日本は遵法という概念が稀薄だから違憲「状態」と茶を濁す 
Tuesday, November 19, 2013, 12:11 PM
11/19 晴10時 浅草での空間線量は117ベクレル/立法メートル

明日20日に最高裁判所大法廷で2009年の一票格差に対する判決がおります。

有権者数が最少の小選挙区である高知3区の選出議員は 山本有二(自由民主党)というごろつき弁護士で出自が悪いおかたですが財務副大臣を経験しています。wikipediaによると8万5百票で衆議院選挙で当選。

有権者が最大の千葉県4区は船橋の上島竜平こと野田佳彦(民主党)です。16万3千票で当選。

山本有二は野田佳彦の半分以下の票で当選



高知の一票の価値は千葉県の住宅街に住む有権者の一票の二倍以上あるということ。
高知の議員に対抗者を出そうにも千葉県民は三人がかりでないと対等にならないという不公平さです。

このような状況でも、違憲「状態」という判然としないまま衆議院選挙が行われてきました。

憲法条文を金科玉条、宗教の聖典のように扱うから釈然としない判決で誰も何もできないし、何もしないという状況が生まれるのです。

皮肉で見れば日本国憲法を聖典・聖書のように扱っているからキリスト教やイスラム教に感化されずに済むのでしょう。

法律学者や法曹関係者は小難しくないと飯が食えません。インテリは難解な文面を好みますし、親しみやすい言葉で書かれて庶民一般へ広く理解されると困るのは為政者側ですしね。

朝日新聞紙面で驚いたことは

ベテラン裁判官は「『違憲』ではメッセージが強すぎ、政治との関係を壊しかねない。『違憲状態』にとどめるべきだ」と話す。


と発言したと伝えています。もしこれが裁判官の意識でしたら遵法精神もへったくれもありゃしない。三権分立をうたっていながら「政治との関係」を自ら吐露しているとは呆れて物が言えません。

「違憲状態」という造語でごまかして、見ざる・言わざる・聞かざるという態度に終始する最高裁判官なんて存在価値はありません。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1913 )
東電がリストラ?泥棒に追い銭とはこのことや 
Monday, November 18, 2013, 11:49 AM
11/18 晴10時 浅草での空間線量は158ベクレル/立法メートル

東京電力が政府援助をうけるために1000人規模の希望退職者を募集するというリーク記事が流れました。これは政府と東電からの世論操作のためです。

4万人以上いる社員で1000人なんて自然減の数字です。

近い時期に定年や自己都合で離職する社員を可哀想な希望退職者にしたてあげて、割増退職金を払い、さも追い出したような体裁を繕って政府へ報告するためです。

あと数年で定年を迎える社員は規定退職金に加え定年までの年数分の年収を働かずにもらえるなら、誰だって喜んで手を挙げます。

こうして政府の後ろ盾で銀行から巨額な資金をかっぱぐのです。

この割増退職金は当然我々の払う電力料金に上乗せされます



こんなお手盛りのスキームを画策した東電と政府に怒りを覚えます。

安倍晋三政権も小泉純一郎につづくレントシーカーズ(Rent seekers)の傀儡であることがリーク記事から読み取れます。

政府は巨大資本家に借りをつくり、見返りに特定企業や業種へ融資や制度で優遇することです。

経団連(米倉弘昌会長:住友化学)には昇給を建て前に復興税の廃止を約束し、東電にはまやかしのリストラ姿勢で公的資金(税金)が投入されるのです。

東電のリストラ?笑わせるな!泥棒に追い銭とはこのことや




東電が希望退職1000人募集へ、再建計画に盛り込み=関係筋
2013年 11月 16日 15:13 JST

[東京 16日 ロイター] -東京電力10+ 件(9501.T: 株価, ニュース, レポート)が1000人規模の希望退職者を募集することで調整していることがわかった。来年秋までに実施することを年内にまとめる総合特別事業計画(再建計画)の改訂版に盛り込む方向だ。関係筋が16日、明らかにした。
昨年5月に政府の認定を受けた現行の総合計画は、2013年度までの3年間に東電本体で3600人削減して3万6000人するとした。予定の削減数は達成したもようだ。

一方、政府は福島第1原発の汚染水対策で470億円の財政支出を決めたほか、廃炉に関するコスト負担の一部についても国費投入をするかどうか、水面下で検討が始まっている。このため追加のリストラを実施することで、国費投入に対する東電としての応分の負担を示す狙いがあるとみられる。

同社は今年12月末に借り換え分を含む5000億円の融資を受ける計画だが、人員削減による固定費削減の深掘りで、融資金融機関の理解も得たい考えだ。

総合計画では2016年度をめどに持ち株会社制に移行することも打ち出す。福島第1原発の廃炉事業については「社内分社化」による組織改編も検討しており、総合計画に明記される見通しだ。

(浜田健太郎 編集:田巻一彦)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2305 )
サーバーの高負荷で閲覧しにくくなっております 
Sunday, November 17, 2013, 01:14 PM
11/17 晴10時 浅草での空間線量は172ベクレル/立法メートル

昨日は倉庫の片付けと引越作業を一日がかりでやり遂げました。
作業中に携帯電話がよく鳴るなあと思っていたら、この六城ラヂウムのHPが観られなくなっているので関係者からどうしたんだと心配していただいたようです。

六城ラヂウム突然の閉鎖!?

こっちは朝から汗水垂らしているのに寝耳に水の話

原因はYahooです。このブログも大変更新しにくい状況です。

こうもサーバーが落ちる状況が続くようであればサーバーも引越を考えなくてはならないかな。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2331 )
アメリカ型マーケティングの終焉 反抗の象徴となったレッドブル 
Friday, November 15, 2013, 02:01 PM
11/15 晴10時 浅草での空間線量は221ベクレル/立法メートル

日経BPで世界で52億本を売る世界有数の飲料企業となったRedBullが紹介されていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131113/255846/?n_cid=nbpnbo_mlp

レッドブルという企業は経営者はけっして素顔をメディアに出すことはなく、スノーボードやマウンテンバイク、ハンググライダー、フリークライミングといったエクストリーム系スポーツというオリンピック競技とは異なる命がけ離れ業を競う遊びのスポンサーでも有名です。

レッドブルの創業者は日本のオロナミンCやリポビタンDを参考にしてエナジードリンクというカテゴリーを創造しました。それが世界中で大人気になります。1986年創業のとても若い会社です。

