森鴎外の上司は馬の獣医師だった!? 
Saturday, June 16, 2012, 09:46 PM
吉村昭「暁の旅人」を読み終えました。松本良順は幕末にオランダ医学を身につけ明治維新では幕府方軍医として会津藩に加勢しますが、新政府から赦され山県有朋に請われて初代陸軍軍医総監となります。

山県有朋は初代陸軍元帥となりフランス陸軍を手本にした新体制に尽力します。西南の役で兵站や伝令に多くの馬が使われましたが、当時の日本には軍属の獣医はいませんでした。

馬医者という職業はありましたが、西洋の獣医とはまったく異なる職業だったのです。

松本良順が山県有朋に進言して、軍にも獣医師が要請されました。

初代馬医監の名前は石黒忠悳(いしぐろただなお)と言います。

フランス語が堪能で、先見のある馬医者を陸軍が教育します。それが石黒忠悳であり、森鴎外の直属の上司です。

森鴎外は小説中でも実生活でも媚びへつらうのです。脚気病原菌説もドイツ医学に傾倒する石黒に森鴎外は擦り寄り、栄養原因説を真っ向から否定します。

石黒忠悳はもともと軍馬の世話で呼ばれた馬医者だったとは森鴎外も知らなかったのでしょうかね。なぜ馬医者が西南の役では医者として開頭手術までするようになったのか、激動の時代だからでしょうか。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2155 )
6/16 10時 浅草での空間線量は50Bq/m^3  
Saturday, June 16, 2012, 10:29 AM
雨 10時 浅草での空間線量は50ベクレル/立法メートル

今晩はギリシャの選挙があります。緊縮財政の是非を問う結果いかんではどうなるか。

私はEUの管理下にギリシャは置かれてほぼ主権はなくなるのではと思います。
EUを脱退して旧通貨ドラクマに戻っても観光以外に産業の無い国ですから前途は多難です。それならドイツの管理下で財政再建を目指す方が現実的です。

いままでもスペインやギリシャはヨーロッパ経済(主にドイツとフランス)に依存してきたのですから、いまさらEU脱退などはありえないと思います。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2089 )
「厚生」とは厚かましく生きることですが何か?(by厚生労働省) 
Friday, June 15, 2012, 10:53 AM
晴 10時 浅草での空間線量は52ベクレル/立法メートル

厚生労働省の厚生とは中国の古典「書経(尚書)」から引用された言葉です。明治の知識人とはセンスが良いなと思います。医学では松本良順の弟子だった司馬 凌海(しば りょうかい)によってドイツ語を蛋白質(Eiweiss)、窒素(Stickstoff)、十二指腸(Zwölffingerdarm)などと翻訳されました。外国語を漢字に置き換えたのは福沢諭吉が有名ですが、スポーツを体育としたのはまずかったですね。

「書経」とはWikipediaによると
書経(しょきょう)または尚書(しょうしょ)は、政治史・政教を記した中国最古の歴史書。堯舜から夏・殷・周の帝王の言行録を整理した演説集である。また一部、春秋時代の諸侯のものもあり、秦の穆公のものまで扱われている。以下略
とあります。

厚生年金基金に大穴をあけた厚生省



今から20年前(1992年)では証券会社や信託会社による損失補填は証券取引法違反ですが、大口顧客への損失補填は大蔵省は黙認していました。

なぜならば、最大の損失補填先が厚生省の年金福祉財団(現在の年金積立金管理運用独立行政法人)だったからです。

証券会社や信託会社による損失補填は読売新聞の記者であった清武英利氏(後に読売巨人軍球団代表)が政府関係団体を含む損失補填先の実態をスクープしています。清武英利氏により証券会社の運用損だけではなく、年金基金や公務員組合にも巨額の損失が隠されていることが世間に知れ渡りました。

「オリンパス症候群」(チームFACTA著)にはバブル崩壊で金融機関には巨大な損失を抱え、大蔵省は多少の脱法行為は黙認していた状況が記述されています。

毎日愛読しているメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」では秀逸なコメントがありました。

(中略)
信託銀行に運用を任せ、自身は接待漬け、挙句の果て穴を空けた数兆円は、社会保険庁を年金機構に改組するときに紛らせて、減資で切り抜けました。
これぞ官僚マジックです。
厚生官僚は官僚の中の官僚、成績が悪くて財務官僚や自治官僚になれなかったルサンチマントがあるから余計に始末が悪い存在です。最近、問題になっているインチキ生活保護の不正受給ももとはといえば、彼らが元凶です。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)日本も橋本政権でビッグバンを認めて以後、おかしくなりました。ロンドンのウィンブルトン方式が良いと言い出した市場関係者と御用学者が米国の圧力に荷担した結果です。いまのTPP推進グループと状況は似ています。

