日本は偽物大国です(食品に続いて薬までも) 
Friday, June 23, 2017, 12:37 PM
6/23 晴 10時 浅草での空間線量は46ベクレル/立法メートル

日本は国民には知られていませんが、ワインなどは実際は海外のチリなどからブドウジュースを輸入して、醸造は国内で行って国産ワインだというラベルを堂々と貼って流通しているそうです。
日本酒だって原料の米はタイや中国産を使ってますし、味の素と糖分で味付けされてます。名の知れている大手メーカーは樽ごと買ってブレンドしているだけという話も聞きます。
おせんべいなどの米菓もほとんどが中国産やタイ産の米だそうです。

チーズなどの加工食品も半製品を日本に輸入して国産としたりとまあやりたい放題。
魚介類でも干物などの加工品は加工場の所在地が原産地となるので、鯵の干物でもどこのものやらわかりません。

外国暮らしが長い知人は日本の野菜や果実は不味くて高いと嘆きます。

私の姉も子供たちが欠かさず飲むオレンジジュースやアップルジュースが全然おいしくないとあきらめ顔です。
だって海外で一度煮詰めて、日本で水で薄めて人工香料をぶち込んだものが日本では立派なジュースなんですから。

アイスクリームというのは牛乳からつくられるものですが、日本ではラクトアイスという植物油を乳化させたものを増粘剤で固めた物があります。食品添加剤の固まりです。コーヒーのスジャータも実は油でミルクは一滴も入っていない。

ああこれが悲しい日本の食卓の現実です。一生本物のチーズの味を知らない人もいるのだろうなあ。

外食で口にしている物はどこから運ばれてきた物かなどわかったものではない。

消費者庁がしっかり仕事をすればよいのですが、基本的に消費者を守る省庁ではないことは実績もないことからわかります。

EUの外圧でやっとしぶしぶ対応する日本政府



経済連携協定(EPA)にあわせて日本も対応するとしていますが、日本政府の対応はいつも後手です。
農業保護よりも食品業界の保護を主体としてきたのですから当然です。

食品に関してヨーロッパ基準のほうがずっと厳密だから、これは良いことです。食品に関しては流通経路(トレーサビリティ:traceability)をしっかりと開示させる必要があります。

ブランドを高めることが地方再生にもつながるのですから、もうちょっと行政は頭を使った方がよいでしょう。

日本人の大好きな薬にも中国原料を混ぜていた



和歌山の原薬メーカー・山本化学が解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンに安価な中国製を混ぜていたというニュースです。

注文増で製造が間に合わなかったと言い訳をしていますが、こんなのは真っ赤な嘘です!

製薬会社に勤めていた経験から断言します。風邪薬って大手製薬メーカーにとってはお荷物商品なんです。

ほとんど利益にならないばかりか万年赤字なんです。一箱千円のものをチョビチョビ造って原価がかかるから。

それではなんで製薬メーカーは風邪薬を大々的に宣伝しているのでしょうか?

テレビコマーシャルで流して会社の知名度を上げるためだけが目的



医師が処方する医家向けの薬と違って市販薬って売れないし利益もない(だいたい年間数十億以上の赤字部門)のです。

それでも市販薬を商品として抱えているのは、テレビで宣伝するためです。薬事法で会社のみのコマーシャルは禁じられているからです。

だからそのために風邪薬はうってつけなんです。あとドラッグストアの棚割を有利にするためです。ドラッグストアの棚割だって会社の知名度をあげる広告のため。

基本的には風邪薬ていどのものは大手製薬会社にとっては「広告販促費」で処理されるものなんです。

年間でもたいした売上にならないものが、数年前から急激に需要が高まったという山本化学の言い訳は嘘もほどほどにしろよと言いたい。

中国人の爆買いが原因だとしたらこれほど皮肉なことはない



歯磨き粉で有名なライオンが商品のバッファリンをやめたいというほど、売上もなく利益も少ないものなんです。

自動車部品メーカーのタカタの不具合のように、取引先にはばれないだろうからと2割も中国産をぶち込んで納品していたのです。

納品っていったってセメント袋に詰められてパレットに載せてトラックで運ばれます。

その程度の物なんです、市販薬の原料って。

こういう食品や薬には得体の知れない外国産を使わせてはならないのです。
山本化学には厳罰を処すべきです。

弊社「新型パワー&スリムベルト」は100%国産・台東区縫製です!




  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 189 )
煙たがれる仕事こそが将来有望なのです 
Thursday, June 22, 2017, 03:54 PM
プロ野球のリーグ戦が明日から再開されます。注目はやはり日ハム大谷翔平選手です。

将棋の藤井翔太4段もすごいが、若い力が目覚ましいのは素晴しいです。あと卓球界では平野選手や張本選手といったエリート育成から登ってきた選手達です。

スポーツだけではなく勉学でもエリート育成を急ぐべき



私のような凡人よりも、少しでも芽がある人物には幼少期から徹底したエリート育成をすべきでしょう。投資対効果からみればずっと国益にかないます。

歪んだ平等意識こそが衰退と混乱の原因です。独裁国家の方がよほど人材育成は効率的です。

そんな話は置いておいて

読売新聞の地方面で目に付いた記事を掲載しておきます。
三重県の漁村で燻製作りが成功しつつあるという内容です。

煙たがれる仕事っていいよなあ



私は燻製って大好きです。やっぱり桜のチップで燻すとなんでも美味しくなります。

私の故郷も中途半端な田舎で、土地はあるし自然も豊かですから、こういう事業は成り立つような気がしています。そこらじゅうに手入れしない山林があります。

でも言うのですよ、地元の人は・・・観光の目玉がない、交通の便が悪いなどなど

私、六城は旅行が好きなので、国内のあちこち行きましたが、いつも残念に思うことが

国内には真の田舎は存在しない



わらぶき屋根の農家が消えて、ペラペラのプレハブ住宅、綺麗に舗装された真っ直ぐな道、どこでもつながる携帯電話、コンビニ、マクドナルドなどなど

鳥取県だったかスターバックス(スタバ)が唯一ない県として自虐的な広報をしていました。

スタバのコーヒーって不味いものをありがたく飲む、その馬鹿舌のほうがどうかしてます。
あそこはコーヒーを飲むための場所ではなくて、商業地での所場(しょば)代です。

スタバなんかよりも古民家を直して休憩所としたほうがよほど休まります。

寂寥(せきりょう)感こそが旅をしている実感なのに・・・



電車の通らなくなった線路や古びたままの商店街、時間の流れがゆったりとした農村などなどl、そういう人の暮らしの原点(Origin)を確認するところが現代には必要であって、それは都心部にはないものです。

人口が減った、人もいない、人も来ない困った困ったと嘆く前に見回してみれば、あんがい小さなビジネスはゴロゴロしているもんだと思うのです。

ちょっとのやる気と数人の仲間さえいればよい



とくに保存が利く食品加工は狙い目だと思います。毎日ガツガツ働く必要もない。
そしてこのような伝統料理や伝統産業の分野こそ老人の助力が必要なのです。

私が老人になったら「煙たがれる商売」やりたいなあと考えています。
歳をとるのが楽しみだw


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 462 )
厩戸皇子≠聖徳太子=蘇我入鹿である 
Wednesday, June 21, 2017, 10:25 AM
6/21 雨 10時 浅草での空間線量は48ベクレル/立法メートル

聖徳太子が実在したかという論争はかつてからあったそうで、現在の歴史教科書でも特定される人物が実在したという明確な証拠がないと記されています。

大化の改新(645)は半島からの渡来人によるクーデター



「たいかのかいしん、そがをむしこ(645)ろす」こんな風に覚えて蘇我入鹿は悪人と刷り込まれました。

副島隆彦の解説によれば白村江の戦い(663)で朝鮮半島から敗走してきた百済王朝が西日本に渡って開いた亡命政府であったということ。首都は近江大津(琵琶湖の南西)に据えた。

ところが百済王朝を追い払った新羅が唐への従属を拒否して、唐による半島と日本列島の征服は実現されなかった。

こうして唐の勢力圏から離れた日本では独自国家体制を急ごしらえで整えた。渡来系の人たちは交易や防衛に従事したために難波(現在の大阪湾周辺の土地)に居住し、また西日本の主要な港に居住した。