それにしても面白い企業です。サブカルチャー、オルタネイティブスポーツへのスポンサーを通じて認知度を少しずつ高め、ブランドイメージを確かなものにしました。

「非アメリカ的経営」を貫き、株式非公開、契約書ではなく握手、単なるスポンサーではなくそのスポーツの育成まで面倒を見るといった保守的であり長期的な経営を行っています。

企業経営の核心は「反抗心」


創業者のディートリッヒ・マテシッツの経営理念は一言「反抗心」です。

既存社会への反抗が創業の理由なのです。
こういう企業がもっとたくさん出ると世の中はもっとエキサイティングになるでしょう。

いつかまたRedBullのような反抗心をもつ企業と関係ができればいいなあと思いながら日経BPの記事を読みました。

反抗心で創業してもやがて忘れて安泰に浸ってしまう経営者が多いなかで、ますますRedBullが好きになりました。

私もレッドブルを飲んでトンがらなくっちゃと気合を入れましょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2354 )
ポチ公が急に吠えだしたよワンワンワン ガス=電力の新規参入を求める米露 
Thursday, November 14, 2013, 12:48 PM
11/14 晴10時 浅草での空間線量は237ベクレル/立法メートル

政界引退した小泉元首相が急にあちこちで原発即時廃止を訴えてメディアがこぞって取り上げています。まるで正論を唱える待望の論者のような扱いです。

んなわけねーよ!石油メジャーの広告塔なんだからさ



小泉純一郎が正義の味方なわけないのはその後をみればわかりきったこと。息子の進次は関東学院大学(という聞いたこと無い学校を中退?)からアメリカの 米国戦略国際問題研究所(CSIS)にお客様として在籍していました。

そこの親玉はマイケル・ジョナサン・グリーンというジャパンハンドラーです。日経新聞とずぶずぶの関係で首相公邸にも顔パスです。

まあ親子共にマリオネットでしかないのです。

さてそんな小泉純一郎元首相が急に活発な発言をしているのはなぜでしょう。

シェールガスの売り込みの命令が出たからに過ぎません



それも安倍内閣がロシアとの関係改善に動き、ロシアから天然ガスの輸入を進めているからです。ロシア利権は森喜朗というわかりやすい構図

ガスは発電すれば電力ですから、

電力の送電分離とガスの自由化は表裏一体



ロシアとアメリカどちらも日本のガス市場への参入を狙っているのです。小泉純一郎の発言はロシア側への牽制でしかありません。

私としてはロシア側と北方領土を手打ちして天然ガス輸入協定を締結すべきと思います。
戦略上アメリカも日本への輸出を進めるしかありません。ただ石油ガス(プロパン)と天然ガスで棲み分けるでしょう。だからプロパン主体の地方都市も含めて地域独占から新規参入を認める方向への検討が始まったのです。

ガスの輸入を進めると同時に原発再稼働は速やかに行うべきと考えます。

なぜなら国内に電力生産の余地を残しておかないと、輸入価格の決定権は米露で決められてしまうからです。

「高けりゃ買わない」という態度が取れない状況でガスの輸入はカモでしかありません。

小泉純一郎が最低の頭だと思うのは、原発をすべて廃止した上でガスを輸入すればいいと得意満面で広言しているからです。

原発再稼働の可否とガス自由化は切り離すべき議題なのです。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2343 )
国会決議は有権者の25%程度で決議されるという憲法違反状態です 
Tuesday, November 12, 2013, 01:08 PM
11/12 晴10時 浅草での空間線量は237ベクレル/立法メートル

小選挙区衆議院選・参議院選での一票の格差は2倍以上は違憲という最高裁判決がでたことで、前回国政選挙は選挙区での当選票数の格差が2倍を切る値で行われました。

それでもまだ限りなく2倍に近くあります。

本日の朝日に載っていた意見広告が傑作なので、転載しておきます。

最高裁弁論で原告側は、国民の多数意見で国政を決めるための条文が明確に憲法に定義されていることが根拠であると主張しました。

憲法第一条に「主権の存在する日本国民」とあり、
主権とは国政のあり方を最終的に決める権力は日本国民にあるとして、以下の条文

〃法前文冒頭 :日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し・・・
憲法前文末尾 :主権が国民に存する
7法五六条二項:両議院の議事は・・・出席議員の過半数でこれを決し

この条文から多数決制度による国政の決議には人口比例の格差があってはならないことを最高裁判官らに代わって原告側が「発見」したとしました。

原告らが発見したのであるから最高裁判官は

1)まず「発見」という主張の真偽を判断する
2)「発見」が誤りであるならば、その点を明示する
3)「発見」が正当であるならば、判決文に人口格差は憲法違反と明記する
4)違憲の選挙で当選した国会議員は立法の資格はないと判決すべき

ところが

最高裁では過去の裁判で憲法の解釈を放棄した



最高裁判所とは憲法解釈の場なのですが、結局憲法解釈を放棄している現状です。

つまり、一票の格差が2倍あれば、国会では議院の半数で決議されるので、主権者である国民有権者の1/4強の意見で国政が左右される状態ということです。

多数決といいながら極端に言えば有権者の25%以上で国政が決まると言うこと。

日本は寡頭政治です。

主として地方支持のために行う農業政策(特に民主党政権時代)が兼業農家へ補償金のばらまきに終始して、国民に不公平感を与えていることはこのようなことからなんだなと思います。

兼業農家(実質はサラリーマン)にまで補償金を支払うのであれば、農業補償も生活保護も一本化すべきです。

農業保障も実態は生活保護費と変わらなくすれば、貰い得の兼業農家は統廃業で農業の効率化に寄与するはずです。

国会議員も多すぎです。

要するに七割の国民が原発反対でも建設されるのはこういうカラクリ



憲法9条を護れ、きゅーじょーきゅーじょーと念仏を繰り返すよりも

日本国憲法は齟齬だらけである



守れない約束を掲げて祀っているだけの憲法などは不要です。憲法解釈をするだけにある最高裁判所なんて組織もいらなくなるでしょう。欠陥憲法のおかげで日本は矛盾で無駄だらけ

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1010 )
東京の特産品は銀杏です 
Monday, November 11, 2013, 12:24 PM
11/11 晴10時 浅草での空間線量は251ベクレル/立法メートル