「人民の生活を厚(ゆた)かにすること」という本来の意味からかけ離れている厚生労働省など解体して、地方自治体に委譲したらよいのです。この福利厚生面では橋下徹氏に賛同します。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2167 )
陸軍性悪説を広めた阿川弘之を許すな 
Thursday, June 14, 2012, 02:57 PM
晴 10時 浅草での空間線量は58ベクレル/立法メートル

司馬遼太郎をブログで書いたからには、阿川弘之にも触れなければなりませんね。
阿川弘之といえば海軍提督三部作「山本五十六」「米内光政」「井上成美」が代表作です。
井上成美は初版1986年と意外と新しいのですね。

阿川弘之の功罪は一方的な海軍性善説に則った立場で陸軍悪玉論を広めたことです。

講和の機会を潰し利敵行為を繰り返した海軍将達を美化する阿川はもっと批評されるべき作家です。

帝国海軍出身といえば主計局少佐であった中曽根康弘元首相です。戦後はキッシンジャーに師事し、正力松太郎と原子力政策に奔走します。正力松太郎がCIAで育てられたのと同じく、旧海軍閥は戦前から米国に内通していたと見ることが正しいように思えます。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2137 )
宇宙アサガオ、異常早咲き 20倍の花の個数(メモ) 
Wednesday, June 13, 2012, 04:56 PM

宇宙アサガオ、異常早咲き 京産大付属高の3世代目


京都新聞 6月13日(水)9時29分配信


通常より大幅に早く、夏至前に開花した京都産業大付属高の宇宙アサガオ(提供写真)

 宇宙空間を旅した種子から育った、京都産業大付属高(京都市下京区)の「宇宙アサガオ」が、通常は夏至以降とされる開花時期より大幅に早く、10日に咲き始めたことが、12日に分かった。帰還2世代目は異常に多くの花をつけたことが確認されており、開花したのは3世代目にあたるアサガオ。同高は、宇宙放射線の影響を裏付ける事象だとみて、さらに研究を進める。
 アサガオは夜が長くなっていくのを感知して花芽をつける「短日植物」で、日照時間が日々短くなっていく夏至以降に開花する。
 同高生物部は、2010年にスペースシャトルに搭載した種子の3世代目、同じスペースシャトルに載せた、船橋市総合教育センター(千葉県)の種子の3世代目と市販種の3種類を、通常より約3カ月早い3月中旬にまいた。
 今月10日から2日間、同高と船橋市の種子から育った計5株に一つずつ花が咲いた。市販種は12日現在、花芽すらついていない。
 昨年夏、2世代目は1株当たり300個以上の花をつける突然変異が確認された。生物部顧問の米澤信道教諭は、DNAの塩基配列が変わった可能性があると分析した。
 夏至前に開花した直接的な要因として、米澤教諭は、花芽をつくる植物ホルモン「フロリゲン」の異常が疑われるとみている。その上で、「宇宙放射線の影響があったと、より明確にできた」と話している。

◇帰還2世代目は異常に多くの花をつけた
・ 「宇宙アサガオ」2世に変異 放射線影響か - 第2世代の花は夕方まで咲き続け、色も時間を追って青紫色から淡い紅色に変化するなど通常とは異なる特徴も。京都新聞(5月18日)

「宇宙アサガオ」2世に変異 放射線影響か

昨年7月26日の午前9時43分(写真左)と午後5時37分(右)にそれぞれ撮影した第2世代の宇宙アサガオ。時間を追って、青紫色から淡い紅色に変化した+ 宇宙空間を旅した種子から「宇宙アサガオ」を育ててきた京都産業大付属高(京都市下京区)が、帰還2世代目となる株の開花で、1株当たり300個以上の花がつく突然変異を確認した。市販種並みだった第1世代の6倍に上り、宇宙放射線の影響の可能性があるという。今月末から市内の私立高とともにさらに研究を進める。

 宇宙アサガオの種子は2010年4月、山崎直子さん搭乗のスペースシャトルに15日間載せられた。うち2粒を同高が譲り受け、生物部が栽培してきた。

 観察記録によると、第1世代の2株の種から育てた20株のうち18株が1株当たり193〜652個の花をつけた。開花期間は7〜11月。1株平均315個は、第1世代の59個や、同時に栽培した市販2種の33個、20個を大きく上回った。つるが枝分かれし、花の数が増える「多分枝多花」だった。

 宇宙空間では1日1ミリシーベルトの放射線被ばくがあり、生物のDNA配列を傷つけるとされる。変異した遺伝子が受粉で組み合わさる過程で、多分枝多花となるDNA配列が生じた可能性がある。同部顧問の米澤信道教諭は「宇宙での生物への影響を示す事例になるかもしれない」とする。

 多花になることで種子の総数は増えたが、一つの花の種子数は第1世代と比べ17〜20%減った。第2世代の花は夕方まで咲き続け、色も時間を追って青紫色から淡い紅色に変化するなど通常とは異なる特徴もあった。

