4/4 10時 浅草での空間線量は25Bq/m^3  
Wednesday, April 4, 2012, 01:14 PM
快晴 10時 浅草での空間線量は25ベクレル/立法メートル

昨晩の雨風は予想よりもたいしたことなく、22時頃には上がってしまい、星が明るく輝いていました。道路もすぐに乾いて何事もなく人の往来がありました。

今から25年前は私は工学部に在籍する大学生でした。特に興味があるわけでもなく旋盤を回したり溶接技術でも習えばいいやと詳しく調べることもなく、とりあえず入れる程度の大学を目指して入学したわけです。

大学二回生から専門課程という授業が始まります。ここでいきなり初っぱなからつまずくわけです。

流体力学・・・なんかネバネバするものをネチネチといじる学問かと思って席に座ると、いきなり白板には今まで見たことのない記号というか暗号とも言える模様がびっしり描かれています。
その白板に向かって講師と上階生が積分記号や微分の項目を書き足していくのです。

ギリシャ文字と幾重にも重なるト音記号のような積分記号、虚数などで自然現象である波を表していきます。最後に渦のエネルギーの項目を加えてレイノルズ数などのまか不思議な数字で微調整させたらハイおしまい。
そうしたら周りの同級生らは口々に

「・・・美しい!」「大海原の波が見えるようだ・・・」と口走っているのです。

うげ〜もうここには居られない。無謀と思える自分を心から怨み、少しは理解しようと努めることを一切放棄しました。

たとえば現代美術の油絵でも眺めて「斬新で美しい」と感じる人と「猿の落書きかよ」と思っている人では同列に並ぶことはできません。15名ほどの同級生で早々と脱落して、あとはクラブ活動だけに登校して授業中は寝るだけの「寝たきり大学生」となって卒業していきます。

いまでも波動方程式やシュレティンガー方程式などを美しいとつぶやいた同級生(講師となったり大企業の研究者や技官)と交流はあるのですが、そのたびに居心地の悪さを感じています。

素粒子論で博士課程まで進み、宇宙の始まりであるビッグバンから先を追い求めている知人になんでそのような研究をしているのか居酒屋で訊ねたことがあります。彼は平然と

だって神の領域を知りたいじゃないですか


ふ〜んとわかったようにうなずきながらも、二十歳の頃に白板に書き連なった呪文のような式を美しいと口々に賞賛した教室の熱気をまた思い出しました。

台風であれ昨晩の爆弾低気圧でも式で表すことができます。
式で表す行為というかその努力こそが、神を知る最適な手段であると言う前提で17世紀(400年前)にサイエンスという分野が発達しました。現在高校で習う数学は17世紀(江戸時代)に確立したものです。鉄道や高速道路のカーブ、橋、家電製品にいたるまで物理法則から逃れることはできません。
自然現象をなんとか式で表すという行為が信仰そのものだったのです。

逆にいうと神は常に周囲にいるということですね。我々はその中で漂う空洞であると思うのです。

「個」(インスタンス【instance】)という言葉があります。

我々は「実在する」というテーゼが本当なのか?
へんな自己啓発本を読んだ反動からか、実は30代からずっと頭の片隅に留まっている問題です。

スピリチュアル系で良く語られる「アセンション」【ascension】が今年中にあると言われています。

なんなんだよこれ・・・。

でもひょっとすると、科学文明の行き着く先は「個」の無い世界、言い換えれば意志やエゴのない世界ではないのかと思えます。

そこで人類は新しい覚醒となるのではないのかと夢想しております。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 3995 )
玉川温泉記を掲載させていただきました。 
Tuesday, April 3, 2012, 07:53 PM
http://www.snsi.jp/bbs/page/15/
副島隆彦の学問道場の近代医学・医療掲示板に玉川温泉記を掲載させていただきました。
ちょっと掲示板の趣旨が外れているから削除されちゃうかな。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 4485 )
4/3 10時 浅草での空間線量は24Bq/m^3  
Tuesday, April 3, 2012, 12:17 PM
晴/曇 10時 浅草での空間線量は24ベクレル/立法メートル