この時期の東京は臭いがすごいです。そう銀杏並木から銀杏が大量に落ちるからです。

ご神体が二股大根で有名な近所の待乳山聖天(ますちやましょうでん)を昨日寄ったらたくさん銀杏が落ちていました。

落ちていた小さなビニール袋で拾って帰りました。

銀杏は果肉を捨てるのが大変なんで、その場で果肉を剥いて種だけを持ち帰ります。果肉は土に還ればいいのですから。

ちかくで拾っているおばさんはスーパーの買い物袋一杯拾っています。果肉処理大変だろうなと思います。

さてたった10分ほど拾い、両手で一盛り分だけ持ち帰って、水を張ったバケツのに放り込んで果肉をきれいに取り除きます。

素手でやると手が荒れますから、棒きれを突っ込んでひたすらガシャガシャかき回すだけ。
なんどか水を取替えるときれいな種だけになるからあとは新聞紙に拡げて乾かすだけ。

作業は外でやることをお勧めします。

食べ方は簡単です。
古封筒に塩を入れて、好きなだけ入れて、木槌で軽く叩いた後電子レンジに封筒のまま放り込んでチンするだけ。

ちょっとした酒の肴になります。

銀杏と言っても、ちょっと小さな種類と大きな種類があることがわかります。

公園や寺社仏閣、並木道にいっぱい落ちているので、おいしく食べられることを知れば散歩も楽しいのです。路上がきれいになるのでもっと知ってほしいですね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2299 )
存在しない白身魚という魚を表示する変な慣習 
Saturday, November 9, 2013, 12:13 PM
11/9 曇10時 浅草での空間線量は253ベクレル/立法メートル

昨日ラジオで食材の偽装の話題を料理評論家がコメントしていました。

面白いと思ったことは
「日本には『白身魚』のムニエルという料理が堂々とメニューに掲げられている」
という話です。

外国のレストランでは考えられないそうです。

日本の老舗洋食店で白身魚とは何かとウェイターに尋ねたら、ちょっと待って下さいと厨房に戻って、板前から魚の名前を聞いてきたそうですが、全く知らない名前です。さらにアルゼンチン産かアフリカ産なのか原産国もあやふや。

イタリアやフランスではウェイターは原材料どころかどこの産地かまでしっかり頭に入っており、マッシュルームはどこの、地鶏はどこのものと即答するそうです。

しかしお客もそれだけで納得するどころか、地鶏はどこそこ産を使うべきだとか、地元の食材を使えとか切り返すのだそうです。

こうして料理する側と饗される側双方で意見交換が行われるのが、下町のレストランでは普通なのだそうです。けっして高級レストランと舌の肥えた客だけがそのような応対をするわけではないとコメントしていました。

そうだろうなあ、あれこれ言うことは日本では不作法といわれる行為であり、黙って食べることが美徳とされてきましたから。

しかし外食産業はこの美徳を逆手にとって、黙って喰えといわんばかりに偽物を供して平気な感覚です。

とくに冷凍食品や弁当のフライはかつてからどんな原料をどこで作っているのだろうと思っていました。

なぜなら、白身のフライは昔の学校給食そのものの味がするからです。
機械で成型したような整った形、骨が一切なく味も無難で、特に美味いとも思わない。

チキンナゲットという奴もそうです。油と衣で味がごまかされて肝心の肉はどこの部位なのかもわかりません。

答えはそれら食品は大手商社が調達しており、工場で生産され、大型の冷凍船で運ばれてくるからです。

白身魚もアマゾン川で穫れる大型の魚を現地で加工してます。チキンナゲットもアメリカかどっかの国で、鶏の鶏冠(とさか)や皮、首などの余肉、内臓を挽いて粘着剤で固めたものがチキンナゲットなんだとか。頭や脚など骨以外はドッグフードやキャットフードになります。

商社はこのような偽装食品を堂々と売っています



レストランチェーン、ファストフード、居酒屋チェーン、回転寿司と誰もが知っている飲食店では、どこでも大手商社が出資し食品の供給を行っています。

聞いたことのない名前の魚や貝が刺身として出され、工場生産されたものを餌のように喰わされているのが実態です。

食品スーパーでは正確な名称と原産地(国)を表記しなければならなくなったので、その点では進歩しています。

しかし外食産業はそのような規制はされていません。
一部自主的にアレルギーがある客に対して、卵や小麦粉といった原料表記はするようになっただけです。

たぶん偽装食材問題で外食産業は衰退していくでしょう、ただでさえ人口減で胃袋の数が少なくなっていくのです。

利益率ばかり追求している企業、レストランはどんどん消えていったらいいのです。自業自得ですから。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2337 )
プロテスタント国家は人民を幸せにしたのか 
Friday, November 8, 2013, 12:47 PM
11/8 晴10時 浅草での空間線量は245ベクレル/立法メートル

山本太郎が今上天皇へ手紙を手渡そうとしたことに一部同調する行為があるとのこと。

山本議員の支持者や、急進的な反原発派の一部からはこんな意見が出た。
「そうだ、私たちも天皇陛下に手紙を書こう」「お手紙書こうかしら!グッドアイデア!」
「皆で手紙を書いてこの窮状を訴えればいい。天皇陛下は親も同然 国民は子も同然」
こうした呼びかけは現在もインターネット上でじわじわと広まっている。
http://www.j-cast.com/2013/11/07188203.html?p=all


明治新政府が成立したおりに天皇をどのように位置づけるかを当時の国学者、政府の神祇官らが苦心して国家神道を造り上げたのです。そこで明治に神仏分離令による廃仏毀釈により神社(神道)と仏教を明確に分離したのです。

一人の人間として神官の頂点とする考え(人間天皇宣言)は加藤弘之(元幕臣、東大初代学長)がすでに構想していたことです。

それが太平洋戦争後に実現したのが現天皇制であり、皇室をもつ国家としての象徴として崇められるのです。

なぜ皇室国家であり、国家神道という日本独自の宗教を明治時代に明確にする必要があったのかというと

キリスト教の勢力が開国と同時に日本に流れ込んできたためです。

仏教は江戸幕府により、死者を弔う権益の独占を許されたかわりに、地域の農民の戸籍(檀家帖)を管理させて役場の機能を任されました。寺子屋といわれるように平民の集会所や教育施設としての役割もあったのです。