 種子島宇宙センター(鹿児島県)からシャトルに載せなかった種子を譲り受けており、第2世代から採れた種子と一緒に今月末にまいて成長を観察し、宇宙放射線の影響について明確にする。副部長の3年、谷知咲さん(17)は「多分枝多花などの特徴が受け継がれるどうかを多くの協力の中で見て、新たな発見も共有したい」と話している。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2172 )
司馬遼太郎よりも吉村昭(よしむらあきら)をもっと評価すべきである 
Wednesday, June 13, 2012, 12:58 PM
曇 10時 浅草での空間線量は56ベクレル/立法メートル

店主は医療での不毛の原因は東大医学部と厚生労働省を頂点とした権力構成にあると思っています。その原型は幕末から明治にわたって導入されたドイツ医学にあります。

ドイツ医学はパスツールやコッホによる細菌の研究により、病気はばい菌によって引き起こされるという考えです。悪い物質(菌)により病む、これを学理主義といいます。
このばい菌で病気は発生するという一元的な見方を金科玉条にしたのが帝国大学医学部でした。その最右翼には森鴎外がおり、陸軍医の長であった森鴎外により日清・日露戦争では銃創による死者よりも多い兵士を脚気で失っています。

その後も脚気栄養原因説をとる海軍医の高木兼寛と病原菌説を信じて疑わない鴎外との論争、そして東大派閥による北里柴三郎や野口英世への嫉妬による妨害、研究所の乗っ取りなど、医学的発見という名誉欲でつき動く人物像が吉村昭の「白い航跡」に描かれています。

吉村昭は戦争文学の金字塔を打ち立てただけではない



「戦艦武蔵」「陸奥爆沈」「殉国」といった生存者を取材し資料を詳細に集めて書かれた著作群はまるでNHKのドキュメンタリーを観るようなリアリティーがあります。
ただしそれだけではなく、代表作の一つ「ふぉん・しいほるとの娘」(吉川英治文学賞)のように幕末から明治にかけての著作も多くあります。これがどれも面白い。

「暁の旅人」はポンペに師事した松本良順の物語です。まだ江戸城では漢方医の勢力が強い時世に長崎へオランダ医学を学ぶためにご禁制をかいくぐって旅立ちます。オランダ医学といってもドイツ医学そのものです。
その後は戊辰戦争では幕府方軍医として従軍しますが、最初の陸軍軍医総監となりました。

乾いた砂へ水を注ぐように当時は海外の知識を疑いなく貪欲に吸収していく様子が目に浮かびます。

吉村昭は晩年「司馬遼太郎賞」というものを固辞しています。司馬遼太郎の名前の賞など欲しくないのでしょう。当然です。
吉村昭は「歴史を記録する」(河出書房新社)という著作があるように、時代背景と史料により忠実に記録しようと努めた作家です。稀代のドキュメンタリードラマ作家なのです。

一方司馬遼太郎は通称司馬史観と言われるように、多少の捏造、事実の捻じ曲げ、自分の願望や空想を入れた娯楽小説家です。日本海海戦での丁字戦法は参謀秋山真之が考案したと「坂の上の雲」では主人公の秋山真之を勝利の功労者として祭りますが、事実は大きく異なります。防衛省の戦史研究において、日本海海戦時以前にも丁字の船隊は取り入れられているのです。
後日談で司馬遼太郎遺族が防衛省の戦史研究家を名誉毀損で訴えるというアホさも披露していますね。
私は出鱈目の司馬遼太郎よりもはるかに吉村昭を評価しますね。

近所の日暮里図書館には吉村昭の記念コーナーがあるそうです。お近くに住まわれていたのですね。

(過去ブログ)
「自然な療法のほうがガンを治す」今村光一著
たった120年前の話「坂の上の雲」は現代の話か?
文豪森鴎外の裏の顔ー出世工作と賀古鶴所
鴎外は謎だらけ
「森鴎外は何故袴をはいて死んだのか」志田信男著
パスツールの功罪・・・風邪はバイキンが原因?
森鴎外とラジウム治療(メモ)

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2126 )
6/12 10時 浅草での空間線量は57Bq/m^3  
Tuesday, June 12, 2012, 12:22 PM
曇 10時 浅草での空間線量は57ベクレル/立法メートル

スカイツリーも雲の中、肌寒いですね。そろそろ降り出すでしょう。
福島の田村郡都路にある福島復興事務所では朝方は5度まで冷え込むそうです。このような寒暖差がある時期は体調が崩れやすいのでお気をつけ下さい。

伊豆大島の葉野菜「あしたば」からセシウムが検出されて出荷停止となったというニュースがありました。なんてことでしょう。あしたばという野菜なんて大島や三宅島などの島内でしか流通していない野菜です。そこまで福島の影響があったという学術的な価値しかないと思います。
でもタイミングが良すぎるニュースですね、野田首相が原発再稼働を表明したとたんに流すとは。