これだけ晴れていたのに昼前には不穏な雲行き・・・すでに八王子や千葉方面では暴風警報がでています。三日前の強風以上に吹き荒れるそうです。

爆弾低気圧というそうです。いいねえこのセンス



北朝鮮が人工衛星を打ち上げることでミサイル防衛だ、イージス艦で追跡させろと大騒ぎ。でもね、994ヘクトパスカルの低気圧が通り過ぎるだけで被害は大きいわけです。

たかが小さなミサイルが落っこちても大したことないですよね。
ましてや一発発射するのに800億円もかかるのであれば、弾道ミサイルなんて馬鹿高い大玉花火のようなものでしょう。

風がどんどん強くなってきました。嵐は大好きです。汚いモノをすべて吹き飛ばしてくれるからです。

ところが海上では荒れ狂う海は恐怖以外何もありません。映画「パーフェクトストーム」の世界。海岸が近ければ港にすぐに逃げ込むしか対処はありません。

でも洋上に取り残された場合はどうすべきか?漁船などでは風下に流されないようにシーアンカーという水の抵抗を利用した動き止めを船尾から流して、ひたすら転覆しないように風向に舳先を向けて祈るしかありません。

ウィンドサーフィンや小さなディンギーヨットはどうするかというと、完全にひっくり返します。暴風雨下ではあっというまに流されてしまうので、沖合で完全に沈めるのです。そうすれば沖に流されたり岸壁に叩きつけられる危険がなくなります。あとは前線や低気圧が過ぎ去るのをひたすら待つしかない。無理に操船することは自殺行為です。

いつもは3月中旬に吹き荒れる春の嵐が4月に吹き荒れるというのは、これから5月に向けて我々人間界にも予想もしない嵐が吹き荒れるのだぞと天が啓示しているのです。驚かすつもりはありませんが、日本に再び大激震が走るかもしれません。

年金破綻?世界的企業の倒産?いやそんなちっぽけなものではなく金融システム自体が溶けて石油は暴騰、国内暴動やクーデターなどが頻発し、ひょっとするこ世界地図が変わるようなことが起こるかも知れません。

ただ、我々は洋上で嵐をやり過ごすように、軽々しく人口に膾炙(かいしゃ)された文言で右往左往することは自滅行為であると肝に銘じておきましょう。ちょうど小泉純一郎が郵政改革という耳障りの良い言葉で国家を売ったように、サギ師・催眠術師、香具師などなどが跋扈するのでご注意下さい。

嵐をやり過ごすには今の常識や習慣を投げてやり過ごす



これからはサカサマにすることが一番の安全策となるのです。5月からすべてアベコベな世界になっていくと面白いですねえ。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 4058 )
4/2 10時 浅草での空間線量は20Bq/m^3  
Monday, April 2, 2012, 01:07 PM
晴 10時 浅草での空間線量は20ベクレル/立法メートル

新年度となり、気持ち新たに発送作業をしております。

玉川温泉で読もうと持っていった本が「吉本隆明のDNA」と「坂本龍馬の後裔たち」です。吉本隆明に関する本はこれ一冊しかないので、まあいいかと鞄に投げ入れていきました。
二年前に交通事故で入院中にいただいた本で、そのまま平積みしてあったものです。

20ページぐらいで折り目がなくなっているので、前の持ち主も内容の薄さにあきれて投げ出したものでしょう。吉本隆明の入門書としては手頃かなと思った自分が馬鹿でした(笑)

天下のアカヒ新聞社が姜尚中(かんさんじゅ)、上野千鶴子、宮台真司、茂木健一郎、中沢新一、糸井重里らにインタビューしたものです。

文化人という肩書きで上野千鶴子、宮台真司、茂木健一郎が登場しているだけで読む気がそがれます(笑)1968年頃の大衆の「知識人ごっこ」を懐かしむための書籍版「三丁目の夕陽」として嘲笑しながら読むことが正しいのでしょう。ああ俺たちこんなに馬鹿でしたと。

手に取ることはなかったのですが、NHK教育でやっていた吉本隆明の講演と糸井重里との対談を少し観ることができたので、吉本隆明氏に興味を持ちました。糸井氏だけが自宅を足繁く訪問するほどの熱心な読者です。

