
災害は忘れた頃にやってくるではありませんが、まいったなあ〜
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14665 )
豪雨災害の戦犯は天井川なのだがもう何も出来ません 
Monday, July 9, 2018, 02:56 PM
この中国地方の豪雨災害は天災は忘れた頃にやってくるという格言通りです。

これだけ広範囲な水害が発生したのは記憶にない。でもこれからもこのような災害は繰り返されるでしょう。

天井川の危険性は近代以前からの問題



平地に住むようになってから永遠の都市問題なわけです。狭い日本の宿痾(しゅくあ)です。

天井(てんじょう)川とは河床が周囲よりも高くなってしまった川を指します。

堤防が決壊したり氾濫したら川よりも周辺が低いので水没してしまう。

その危険性は小学校の教科書にも載っています。

天井川沿いは本来は農作ぐらいの利用しかできなかった。

でも住宅開発が進み、その危険性も忘れた頃に今回の災害です。

過去氾濫していないから大丈夫!なわけではなく、天井川は日に日に河床が堆積物でかさ上げされているのです。そして堤防も盛り土されていくという悪循環です。

治水目的の堤防工事が災害を引き起こす



矛盾した結果なのですが、天井川となる理由は治水による堤防整備です。

治水工事により都市部が拡大し、衛生的な生活が出来るようになったのですが、一旦自然災害がおきれば大きな代償を払わねばならなくなったという都市整備のアキレス腱を見たような気がします。

ここ浅草でも隅田川氾濫による水没範囲を示したハザードマップが配られています。

今一度今回の災害の教訓として、観ておくきます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14410 )
万波医師の倫理観は本来であれば医学を進歩させるはずなのに・・・ 
Sunday, July 8, 2018, 12:28 AM
ETV特集「“悪魔の医師”か“赤ひげ”か」
2018年7月7日(土) 23時00分〜24時00分
愛媛・宇和島で行われたある移植手術は、激しい批判と長年の論争を巻き起こした。週刊誌記者・学会・患者など多角的な証言から浮かび上がる、日本の医療と社会の姿とは。
番組内容
2006年、宇和島市の万波誠医師が行った手術が大きな波紋を呼んだ。がんなど病気の腎臓の患部を切除して移植する「病気(修復)腎移植」。特殊な医療を独断で行ったと学会やマスコミから「人体実験だ」など猛烈な批判を受けた。一方、患者たちからは移植医療の選択肢として万波医師を支持する切実な声も広がった。“医療のあり方”をめぐり論争を呼んだ騒動のゆくえを、当事者たちの証言とアメリカでの移植の現状を交え描く。


愛媛県の宇和島にある徳州会病院の万波医師が癌患者から取り出した腎臓を透析患者に移植したことが10年前に報道で物議を醸しました。

透析患者は移植してもらえるのなら条件は問わない



どんな理由でで取り出された腎臓であっても、それは腎不全で苦しむ人たちにとっては垂涎なのです。

わずかな期間であれ人工透析から逃れるのであれば、それは充分値するものなのでしょう。

日本透析学会がぶれた生命倫理を持ち出だすことが問題



移植学会では無能症の乳児(死児)をドナーとすることを止めたそうです。それは生命倫理とかなんだとか言い訳をしていますが、糾弾されるのが怖いから。

アメリカでは万波医師の行為や無能症の乳児をドナーとすることが日本では糾弾されることに驚いています。

生命倫理、セイメイリンリと日本では叫ばれるが誰もわかっちゃいない



日本人全体が「命は大切にキャンペーン」で呪われているかのようです(笑)