気温が低いですが、パンを焼いてみました。久しぶりの大成功。今日は好物の干しぶどうパンです。
夏日にパン生地をこねて発酵させると、どうしても膨らみすぎて失敗してしまいます。ついつい発酵中であることを忘れてしまうのです。
今日は電子レンジの中にいれっぱなし、温める必要ありません。
22度程度の気温がパン作りには最適なのかも知れませんね。もちもちで美味しいパンです。
電子レンジにオーブン機能があれば2時間ほどで焼けますよ。
  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 2304 )
五輪で日本が勝てない最大の理由(スポーツを利権化する行政) 
Monday, June 11, 2012, 12:01 PM
曇 10時 浅草での空間線量は62ベクレル/立法メートル
昨日日曜日の真夏日のような陽射しから一転、曇天の肌寒い一日です。梅雨入りですね。

日曜日は朝から東京湾に浮かんでおりました。天気もいいし、絶好のヨットレース日和といえます。
ここは千葉県にあるヨットハーバーです。そこで年に一回行われるヨットレースをお手伝いに行ってきました。
写真を見ると優雅で綺麗な場所のように見えるでしょう。元々は千葉県の公共施設で東京湾の埋め立てが盛んな頃に作られた施設です。

千葉県のお荷物施設


運営は千葉県スポーツ振興財団という県庁の外郭団体が行っているのですが、サービスという概念がない上に修繕予算もまかなえない箱物施設として存在しています。
シャワーは壊れている、水は出ない、ドアは壊れっぱなし、職員はやる気なしと、ここでヨットを習うとヨット嫌いになって卒業するそうです。
まあ地方都市のヨットハーバーは教育や観光、地域活性化の拠点として自治体主導で整備されているのですが、東京都や千葉県は役人や漁民の利権の場でしかありません。
第五福竜丸が発見されたゴミの埋め立て地「夢の島」は現在クルーザーボートの係留地になっていますが、そこに係留するだけでも毎年自動車が一台買えるほどの金額です。
20年ほど昔はヨットがたくさん繋がれていた場所には、持ち主が放棄した船が幽霊船のように浮かんでいます。
高い施設使用料に音(ね)を上げた利用者が置き去りにしていくのです。
結果、老朽化する施設に関わらず、年々減少する利用者にしわ寄せとなり毎年利用料が引き上げられ、ますますスポーツ人口は減っていきます。

今回の選手の平均年齢は46歳。高校生一人と20代が一人いるから少し下がったものの、40代から60歳代がほとんどです。次を担う若者が全くいないのです。
多くが大学生の時にヨット部で鳴らした人や、堀江謙一の太平洋横断、堀江石原裕次郎の映画をきっかけにヨットを乗り始めたという方々です。

とうとうロンドンオリンピックには日本からはセーリング競技では出場枠を獲得できなかったと聞きます。日本のトップセーラーと呼ばれる選手でも世界レベルでは下位レベルです。
理由はおわかりのように、セーリングは国内ではマイナースポーツ、選手層の少なさ、そして海岸や海の利用権や制約の多さ、そして大多数の無理解です。

スポーツは裕福な家庭の特権で一般生活には無関係な贅沢である。



大方はこのような見方ではないでしょうか。それが証拠にアイススケートの井上真央選手やゴルフの石川涼選手など才能ある選手が出てくると、必ず親の職業や資産といった話がゴシップ記事となりますから。

シンガポールをはじめとする新興国では国を挙げてスポーツ振興に力を注いでいます。とにかく世界の檜舞台に送り出すには選手層を厚くしなくてはならないとPRに余念がありません。

シンガポールのお札の裏は水泳やサッカー、テニス、ヨットなどの競技の図版が入っています。それほど選手を育てることは国策として急務なのです。
島国に関わらず日本はタイや台湾、韓国、中国からも引き離されつつあります。

こんなスポーツ後進国の東京でオリンピック開催なんて噴飯物



石原慎太郎が東京オリンピックよもう一度と喚いていますが、都民としては労害爺よ早く死ねと思います。何百億もIOC(オリンピック委員会)に費やす費用があるならば、他国もうらやむほど日本国内でスポーツ競技人口を増やすことに専念しろと言いたいですね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2268 )
ずぼらにお勧めドラッガーがわかる一冊のダイジェスト 
Saturday, June 9, 2012, 11:44 PM
 店主は昨年からドラッガーにはまっています。もちろんNHKのアニメ「もしドラ」がきっかけの駆け出し読者ではあります。
オリンパスの経済<犯罪!>で書籍を漁っているうちに少しは心が涼む本はないかと手にした物が本書です。
電車の中で読んでは寝て、目覚めたらまた開いてと読むには最適な本です。
上田惇生(うえだあつお)氏はドラッガーにドラッガー以上と言わしめたドラッガー体系を血肉にしている方です。
冒頭の糸井重里氏との対談も秀逸な内容です。糸井氏はコピーライターという職人でありながら経営者という狭間の助言をドラッガーに求め、それにドラッガーが答えを示していることがよくわかります。