糸井重里氏のほぼ日刊イトイ新聞で吉本隆明の考えを一つ一つ紹介しています。
こちらの方がお勧めです。糸井重里氏がひとつひとつ対談で身近な話題を解明しています。こちらの対談のほうがよっぽど「吉本隆明のDNA」だと思います。
http://www.1101.com/truth/index.html

ほぼ日刊イトイ新聞「吉本隆明ほんとうの考え」
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3908 )
雪の玉川温泉に行ってきました。冬は穴場の秘湯です。 
Sunday, April 1, 2012, 04:26 PM
晴 15時 浅草での空間線量は20ベクレル/立法メートル


雪に埋もれた玉川温泉に行ってきました。
冬場12/1〜4/30までは国道は閉鎖となるために、交通手段は田沢湖駅からの乗り合いバスと新玉川温泉から雪上車のみとなります。

バスは午前中の二便のみで、そのバスを逃すとすべてがキャンセルとなってしまいます。
そんな心配をしながらの強行軍ですが、新幹線は時間通りに発着しますから安心ですね。
昨日のような低気圧による強風があるので飛行機は飛ぶまで心配です。

久しぶりの玉川温泉ですが、何も変わっておりません。唯一正月での雪崩事故により雪解けまで大噴から岩盤浴のできる地熱帯は一切立入禁止となっております。

そんなことで冬期の玉川温泉は驚くほど宿泊者がいません。たった20名程度で従業員の方が多いのです。

玉川温泉の価値は岩盤浴ではなく強酸のお風呂なのです



最大の目的である大浴場がなんと貸し切り状態(爆笑)

夏季では想像できませんが、入浴しているのは自分を入れても多くて3人。ほとんど貸し切りです。
普段は病人と付き添いであふれかえっているのですが、源泉100%で泳いだり、蒸し風呂に入ったりと好き放題です。浴室には誰もいないのです。女湯のほうが少しだけにぎやかでしょうか。

喰って寝て風呂に入る以外は何もできない


外は雨のち雪で夜間は氷点下4度です。雪は2mほどあり散策などもってのほか。これから落雪と雪崩のシーズンなので雪解けの5月までは除雪された場所しか歩けません。

しかし宿は温泉熱による暖房が行き届いており、清潔で快適です。
玉川温泉は携帯電話もラジオも使えません。テレビもありません。(ロビーと脱衣所にはあります)
必ず本は持っていきましょう。

湯質はやっぱりいい!ラドンの表示はないですが感じます


浴室の入り口に掲げられている成分表示にはラドンガスの成分表示はありません。が、ラジウム温泉の感覚が私はします。自分の場合漬かると胸骨あたりがキューっと縮まるような感覚があるのです。恵那のロウソク温泉でも似たような感覚があったかな。
玉川温泉ではその感覚がもっと露骨に感じます。身体が冷えているから感じているのではなく、毎回同じ感覚です。

増富温泉ほどではありませんが、入浴後はよく眠れます。ぬるめの源泉100%をできるだけ長く(30分以上)一日5回の入浴を課して過ごしました。・・・って入浴以外何もすることがないのですから。
あっ、私の場合は呑んだくれてます。ここの湯治客はほとんどお酒は呑まれないのでそこそこ控えめにですね。

結論としては
道が冬期封鎖中の玉川温泉は最大の穴場です。普段は半年待ちでも冬期は簡単に宿泊できますし、お客が少ないのでお風呂は貸し切りです。
ちょうど期初の休業期間ギリギリに行けて良かったなあと思います。再開された頃には風景は一変しているでしょう。

玉川温泉のレポートはブログで続けるか、副島隆彦の学問道場(医療掲示板)に投稿しておきます。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 4227 )
3/30 6時 浅草での空間線量は21Bq/m^3  
Friday, March 30, 2012, 06:19 AM
曇 6時 浅草での空間線量は21ベクレル/立法メートル