大化の改新は出雲系(華僑系蘇我氏)の拠点である飛鳥寺と法隆寺を新興の渡来人(半島系)が襲撃したというクーデターなのです。首謀者は中臣(藤原)鎌足(百済の皇子)と天武天皇です。

壬申の乱(672)で天智天皇の息子を殺した天武天皇(大海人皇子)が正式に奈良の飛鳥に都を開いた。
この天武天皇が自分の正統性を知らしめるために命じたのが「日本書紀」の編纂です。

蘇我氏の拠点は大阪の四天王寺であり、菩提寺が法隆寺です。そこは華僑系の交易拠点であり唐文化の発信基地でした。

日本書紀は本来の天皇家系(華僑=蘇我氏=天智天皇系)を抹殺したことを覆い隠すために編纂されたという考えには同意できます。

参考URL:
「340」 私の「聖徳太子は蘇我入鹿と同一人物である」論を遂に載せます。前編。のちに私の『属国日本史論』の一部となります。 2002.8.31

「342」 私の「聖徳太子と蘇我入鹿は同一人物である」論の後編を載せます。 2002.9.4

過去ログ:吉田茂は熱烈カトリックでバチカンからサングレナリオ騎士団勲章を授かっている
本日は皇室(渡来系)と出雲大社(日本原住民系)の「融合」が行われた歴史的な日である
古代から「怨念」「穢れ」「祟り」に支配されているわが国
政治中枢の怨霊信仰を知らなくては歴史はわからない





  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 923 )
語学教師なんて人工知能(AI)で十分だ 
Tuesday, June 20, 2017, 12:12 PM
6/20 晴 10時 浅草での空間線量は48ベクレル/立法メートル

私立中学校や私立高校で人工知能搭載機器での語学教育が広がっているという記事です。
ああ、本当にそれで十分だと思います。

Googleの音声認識を英語モードにして、発音練習を遊びついでにやってみる方法がNHK教育の番組でやっていました。

かつては機械翻訳といわれて、本当に単語の置き換えだけをやってくれるサービスがありました。吐き出された文はそこから<解読作業>が必要で結局原文を読んだ方が早いという本末転倒な結果でした。

今ではGoogleChromeでWebを翻訳させると7割ぐらいは意味が通るので、結構助かります。これに人工知能が加わればもっと自然な文になっていくでしょう。この技術の発達はこれから急激に向上していくでしょう。

私はスマホを持っていないので活用する経験がほとんど無いのですが、ここ浅草ではスマホに向って話しかけている旅行者をよく見かけます。

中国人の友人も運転中に早口で話しかけて、まさかと思っていたらちゃんと目的地を示しました。一度高性能スマートフォン+Googleの音声認識を使ってしまうと、もうカーナビは使えないのだとか。

テープの書き起こしや議事録作成でもこの音声認識はすでに使われているそうです。
テレビのテロップもいまや自動化しています。

アジアからの旅行者の方がスマホを活用している



へぇ、と思うのが物怖じせずにスマートフォンを経由してコミュニケーションをとっている場面を浅草ではよく見かけます。

話す言葉がすぐに現地語で発音され、また相手の言葉をすぐに翻訳してくれれば、夢の翻訳装置です。その世界は半分できあがっていると感心します。

翻訳業なんてのもいまや低賃金労働になってしまいましたが、語学教師なんてのも過去の遺物です。いや、居るだけ迷惑な存在になるかもしれません。

馬鹿から英語を教わっても所詮は馬鹿



それならAI相手に話したり聞いたりした方がまだましってなもん。ラテン系の言語、フランス語やイタリア語、ドイツ語はよく似ているのです。発音も似かよっているのでヨーロッパでは気軽に行き来しちゃいます。つづりが分からなくても発音は大丈夫なんだとか。

ラテン語ってなんなのか?というと日本人にとっては江戸明治の知識人にとっては必須だった漢文のようなもの。共通の言語体系を持っているから読めちゃうのだとか。

日本人教師にはそういう基盤がないもんだから、機械翻訳を生身でやっているだけに過ぎない。日本人が作った英検さえも合格できないお粗末なもんです。
過去ログ:文科省がこのまま存続する限り土人国家である


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1238 )
正直言って坂本龍馬タイプは苦手です 
Monday, June 19, 2017, 01:13 PM
6/19 晴 10時 浅草での空間線量は48ベクレル/立法メートル

京都の寺田屋事件(1866年慶応二年)後に家族に宛てた坂本龍馬の手紙が発見されたという記事です。

兄の坂本権平と家族宛に書いた手紙で、そこには薩摩の西郷隆盛と小松帯刀に匿われており、息災であることを快活に記した内容です。

司馬遼太郎の龍馬像そのものだと喝采するむきもあるでしょう。

はたしてそうなのかと、どうしても龍馬を眺めてしまいます。

そもそも郵便制度がなかった当時、文一つを送るのは大変な時間と料金がかかったわけです。

大名でもなければ、藩士でもない龍馬が気軽に家族宛の手紙を書くことなどできないはずなのです。士(藩士になれない武士の下層)の出である龍馬が家族にたわいのないことで手紙を出すなど不可能なはず。

しかし龍馬は手紙は多く残している。

これはある説によると、龍馬は土佐藩主山内容堂と後藤象二郎への報告をしたついでに、家族宛の手紙も飛脚に託していたからだそうです。

それならば理屈があいますし、手紙も簡潔である理由もわかります。

坂本龍馬は演技性パーソナリティ障害の匂いがする



過去ログ:メディアに映るのは演技性パーソナリティ障害者という気違いばかり

感情の起伏が激しく、自分を尊大に見せたいという要求が強い精神疾患をパーソナリティ障害と言いますが、龍馬の文面からはその匂いがプンプンしてきます。

自分中心に回っているという陶酔感で満たされていくタイプ。はっきりいっちゃえばはた迷惑なんです。
一番お近づきになりたくないタイプです。

営業マンや詐欺師に多いですね。クワバラクワバラ



過去ログ:イギリスの産業革命で思想(宗教倫理観)はどのように変化したか
『フリーメイソン=ユニテリアン教会が明治日本を動かした』読書感想の掲載
坂本龍馬の話題二題
スポーツになった武道にはたいして興味はありませんけども
幕臣開国派にも幕府解体を目指す派閥と幕府存続で近代化を目指す派閥がいた
地政学では福沢諭吉の「脱亜入欧」は全く正しい
「怒濤逆巻くも 幕末の数学者小野友五郎」 鳴海風著
私の夏休み課題図書を公開します
江戸時代の「目付」という役職は何をする役目なのか
坂本龍馬が北進一刀流の免許皆伝者なんて嘘っぱち
中国が歴史を持ち出すなら、アヘン/アロー号戦争の遺恨もあるだろと言ってやれ
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 98 )
中国製鉄鋼材を知らぬ間に納入されたタカタに同情します 
Saturday, June 17, 2017, 12:52 AM
シートベルトメーカーのタカタにはなぜ大量の不具合が発生したのか?