そのため明治となっても人口調査や徴税の役割も担っていたお寺は残ったのでしょう。

キリスト教といっても織田信長が弾圧したカトリックではなく、大河ドラマ八重の桜でわかるようにイギリスからアメリカを経由したプロテスタントです。

織田信長が一転して弾圧した理由は宣教徒らに混ざっておこなわれた密貿易、それも日本の婦女子らを奴隷として売買したことに手を焼いたからと言われています。

プロテスタントは教皇という絶対権力を拒否して、自ら社会を変えるという考えで、民権思想の根本です。未開の国を信者である自分たちの都合がよいように開発してやるという考えが基本です。

ベトナム戦争しかりイラク戦争しかり

宗教の頂点として天皇を掲げさせることでキリスト教の蔓延を防いだ



キリスト教の布教の条件として、明治政府(山縣有朋内閣)で天皇も神と同列に扱うことを条件としたのです。

この奇策でキリスト教の拡がりに歯止めをかけたのです。

現代でも天皇陛下は海外宗教思想の防波堤である



だから我々日本人は国内での宗教対立もなく安心して暮らしていけるのです。

山本太郎とそのシンパは何もわかっちゃいないのだな。これも文科省はじめ日教組系教師らによる弊害です。天皇家はなんで存続していかねばならないのかがわかっちゃいない。

もし天皇を国家神道の頂点として掲げなければ、あっというまに日本は明治でキリスト教国家となっていまったでしょう。そして宗教による思想支配が英米欧により行われ、一層露骨な植民地となっていたはずです。

天皇が存在するだけでもありがたく、多大な恩恵を日本国民に与えていることをもっと知っておくべきです。

「天皇陛下=国内最高権力者」と勘違いしている山本太郎とそのバカシンパの行動や発言はほんとうに間抜けを通り越してかわいそうです。

プロテスタントを国教とする国の国民が幸せかどうかを冷静にみれば、プロテスタントも神学論の一派にすぎず、お節介で暴力的な思想であると私は思っています。ビジネス書の自己啓発みたいなもの。

明治の知識人は無宗教こそ進歩人と考えていた



宗教(仏教、神道、キリスト教)は道徳観念までと歯止めをかけていたのです。過激な原理主義は徹底的に嫌いました。福沢諭吉がそうです。咸臨丸(かいりんまる)で渡米した福沢諭吉はプロテスタント教を嫌っておりました。ただし神学論は西洋学術の習得の必要性を感じて慶應義塾に神学部を設立しようと計画したそうです。実現はしませんでした。

なんども書きますが、先進国プロテスト教国家には全国民を幸せにすることはできないでしょう、これからも。

そもそも国家社会主義的な性格であることはアメリカをみることでよくわかります。

自己責任・自助努力よりも全体責任・他力本願のほうが過ごしやすい社会なのです。

行きすぎると共産主義になるのでしょうか。それでもかつての村社会という社会構成単位は生産面でも生活面でも悪くないと思います。

Bon Jovi(ボン・ジョビ)の名曲「Livin' On A Prayer (信仰に身を捧げて生きる)」はその日暮らしの男女が信仰にすがって生きていく内容です。唯一愛し合うことだけが幸福を実感できるという悲しく厳しい内容です。この歌を聴いてアメリカに住みたいと思いますか?


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2273 )
うっかり詐欺商法 楽天77%引きと食品偽装事件 
Thursday, November 7, 2013, 12:43 PM
11/7 雨10時 浅草での空間線量は215ベクレル/立法メートル

私のような小売店には法律が厳格にあります。
・景品表示法
・特定商取引法
・食品衛生法
・薬事法

広告での虚偽や錯覚を目的とした価格表示、おまけによる演出といった消費者を惑わす販売方法への規制です。またクーリングオフ、返品を受け付けなくてはなりません。
食品では食品衛生法、栄養補助食品では薬事法に抵触してはなりません。

楽天の77%引きセールと銘打ちながら実態のない割引前価格を表示していた事件が発覚しています。楽天は店子の責任であるという発言をしています。楽天自体は貸しサーバー屋にすぎないという言い訳に終始しています。

寝ていても金儲けという賤しい頭ですからこういう芸当ができるわけです。

楽天やYahoo、Amazonに六城ラヂウムが出店しない理由は、手数料やマージンががっぽり取られてコスト高ですし、お客様情報は運営会社のものという仕組みなので、事ある毎に請求書が回ってきます。

77%引きセールを店子がまっとうにやったら、赤字どころか持ち出しになってしまいます。仕入れ値がタダのものを売ったとしても売価の2割以上が出店手数料や宣伝費といった名目で楽天に吸い上げられるのですから。

楽天東北イーグルスが優勝したときに77%引きセールをやると三木谷浩史が発言しているニュースを見て、そんなことできるわけないと思っていましたが、案の定素人の浅はかさです。

三木谷浩史は経団連も脱退し、安倍内閣の産業競争力会議委員も辞任となりました。

こんな法令遵守もできない奴が医薬品通販解禁なんておこがましい



医薬品の通販なんて、全国の地域の薬局がやればいいのです。べつに楽天がやる必要はないというのが私の感想。
薬害が発生しても、楽天にはなんら責任を負う能力も、その意思も三木谷にはないことがわかります。単に金儲けの手段で楽天を運営して、利益率の高い市販薬を割引して大量に売りたいのです。

クスリは77%引きにしても十分利益がでるからね>三木谷よ



高級ホテルから百貨店の直営飲食店で食材の偽装が発覚しています。
まさに景品表示法違反の事件です。

お客をうわべの高級感で惑わして、心で舌を出すレストランの料理長、ホテル経営者と楽天は同列です。なにが「おもてなし」だ。

六城ラヂウムは虚偽虚飾を排して常に直球です


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2280 )
ホテルオークラはアメリカ直轄の盗聴機関 
Wednesday, November 6, 2013, 02:43 PM
11/6 晴10時 浅草での空間線量は210ベクレル/立法メートル

都市伝説と言っておきますが、ホテルオークラとアメリカ大使館の間には秘密の地下トンネルがあるとされています。またホテルオークラ内での会話は隣接するアメリカ大使館員に筒抜けだそうです。
大使館内には専門の盗聴部隊がいるのは公然の秘密なんでしょうが。