本日/明日の更新はありません。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3801 )
3/29 10時 浅草での空間線量は18Bq/m^3  
Thursday, March 29, 2012, 12:07 PM
快晴 10時 浅草での空間線量は18ベクレル/立法メートル

明日より三日ほど臨時休業します。


閉鎖前に玉川温泉に行ってきます。深雪の玉川温泉をレポートいたしますのでおたのしみにしてください。

当方が製造しているラジウムブレスレットはどうすれば購入できるかというお問い合わせありがとうございます。当方にも少し在庫がございますので、メールかFAXでお問い合わせ下さい。

大量購入や小売卸売り希望であれば、天然石ビーズ商社の株式会社グランド様に直接お問い合わせ下さい。(六城ラヂウムからの紹介と言っていただければスムーズです。)
※画像のクリックで(株)グランド様のHPが開きます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3180 )
3/28 10時 浅草での空間線量は22Bq/m^3  
Wednesday, March 28, 2012, 10:47 AM
快晴 10時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

月末に秋田の玉川温泉に行きます。雪崩により岩盤浴はできませんが、玉川温泉の本当の真価は岩盤浴ではなく強酸の湯質にあります。

最低5日は湯治したいのですが4月から半ばまで閉鎖となるので止む得ません。

それよりももっと問題は雪のために雪上車でしか到着できないのです。
近くの乳頭温泉のライブカメラを見ると、ものすごく深い雪に圧倒されます。
http://www.nyuto-onsenkyo.com/livecam.html
本日のライブカメラの画像です。

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2862 )
3/27 7時 浅草での空間線量は22Bq/m^3  
Tuesday, March 27, 2012, 04:34 PM
晴 7時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

朝方は寒かったのですが午後からは南風で急に気温が上がりました。やっと厚着から解放されてシャツだけで動き回っています。

いろいろな締切りに追われている方も多いでしょう。六城ラヂウムでも期末なので急な仕事が多くなります。やっと午後3時に一息つけました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 2225 )
3/26 7時 浅草での空間線量は22Bq/m^3  
Monday, March 26, 2012, 07:33 PM
晴 7時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

今日と明日はサラリーマンのように7時に出て5時に終わるという生活です。

帰ってきたら夜の7時じゃあないですか。会社勤めみたいで一日損したような気がします。
でも都心から郊外へと通勤ラッシュとは無縁でじっくり本が読めるので電車移動は好きです。

今日は手近なお店がなく、回転寿司でした。
ロードサイドにあるかっぱ寿司というチェーン店でした。
車で移動することがないので、あまり幹線道路のこの手のお店に入る機会がありません。
どうやって注文するのか悩むことしきり。
普通ならビールか日本酒でも飲みながらなんですけども、まだ仕事が残っています。
隣のビルには同級生と後輩が働いているのを知っているのですが
飯でも一緒に食べようやとも言えないので、黙々とへんな寿司を食べました。
子供連れには良いでしょうね。6皿ぐらいで腹一杯になってでてきました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2277 )
天気がよいのでカメラ片手に散歩です。 
Sunday, March 25, 2012, 03:04 PM
散歩というよりも実は作業場に積った砂や粉塵、ラジウム鉱石に混ざっている不純物の小石を一抱え分を隅田公園の土に戻してきました。土を捨てるためにわざわざ公園の花壇にまで行かなくてはなりません。そこでついでにテスト撮影をしてみたのです。

全然対岸には桜が咲いていませんね。いつもの時期ならちらほらピンク色になっている頃です。水上バスを狙ってみます。まずは広角側。

動く被写体にレンズをあわすことは大変です。それでも画質は良いです。今までのカメラなら偏光フィルターでも噛ましたいところですが、コントラストはとても良いです。銀塩カメラと色彩はほとんどかわりません。驚いちゃったな。
最大望遠での撮影です。乗客の表情まではっきり見えます。
すごいぞNikon。こんな二万円台のコンパクトカメラで広角から望遠まで歪みなく写せるとはたいしたもの。古いカメラでは広角側では隅のゆがみが出ますし、望遠側ではコントラストが低く実際は使い物にならなかったのですが、今のコンパクトカメラでここまで描写するなら大きな一眼レフデジカメの必要はあまり感じません。