その訳を自動車メーカに勤務していた先輩が実状を教えてくれました。

「タカタは実は被害者なんだよ、粗悪品を知らぬ間に納入された」



へぇ、それは初耳だ

自動車産業というのは、同じ商品を作り続けてもいつも同じ価格、いわゆる定価では販売が難しい。特に巨大メーカーの下請というのは常に価格交渉(値下げ圧力)があるということ。

いままで100円で作って120円で納品していたのに、翌期には値引きを要求される。

それで同じ物なのに110円で納入する契約となったとしましょう。

マイナス10円をどうやって吸収するか?そこで原価低減のために製造工程の見直しや人件費の更なる削減が行われます。

こうして全社でVA(Value analyze)の掛け声がかけられて、無駄な費用や作業見直しが徹底的に行われるのです。

親会社の値引き要求は、下請、孫請け、曾孫請けへと伝播していきます。たった数%の値引きが倍々ゲームとなって末端の業者は採算ギリギリにまで追い込まれる。

そりゃ同じ物を作り続けて利益が半分になったら、その差額はそのまま納品している会社や人を派遣している会社に及びます。

だからトヨタの系列には納品しないと広言する会社も居るぐらいです。それも有名企業がです。

かならず1度目の納品(契約)が終わると、次は値引き交渉となり、たとえば発注数を倍にするから総額では同じにしろとか、本社がこれだけの原価を示しているのだから、それに合わせて納入価格を決めろといった納入業者にとっては厳しい条件と突きつけられるのだとか。

タカタの場合も、同じくコスト削減の罠にはまっていたのだと自動車会社に勤める先輩が話をしてくれました。

製造現場ではコスト削減の妙案は出し惜しみする



製造現場や購買部門では独自に”忖度”して先回りでコスト削減の手をいろいろ小出しにします。

だって一度に出したらまだまだ大丈夫だろうとさらなる要求が積まれるのはわかりきってますから。

上意下達の指示は末端では暴走していく



たとえば価格(コスト)を半額にしろという指示が末端に下がってくると、ではどうなるか?
どんな手でもコストを抑えろ!という号令(絶対命令)になるのです。

ああ可愛そう。

タカタの場合はそれではどうだったのかというと、それを見越してすでに鋼材を納入する取引会社に対しても納入価格を下げろと伝達していたのです。

取引会社のうちの一つが手を挙げて、ウチではやれますと宣言したとしましょう。
品質はすでに納入しているものと同じという条件で。

タカタさんはそれは良き取引先だと喜びました。最初のロットでは品質は十分満足できるものでした。

それに続く品質も満足できる物でした、タカタにとっては・・・

これには裏があって、タカタへの納入会社(鋼材卸)はその価格では利益が少ないために、次のロット、さらに次のロットと品質を気付かれないように徐々に落としていきます。

タカタの場合は日本製薄板から中国製のダンピングされた薄板になっていたのだとか。

たとえばタイヤメーカーの同級生から聞いたのですが、国産ベストセラーカーで採用されたタイヤですが、工場で取付けられるタイヤを、それを供給するタイヤメーカーは徐々に品質を落としていくのだそうです。

ゴム質を落としたり、素材を落としたりとささやかなコスト削減なんだとか。それで新車発表された直後のタイヤと、モデルチェンジ間近のタイヤとでは、同じ銘柄なのにタイヤの溝(パターン)ぐらいしか共通点はないのだそうです。

それでも年間何万台も製造されれば儲け物。タイヤって一台に必ず4つ使われるからさらにちょっと品質を落とせば大きな儲けがでるんだよと話してました。

あのシートベルトのタカタの不幸は、基幹部品で知らぬ間に中国製薄板が使われていたのだからだそうです。

日本製の鋼板は圧延が緻密なため縦横方向でも強度に大きな差はない。
中国製の鋼板は圧延が一方向で単純なために縦横方向で大きく差が出る。
そのために日本製の鋼板ではエアバッグ作動時に不具合が出なくても、中国製だと鋼板が剥がれてしまうのです。

しかし先輩が言うには、鉄板を見ただけで製造国がわかるものではない。
製造現場、品質管理工程でも最終製品となったらもう分かりません。外見は同じですから。

納品した業者を問い詰めない限りわからない。

だからタカタは被害者なんです。関係者から見れば、当初のは日本製の鉄板だったのに、知らぬ間に中国産になっていたからです。

エアバッグ事故が発生した時点で、品質管理を徹底すればよかったのですが、納品業者への調査までは徹底していなかった。

タカタが潰れた要因はこのような条件がかさなったからでしょう。

このような原因(遠因)は新聞では報道されません。しかし自動車メーカーに関係する人なら納得する話です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.8 / 50 )
なぜフランスは戊辰戦争で介入しなかったのか? 
Thursday, June 15, 2017, 11:28 AM
6/15 晴 10時 浅草での空間線量は62ベクレル/立法メートル

昨日の読売新聞に当時のフランスが中立の立場を堅持したことがフランス外務省の記録で確かめられたという記事があります。

明治維新の一年前、戊辰戦争の最中に徳川慶喜(よしのぶ)の弟昭武(あきたけ)は渋沢栄一を伴えてパリの万国博覧会のためにフランスを訪れています。

幕府使節団とフランス政府の折衝係であったフランス陸軍中佐レオポルト・ヴィレットの記録が発見されたのです。

・外務大臣から使節団との帯同を禁じられていること
・帰国時の船をフランスが用意しなかったこと
・フランス政府は軍事支援を決して提案しなかったこと

なぜなら当時フランスはメキシコに軍事介入して痛手を受けたから



メキシコで傀儡政権を樹立するが失敗に終わります。

南北戦争が決着したアメリカがメキシコ支援に回ってきたことで、フランスとアメリカの戦争になりつつあったからです。

メキシコへの軍事介入は対外債務利子不払いが理由ですが、メキシコの銀を狙ってのこと。

国内が安定していて通商が維持できればそれでよい



軍事介入してもそのコストに見合わないことがフランス政府には身に沁みたのでしょうか。

いやいやフランスは歴史的に傭兵というシステムを維持している国です。ナポレオン三世時代に創設されたとされています。つまりメキシコとの戦争時にできた仕組み。

ベトナム戦争の端緒(たんしょ)はフランスがかつての植民地カンボジアに侵攻したからです。

現在でもアフリカにはフランス傭兵部隊が駐在しています。

このようにフランスも軍事力を海外展開する大国であるのです。

日本に軍事介入したら英米独露との代理戦争へ発展する



だから通商関係だけは維持できれば権力中枢が変わっても構わないと考えたのでしょう。
もし軍事介入したらメキシコ戦争の二の舞で、再びアメリカと戦わねばなりません。

英国とフランス間の通商関係にも影響してしまいます。

日本の「金Gold」が目的です。明治維新後は群馬県令・楫取素彦(かとりもとひこ)の功績で絹産業が発展して、フランスに輸出されました。

こうして歴史を振り返ると、フランス公使ロッシュが幕府支持を訴えてもフランス政府の判断は実利をとったかのように思えます。

幕府がフランスをあまり信頼していなかった理由がもう一つあります。それは

フランスはカトリックの伝播を海外派兵の理由に挙げていた



これが江戸幕府が正式にフランスへの軍事協力を求めなかった最大の理由だと私は考えます。

なんたって江戸幕府は開府以来、反(アンチ)カトリックです。一神教と日本の統治形態は水と油です。

スペイン・ポルトガル・イタリア・フランスといったカトリック教国との外交は最大限警戒していたと考えます。

メキシコへの派兵もナポレオン三世が宗教的理由を掲げていました。
ロッシュは幕府軍への荷担をフランス政府に要望していました。

蕃書調所(ばんしょしらべしょ:当時の西洋研究の幕府機関、東大の前身)はフランスと抜き差しならぬ関係となることを、たいへん危惧したと思います。

それは明治政府の要人や中枢として抜擢された蕃書調所出身者の足取りを読めば、外交の重要国は英米独であって、フランス抜きとなっていることで感じます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.2 / 57 )
文科省という三流省庁の存在の方も有害だ 
Wednesday, June 14, 2017, 12:54 PM
6/14 曇 10時 浅草での空間線量は56ベクレル/立法メートル

森友学園につづき加計(かけ)学園で安倍晋三の関与があったかで国会が揺れています。

働きかけがあったのは確かでしょう。

菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官が投げやりに答弁するスタイルもなんだかなあ。
きっと安倍晋三と昭恵夫妻の頭の軽さに、内心あきれつつケツ拭きに追われているのだろうなあと同情していました。

違います!菅という政治家も非情に臭い人物だということが学問道場での中田安彦氏の投稿でわかりました。

「1977」 日本の「国家秘密警察長官」である 菅義偉・官房長官の正体がわかる二冊の本を紹介する。(2) 2017年6月10日



菅義偉もバリバリの統一協会の信者だ



第一次安倍内閣ではカルト・オブ・ヤスクニと海外から名付けられていましたが、現在でもそのままカルト勢力が居直っているのです。その要(かなめ)が統一協会をバックにした菅義偉である。とんでもない悪魔です。

一方では許認可を出す文科省では、内閣からの働きかけがあったと世論に訴えています。

本来なら世論はもっと燃え上がらなければならない。

山口敬之という御用ジャーナリストのレイプ事件のもみ消しでは、もっともっと世の中の女性たちは怒るべきだろう。握りつぶした警視庁刑事部長も許してはならない。

このように現内閣とそれに群がる奴らは信用ならぬ者どもだと思います。

文部科学省の役人共も同様に信用できない野郎達だ



加計(かけ)学園の獣医学部設置が総理大臣の一声で実現したのならば、千葉科学大学の認可も問題にすべきです。

千葉とありますが電車もない千葉県の外れの銚子に12年前できた私立大学です。ここの理事からすべて文科省の元役人ばかりです。つまり天下り先のために驚くべき早さで認可されたという経緯があります。

偏差値35の”大学”になんの意味があるのか?