地図をみると、アメリカ大使館を挟んでホテルオークラとANAインターコンチ(旧全日空ホテル)です。

どちらもアメリカ大使館から盗聴監視されてます



日本政府高官とジャパンハンドラー達の会談や会合は圧倒的にホテルオークラが多いのはそういう理由があるからです。

共同通信のビルもありますしね。共同通信はCIAの宣伝部隊です。

ちなみにオークラの一般の人が入らない機械室や排水ピットのある地下階に入ったことがありますが、古いのでとんでもなく汚いです。ホテルの裏側ってどこもひどいもんだ。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2482 )
朝日新聞連載「プロメテウスの罠」は山本太郎と同じ煽りレベル 
Tuesday, November 5, 2013, 05:15 PM
朝日新聞朝刊連載の「プロメテウスの罠ー医師前線へ」という連載がひどい煽り記事です。

朝日新聞の放射線への恐怖を煽る記事に毎朝不愉快になります。

長崎大医学部の放射線被曝専門の熊谷敦史(くまがいあつし)(40)が現地の救急前線に徒手空拳で派遣され、恐れおののく日々を浅田麻衣という記者がわざわざ不安を煽るように書き飛ばしている記事です。

熊谷敦史という専門家がヘタレなんです



熊谷敦史という医者も母親が広島の被曝二世ということで、体調がすぐれないと根拠を原爆のせいにするため、放射線被曝の専門といっても相当な偏見があることは確かです。

おまえ本当に放射線被曝が専門なのか!と毒づきたくなるほどのうろたえ方です。

数人の看護士と共に大量に運ばれるかもしれない被曝して作業員の治療体勢を福島県立医大で築く過程が連載されているのですが

文中に「なんで俺たちが・・・」
「これで自分の命を縮めたら息子達に申し訳ない」
と医大の医師達が不満ばかり口にする記述があります。

一方ではヘリの発着場である福島第二原発のグランドは毎時3μSvであり、爆発時の負傷者を運んだヘリ内でも計測値は毎時1.4μSvしかないので、拍子抜けしたとあります。

同時期に副島隆彦先生が先導して私たちが封鎖前の第一原発正門前(事故原子炉から400m地点)でも毎時300μSv程度しかなかったのですから、

六城だってあまりの低さに拍子抜けしました



熊谷敦史は山下俊一長崎大教授の教え子です。

お前は何を山下教授の下で習っているんだ、原爆障害医療機関でジャーナリズムに毛が生えたようなことばかりしていたのです。山下俊一教授の健康被害はないという判断をどう捉えていたのだと問い詰めたい気分です。

専門でありながら的確な判断ができない、だから県立医大の医師が泣き崩れるのを傍観しているしかない。

原子炉敷地内でも急性症状が出るレベルではないことは、専門家ならすぐにわかるはずです。ヘリコプターの線量計でもたいしたレベルではないことは確認したはずです。

急性の被曝症状は瞬時に数シーベルト、不快な感覚(放射線酔い)でさえ毎時数百ミリシーベルトという相当強い線量でなくては発生しません。百万分の一のレベル(マイクロ単位)では健康被害のおそれはないと判断すべきで、そのために現地医師への応援に派遣されたのですが、もののみごとに熊谷敦史という医者は派遣の狙いを裏切ってます。

健康被害が発生しないレベルを映画アルマゲドンのように不運にも立ち向かわざろうえない不遇な医師達という脚色で連載する朝日新聞は最低です。

あ〜あ

原発格納容器の真横で昼寝でもしたいもんです



早く終われ、この糞連載記事
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2267 )
スーパーの安売り豆腐は絹ごしである理由(水増し豆腐の功罪) 
Tuesday, November 5, 2013, 02:06 PM
11/5 晴10時 浅草での空間線量は201ベクレル/立法メートル

豆腐屋の廃業が相次いでいるそうです。理由としてはスーパーからの値下げ圧力と海外大豆の高騰により利益がでないからです。

近所の安売りスーパーでも一丁48円なんて値段で積み上げられています。
ただしどれも絹ごし豆腐です。

理由は凝固した豆乳を圧縮してできる木綿豆腐に対して、豆乳の状態で凝固剤をいれて固めるのが絹ごし豆腐です。

絹ごし豆腐は豆乳を水増ししやすいから原価をおさえられるからです。
水っぽくなるので人気はないのでしょうが、木綿豆腐と絹ごし豆腐を並べて納入業者は利益調整しているのです。

双方の豆腐が同じ値段であれば

木綿豆腐は利益率を低く、絹ごしは利益率は高くなります

そうやって豆腐製造会社は凌いでいるのです。結果、水増し豆腐は売れ残り、安売り店で投げ売りされるという構図ができているのです。

本来の豆腐は無くなりつつあります。スーパーの水増し豆腐はおいしくないですから値段が上がれば一気に敬遠され、さらに水増しが増えるか絹ごしが増えるという悪循環です。

旨い豆腐は下町か地方の零細から買うしかないのでしょうね。またはパンと同じように自家製の豆腐をつくるしかないでしょう。

言いたいことは木綿豆腐だけを買うということです


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2322 )
経済成長の影に宗教勢力の拡大 
Tuesday, November 5, 2013, 12:11 AM
11/4 晴10時 浅草での空間線量は171ベクレル/立法メートル

先月放映されていたNHK特集「中国激動 ”さまよえる”人民のこころ」を観ました。
中国社会でキリスト教への入信が絶えません。習近平中国共産党書記長でさえも宗教の勢力を認めざろうえない発言をするまでに至りました。

家庭教会という非公認教会が貧困層の救援、また道徳観の再認識の原動力となっているとしています。

一方では孔子の儒学が一人っ子政策で歪んだ教育界に注目されています。
大人も論語を再認識しています。

儒学もあちらでは宗教的な様相をもっています。なぜ私が番組中で宗教的に感じるのかというと日本人にとっては勤労奉仕、親孝行、年功序列、滅私、愛国という儒教的な言葉から
五倫五常の言葉「仁義礼智忠信孝梯 」は日本人にとって身近な道徳観であるからです。