大寒桜だけが一株だけ満開でした。意地悪く逆光でのマクロ撮影をしてみます。カメラ内で逆光補正した画像です。ちょっとジャギーが目立つなあ。それでも一眼レフカメラ並の明るいレンズで不満はありません。
Nikonは正直今まで食わず嫌いでした。ホビーカメラマンがNikonを絶賛するわけだ。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2350 )
3/25 10時 浅草での空間線量は21Bq/m^3  
Sunday, March 25, 2012, 11:25 AM
快晴 10時 浅草での空間線量は21ベクレル/立法メートル

昨日24日の9時の計測値は24ベクレルでした。

副島隆彦の学問道場の定期講演会が虎ノ門にある日本消防会館(ニッショーホール)で行われました。800人近い来場者が集まる会場内で著作やDVDの販売スペースの脇に六城ラヂウムも出店させていただきました。
はじめて目にされた方が多かったでしょう。またおなじみの会員の方ともお会いできて楽しかったです。

テレビモニターが販売スペースの横にあるので公演中の様子がわかりました。
第一部や古村春彦研究員のアメリカ中枢のジャパンハンドラーズの人物説明とカウンターパート(工作の手先)の日本の政治家や官僚、マスメディアを暴露した内容です。
早口での説明にたった一時間ちょっとでも聴講されている方々は長く感じたのではないでしょうか。よほど政治通でないとつぎつぎと現れる人物名について行けないかも知れません。

しかし政治の裏舞台を知るには、人や金の関係を徹底的に整理し隠れた利害を理解しておかなければなりません。

5月に古村春彦氏の新刊が発売されるそうです。今回はその新著の内容をかいつまんで説明されたそうです。

副島先生の『今、世界経済がどう変質しつつあるか』というテーマで話が進みます。世界中が竹に木を接ぐような対応をしている実態がわかります。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2396 )
3/23 10時 浅草での空間線量は24Bq/m^3  
Friday, March 23, 2012, 12:49 PM
雨 10時 浅草での空間線量は24ベクレル/立法メートル

冷たい雨が降り続けるようです。インクが切れたので電気屋に雨の中行ってきました。
帰って早速交換したら、違う色のインクが切れてるとの警告が!
一度に警告して下さいよ(泣)

明日の副島隆彦学問道場の講演会で展示販売を行います。今日はその準備を行っています。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2257 )
3/22 6時 浅草での空間線量は22Bq/m^3  
Thursday, March 22, 2012, 07:11 PM
快晴 6時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

19時 浅草での空間線量は26ベクレル/立法メートル

本日は朝から出張と納品が立て続けにあり更新が遅れました。
先週からふたたび急上昇しております。

  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 2335 )
3/21 10時 浅草での空間線量は17Bq/m^3  
Wednesday, March 21, 2012, 12:23 PM
快晴 10時 浅草での空間線量は17ベクレル/立法メートル

新品のカメラでのテストショット。マニュアルを隅々まで読みこみました。
気づいたのですが、カメラメーカーによって微妙にボタンのマークに割り当てられる役割が異なるのです。
接写機能を多用するので、瞬時にマクロ撮影になって欲しいのですが、このカメラは[チューリップマーク]を押すと風景撮影か接写か手動ピントを選択する表示になります。
左右の矢印マーク[←][→]で露出とシャッタースピードの増減が今までの機種では行っていたのですが、この機種では上下の矢印マーク[↑][↓]を押さなければなりません。
ファインダーを覗いて、アレッアレッ?となって、またマニュアルを読まなければなりません。
品質と機能は最高ですが、日本の工業製品というのはユーザーインターフェースが一歩も二歩も悪いところがあります。

スティーブジョブスはマニュアルが必要な製品は欠陥商品だと言い放ちました。

これは20年以上昔の話です。Apple兇箸いΕ僖愁灰鵑農功を収め、次ぎにLisa、MacintoshというPCを手がけるのですが、設計にあたり上記のことを徹底させました。