偏差値35ですよ・・・標準偏差σで表わすとマイナス1σと書きます。

これは全大学の受験生全体の下位16%です。もっとわかりやすく書けば平均点50の百点満点中のテストで16点あればいいということ。

そのレベルの受験生が合格する大学ということ。もっとも筆記試験があるかどうかもわかりませんけど。

馬鹿の見本会場のような大学という名の箱物施設



こんな集金マシーンである大学という箱物を天下り先として乱立させるのが文部科学省です。

私はかねてより文部科学省とそれの配下の教育委員会という組織は日本人にとって害悪名存在だと思っています。

だから前川前事務次官が総理大臣からの”忖度”を訴えても、結局は自分の子分たちの天下り先を潰されたという省庁権益による恨み節にしか聞こえないのです。

ろくでなしが糞を投げ合っている図でしかない



そのすべてが省益であり、その意趣返し合戦をしているのですから。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.6 / 91 )
350年前のニュートンの著作「光学」を読む 
Tuesday, June 13, 2017, 11:36 AM
6/13 曇 10時 浅草での空間線量は67ベクレル/立法メートル

夜半からの雨で寒い日です。上野公園でリーリー(♂)とシンシン(♀)にパンダの赤ちゃんが産まれました。元気に育って欲しいですね。

読売新聞の書評で紹介されていたので、読んでみました。

20歳そこそこのニュートンが、「光」を研究したノートを基にまとめられたものです。
つまり現在から400年前の若いニュートンの実験と考察がこまかく記されています。

白色光は赤・青・黄色の混合で生み出される



小学校で習った光の三原色ってやつです。これってニュートンが発見したのです。
白色はいろいろな光を混合することで生まれるというニュートンの説は異説中の異説であり、宗教的な躊躇を踏み越えて発表しました。
光に関してパラダイムシフトをニュートンは起こしたのです。

ところこの論は当時の科学者たちから一斉に非難される。特に当時の大科学者ホイヘンスに批判されます。さすがのニュートンもくじけるのです。

なぜ光に色が付くのか



この疑問を当時の科学者は、光が通過したり反射する物質により着色されるものと信じていました。

この説に対してニュートンはプリズムで飽きることなく実験を繰り返して、光の本質に迫ろうと仮説を組立てていきます。

当時の物理学はアリストテレス学説を基にした幾何学(数学を図形で解く手法)が主流でした。だからニュートンも光の屈折や反射を図形で解析しています。

凹面鏡の製造にも乗り出して、それは反射望遠鏡というボケ(色収差)のない鮮明な望遠鏡を製造しました。ですから今でも反射望遠鏡はニュートン式望遠鏡とも言われています。
(ちなみにレンズをつかった望遠鏡は屈折望遠鏡、またはガリレオ式望遠鏡と言います。ガラスレンズはぼやけて鮮明度が悪い)

ところが若いニュートンの説は多くの科学者から批評されてなかなか受入れられません。
ニュートンは大きな挫折を経験します。

そのときの苦い思い出が、英国王立科学協会の会長とまでなったニュートンでも、若き日の研究成果「光学」を出版するのをためらわせています。そのため著者名を載せないままで初版は刷られたのです。

ニュートンというと1687年に万有引力や天体運動を解説した「プリンキピア」が有名です。これが近代物理学の始りで、神学論から科学的考察へと進化したのです。

頑強な固定概念でもある瞬間にひっくり返されるのだ



この衝撃的な論説はプロテスタント宗派に広く伝播していきました。ローマカトリックもガリレオによる天文学の進歩を認めざろうえなくなっていきます。

ニュートンという人物像が活き活きとわかる名著です



科学者ってどんな人たちなんだろうと疑問に感じたら、この本のイメージをするといいかと思います。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.3 / 94 )
プルトニウムを注射された人々はかえって長生きした 
Friday, June 9, 2017, 10:55 PM
6月6日に発生した国立研究開発法人日本原子力研究開発機構での作業員の被曝事故が報道されています。

たんにドラフトチャンバーで古い容器を開けたら膨張していてが飛び散ったというだけの話。

ドラフトチャンバーとは危険物質を扱う場合に常に負圧にしていて周囲に物質が拡散しないようにしてある設備です。化学屋さんならお馴染みでしょう。

2万2千ベクレルなんて放射能汚染の範疇ではない



くっだらねえニュースだなあと思うのですが(だからいままでコメントもする気がなかった)、こんな低線量では「被曝」の範疇ではないのです。

放射能の定義はかつてはたしか3.7メガベクレル以上(約100マイクロシーベルト程度)でした。

だから昭和の時代は3.7メガベクレル以下の微量放射線物質はポケットに入れて普通に持ち歩いたんです。(と古い放射線技師が言ってました。)

ほんとですよ、工業用では夜光塗料や検査用試薬、レントゲンの造影剤などなどで放射性物質はいろいろ身近にあったのです。腕時計にもトリチウムが使われていましたし。

2Mベクレルは驚くような高線量ではない



テレビや新聞はフェークニュースだと思って観ていますからどうとも思いませんが、それにしても作業員が被曝した、健康に影響があると報道するのには反吐が出ます。

人間を火葬した灰でも100〜1000ベクレルはあるのです。

同じ原子番号でも必ず同位体という放射能がある原子が一定割合自然界にはあるからです。

放射線の専門化、といっても大学の研究者レベルではなく工業地帯で働いている放射線検査技師レベルでも、この程度の知識は当然持っています。

日本人の放射線ひぃぃコワイコワイという刷り込みには辟易だと言ってました。

(だから工業地帯で放射線物質を扱う人たちは夜間でしか作業できなくなりました)

ほんとうに被曝というレベルはメガやギガという単位ではない



ベクレルという単位では、テラ(10^12)とかペタ(10^16)というレベル、いやもっと大きい10の十何乗とか何十乗というレベルなんだそうです。それほど大量に電子を浴びたら実は誰もわかりません。

メガとかギガというベクレルの単位では蚊に刺されるほどの影響もないのです



六城よ、なんでそんなことが言えるのか!とこの文章を読んで憤る方もいるかもしれません。

まず拙書を読んでから反論をお願いします。

第二次大戦中のアメリカ軍はプルトニウムを直接兵士に注射した



死にかけの兵士を集めて最後のご奉公として人体実験に参加させました。

ほとんどの兵士が持病で余命数ヶ月を宣告された者たちです。もう治癒の見込みがないから人体実験になれということ。

原爆実験を主導していたローレンツ・リバモア研究所で被験者たちはプルトニウムをそれぞれ静脈に注射されました。

プルトニウムを注射された患者はまもなく悲惨な死に方をする・・・?



余命数ヶ月という末期がんの元兵士たちは、原子炉で発生したプルトニウムを静脈注射されたり、食餌と混ぜて与えられました。

ああっ!この兵士たちはもがき苦しんで血反吐を吐いて死んじまったのでしょうか!

いいえ、みんな余命が伸びて、最高で60代まで生きました



おいおい、余命数ヶ月だった重病人はどこに行ったんだ(笑)

つまりプルトニウム(原子炉で発生する人工元素)を注射されたり、口に放り込まれた患者はぞれからすくすくと病気が改善して長生きしちまったんじゃねえか!