これらの道徳観念から外れた人を「人間の屑」「鬼畜」「外道」と批難してきましたから。

共産主義の無神論は道徳観念まで剥奪してしまったのでしょうか、いえいえ

中国では「義(connection)」の精神、血縁地縁の関係で鉄則の関係があるのです。
これが大衆の倫理観の根源であったのです。

番組では近代化で稀薄になる人間関係で義が薄まり、宗教(番組ではキリスト教カトリック)が心のよりどころになっている現状が紹介されています。
私の直感ですが

宗教、特にカトリックは火種の元になるでしょう



なぜ中国では人気のないはずだった儒教が盛り返しているのか、さらに現世利益を重んじる中国人民にキリスト教(カトリック)が人気となったのか

儒教と宗教の違いは何か

どちらも精神形成に大きな影響を及ぼします。

一言で言えば行動制約の強度です。イスラムでの豚肉を食べてはならないという規律は宗教、祖先を敬えという道徳が日に三度祈れとなれば宗教です。

共産主義の無神論は突如としてこのようなオセロゲームの駒をひっくり返すように、一気に宗教国家へとひっくり返る可能性があることを番組では伝えています。儒教の拡がりは宗教国家への一里塚になるかもしれません。

私の宗教観を言いますと

カトリックの勢力拡大は私が政治中枢の人間ならば歓迎しないでしょう。NHK大河ドラマ「八重の桜」で新島襄が布教しているのはキリスト教でもプロテスタント、それもユニテリアンという宗派です。

天地創造の神(GOD)をいるとして絶対的な頂点とするカトリックは三位一体(神、イエス、精霊)をよりどころにしますが、プロテスタントは神は人間界には関与していない(自ら変えなくてはならない)という近代思想の礎です。

有名な例えではダーウィンの進化論(自然淘汰説)はキリスト教内での大論議となったテーマです。
進化の要因はGODなのか、自然要因なのかが大激論となったのです。たった200年300年前の話です。

中国は経済の歪みから急速に道徳観を再構築する動き、それに乗じた宗教勢力の拡大が注目されています。

150年前の明治維新と明治時代では西洋技術の導入と同時に、天皇の宗教的立場を明確にしたということが、現在の中国に起っている道徳観念の混乱を回避できたのだと思います。

日本は天皇の宗教的立場を堅持することが、国民を正しく導いたのだと当時の知識人の先見性に感謝します。

儒教は嫌いではないです。でも儒教的な考えは突き詰めると自分を縛ることになるので、高校生までに教養として知っておく程度が健全であるように思います。

宗教、特に新興宗教は無学な貧乏人の救済のためにあるのでどうでもいいです
宗教に陥る層のほとんどは浮かばれることなく一生を終える人達ですから
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.8 / 2442 )
結婚願望を恋愛と同一視する風潮はいつからなのだろうか 
Saturday, November 2, 2013, 12:40 PM
11/2 曇10時 浅草での空間線量は144ベクレル/立法メートル

昔は花嫁学校というものがかつてあったそうです。聞くところ、花嫁学校では料理や洗濯、裁縫といった家事一般、それにお茶やお華を教えていたそうで良家の子女が通ったのだそう。

それだけではなくて「夜の営み」(言い方古いなあw)の指導までちゃんとあったのだとか。

おそらく大正や昭和初期あたりの頃は女性を「家庭人」(昭和的言い回し)として世に送り出していたのです。

戦後には職場の華として女性が多く採用されました。
会社を一種の見合いの場とした腰掛け就職と揶揄されましたが、はたしてこれが批難されるべきことだったのでしょうか。

男女双方にとって簡潔なシステムで、企業にとっても、融資する銀行にとってもマクロ的に見れば社会の利益であったのです。

結婚しないと経済は回りません



家庭を築くことが最大の消費行為ですから。それが社会的に認知されているからかつて結婚は社会の暗黙のルールとなっていたのです。

ところが男女平等で「腰掛け就職」が悪とみなされてしまい、最大の結婚斡旋組織を日本社会は失ってしまいました。男女ともに不幸な時代の始まりです。だいたい90年あたりからでしょうか。

新聞記事の悩み相談の女性(43)が就職した頃です。
結婚相手が見つからないという愚痴です。

正直私の回りでもこのような女性は珍しくありません。人生の半分が過ぎていても、私はまだまだモテるから結婚できると放言する人、理解してくれる人がいない、ときめく人がいないなどなどと言いながらも、まだまだ自分は結婚する価値があると信じ込んでいます。

恋愛と結婚を同一視していることが大間違い



会社でお局様となっても、上司や後輩男性社員からちやほやされるからまだまだ女性の商品価値があると勘違いしていることが痛々しい。男から見ると、単なるご機嫌取りの相手に過ぎないのですが、まだまだ女性の価値があると過大評価しちゃうのでしょうね。

雇用形態で「お茶くみ」「腰掛け」が無くなってしまったので、男性が阿(おも)ねているだけなんですけどね。

自分の体験でもありますが、デート回数やプレゼントの多寡で恋愛対象の基準とする女性はこの相談者の年代では多いです。逆に男性側は結婚を意識しだすと倹約するようになるのですけどもね。

子供をつくる年齢を過ぎても、まだこのような質問を投稿するのですから

女って頭の悪い生き物なんだなあ







  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2157 )
園遊会を台無しにした山本太郎の行動とストーカー国家・韓国 
Friday, November 1, 2013, 10:56 AM
11/1 晴10時 浅草での空間線量は134ベクレル/立法メートル

昨日の園遊会で山本太郎参議院議員が天皇陛下へ原発事故で健康被害がでているという嘘でたらめの手紙を渡したことで、この山本太郎の資質がとても低いことがわかります。

選挙時に日米原子力協定を取り上げていたので


ちょっとは他の候補者よりは原子力政策を理解して国会で切り込むのか?と生暖かく見ていましたが、やっぱり地頭の悪さばかりが目立ちます。

山本太郎の行動原理はストーカーそのもので、嘘も百回つけば信じるバカもいるという類です。
韓国のいう慰安婦と海上自衛隊の軍旗への言いがかりをアメリカ大統領にいう行動と似てます。いまでも売春婦を世界へ「輸出」している国家が何を言うかと思います。

福島原発にも訪れたことがないのに、よくまあ労働者が倒れて子供たちの健康被害が甚大だなどと言えたものだとほとんどの国民は思っています。

ストーカーと山本太郎の脳みそは一緒じゃないの



こんな人間に歳費合計1億8千万円も払うことは税金の無駄です。いやになっちゃいますね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2215 )
社団法人は「ハクづけ」で毟るためにある 日展の会派談合 
Thursday, October 31, 2013, 07:25 PM
10/31 晴10時 浅草での空間線量は135ベクレル/立法メートル