確かにスイッチの入れ方とキーボードとマウスのつなぎ方しか紙はなかったなあ。
iphoneやipadも保証書以外の紙はないと聞いています。

デジタルカメラを新しくすると、プリンターも高性能なものに切替えたいし、コンピュータも大きな画面で処理の早いものが欲しくなりますね。まさに「物欲のドミノ倒し」「買い換えのスパイラル」(笑)となります。これが日本メーカーの必勝パターンなんでしょう。

連写機能であっというまに数百枚のカットが出来上りました。小さな画面では選ぶ作業は大変で大きな専用パソコンが欲しくなりました。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2277 )
3/20 10時 浅草での空間線量は14Bq/m^3  
Tuesday, March 20, 2012, 12:40 PM
快晴 10時 浅草での空間線量は14ベクレル/立法メートル

春分の日、いよいよ太陽は中立位置となりました。朝も6時から明るくなるので目が覚めるのですが、なんか眠たいですね。

最後のお仕事の写真です。





セラミックボール『源珠(げんきだま)』、メッシュシート『氣傳効(きでんかい)』などの原材料である高線量ラジウム鉱石の接写です。
お客様にお送りする前に写しておきます。何が最後なのかというと10年近く酷使してきたカメラ(Olympus社C-2040)を引退させるからです。海に落とされたり、大きなレンズを付けたりとあらゆることをしてきました。このシリーズだけで3台目です。傷だらけでグリップはテカテカです。銀塩カメラらしいデジタルカメラで他社に浮気してもまたこの機種に戻ってしまいます。次の更新では新型カメラでの画像を載せていきます。(実は機能が多すぎて覚えられない)
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2388 )
3/19 10時 浅草での空間線量は13Bq/m^3  
Monday, March 19, 2012, 11:57 AM
晴 10時 浅草での空間線量は13ベクレル/立法メートル

今日はお休みで4連休という方も多いのではないでしょうか。
六城ラヂウムのホームページに機能を提供してくれる会社が大幅なシステム更新を行います。それは勝手にしていいのですが、なんと当方のシステムも変更しなくてはなりません。
古いデータを消したり移したり、新たに別の契約をしたりと一度動き出したコンピュータシステムを変更することは大変です。

古いデータを整理したり移動させたりしているのですが、古い写真が出てきました。
10年前は何をしていたのかというと会社を辞めてほとんど毎週海で遊んでいました。気楽なもんだ。

自然に身を置くということは心地よいものです。潮の流れや風向きは刻々と変わっていきます。ヨットレースの面白いところは外因も大きな勝敗の鍵を握っているところです。

いくらテクニックや体力があっても、潮の流れに逆らったり風のないエアポケットのような場所にはまってしまうと進みません。

逆に何げなく舵を切った側に風があり、さらに風軸が向くことがあります。そうなるとどんどん加速して気がつけばごぼう抜きという結果もあります。

逆にゴール直前で浮いている海藻に絡まってしまったりすることもあります。

ただし上級者は雲の動き、波の形、気圧の変化にとても敏感です。力ずくではなく、周囲すべてを味方にする術を心得ています。レース上位の方に、なぜあそこで(不利と思える)方向に進路を変えたのですか?とレース後に訊ねたところ「ほっぺたにあたる風が風向きがかわることを教えてくれたからさ」とこともなげに言っていました。

理性では決して最適な答えを与えてくれません


上級者はよく「風を読む」とか「風を見る」といいますが、波の向きや形、雲の色や形、遠くの景色、煙突の煙などなど周囲にあるものすべてに注意を払っているのです。

いまや小型端末機器でなんでも知りたいことが出てくるように錯覚させられています。ヨットレースでもリアルタイムに風向きや天気予報が船上で受け取れるようになっています。もちろんGPSで自分の位置も画面で一目瞭然です。でもこれは

望む方向へ最適な状況を選んで走らせるという幻想



そこで「人生を切り拓け!」とか「自分の願う人生に向かえ!」とか言う人たちがいますが、それは子供への方便に過ぎないと私は思っています。

私だったらこういうでしょうね「五感を澄ませて周りから答えをもらえ」と。
トレンド(潮流)は刻々と変わっていきます。ヨットレースでは直線距離が最短ではないのです。ジグザクに走ったり円弧のコースが最速だったという場合がほとんどです。