この事実はアメリが軍が国防上でずっと秘匿していました。それを1980年代にミズリー大学のトーマス・ラッキー博士が発見して発表したことでホルミシス効果が知れ渡りました。

言い飽きましたけどもこの程度の放射能は身体に良いのです


どうか拙書「放射能のタブー」をお読み下さい。

(追記)放射能のタブー(KKベストセラーズ)よりトーマス・ラッキー博士の論文を一部抜粋しておきます。
人間のガン研究において低線量放射線は平均寿命を延ばした結果が得られた。
(2) プルトニウムには発ガン性を認められない
1945年4月から1947年7月の間に行われた17名の末期癌患者へのプルトニウム239(3500〜1万5000ベクレル)の静脈注射の実験では、9ヶ月以上生存した患者は11名で、癌で死亡した患者はいない。4人は30年〜44年もその後生存していた。もう一つの実験でプルトニウム238(13万ベクレル)を注射された患者は21年後に心臓病で亡くなった。これが低線量のプルトニウムは発ガン性がないという証拠である。
1944年と45年にロスアラモス研究所での原爆製造の際にプルトニウムで被曝した労働者26名を調査した結果は*標準化死亡率(SMR)に対して、すべての死因では0.41、心臓病では0.21、癌では0.45と半分以下であった。2年〜30年間にプルトニウム、アクチニウム、トリチウムなどにより10mSv以上外部および内部被曝した22,552名のイギリスの核労働者にも白血病の発症者はいない。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 138 )
旧型のノートパソコンを修理して、ついでに高速化 
Thursday, June 8, 2017, 03:52 PM
知人から使わなくなったノートパソコンをいただきました。7,8年前の製品かな。
買い換えたから要らなくなったのだとか。

もともとはWindows7だったのがアップデートでWindows10になっています。
元箱入りでいただきました。ビジネス用の機種で最低限の性能です。

旧型パソコンに無理やりOSを新しくするとろくなことはない



工場出荷時にまで戻すこともできるのですが、それではせっかく私のために一生懸命セットアップしてくれたのに申し訳ない。このまま使おうとしました。

しかしすぐに触って電源を落としました。Windows10に慣れていないことと、やはり高負荷がかかっていて日本語入力がスムーズじゃない。マウスのポインターまでカクカク動いていてストレスが溜まります。文字を打つたびにアイコンが回転しているようじゃ無理。

あと気になったのは液晶画面を支えるヒンジが左側がガタガタなんです。ガムテープで外から補強されているのですが、見てくれが悪く、いつバキッと壊れるか冷や冷やです。

どうも東芝製パソコンはこのヒンジ部分が簡単に壊れるようです。ご本人も買ってしばらくしたらガタガタになったと言っているので、設計が悪いのです。

修理するならとことんやる



この手の機種(ビジネス用PC)はそんなに特殊な構造ではないので、一番細いドライバーがあれば分解できます。手慣れてますから早速やってみましょう。まずキーボードを外します。

底のねじを全部外して、隙間にプラスチックカードを差し込んでボディーを分解します。

あ〜あ、ヒンジ部分の付け根が砕けてバラバラ。こんな華奢な構造じゃあ壊れるよ。東芝製のパソコン、特に廉価品は絶対買ってはいけませんよ。
ヒンジがボディーを持ち上げています。

中は埃だらけ。ファンのラジエーターには綿埃がびっしり詰まっています。
冷却効率が悪いので、CPUは自動的に低速稼働になっていることも考えられます。
ノートパソコンのアキレス腱といったところで、このように綿ほこりが詰まると内部に熱が溜まりやすくどんどん部品が壊れていきます。こまめにエアスプレーを出口から吹くだけでも効果がありますよ。

基盤を取り外してベランダで掃除をします。歯ブラシで適当にこすっておきます。


壊れたヒンジ部分は裏から小さなねじ(3φ×12mm)でガッシリとボディに固定しました。しばらくはこのまま使います。
ドリルを使いましたが、そんな大げさな大工道具などなくても針金を熱して挿すだけでプラスチックのボディは穴が開きます。


さてPCの基盤を新聞紙に置いて、これから何をしようとするのかというと、せっかく分解したのだから性能を決めるCPUを取り換えちゃおうという魂胆です。


左上にあるのは、秋葉原のジャンク屋で買ってきた同時期のノートパソコンの残骸です。この基板からCPUをはぎ取って付け替えます。いや別にCPU単体はPCショップで新品も売っています。8000円ぐらいかな。確実に動くかは不安だったので中古品で試してみました。


あとはケーブルの挿し忘れなどがないように注意して元に戻します。挿し忘れたからって壊れることはありません。ただ再びバラすのが面倒なだけです。


F2キーを押しながら電源ボタンを押して、CPUを認識しているか、そしてターボブースト機能をONにしてWindows10を起動します。ちゃんと認識していました。PentiumB960→Core i5


外観もきれいになり、普通に使えるPCになりました。デジカメ写真の表示がとても早くなりましたね。マウスのカクカクや日本語の入力も快適になりました。早速動作確認がてらこのブログを書いています。

(6月14日追記)
そもそも友人がPCをくれた理由というのは、私が使っているPCがどんどん重くなるという症状に悩んでいたからなのです。起動も遅いし、Webブラウザーを開いたらずっとHDDのアクセスランプが付きっぱなし、CPU負荷もほとんど100%で張り付いたまんまという状況だったからです。

パソコンが遅くなる原因はPIO病だった!



遅い理由は物理的な故障かもとネットで検索してみると、MS-Windowsには「PIO病」なるものがあるそうです。これにPCが罹患するとコンピュータの読み書きがとても遅くなるのだそうです。(これをPIOモードといいます)

まさかと思い、自分のPCを立ち上げて、デバイスドライバーからIDEをクリックしてみました。そこには「PIOモード」と表記されています。

この解決方法は、IDEドライバーを「削除」して、再起動を促されるので、そのままハイハイとしていけば、再び高速の「DMAモード」に戻ります。

いままでCPU100%だったのが、嘘のように快適になりました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 483 )
中東諸国のカタール断交はアメリカ+イスラエルが放った妙手か 
Wednesday, June 7, 2017, 12:55 PM
6/7 晴 10時 浅草での空間線量は46ベクレル/立法メートル

突如サウジアラビアが中心となってUAE、エジプト、バーレーン、イエーメンがカタールとの外交断絶を宣言しました。

理由はイランとの穏健な関係を支持しているとか、「アラブの春」を主導するアルジャジーラを陰で支援しているからとか推測でメディアが報じています。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)ではパレスチナ(の過激派ハマス)を支援していることが理由だともあり、またイスラム原理主義を支持しているからだともかかれています。

カタールは中東の金融国であり、天然ガスは中国と日本が依存しています。ハブ空港もありヨーロッパへの経由国としても旅行者には知られています。

いきなり裏切り者と糾弾されて断交を宣言されたカタールにとっては寝耳に水。

これだけの強行策をアラブ主要国が一致して出すことは、よほど大きな理由があるからだとメディアは各紙が勘ぐっています。

敵の友は敵というアメリカ方針が決定したから?



トランプ外交はG8で失敗が明らかだとか書かれています。はたしてそうでしょうか。

トランプが掲げた国内優先主義にむけて、一歩一歩着実に歩んでいるように思えます。

そのために、まずはヒラリーの置きみやげであるイスラム国を完全に抹殺しておかねばなりません。

カタールを締め上げることでイランにはイスラム国のような過激派らにはこれ以上支援させないぞと言う脅しにもなります。

ヤクザが舎弟を適当な因縁で殴りつけて、交渉相手をびびらず三文芝居がありますが、まるでその手法です。

ISIL(イスラム国)だってアルカイダだってアメリカが組織し、サウジアラビアが支援してきたのに、シリアの反政府勢力を支援している疑いがあるからとカタールを糾弾するとは噴飯もの。

どの面下げてサウジはいえるのでしょうか。

アラブのヤクザ国家サウジアラビアがアラブを仕切る



このシナリオをトランプが承認したこと、イスラエルのメリットにもなります。

だからこの奇策はトランプのウルトラCなのです。

日本にも影響が及びますが、なにしろカタールのガスに依存する国はたいへん困りますね。特に中国とヨーロッパ。

シェールガスの輸出基地はアメリカではまもなく稼働するでしょう。

日本はアメリカからガスを買うしかなくなる。

中国、ロシアへ急接近するメルケルへ放った妙手か



大国どうしの思惑が裏で火花を散らしている構図が透けて見えます。

追記:イランでテロがありました。国内で不安をあおる勢力がタイミングよく現れすぎです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 843 )
珍しい在庫品がでてきました(ハイルシュトーレン・ストーン) 
Sunday, June 4, 2017, 10:17 AM
6/4 晴 10時 浅草での空間線量は49ベクレル/立法メートル