欧米キリスト教圏ではお役目御免になったボディはどう使われようがご自由にという観念の方が強い。

思考・心(Head:Heart)と実体(body:entity)は別だという考え。身体はパーツ(部品)の集合体に過ぎない。これが西洋医学の骨格的な考え。

患者が移植を望み、それを調達して据え付けるのが役目だと万波医師は達観されているかのようです。

その調達先が身内ならよくて、捨てられるがん患者のものならダメだという判断をマスメディア、厚生労働省+移植学会が一方的に批難だけすることで

日本の臓器移植の状況は30年も40年も遅れたまま



私ははっきり言いますよ。

土人国家ですから、お題目のように70年間も唱えてきた「すべての命は大切です、貴いです」教にクルクルパーになっちゃった。馬鹿な理由は

命そのものは価値がないというベースで考えられない



医療現場、特に緊急医療や戦場下においてはトリアージ(仏: triage)という概念が優先されます。

すなわち治療の優先順位です。救命の見込みがなければほったらかします。

非情だといっても、限られたリソースではそうするしかない。

見棄てることも重要な医療行為なわけです



日本には思想がしっかりした医療がないように感じます。駄目な奴は捨てて生かすべき奴を生かすという信念がない。

だから欧米では万波医師の行為に対して移植学会とメディアが一斉に批難することが不思議でならない。

「すべての命は貴い」教の最たるものです。”カルトのように”奇異に見える・・・と番組ではいってませんけども、私はそういう違和感で視聴しました。

ちなみに私は健康保険証の裏には「好き勝手にしてくれ」とマジックで大書きしてあります。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13454 )
水に浸かったクルマに触ればあっというまに感電死 
Saturday, July 7, 2018, 10:45 AM
7/7 晴 10時 浅草での空間線量は83ベクレル/立法メートル

大雨のニュースはこの時期の風物詩になっている感がします。泥水があふれる街や道路がこれでもかとニュースで流されています。

家もクルマも水に浸かっている。

冠水車(水没車)という定義はだいたいボディーフロアが濡れればそれだけで廃車扱いなのだとか。

家も浸水すると床や壁を剥がさねばならないようです。

タイヤ半分程度の水深でも今後トラブルが予想される。エンジンがかからなければ新車でも即鉄屑。

たとえ機関が好調でも、室内はドブ臭でとても乗れたもんじゃないと車屋の同級生が言ってました。

レッカー業者と解体業者は忙しくなるだろうなあと豪雨災害のニュースを眺めてます。

ただし逆に洗浄すれば問題なしという軽微なレベルでも強引に買い換えを促すディーラーも多いそうですから消費者は賢くならねばならないですね。

電気自動車やハイブリッド車は感電する



最近の救助活動でのマニュアルには不用意に触るなと警告がなされているそうです。

また突然発火する危険もあるそうです。

意外と自動車は水に弱いのです。

一度配線が水に触れれば、かならず腐食し漏電するそうです。

冠水車を隠して激安として販売する悪徳中古車業者もいるそうです。

実際に個人売買ではけっこうな割合で冠水歴のある車両だという指摘もあります。

電動自転車も水に浸かれば粗大ゴミ



いまやどこでも子供を乗せて歩道を走る電動自転車を見かけます。右側通行、蛇行運転へいきのへっちゃらというママさんたちの多いことよ。

その電動自転車も実は故障しやすい。街の自転車屋に修理が押し寄せても修理できません。

メーカー修理でしか直せない。そしてたいていはモーターやギアを全部取替えるので高額になる。

買ったばかりなのにと不満を漏らすお客も多いそうですが、乗りっぱなしで電気製品だという自覚がないと自転車屋さんもあきれ顔。

いまじゃ身の回りはそのような製品ばかりです。水をかぶればお釈迦になるのは現代工業製品の特徴なんでしょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13979 )
血糖値が高ければまずは歯医者へ行け!歯茎の腫れは危険 
Friday, July 6, 2018, 12:17 PM
7/6 晴 10時 浅草での空間線量は85ベクレル/立法メートル

今日の新聞記事です。今日は全国が悪天候ですが浅草は平穏です。
新聞記事で目を引いたのが

歯周病が糖尿病の原因


歯科治療を受けてもらった。1ヶ月後、HbA1cが約三ポイント低下した。
(中略)
糖尿病と歯周病の関連について、歯茎で起きた炎症から有害物質が血管内の放出され、ブドウ糖を分解するインスリンの機能を妨害するのではないか、と考えられている。


血糖値が悪化すれば歯茎も悪化する



「歯科医が糖尿病患者と知らずにインプラント(人工歯根)治療などを行い、傷口から細菌が入って症状を悪化させてしまう怖れもある。(中略)」と訴えている。


インプラント(人工歯根)治療をして苦しんだ方を知っています。
故・船井幸雄氏です。
晩年インプラントを施され、結局ずっと歯茎の腫れが収まらず食事もできないまま苦しんで亡くなられました。

また知合いの歯医者も自ら実験台としてインプラントを静岡大学でされたのですが、糖尿病であるためずっと治らずに苦しまれてました。高齢者の歯科治療に身を以て一石を投じたそうです。(静岡テレビでドキュメンタリーで放映されたそうです)

歯周病の治療を最優先にすべきだという記事です。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14417 )
こじつけて原発の稼動を妨害する人々 
Thursday, July 5, 2018, 01:01 PM
7/5 小雨 浅草の空間線量は82ベクトル/立法メートル

関西電力大飯原子力発電所に対する運転差し止め訴訟で名古屋高裁金沢支部は1審・福井地裁の判決を取消、請求を棄却しました。

すこしだけ、高裁がまともで良かった・・・

過去にもブログで書いておりますが

民意を代表して差し止めを求める人々とは?