美術品を公募し審査する日展で「書」分野で会派毎に入選数を事前に割り振っていたことが報道されています。

美術家は洋画、日本画、彫刻、工芸などなど自分の分野によって日展や二科展、院展の傘下の地方美術団体に所属するのが普通なのだそうです。

文部科学省の天下り先、公益社団法人日展の所業ですが

どうせ素人が観ても優劣なんざわからないのだからいいじゃない



特に書の世界は会派が重視されているようで、そこには何人もの師範がいるわけです。
月謝なのか会費を払い続け、会派での作品展で切磋琢磨してからやっと日展への出願をみとめられるようです。

とうぜん、会派としても日展での入選数という実績は会員募集の大きなPRなんです。

審査する側も会派から出されるのですから、事前に談合して、お宅の入選者はこれだけ、そちらはこれだけという話合いがあったというだけのおはなし。

すべて自分たちのシノギ(稼ぎ)に直結する話ですから、談合を無くすことはできないでしょう。

それよりも、美術作家は大変だなあと思うことがあります。

実は入賞後の「お礼参り」が大変です



大きな美術展でなまじ大賞や金賞などをもらってしまったら、自分の所属する会派・流派の師範たちに「お礼金」や高額な「贈答品」を贈らねばならないのです.

そうやって会派の大物クラスは領収書のいらない裏金を門下から吸い上げるのです。

貧乏な書道家がお礼のために借金までしているので、アホじゃねえのと思っていました。
小さな展示会でさえ何十万円のお礼金が必要なのですから、そりゃ日展クラスだと分厚いのし袋が行き交ってますよ。

美術団体の主催者や大物美術家の金庫には現金が詰ってまっせ>国税さん



ちなみに日展ではありませんが、東京芸大学長であった日本画の平山郁夫(ひらやまいくお)の作品が大嫌いです。よくこんな画風で大家然してられるものだと高校生のときから思っていました。当時つくば万博の日本館に掲げられていたのです。

後に相続税の脱税で妻が送検されますが、院展受賞者というハクで高く売れるから夫の名前を借りて自分の絵を平山郁夫作として売っていたそうです。
後年の作品のほとんどは脱税した妻の作なんだとか(笑)

どうりで下手くそなはずです。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2128 )
いわゆる研究本は剽窃(ひょうせつ)の固まり 
Wednesday, October 30, 2013, 02:11 PM
10/30 晴10時 浅草での空間線量は125ベクレル/立法メートル

森鴎外の研究書を手当たり次第読んでいると、「はてこの文章一度読んだような・・・」というデジャヴ感に襲われることがあります。

そりゃ一度どこかで読んでいるからです。

しかしですよ、原書の一字一句写すのであれば、ちゃんと転載元を明記してほしいものです。悪質なのは参照を隠してあたかも持論のように記述していることがしばしばあります。

これがどっかの文学部の教授だったりするとがっかりしますし、読者としてもそこから先の文献を知る手がかりが無くなってしまいます。

副島隆彦が剽窃(ひょうせつ:他人の著作の盗用)に対して厳しい姿勢を取ることはそのようなことです。

笑い話ですが、かつて日本で販売されたコンピュータの解説本には必ずある誤記が紛れ込んでいました。
何のことはない、元の原書を訳した日本語版をそのまま剽窃したからです。日本国内で誤記に気付いたのは訳者ただ一人でした。雨後の筍のように続いた類似本はなんのことはない、その日本語版を抜粋したに過ぎません。
訳者のコンピュータ技師は、自分の著作ぐらいではせめて原本を読めよと嘆いていました。アップルよりもマイクロソフトの公式解説書は日本語文にさえなっていませんでしたけども。

森鴎外の研究本も、きっと読者が少なく、また研究者も少数の大学教授などに限られているので身内のようなものなのでしょう。学生に買わせるだけの部数しか刷らないからきっちりした論拠を出す必要がないというのでしょうか。

鴎外関連の書籍を読みましたが、ほとんどどれも一緒。内容が薄いか濃いかの違いです。

西洋思想、それも神学方面から鴎外を解説した書籍を探したのですが、どれも通り一遍の解説ばかりです。

日本の文学研究者の低いレベルにがっかりしました


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2217 )
第二の心臓は足の筋肉よりも骨盤と背骨の筋肉です 
Monday, October 28, 2013, 12:56 PM
10/28 晴10時 浅草での空間線量は119ベクレル/立法メートル

昨日のNHK特集「病の起源(心臓)」を観ました。爬虫類の心臓の筋肉はスポンジ状で、送り出す血液が自然に沁みて心筋を動かす仕組みです。一方哺乳類動物の心臓は高性能化しており、心筋には心臓周囲に張り巡る血管から酸素と栄養が供給される仕組みとなっています。

この進化によって人類はコレステロールが詰ることによる心筋梗塞に悩まされるようになったと結論づけています。

また二足歩行で血液の大半は下半身に溜まってしまうために、一層心臓の負担が高いのも人間の宿命であるとしています。

番組の最後にはランニングマシンで足の筋肉を動かすトレーニングをしている心臓病患者群を映して、足の筋肉を鍛えることで心臓の負担を軽減することが出来ると説明しています。

足は第二の心臓


と言われています。

ただし誤解されているなあと常に思っていました。昨日の番組でもその誤解のまま放映されているようです。

足の筋肉を動かすと逆流弁があるリンパ管から自然にリンパ液が心臓側に戻るからと番組でも説明しています。

これは古くから言われている一説で目新しいことはありません。

多くの学者も心臓専門医もそう信じているようですが、それは大きな誤解です。大々的な大間違いと断定してもいいです。実際に自分の体で試してみたら自明です。

心臓がバクバクしているときにスクワットしてみてください



よけい心臓に負担がかかってしまいます。目眩してしまいますよ。
激しい運動直後に膝の屈伸運動程度で構いませんが、それで体が楽になったでしょうか。

一流のスポーツトレーナーは体験的に太ももやふくらはぎの筋肉をいくら鍛えても心臓の補助にはならないことを知っています。

下半身の血液は腰と背骨まわりの筋肉が吸い上げている


足の筋肉がリンパ液を送り返しているというのは嘘ではないが副次的な事象です。


図にあるように大腰筋や腸骨筋、肺を押し下げる横隔膜の筋肉、腹筋、背筋といった内臓周囲の筋肉が下半身の血液を吸い上げているというメカニズムが今のスポーツ医学の常識です。