ひょんな所からオーストリア・バドガシュタインのガスタイナー・ハイルシュトーレン(Gasteiner Heilstollen:ガスタインの元気になる坑道)のラジウム鉱石が出てきました。


ガスタイナー・ハイルシュトーレンとはオーストリアのバドガシュタイン地方にあるラドン療養所です。バドガシュタイン(ドイツ語)でバドは温泉ですから”ガシュタイン温泉”となります。すなわちこの地域は温泉地帯なのです。また石材の産地です。(岐阜県の恵那地域も御影石の産地で、この地域の温泉はラドンを多く含む良い泉質です)

元々は金鉱で、金が掘り尽くされると岩塩を採る坑道でした。

やがてそこで働く鉱夫たちが、ここで働くとなんか病気が治るという噂が立ち、調べると高濃度のラドンが充満していることがわかったのです。ラジウムを多く含む鉱脈があったからなんですね。

いまでも人気の療養所です。長嶋茂雄巨人終身監督も脳梗塞の治療で滞在したという話も聞きます。

坑道の中にトロッコで入って、簡易ベッドに寝そべるだけ。けっこう蒸し暑いそうです。

出てくるときは汗にラドンが溶け込んで、体表面を計測すると20マイクロシーベルトもあるそうな。

落盤事故を予防するために、定期的に坑道内を掘削して安全対策をしているそうです。その時に落とした岩石がハイルシュトーレン・ストーンです。

当時はユーロ高で船便の運賃も高騰していたから、ほんとに高かった。

おそらく15年ぶりの再会です。

六城ラヂウムはこの岩石の販売店から始まりました。

良い石の選び方もこの石から学びましたね。

現在は良い質の鉱石は採り尽くされてしまったのか、ガスタイナー社がやる気がないのか品質が落ちたのでこちらで取り扱うことはありません。

なんせ高価な石(21,800円/kg)です。

だからこそできるだけ良い品質のみが流通して欲しいです。

よくまあこれだけ綺麗なものが残っていたモンだ。

気になるのは少々白っぽくて硅素(石英)成分が多い。

2マイクロシーベル毎時ぐらいだろうかと測定をしてみたらその倍はありました。(4μSv/h以上)

をを、良い数値を出している!さすが俺





仕入れにはちゃんと検品してますから、低線量のものはバンバン返品してました。

さあどうしましょうか、これを・・・

バドガシュタイン鉱石5圓世浦澹砲△蠅泙



たった5kgです。ご購入を希望される方はメールください。

ただし10万円なら源珠(Super/Extra)の方が1000倍良いです




源珠(げんきだま)のほうがずっと安いし、小さくて手軽に持ち運べて、さっと身体に当てることが出来ます。100マイクロシーベルト(源珠Super)、200マイクロシーベルト(源珠Extra)の強烈さにくらべたら、とってもマイルドです。

コレクションですね・・・


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 71 )
密輸が悪いのではない、消費税という制度が欠陥なのだ 
Friday, June 2, 2017, 12:28 PM
6/2 晴 10時 浅草での空間線量は72ベクレル/立法メートル

愛知県の韓国籍主婦たちが金の密輸を小遣い稼ぎでやっていて逮捕されたというニュースが流れていました。

5人で30kg(1億5千万円相当)を隠していたところを中部国際空港の入国で発見されたのだとか。

国内で売ると消費税分8%が加算されるので、確実に売却益がでるのです。右から左に動かすだけで8%の粗利が保証されているようなもの。

この主婦ら5人に韓国旅行+お小遣い分を渡したってで1000万円の利益は確実です。

その10分の1(3kg)を国内に持ち込んだとしても売却益は100万円ですよ。

株や為替先物よりも海外旅行で金を買うのが賢者



1kgの延べ棒なんてスマートフォンよりも小さいのですから、どこにでも隠せます。

できれば割高ですが100gの小さな金塊の方が、一回あたりの売却額が50万以下となるので金の売却による控除額以内となるのです。

100gのインゴットは持ち運びしやすく、かつ売却しやすいので人気です。

1kgでもたいした重さではないですが、売却で税務署からお問い合わせがくるようです。

インゴットでもアクセサリーでも海外じゃ気軽に買える



うしろめたく金塊を持ち帰るよりも、香港・シンガポール・マレーシアにはではそこらじゅうに「周大福」を見かけます。

ディスプレーはきんきらきんで、店内で量り売りをしてくれます。

そこで極太のネックレスを着けて帰ってくればよいのではないでしょうか。

上野や神田の大手貴金属商(三菱マテリアル、徳力、日本マテリアルなど)ではすべて店頭で検査して市場価格で買い取ってくれます。

ただしインゴット以外は鋳つぶすための手数料が1gあたり数十円とられるので1割ほど目減りしてしまいます。また純金(24K)ではないとそれも混ぜ物分が目減りしますね。

それでも海外旅行費用の十分な足しにはなるはずです。(やったことはないです)

海外の銀行は金で引き出すことも普通



海外の銀行では預金口座の中にGoldという項目もあります。ドルやユーロといった通貨以外に、株と金もすべて同じ口座で管理されています。

金は現物を自宅で保管することなく、インターネットや窓口で金を買ったり売ったりできます。それだけじゃなく、窓口で受け取ることもできるのです。

銀行で金を買うメリットは、手数料が安いこと、そしてパックされたインゴットで渡されるということ。

ですから売却時には検査する必要がなく、そのまま刻印の品質と重さで換金できることでしょう。金地金に打たれた刻印は世界的な信用がある鋳造会社の物ばかりだそうで、日本の三菱マークは世界からみればローカルなんだそうです。

このように世界の銀行と日本の手数料ばかりとるだけのクソ銀行とでは、サービス面でも利殖面でも大きな差があるのです。
海外に銀行口座を一つもっておくだけで、外貨や金、株にと資産を移動することが簡単なのです。

このように世界では金は蓄財のスタンダードなんですな。日本は金塊を持っているというと悪徳の代表のように報道されてしまいます。この違いは何なんでしょう。

ちなみにドバイには金は自動販売機で販売されています。

むかしお土産で数グラムのインゴッドをもらったことがあったなあ。それもドバイのホテルに置いてあった自販機で買ったそうです。秋葉原にあるガチャガチャの感覚です。

いつかはペンダントトップに加工しようとおもって防虫剤と一緒にタンスの肥やしになっています。

もらっても嬉しい、置いても邪魔にならない金インゴット



話はもどして、消費税が10%になったらどうなるでしょうか。
この愛知の主婦らのような密輸は激増するでしょう。さすがに30kgは持ち込みにくいでしょうが、数圓討い匹覆薀好泪枋度の大きさですから簡単です。100g単位で分散したらよほど人相が悪くない限り発見することは難しいでしょう。

金という「世界では通貨の代替品」にかける消費税という制度自体が欠陥なのです。

しかも貧乏人から金を自動的に巻き上げる悪政そのものだ



量販店を攻撃対象にした改正された酒税法が実施されることになりました。

ビールの乱売合戦から小売店を守るという趣旨なんだそうですが、これこそ自由市場を歪める元凶じゃないですか。

愚策も愚策。結局は消費量が落ちるだけです。

煙草業界もビール業界も財務省が殺したようなもんです



消費税10%となれば、1000万円あれば少々のめんどくささはありますが、確実に10%の粗利が取れる商売となります。

輸出産業が受け取る消費税還付金など、消費税は同じ経済活動をしていても不公平なことばかり。

後世では日本の馬鹿げた税法で日本経済はいっそう発展しなくなったと記憶されることになるでしょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.3 / 88 )
怪我をして初めてわかる六城ラヂウムの凄さ! 
Thursday, June 1, 2017, 07:35 PM
月末から今月にかけて多忙です。更新が遅れがちです。

先日の日曜日には副島隆彦先生の講演会がありました。会場で販売もさせていただきました。
一年ぶりの直接販売でしたので、勝手を忘れていました。

とある出版社のK氏が腕を吊った痛々しい姿で来られました。

聞くと「電動自転車で転んだ」とのこと。濡れた路面で転んだ瞬間に電動アシストが効いて、身体が放り出されたのだとか。

う〜ん、電動自転車は便利な反面、予期せぬ挙動があるので慎重に乗らねばなりません。

怪我は左肩の靱帯損傷という大怪我でした。

私も昔スノーボードを初めて体験したところ、アイスバーンで転んで腕を着いたら脱臼しかけました。ホテルで肩が痛くてスキーどころではなくなった経験があります。

自転車での転倒で多いのは、鎖骨の骨折です。また関節の靱帯損傷もあったりして低速でも大怪我になるのです。

講演中に六城ラヂウムの「源珠(げんきだま)Extra」をお貸しして、肩にあててみてもらいました。

痛みが消えた!