ドラッガーのキーワードに「モダン(近代的合理主義)」という単語があります。上田惇生氏もこの「モダン」という言葉を慎重に扱っています。ドラッガーは戦後は「ポストモダン」の時代であり、ポストモダンとは「組織」の時代であると定義しています。
組織が大切だからこそ名著マネジメントが生まれたと言うことが時系列で著作を簡潔に説明する本書でわかります。

モダンという言葉は副島隆彦先生もよく語ります。西洋で一大転機となったモダン(近代的合理主義)を経験していないのが我が日本の実状であると。
口汚く言えば「土人国家ニッポン」です。社会制度のどこに「モダン」があるのか!という嘆きが副島隆彦の著書群の根底にあるのです。

ドラッガー風に言えば、現代はポストモダンであり、そのためにはモダン同様の変革が不可欠な時代です。モダン時代はジェームスワットによる蒸気機関の発明で工業社会が始まり同時にアダムスミスが「国富論」が発表されたことで始まりました。ジェームスワットとアダムスミスはイギリス・グラスゴーの親友同士です。

興味を引くことは、哲学無き日本の繁栄は大きな代償を払うことを1981年(昭和56年)に指摘した書籍を上梓していることです。「日本 成功の代償」(ダイヤモンド社)

経済(economic)→産業(industrial)と大戦で主役が代わり、現在は組織(organization
)が主役であります。だからこそマネジメントという名著を書いたのでしょう。

私は会社員ではないから関係ないと思いでしょうが、組織とは大きくは国家であり地域、家庭、友人関係です。

ポストモダンの現代は、自分をどのように位置づけるかが大事であるとドラッガーは示唆しています。逆にモダンでもなくポストモダンにも進化しない組織・社会は消え去るべきなのでしょう。オリンパスや東電などはね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.2 / 2368 )
6/8 9時 浅草での空間線量は67Bq/m^3  
Friday, June 8, 2012, 07:37 PM
晴 9時 浅草での空間線量は67ベクレル/立法メートル

打ち合わせで立川に寄っておりました。浅草から八王子方面は本当に遠い場所です。
電車に往復3時間近く乗っているのは苦痛です。

帰ってきたら野田総理の関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼働を認める発言がトップニュースとなっていました。

お手盛りな料金制度、発送分離といった鉈を振るった上での再稼働なら十分容認できます。

当方は原発再稼働をすぐに行うべきであると思っています。
巨大な装置ですから、スイッチ入れればすぐに動くわけではありません。今再稼働を決定しても稼動までに内部清掃や試験点検と通して徐々に出力が上がっていくので、8月に間に合うかどうかなのです。

感情的な反原発運動は電力業界にとって料金引き上げの口実となります。


出所不明な圧力団体に惑わされて、動員されないようにしてください。

へんな宗教系などに加わらないことです。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2199 )
6/7 10時 浅草での空間線量は67Bq/m^3  
Thursday, June 7, 2012, 12:26 PM
晴 10時 浅草での空間線量は67ベクレル/立法メートル

空間線量は高め傾向です。4号機燃料プール冷却ポンプ故障の影響ではないと思います。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2317 )
6/6 11時 浅草での空間線量は62Bq/m^3  
Wednesday, June 6, 2012, 01:56 PM
雨 11時 浅草での空間線量は62ベクレル/立法メートル

昨日から空間線量が急上昇しました。原因はわかりません。

金星蝕は残念ながら観られませんでした。

「オリンパス症候群」(チームFACTA 平凡社)を読了しました。書評は学問道場に掲載しようと思っています。それにしてもオリンパスの巨額損失隠しの原型は山一証券(1997年11月自主廃業)の飛ばしであることを、著者の一人高橋洋一(元財務相官僚)とFACTA発行人阿部重夫が指摘していることです。
当時、高橋洋一は証券・信託会社の損失補填と膨らむ不良債権問題に遁走した役人、かたや阿部重夫は日本経済新聞の飛ばしを追いかける記者として山一破綻の過程を最前線で眺めてきた人物です。

山一の場合は1兆円の運用うち半分5000千億円もの穴を開けて、当時の大蔵省と顧客企業、年金基金などの機関投資家と損失を小口にスライスして償却することにします。調査の及ばない海外支店を通してペーパーカンパニーへの投資という形で損失を隠したのです。
このスキームは顧客企業の財務でも利用されました。

阿部重夫は山一の飛ばしをスクープしますが、上層部の判断で記事はボツになります。
信用不安で山一は一発で即死、銀行・証券が吹っ飛ぶからと大蔵省、銀行・証券と「握る」日経新聞は阿部のスクープを黙殺します。

はたして90年代の不良債権処理、後手後手に回る金融行政が正しかったのでしょうか。

失われた20年(Lost 2 decades)というツケを払ってもまだまだ足りることはないでしょう。肝心の東京証券取引所も理事は財務省からの天下りでしめられています。