・・・単に権力争いの駒です。

原子力行政での生殺与奪の権利の分け前をよこせという人たち。

そして周囲で踊らされる自意識高い系の人たちという構図でしょう。

実際は市民運動の弁護士と関電の弁護士と地裁の裁判官という法律で飯を喰う人たちだけで争うだけです。

一審の福井地裁の判決にはあきれかえりました。
現場も知らず禅問答を双方が繰り出しただけで出した軽い判決。

裁判所は法に沿っているを判断する場所であって、裁判官の感情などが加わっては困ります。
それが福井地裁と大津地裁では裁判所の信頼を損ねるような判決が出たので驚いたわけです。

この両地裁で判決をだした裁判官はヒーロー気分なんでしょうね。

論理を否定することに快感を覚える人はどっか壊れているのかも



早稲田大学の政経学部の入試では数学が必須となったようです。つうか大学入試で数学が必須でないことに驚きました。

そんなに話題になることなのかな。

経済学部でもマクロ経済学は力学的数学モデルですし、ミクロ経済学とはすなわち微分積分そのものです。それを経済っぽい名称になっているだけ。

たぶん政治学は統計予想モデルが土台です。

論理的な思考とはすなわち数学知識がベースにあるものです。だから早稲田もやっと入試に数学を必須としたそうです。遅すぎだと思いますが、まあ良いことです。

原発で煽る側も踊る側も建設的な人たちじゃない



高裁判決は少しだけ高裁はまともだと表明したに過ぎません。つうか当たり前すぎる判決です。

過去ログ:哲学・思想・信念がない国家には法もクソもなく裁判官の情実次第
まさに「黒い巨塔」・・・最高裁事務総局の黒い支配! 「ニッポンの裁判」瀬木比呂志著
関西電力財務諸表にみる大飯原発停止の財務的影響(メモ)
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13235 )
眼鏡もサングラスも日本製に限ります 
Sunday, July 1, 2018, 05:25 PM
今日も陽射しが強くて外にちょっと出るだけで、舗道の照り返しに参ります。


観光客のようにサングラスでもすれば良いのでしょうが、度付きサングラスはけっこうな値段がします。
スポーツをするときにはサングラスをしていたのですが、コンタクトを使っていました。
だからサングラスはいくつも持っているのです。

自動車を運転する方ならダッシュボードにはクリップ式サングラスを常備されているでしょう。
あれで良いのだけどどこで売っているものなのでしょう?と思い続けていました。

眼鏡屋を覗いてみましたが、それらしいものは陳列されていません。サングラスは売ってますよ。

一説では釣具屋やDIY店にはあるそうです。でもそれは釣り用だろうし、DIYは作業用じゃねえの?

明日はクルマにのるので適当なサングラスはないかなあと浅草界隈で探してみました。

とりあえず「クリップオン サングラス」で検索してみるとヨドバシカメラやビッグカメラで店頭販売していました。

ただ私が欲しいのは「跳ね上げ式」です。となるとビッグカメラしかありません。

秋葉原のビッグカメラに行ってみたら、ここはヨドバシと違って眼鏡の売り場が充実しています。目的のサングラスも在庫が豊富でよりどりみどりでした。

選んだのが「名古屋眼鏡株式会社 偏光サングラス クリップオンキーパー」です。選んだ理由は日本製だから。セール中で他の中国製と値段は変わりません。

クリップ部がやっぱりしっかりしているのです。似たような他社はプラスチックなのでしっかり固定されない。ただしちょっと重いのが難点です。

見え方の違いをデジカメで撮影してみました。レンズの色はブラウンです。黒やスモークグレーもかつては掛けたことがありますが、ブラックやグレーは色彩の明度も下がって色が判別しにくくなるのです。

今は白い歩道や白い建物が多く、乱反射があちこちであるので、コントラストと色彩に影響のないブラウンに落ち着きました。防眩を重視しないのならばイエローやピンクでもよいでしょう。