半信半疑でしたが、ジンジンと続く痛みが消えていく不思議な感覚を体験されました。
私も自転車で転んだときに源珠を当てています。


炎症の場合は熱く、ジンジンする痛みは冷たく感じるのだよと説明すると、確かに暑さは感じないが、実際に痛みが無くなった!と感想を述べてくれました。

そうなんです、痛みが消えて患部が涼しく感じるのです。

ラジウムは昔から鎮痛作用で珍重されてきた物質なのです



怪我をして初めてわかる六城ラヂウムの凄さなんでした。

痛みさえなくなれば、包帯やギブスで固められていても、時間が経てば治りますから人は我慢できるのです。

しかしズキズキ、ジンジンという絶え間ない痛みは精神状態をどんどん悪くしていくばかりです。

微量放射線は特定の疾病を治すというわけではないのです。しかし

大量の電子と電磁波が体内の電位差を解消して痛みを消し去る効果は本物



怪我や病気では体内に活性酸素(かっせいさんそ)が大量に発生します。この活性酸素は酸化力が強く、細胞を痛めてしまうのです。

ラジウムはこの活性酸素を中和して、人体の修復作用を円滑にさせてくれるのです。

痛みが消えるということはそういうこと。

六城ラヂウムは一家に一つ、怪我の手当に常備しておくことをお奨めします。

副島隆彦先生も新刊で述べられています。

老人とは”痛い”生き物なのだとね



過去ログ
検索キーワード:鎮痛効果:

疼痛(とうつう)の緩和こそ医療が本来目標とすべきことだ
かつて世界で販売されていたラジウム入商品(メモ)
痛たたた!源珠(げんきだま)Extraの鎮痛消炎効果を身を以て知る
身を以て鎮痛効果を知る〜やけどしちゃいましたイテテ〜
ひどい肩こりにキクー!セラミックボールの効果を実体験!
微量放射線は身体によい!しかし・・・
ハイルシュトレンストーンご愛用の皆様へ(Vol.011)
ハイルシュトレンストーンをご愛用の皆様へ(Vol.010)
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.7 / 91 )
大谷選手を温存する策を採ったのだろうか 
Monday, May 29, 2017, 02:26 PM
5/29 晴 10時 浅草での空間線量は60ベクレル/立法メートル

今年の日ハムは近藤健介選手(23)が唯一打率4割という好調さが注目されている意外、昨年の強さは見られません。

下位に沈んで今年の優勝は望めない位置です。

待望の二刀流大谷翔平選手は二軍でとてものんびりしているように見えます。

いくらなんでも肉離れがこれほど長引くとは思えません。

日ハム首脳陣と栗山監督は今年は大谷を出すことをやめたのではないのでしょうか。

大リーグ移籍まえに消耗してしまっては元も子もない。

密約下で大谷を本人了承済みでスタメンから外しているように思えます。

大谷を下げている間に、若手を積極的に登用して一軍の実践感覚を掴ませて育てる。

そうして大谷がいないチームを今年はシミュレーションしているのではないでしょうか。

セパ交流戦でも大谷は出さないでしょう。ピンチヒッターで出場させるぐらいです。

投手というポジションは消耗品ですから、大切に温存しておきたいという思惑が日ハムと大リーグ側にあることが大谷選手の調整中の映像からも感じ取れます。

それだけ別格の扱いなんでしょう。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.4 / 114 )
ムーニー(統一協会)を操るイエズス会勢力 
Monday, May 29, 2017, 12:55 AM
本日は副島隆彦の三田の建築会館で定例講演会がありました。

前半は中田安彦氏、後半90分が副島隆彦先生の国際政治の解説です。

印象にのこった説明だけを述べます。

なぜ昨年の3月にデヴィッド・ロックフェラーが大統領選挙中のトランプを自宅に呼んだのか。

それは
ネオコンたちとその頭目ヒラリーが創りあげたIS(イスラム国)の連中が暴走して、ロックフェラーでさえ手に余るようになったから。

デヴィッドの兄のウィンスロップの隠し子がビル・クリントンという噂話があります。
そのビルとヒラリー夫妻がつくった狂信集団がISです。

産油国を支配下におさめるためにCIAやネオコンがつくりあげサウジアラビアが資金援助しています。

シリアの民主化という政府転覆計画が頓挫して、指揮系統がとれなくなった。

そこでトランプに幕引きさせることをデヴィッドが賭けたというわけ。

だからトランプの真横にはキッシンジャー(92)が構えている



ほんとうにトランプ大統領に横に景の大統領として座っている写真があります。

トランプやユダヤ人の娘婿のクシュナー(36)がロシアと内通していたのではないかという疑惑がアメリカの反トランプメディアが証拠もなく騒ぎ立てています。

なぜ急にメディアがトランプに反撃しているのでしょうか。

もちろん3月に世界帝王のデヴィッドロックフェラーが101歳で(やっと)死んだからです。

その後継者が空白の期間に、ヒラリー(+ネオコン:軍需産業)が乾坤一擲の反撃をしだしたというのがこのロシア疑惑の背景です。なぜ日本を支配してきたロックフェラーとキシンジャーを不倶戴天の敵としてきた副島隆彦が、トランプを応援するようになったのか?

ロックフェラー+キッシンジャーよりも巨悪が出現した



その巨悪とは、IS(イスラム原理主義支持者)やキリスト教原理主義者(統一協会、ムーニー)たちなのです。

汚染物質が大気に拡散していくように、一度漏れ出したらもう回収は出来ない。

そしてどの国にも、どの組織にも、どの宗教にも潜り込んでスパイとして静かに工作をしかけていく。

日本会議という神道系団体にも統一協会は潜り込んで換骨奪胎をしてしまった。
渡辺昇一(上智大学教授)はイエズス会信者でありながら、天皇体制支持者です。

カルトを辿るとバチカンに行き着く


(六城の感想:カトリックだってペテロが始めたユダヤ教のカルトとも言えるし、そのなかかの新興宗派であるイエズス会は極右的であるのは当然なのかもしれない)

WACL(ワックル:World Anti Comuniticizum League:世界反共産主義連盟)という政治活動があるのだそうで、これに同調する支持者や構成員は世界中の議員や官僚、軍隊、警官にいたるまでたくさん<潜伏>しているのだそうです。

革マルや中核派、日本赤軍といった日本を貶める極左組織があるように、反共を掲げる極右組織はカルトから派生しているのです。

それらをさかのぼると、バチカンのローマ法皇に辿り着くのです。
だからクリスチャンでありながらもアルゼンチン出身のフランシスコ教皇に対するトランプの態度は軽蔑したまなざしでしたね。

「おまえが世界の混乱の元凶なくせに偽善者め」

これがトランプの本心。そしてフランシスコ教皇のこれまた慇懃な態度w

それでもトランプとしてもカトリック信者の支持は必要ですからポーカーフェースです。

世界帝王であったデヴィッドロックフェラーの側近キッシンジャーは大嫌いです。

しかしそれを上回る巨悪が現れた以上は、キッシンジャーが米露中の仲立ちをしていかねば世界は混乱におちいってしまいます。

21世紀のヤルタ会談(米露中の世界覇権体制)が行われるだろうというのが副島隆彦の予言です。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.4 / 112 )
日販と袂を分けて取次業に進出するAmazonは成功するか 
Saturday, May 27, 2017, 12:04 PM
昨日の新聞に小さな記事がでています。