経営のチェックが機能しない日本のシステム



が本書で明らかにされています。このままでは企業の財務内容は誰も信じることはできません。

日本を沈没させた張本人は財務省



であります。そして野村や山一からスピンアウトしたダニやヒルが企業を食い物にしていることが「サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件」「オリンパス症候群」でよくわかるでしょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2202 )
775年に宇宙から強放射線か(メモ) 
Tuesday, June 5, 2012, 12:36 PM
曇 10時 浅草での空間線量は54ベクレル/立法メートル
空間線量は上昇傾向があります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015576601000.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000014-jij-soci

775年に宇宙から強放射線か


6月4日 5時52分 K10055766011_1206040553_1206040557

樹齢の長い屋久杉を名古屋大学などの研究グループが調べたところ、奈良時代後半の西暦775年に宇宙から地球に強力な放射線が降り注いだとみられることが分かり、宇宙の現象と地球環境の関わりを探る手がかりになると注目されています。

名古屋大学太陽地球環境研究所の増田公明准教授らの研究グループは、宇宙からの放射線「宇宙線」などの影響で変化した「放射性炭素」に注目し、樹齢およそ1900年の屋久杉の年輪に含まれる放射性炭素の量を測定しました。
その結果、奈良時代後半の西暦775年の層に通常のおよそ20倍の放射性炭素が含まれていることが分かり、研究グループによりますと過去3000年間で降り注いだ最も強力な放射線とみられています。
原因は特定されていませんが、地球の比較的近くで発生する「超新星爆発」や太陽の表面で起きる可能性が指摘されている巨大な爆発「スーパーフレア」などの激しい現象が考えられるとしています。増田准教授は「当時の地球環境が影響を受けた可能性があり、今後の研究で宇宙からの放射線が増えると地球で何が起こるかを予想できるようになる」と話しています。この研究は、4日発行のイギリスの科学雑誌「ネイチャー」電子版に掲載されます。


屋久杉に宇宙変動の跡=奈良時代の超新星爆発か―年輪を分析・名大グループ


時事通信 6月4日(月)2時8分配信

 鹿児島県・屋久島で伐採された樹齢1900年の屋久杉の年輪を分析した結果、奈良時代後期の775年に宇宙で何らかの変動があったことが分かったと、名古屋大太陽地球環境研究所の増田公明准教授らのグループが発表した。超新星爆発か、太陽表面で巨大な爆発が起きた可能性があるという。研究成果は3日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 研究グループは1956年に伐採された屋久杉を入手。750〜820年に該当する年輪を切り出し、年代測定の手掛かりに使われる炭素14を抽出した。
 炭素14の量は、超新星爆発や恒星表面の爆発(フレア)で発生する宇宙線の量によって変化する。年輪の炭素14は、太陽の11年ごとの活動周期に応じて増減していたが、775年は20倍多く変化していた。
 この急激な増加の原因を、超新星爆発と仮定すると、地球の比較的近くで爆発が起きたことになる。太陽のフレアが原因とすると、通常の1000倍のエネルギーを放つ巨大な爆発(スーパーフレア)が起きた計算になるという。 


屋久杉の年輪に含まれる炭素14という元素を測定したら、奈良時代775年は20倍だったという測定結果となったというお話です。
炭素14という元素は、宇宙から降り注ぐ中性子が大気中の窒素に衝突してできる元素です。
正確には放射線ではなく、太陽や新星爆発により地球に到達した中性子により生成された炭素14が775年は20倍だったというニュースです。

もちろん中性子だけではなく、電子や電磁波も大量に届いていたのでしょう。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2216 )
6/4 11時 浅草での空間線量は40Bq/m^3  
Monday, June 4, 2012, 02:32 PM
晴 11時 浅草での空間線量は40ベクレル/立法メートル


昨日は結婚式の披露宴に出席しておりました。最近では珍しい都内ホテルでのハデ婚です。
特に目黒のここはエレベータも金箔張りと中華寄りな東洋趣味で有名です。
おかま華道家の假屋省吾が金銀のスプレーをふりまいた前衛的な生け花をよくロビーに飾っています。

威圧的な内装で趣味がよいのか悪いのか・・・。

さておき、お品書きを見るとまだ前菜が終わったところで少食の私はコース料理を途中でダウン。魚、魚、肉、寿司、ケーキとまだまだ続いて出てきます。

同じ円卓に食べ盛りが二人いて助かった。

まいっちゃうな。披露宴ですからゆっくり話をしたいのですが、次々に運ばれてくるので黙々と平らげているという感じです。食べるのが遅いから、給仕さんが私の後ろに控えてます。

折角綺麗に盛りつけられた料理、他の席でも一口だけ口を付けて残す年配者も多かったのではないでしょうかね。昼からの披露宴なので何も食べずに行ったのですが、甘かった。

晴れの日の料理に申し訳ない気分になりました。品数を選べることができれば助かるのですけども、この巨大結婚式場ではそういうことはできないのでしょう。

さあさあ喰え喰え呑め呑め的な披露宴はバブル風というか時代が一昔のように感じました。
皆さんはどうですかね。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 2162 )
6/2 9時 浅草での空間線量は33Bq/m^3  
Saturday, June 2, 2012, 09:13 AM
晴 9時 浅草での空間線量は33ベクレル/立法メートル