ただ今回は屋外作業や運転時の使用なので、防眩最重視です。

右は部屋からの風景。天頂の太陽とビルからの反射で白っぽく見えます。

 偏光グラスを通した画像です。真昼での撮影ですが、空からの日差しも偏光グラスで大幅にカットしています。
シャッタースピードもぐっと落ちました。

秋葉原をさっそく散歩してみましたが、歩道の照り返しも緩和されてとても目に優しく感じます。色彩も自然です。なによりも遠くがよりはっきり見えるようになりました。

今日はとてもよい買い物をしたと思ってます。
ただ一つ残念なのはヨドバシではなくビッグカメラにしか置いていなかったことでしょう。
ビッグカメラのポイントカード持ってない・・・

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13288 )
西郷隆盛の沖永良部島へ流刑の真実 (薩摩藩の情報将校) 
Saturday, June 30, 2018, 02:42 PM
6/30 晴 10時 浅草での空間線量は89ベクレル/立法メートル

海音寺潮五郎の小説をもとにNHKの大河ドラマ「西郷どん」が放映されてます。
ちょうど今日の再放送で川口雪篷(かわぐち せっぽう)との出会いの場面です。

この川口雪篷という人物も同じ流刑となった人物とあります。NHKのWebでは単に謎の書家とあります。
https://www.nhk.or.jp/segodon/cast/kawaguchi_seppou.html

もっとも遠島処分の理由は久光の蔵書を盗んで酒代にしたという噂話の類で、大河ドラマではひょうたんを持った酔っぱらいで現れています。

川口雪篷は島津久光の写字生(写本をする役職)だったそうです。つまり藩の役人。

それが久光から預かった本を勝手に処分などしたら流刑どころか切腹ものでしょう。

重野安繹(しげのやすつぐ)という西郷と同い年の学者がいます。この重野も奄美大島に江戸留学費の仕送りに不正があったとして島流しにされています。

重野と川口に西郷を密かに会わせるための”島流し”



重野も川口も奄美大島・沖永良部島も薩摩藩の密貿易の管理という密命を帯びた役人なのです。

とうぜんながら薩摩藩・島津家の裏金を管理している立場であって、そこに西郷隆盛を江戸幕府に疑われないように派遣したのでしょう。そして藩内の内紛から西郷を守る必要があった。

表向きは重罪人を装って堂々と島に渡った



これが島津の諜報部員として活躍した西郷隆盛だったのです。

『真実の西郷隆盛』(副島隆彦・古村治彦 コスミック出版)を読んで大河ドラマを観るといかにNHKの脚本がいかにファンタジーかがわかるでしょう。

おなじく土佐の坂本龍馬も藩命で江戸を偵察していたエージェントだったわけです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 13987 )
働き方改革は「作業着ひとつで変わる」のに誰も指摘しない 
Thursday, June 28, 2018, 01:38 PM
新聞のローカル記事です。

スーツスタイルの作業着が人気を博しているという内容。人手不足解消に試験導入したら大好評だそうです。
マンション管理人の制服としたところ、住民にも好感度が上がったそうです。

今だくすんだ灰色や水色の作業着は企業風土のダサさを宣伝しているようなもん

早朝の鉄道に乗るとスーツにまざって作業着姿の人たちもよく見ます。あれはダサいなあ

自ら労働者でございと卑屈に見えるのは私だけでしょうか。

特に工場地帯を走る路線は薄汚いモノトーンであふれて汗臭く感じます。私は電車が大嫌いな理由のひとつです。

日本の労働者環境というのは昭和のまま。もっともなぜ作業着や制服を強制するのでしょうか?

制服は組織への服従のシンボルでもある



そんなのはこじつけだ!と思われるでしょうが、学校での制服を制定する理由を調べるとダントツに連帯感の醸成だとか一員としての自覚だといった統制に都合の良い言葉があふれています。

せめて自覚と誇りを持たせるような制服であればやる気も違うと思うのに

あいかわらず大部分の企業はくすんだ色のダサい服を強制する・・・

銀座の泰明小学校のように経営者にはアルマーニの制服を着させるぐらいの感性が欲しいよね。

人手不足で困った困ったとぼやいている企業の方にお会いすることが多いですが、たいていは社名が刺繍された制服をYシャツの上に羽織ってます。

安物の作業着を着た中小企業然とした風貌で人が足らないと嘆く前に

鏡をみてからモノを言えよ、ださオヤジ


と言いたくなります。ウチはお洒落からもっとも縁遠い存在です(つまり底辺層に属します)と看板を下げているようなこと。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 14609 )

進む