足の「冷え」や「むくみ」を解消するためにウォーキングをしたり、脚を中心としたトレーニングに励むという女性も多いでしょう。

冷えやむくみに悩む人達は共通の体型です


筋肉が少なくメリハリのない体つきで、すらっとした女性らしい体型の方が多いようです。

背骨廻りの筋肉、内捻筋や体幹筋と呼ばれている筋肉を鍛えることで、下半身の血流は劇的によくなります。

脚の筋肉を鍛えるよりも、まずはまっすぐ立つこと、次は片足立ち。フラダンスのような腰中心の運動がお勧めです。

流行のロングブレス(ドローイング)も血流改善には有効です。激しい運動後やってみればすぐに実感できます。

腹腔の筋肉こそ第二の心臓なのです


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2199 )
未確認政治物体EU --国際儀礼にみる強固な欧州王族ネットワーク 
Thursday, October 24, 2013, 04:03 PM
10/24 小雨10時 浅草での空間線量は111ベクレル/立法メートル

朝日新聞日曜版のタイトルが「未確認政治物体EU」でした。この言葉は欧州連合(EU)のトップにあたる欧州委員長を務めたジャック・ドロールが1985年(昭和60年)の演説でEC(当時)の将来を未確認飛行物体(UFO)になぞらえて未確認政治物体(UPO)と呼んだそうです。それ自体が国家なのかバラバラ国家の集合体に過ぎないのかあいまいさを揶揄した言葉です。

記事によるとEU内には各国の首脳で構成される欧州理事会とその配下の閣僚で構成される理事会、日本で衆議院にあたる欧州議会、EUの政府機能をもつ委員会の3組織で運営されていることがわかります。

連合体でありながら国家主権で重要な通商や通貨政策、さらには軍事をもEUが決定する拘束力の強さがEUの特徴です。

ギリシャやスペイン、ポルトガルでの金融危機問題で各国の経済格差による統合の脆弱さが露見し、EUは分裂に陥ると見る向きも多かったのですが、ほとんどドイツが救済したことでEUはまだまだ大丈夫のようです。

ヨーロッパでは人も物も国境という概念が稀薄ですから、ちょっとエーゲ海でバカンスにと車や飛行機で気軽に出かけていきます。ドイツの友人がクロアチアで会おうと誘われましたが、よく知らないので調べてみたら旧ユーゴスラビアです。いまでは欧州では人気の観光先なのだとか。

目・肌・髪の色が違うにも関わらず同じ大陸に住む隣人のような感覚を大部分の人達は受け入れているように見えます。日本人にとってはとてもなじめない感覚です。混血はあたりまえだからでしょうか。

EUの成り立ちは
1952年(昭和27年) 欧州石炭鉄鋼共同体
1958年(昭和33年) 欧州経済共同体(EEC)、欧州原子力共同体(EURATOM)
1967年(昭和42年) 欧州共同体(EC)
1993年(平成5年) 欧州連合(EU)→1999年(平成11年) 単一通貨EURO導入

となっています。
「エコロジーという洗脳」(成甲書房)で述べていますが、ヨーロッパはガスパイプラインはヨーロッパ全土に網の目に敷設されています。たった40年で欧州内でのエネルギー流通を皮切りに経済、通貨政策にまで進んだことがわかります。

なんで欧州は連合国家を造り上げることができたのか



ヒントは欧州委員会本部がおかれているベルギー・ブリュッセルにあると考えます。ベルギーやオランダは反カトリック勢力の国家です。生い立ちがもともと反カトリック国家連合の様相です。同じキリスト教でも教会(教皇)への権力を良しとしない国家群です。
一言で言えばリベラルなのでしょう。ただそれだけでは説得力はないのはわかっています。

ここに一枚の写真があります。とある新聞社から入手したものでエクボ株式会社の清水社長から戴きました。

国際儀礼(インターナショナル・プロトコル)にみる王国の序列



英国王室の晩餐会での写真です。中央にエリザベス女王が居られ左端に今上天皇がお座りになっています。

 日本は端においやられてとても惨めだ・・・いえいえとんでもない

向って前席左端は最上位の上座であるのが国家儀礼の常識



つまり英国王室は今上天皇に最大の敬意をもってお写真を撮ったのです。前列左から右へ、前列から後へと序列が厳格に決められています。

この順番では日本の天皇の次はオランダ女王、デンマーク女王、ギリシャ国王、ルーマニア国王、エリザベス女王、ブルガリア国王、ブルネイ国王、スゥエーデン国王、スイス国王、リヒテンシュタイン王子、モナコ王子、ルクセンブルグ大公、レント国王、ベルギー国王、ノルウェー国王、カタール首長、ヨルダン国王、バーレーン国王、マレーシア国王、クェート、アブダビ皇太子、トンガ国王、タイ皇太子、モロッコ王女、サウジアラビア


これが王族間の序列なんだそうです。国際儀礼に於いては

1.皇帝(天皇)
2.国王・女王・教皇
3.大統領
4.首相

ですからEmperorである今上天皇はこの写真では左端で一番エライのです。

またオランダ、デンマークに続いて国家破綻間近でたいへんなギリシャ国王が並んでいます。なぜギリシャをEUは斬り捨てないのか?

ギリシャ王室はヨーロッパでは位が高いから



写真でもEUの本部があるベルギー国を差し置いて堂々と前列に座っていることからもわかるでしょう。ベルギー、ノルウェー王室は前列には座れません。

このような写真からEUはギリシャを見棄てることはないとみます。いくらギリシャを脱退させよという声が高まっても王族ネットワークはEUで面倒をみさせるでしょう。

また王族とはまぎれもなくお金という概念がないほどの富裕層であることは間違いないです。

このようにヨーロッパは表面的な政治だけではわからない国家間の繋がりを理解しないと国家共同体や連合国家は理解できないと思います。

天皇家と英国王室の深い結びつきも当然あるから、晩餐会に招待されて上座に座っているのです。

自由平等という言葉は貧乏庶民への慰めの言葉なんですよ








  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2238 )

戻る 進む