本日は虎ノ門の発明会館で副島隆彦の定例講演会が行われます。
タイトルは『橋下徹の登場 と 政治思想の歴史』です。

国民に蔓延する厭世感とポピュリズム、ファシズムへ走る国内情勢の背後を副島隆彦先生、中田安彦研究員、須藤喜直研究員が説明されます。

私も会場におります。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2203 )
自壊する「日本型」株式会社・・・今だ癒えないバブルの傷 
Friday, June 1, 2012, 02:21 PM
晴 10時 浅草での空間線量は25ベクレル/立法メートル

山口義正著「サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件」に続いてFACTA編集長阿部重夫著「オリンパス症候群」を読んでいます。
どちらも日経証券部記者上がりですが、「サムライ・・・」で書き足りなかった背景を阿部重夫氏が解説しているのが本書です。

企業の莫大な金融投資による焦げ付き額はNTT株上場当時の株式市場が沸騰しはじめた頃、証券会社に対し、年金基金や企業年金などの大口客への損失補填を省を(通称)角谷通達により禁止したこと。
その結果宙に浮いた損失を宮沢喜一首相が6000億円の公的資金を投入して解決しようとした計画を大蔵省銀行局長、寺村信行が止めたことが失われた20年(以上)となった原因であることが前半に述べられています。

角谷通達により損失補填してもらえなかった企業の一つがオリンパスでした。
当時ほとんどの企業が財テクに走り、元本保証まがいの契約で証券会社に運用を一任勘定で任せていました。

もし6000億円の公的資金を投入していたら企業の財務内容は今ほど悪化もせず、20年以上も影響を及ぼすことはなかったと断定しています。

早期の公的資金投入で銀行証券を助けることは必要であったかどうかは本書を読了していないのでなんとも言えませんが、四半世紀近い昔の損失がいまだに日本の大企業を蝕んでいたという現実です。

私がこれからは大企業の時代ではないと確信している理由は、信用収縮が起きている状況下で、世界規模のリセッション(景気後退)とデフレーションとなっているからです。

信用は失うと二度と取り戻せないという原則


をしっかり胸に刻み込んでおきましょう。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 2168 )
NHKニュースウォッチ9の露骨な世論誘導がひどい! 
Thursday, May 31, 2012, 01:33 PM
晴 10時 浅草での空間線量は22ベクレル/立法メートル

昨晩のNHKニュースウォッチ9の世論誘導のひどさに怒りを覚えました。
あの不快なキャスター大越健介が執拗に(まるで野田、財務省の代弁者のように)小沢一郎元代表へ言質を取ろうと必死な質問をしています。

「増税はまったなしなのになぜ反対をするのか」

「民主党の党決議に反対しては民主党はまとまらない」

「世界から日本に向けられる目が厳しくなっている」等々

大越健介のみごとなポチぶりに唖然



これが古舘伊知郎ならばどうせテロ朝の腹話術人形だからしかたないねと嘲笑しながら横目でみることもできます。

受信料を徴収していながら洗脳機関として振る舞うNHKはとうてい許せません。

この男芸者、大越健介のプロフィールを見てみます。

16年にわたった政治部在籍ののち、2005年よりワシントン特派員、2007年より同支局長。ブッシュ大統領の「テロとの戦い」や、時代に翻弄される日米関係を取材。同大統領に2度にわたって単独インタビューした。また、2008年の大統領選挙では、支局長として取材指揮にあたり、熱狂的なオバマ・ブームとその背景を伝えた。また、NHKスペシャル「日本とアメリカ」シリーズなど、日米関係をテーマにした多数の報道番組に携わった。
2009年に帰国し、「NHKニュースウオッチ9」編集責任者を経て、
2010年3月29日より、「NHKニュースウオッチ9」キャスター。


1961年生まれ、1985年東大卒業、52歳、NHK政治部、ワシントン駐在、3年前からニュースウォッチ9の責任者に納まっています。まさに

ジャパンハンドラーのカウンターパートとして育てられた人物



野球部出身だから単細胞だろうし、臆面無く星条旗に敬礼できる人物でしょう。

NHKの9時は古くは磯村尚徳(ひさのり)、そして従兄弟の松平定知(さだとも)などに引き継がれていきます。この磯村尚徳もワシントン支局長です。(松平定知はアナウンサー畑です)橋本大二郎もそうですが、政治部は閨閥(けいばつ)で占められているとみなしておきましょう。
http://kingendaikeizu.net/matudairasadatomo.htm

  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2244 )
日経平均株価は解散価値(PBR)を下回っている現実 
Wednesday, May 30, 2012, 01:23 PM
晴 10時 浅草での空間線量は25ベクレル/立法メートル