あれっAmazonってたしか大阪屋(出版取次第三位)だったと思ってました。

出版取次(卸)は日本出版販売(日販)、トーハン、そして大阪屋という順番の規模です。

セブンイレブンの鈴木敏文が日販の役員でもあったのはよく知られています。日販に取次を拒まれれば日本の書店には本が並びません。

ですからセブンイレブンの悪評は雑誌では書けなかったという裏話があります。

なぜそんなことが出版取次会社ができるのかというと、取次会社とは実際は金融業だからです。

出版社に資金を融資して、本を納入させる。そして代金を書店から回収していくのが本業なんです。資金のない出版社は出版取次から金を借りて本を作る日本のシステムはそれなりに共存共栄をしていたのです。

しかし昨今は本自体が売れないことで取次の融資も渋くなっていきます。

専門書や学術書といった発行部数が少ない出版社にとっては資金繰りがつかなくなって倒産や廃業が相次いでいます。書店ではなく今や出版社自体が存続しにくい冬の時代です。

日販やトーハンも配本コストを抑えたいので、売れ筋だけを求めたり、また配本部数を抑えるようにしています。

こうすると首都圏や大型書店だけしか置かれない本となって、結局は部数が伸びなくなる悪循環となります。

Amazonが出版取次に進出して本の流通環境は変わるのか?



私が出版社だったら、けっこう厳しい選択です。おそらくamazonは電子化による配本も条件としているでしょう。

電子書籍はAmazonで旧来の書籍は既存取次へという虫の良い取引は日販やトーハンが認めません。

Amazonに直接読者への発送を委託するしかない。

ISBNコードは取次業界が握っている



本の裏表紙にはバーコードが付いています。これがISBNコードです。このコードは出版社にとってはとても大事で、これが付加されないとちり紙にもなりません。

取次と大手出版社が設立している社団法人がコードを発行しているのですが、コードの発行自体は絞っている傾向だ年々強くなっているそうです。たとえば出版社毎にコードの割当を少なくするということ。

生命線であるISBNコードを出版取次会社へ担保として差し出してかろうじて出版している会社もあります。

だから大多数の小規模出版社は取次にも大手出版社にも敵対したくないというのが本音でしょう。

再販制度(再販売価格維持制度)でガチガチになっている出版業界はAmazonという黒船で大きくかわるでしょうか。

出版社との直接取引をAmazonが拡大させると言うことは、取次と書店にとって不利な状況です。

多くの出版社は日販トーハンにつくかAmazonにつくか迫られている



まさに東軍西軍と分かれた関ヶ原の状況になっているのです。

とうとうAmazonが動き出したという記事なのでした。







  |  このエントリーのURL  |   ( 2.5 / 114 )
菊池雄星投手はたしかに輝いてますなあ 
Saturday, May 27, 2017, 11:07 AM
5/27 晴 10時 浅草での空間線量は69ベクレル/立法メートル



今年の西武・菊池雄星(25)の活躍が昨年とは別格です。すでに10勝です。

なぜ菊池選手がこうも変身したのかは今年は西武に大注目だと書いています。

過去ログ:ライオンズ菊池雄星選手に注目だ!

辻発彦監督が今期から采配をしているから



なんだよ、監督が替わっただけじゃないかと思われるかも知れません。事実私もそう思っていました。

しかし見方が変わったのは、横浜ベイスターズから横浜DeNAとなって中畑清が監督になったことで、それまでの万年最下位チームが初年から目立つ活躍をしていたこと。

在任中は開幕からトップチームにいることもあったし、互角に戦えるチームとなったことです。

ラミレス監督となっても明るい雰囲気で気力ある流れは続いていると感じます。

たぶん巨人を追い抜くんじゃないかな。

監督次第でフィールド内の雰囲気は一変する



元プロ野球選手から伺ったのですから、その通りなんでしょう。行動の中心は自分の成績と上げることだけです。

個人主義の集団をまとめるためには、監督を中心としたコミュニケーションができないとだめになるのです。

名監督という人たちは気軽に話し合える雰囲気を大事にするそうです。
逆に、そういう技量を持っていない人は監督になってはいけない。

野村克也によると辻発彦監督はコミュニケーションの場をつくることに長けた人なんだとか。

監督の絶対的な条件は冷静な分析力



最年少棋士・藤井聡太(14)の連勝で将棋が話題です。野球と同じで私は対局を見ていても分かりませんが、対局後のプロ棋士による解説を聞いていると、へえと驚きます。

この前の近藤誠也五段との対戦で、攻められている序盤に藤井聡太四段は角をみすみす相手に渡してしまったのです。

角を獲られれば負け将棋という諺があるぐらいに、主力を獲られれば十中八九勝ち目はない。

それでも藤井四段は躊躇無く相手の鼻先(歩だったか香車だったか忘れた)に角を打ちました。

そして角を獲るために動いたスペースにすかさず桂馬を打って王手へと向います。

単騎で徳川家康を追い詰めた真田信繁みたいです。かっこいい!

角を渡して桂馬で詰めるとはこれまでの棋譜でも滅多に見られない手なんだそうです。

野球に話を戻すと、楽天は梨田監督で近鉄の捕手でした。常に相手の攻撃を把握しているポジションだったからでしょう。(素人考えです)

NYヤンキースで活躍している田中将大選手も、元々は捕手でした。面白いことにその時のピッチャーは打者として活躍している巨人の坂本勇人選手です。投手だったから打撃センスがあるのでしょうねえ。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.7 / 125 )
運動能力を向上させる機械(749ドル) 
Wednesday, May 24, 2017, 07:05 PM


朝日新聞のWebで読んだ記事です。頭部に微弱電流を流して運動能力を向上させる機械なんだそうです。
http://digital.asahi.com/articles/ASK5L522DK5LUBQU014.html?rm=609
運動能力向上の鍵は「脳」 スポーツに脳科学応用

 近年、スポーツ界では脳科学の研究が盛んになっている。米国では脳に電気刺激を与えることで運動能力を向上させる製品が一般にも売り出され、日本でも野球やソフトボールに応用するためのデータ収集が民間企業で始まった。一方で、ドーピングの可能性を指摘する声もある。

■脳に電気刺激、運動能力向上狙う

 米国では今、特殊なヘッドセットが注目を浴びている。サンフランシスコにある「ヘイロ・ニューロサイエンス」社が製作した「Halo Sport」だ。脳に電気刺激を与えて運動能力を向上させる製品で、米プロフットボールリーグ(NFL)などの選手が使用する。同社は「アスリートを対象にした類似品はない」と宣伝する。

 見た目は、音楽を聴くヘッドホンとほとんど同じ。だが、両耳の間の頭部に接する面に、電極の役目を担う灰色の突起物が付く。ここから「経頭蓋(ずがい)直流電気刺激」(tDCS)という手法で脳に電気的な刺激を与える。

 主に本格的なトレーニングの前に使う。携帯電話などのアプリから無線通信のブルートゥースを使って起動。1日最長20分、手足などを動かす指令を出す脳の「運動野」に最大2・2ミリアンペアの電流を流す。同社によると、使用後1時間ほど神経細胞が活性化され、脳から筋肉への指示がより速く的確になる。効率よく体を動かせるため少ない反復回数で身につけたい動作や技術の習得などが可能で、電気刺激効果が切れても体は覚えているという。(以降は登録者しか読めない)


大リーグジャイアンツとも契約して選手の能力向上に使われているのだとか。
スポーツだけではなくピアノやバイオリンの演奏者からも引き合いがあるそうです。

NTTでもアスリートの脳と運動の関連性を研究するプロジェクトを開始しているのだとか。

「経頭蓋(ずがい)直流電気刺激」(tDCS)は精神病患者への治療法として以前からあったそうですが、より微弱電流となって手軽になったのだとか。

スマホで制御できるのですから簡単な仕組みなんでしょう。

アメリカもオウム真理教とあんまりかわんないね



欲しいですけども、そもそもスマホを持ってませんw


  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 822 )

進む