こちらの方向に進みたいと思った時、少し周りを見渡してみましょう。
かならずサインがあるのです。占いの世界では「外応」というそうです。

「外応」とは宇宙(地球)と我々肉体(精神)は繋がっているという考えが元ですね。

自分の意志は自分のものではない


このように考えるとすごく楽になりますよ。潮に逆らって櫓を漕いでいるような状態から解放されるでしょう。

自らの理性こそ最善である。または自分は論理的だと高を括った態度は損です。

病気に悩んでいる方、不安をお持ちの方、不満ばかりを述べている方等々は
少しは自らの五感だけで判断してみなさい。

これが本当の断捨離(だんしゃり)の極意なのです


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2389 )
3/18 10時 浅草での空間線量は9Bq/m^3  
Sunday, March 18, 2012, 10:45 AM
曇 10時 浅草での空間線量は9ベクレル/立法メートル

今から吉本隆明氏の葬儀場所へ行ってみます。
(17時追記:葬儀への参列は密葬とのことで拒否されたので、ご自宅前で記念撮影させていただきました。副島隆彦先生と玄関前でご冥福をお祈りしました。)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2417 )
3/17 10時 浅草での空間線量は6Bq/m^3  
Saturday, March 17, 2012, 11:31 AM
雨 10時 浅草での空間線量は6ベクレル/立法メートル

最近デジタルカメラを物色しております。低価格のものでも画質がとても良いので仕事用に買い換えを検討しています。

店頭にはメーカーから沢山のカメラが展示されており、目を奪われます。
デジタルカメラは半導体デバイスの先端部品ばかりですから、日本製の独壇場ですね。ドイツのライカもありますが、松下製です。まだまだデジカメは過渡期の商品ですね。高額だからいいというわけでもなく、数年も経てばすぐに陳腐化します。

当方の条件は接写機能があることとHDRという機能が必須です。HDRとは露出の異なる画像から人の目で見た感じに近い画像を合成する機能です。逆光や明暗がある屋内写真で効果を発揮します。

デジタルカメラの弱点は感度の幅が銀塩カメラのフィルムよりも狭いので、強い陽射しの中での記念写真で顔が白く抜けたり、逆に黒くつぶれてしまい、がっかりしたことは誰でもあるでしょう。

商品写真の撮影は結構大変です。簡易スタジオと電灯、場合によっては銀色のレフで不要な陰影を消したり、プラスチックの反射を抑えるために偏光フィルターを使ったりします。

それだけ工夫しても、結局はPhotoshopといった画像処理ソフトで色調などをいじらなければ使い物にならないのです。ある程度カメラの機能で陰影などが処理できれば作業がはかどるのです。

HDR機能を現在のぼろっちいカメラで試してみます。露出を-と+にして3枚撮ってそれを専用ソフトに放り込んでパソコンで合成してみます。
白く飛んでいた部分と黒くつぶれている部分がうっすらと見えるようになりました。
雨天の低コントラストではサンプルになりませんが、なんとなくおわかりになるでしょうか。

もしお使いのカメラにHDRという機能があれば使ってみましょう。逆光では威力を発揮してくれます。ちょっと画像が独特な感じになりますけどね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2419 )
3/16 10時 浅草での空間線量は2Bq/m^3  
Friday, March 16, 2012, 10:44 AM
晴 10時 浅草での空間線量は2ベクレル/立法メートル

実は昨晩から早朝までは1Bq/m^3を空間線量計は表示していました。
とうとう0ベクレルになるのじゃないか!?と思いました。いくら何でも自然にも放射線は存在しますからそんなことはありえません。一年も外に置いていたのでいよいよ壊れたのでしょうか。
とりあえずこのまま計測値を記録し続けようと思っています。

場合によってはガイガーカウンター(Inspector+)の新品がまもなく納品されるので、そちらとの併用も考えています。

天気が良いのですけども、昨日からずっとひきこもり。ひたすら内職作業をしております。まだ半分もいかない。これからはしばらく内職作業が続きます。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2304 )

戻る 進む