東証一部全銘柄の指標を日経新聞のWebサイトから抜粋してみました。

2012/5/30 12:00現在
■東証1部全銘柄の指標
連結 前期基準 予想
純資産倍率 0.89倍 --
株価収益率 18.47倍 11.58倍
株式益回り 5.41% 8.63%
配当利回り 2.33% 2.37%

■時価総額(普通株式ベース)
東証1部2,548,240億円


純資産倍率が0.89倍ということは、理屈では全ての一部上場企業を解散して資産を切売りしても1割以上の利益が出るほど株価が低迷していることを示します。
株価収益率は企業の税引き後の利益を発行株式数で割って、一株あたりの収益を算出して、それが株価の何倍かを表した物です。18.47倍とは18年と半年分の一株あたり利益という意味です。18年後にどれだけの企業が残っているか誰もわかりませんが今の株価は18年分というだけの指標です。株式益回りはその逆数です。
配当利回りはそのまま一部全銘柄をまんべんなく買ったとした利回りです。これだけ見ると定期預金よりもはるかによく見えますね。

指標をだけを見れば超割安です。
それでも買い手がいない。

それはなぜか?

紙幣、証券という紙切れの信用が全世界でなくなっているからです。

オリンパスの巨額損失隠し事件はオリンパスだけではありません。額の大小はあれ、国内外どの企業でも損失を隠して粉飾することは普通に行われているからです。

紙切れを金に変える錬金術は終りを告げたのです。
これからは担保、それも流動性のあるものではないと担保価値がないのでしょう。

江戸時代の米経済のようなものですね。米や木材、絹・木綿などが手形となって金銭のかわりとなっていました。

上記の指標からは株式市場は信用に値しないと烙印をおされたようなものです。
全世界で株式と通貨の暴落は目前です。

でもね、地球規模でみればCDSやオプションなどで水膨れした世界金融は弾け飛べばいいのです。我々には関係ない世界です。間違いなく経済規模は縮小していくでしょう。

松下電器が本社社員を半分にすると発表しましたが、ぬるいですね。世界的デフレ時代は恐竜の氷河期のようなものです。ネズミなどの小動物だけしか生き残りません。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2212 )
5/28 10時 浅草での空間線量は34Bq/m^3  
Monday, May 28, 2012, 01:18 PM
晴 10時 浅草での空間線量は34ベクレル/立法メートル

気候が良いせいか日中眠くなります。
そこでメッシュシート「氣傳効(きでんかい)」を敷いている布団でついつい横になります。適当な固さがあるので、これからの時期でも寝心地が良いのです。昼寝すると夜眠れなくなると思うのですが、それでも普通の時間に眠くなります。

湿度も温度も良いこの時期に寝だめしておきましょう。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2150 )
5/27 9時 浅草での空間線量は33Bq/m^3  
Sunday, May 27, 2012, 04:09 PM
快晴 9時 浅草での空間線量は33ベクレル/立法メートル

本日14時過ぎの銀座と秋葉原の状況です。どちらも歩行者天国になっています。
何かお気づきになりますか?
陽射しが強いですから、あまり外にいたくないのですけども、それでも銀座は人が少ないです。十分いるようにも見えるのですが、休日にこれだけ人がいないのは見たことがありません。
かつては自転車を押して通るのははばかれたのですが、今は自転車を押して歩いても邪魔にならない程度です。
銀座の夜はかつては不夜城だったのですが、いまでは飲食店は9時に閉店するところも多いのです。夜10時にはタクシーが道路を占拠しだしたのですけども、今はタクシーさえまばらです。
アジア人の団体観光客が目立ちます。もちろん白人旅行者もいますが、団体で行動しているからわかりやすいのです。
こちらは秋葉原です。銀座よりもはるかに人が多いです。ここも人種問わず観光客が多いですけども、うろつく若者のほうが圧倒的に多いです。
秋葉原で電気製品を買うのは外国観光客ぐらいで、その他は何を目的できているかわかりません。
「二次元系」と呼ばれるよくわからない漫画で人が集まり、グッチやプラダ、ルイビトンといったよくわかるものには人が集まらない状況なのです。

銀座と秋葉原は通り道なので定点観測のつもりで観察しています。銀座にはかつての集客能力はもはやありません。観光資源としてかろうじて地位を保っているように見えます。なんで秋葉原と銀座を通ったのかというと、自転車ロードレースを観戦しに行っていました。目の前をプロ選手の一団が通り抜ける迫力はすごいです。
ちなみにどれくらいの速度かというと、平地で50km/h、最後のゴールでは80km/hちかいスピードに達します。120kmのコースをだいたい2時間半程度で走りきってしまいます。

競輪でも同じですが、空気抵抗があるために先頭はとても不利です。そのために露払い役がチームにいたり、他チームを攪乱する捨て駒がいるのです。チームで相手を消耗させるのが自転車レースです。体力があるから優勝するわけではありません。
  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2195 )

戻る 進む